2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

だれも特殊法人」日本放送協会」を批判しない不思議

1 :治外法権使い放題:2006/10/28(土) 10:07:04 ID:dH7crldM
これだけ社会問題となっている「NHK問題」を
政治家、マスコミ、評論家は沈黙のまま。
というか、擁護さえしている向きもある。
いったい、NHKの予算の中で接待経費とはどれほど
あてがわれているものなのだろうか。

2 :治外法権使い放題:2006/10/28(土) 10:08:43 ID:dH7crldM
タイトル」日本放送協会」
訂正
    「日本放送協会」

3 :名無しさんといっしょ:2006/10/28(土) 16:24:31 ID:zyfXzZo+


 1. 受信料を払ってNHKを見る人
 2. 受信料を払わずNHKを見ない人

 3. 受信料を払ってるのにNHKを見ない人
 4. 受信料を払わずNHKを見ている人

スクランブル化すれば、上記の1.と2.だけにすることができる。
スクランブル化しないから、3.や4.のような不合理が生じる。

スクランブル化すれば、全ては丸く収まることを
NHK自身が素直に認めようとしないことが、諸悪の根源。

スクランブル化しないのは、NHK側の一方的な落ち度。



番組という「商品」を勝手に垂れ流し、「商品」押しつけて金払え!
と、こんなふうに「商品」を粗末に扱う商売人が、正しい訳がない。

商取引のモラルのから言ってもNHKの方が 一方的に悪い。

もしNHKが正しいのなら、商取引のモラルについて見直さなきゃならんし、
押し売りも合法である、ということになるだろう。





4 :名無しさんといっしょ:2006/10/28(土) 17:33:46 ID:1In6eixl
政財界文化人芸能人スポーツ選手など、要するに一般の人が知っているほどの有名人
はほぼ例外なくNHKに出演している。NHKへの露出は人気のバロメータであると
言っても過言ではない。したがってNHKに反旗を翻す可能性はない。

 同時にこれらの有名人はオピニオンリーダー(レベルは夫々だが)でもある。

故に有名人はNHKを問題にする筈がないから、頼みは週刊誌とインターネットだけ
ということだ。週刊誌とインターネットが連動して解約運動を進めれば打開
の途もある。
 兵糧攻めで一度解体してから国民の総意で真の公共放送を創設すればいい。



5 :名無しさんといっしょ:2006/10/28(土) 18:41:54 ID:2YrhSjQ8
そういえばNHKを批判していた自称ジャーナリストの鳥越俊太郎が
いつの間にかNHKの番組に出演してそのだらしのない薄ら笑いを
番組司会者に提供していた姿にNHKの懐柔工作の政治力に背筋が
寒くなるほど恐怖感を持ったよ。


6 :名無しさんといっしょ:2006/10/28(土) 22:47:55 ID:BGDVLOxx
あ〜たしかに

7 :名無しさんといっしょ:2006/10/28(土) 23:10:21 ID:oiFTF9h0
NHK民営化とは、 
NHKが受信料6500億を失うということ 
 そうなれば
NHKは、民放に参入し6500億のCM利権を求めて民放と食い合うことになる 
これには民放もNHKも大反対だ、NHK民営化を叫ばれることは、NHKにとっても 
民放にとっても 
甘い汁を吸えなくなるということ、よってテレビのコメンテーター 
評論家、学者、などが 
NHKの民営化をテレビで叫んだ瞬間、NHKや民放から干され 
テレビ業界からの莫大な 
テレビ出演料を失うことになり、そのおいしい利権は失われる
松原聡や、宮崎哲弥が、民営化を叫ばないわけはここにある
 これは、小泉にとっても同じこと 
小泉が民営化を叫べば、小泉の息子はテレビ業界から干され 
イコール芸能界から干されるのだ 


8 :名無しさんといっしょ:2006/10/28(土) 23:16:31 ID:l56dtg3e
NHKと対立している朝日新聞こそ批判すべきだろ。
それやったら朝日嫌いの2ちゃんねらーも応援すると思う。

9 :名無しさんといっしょ:2006/10/29(日) 22:11:48 ID:/5JW3T/t
そうだそうだ

10 :名無しさんといっしょ:2006/11/04(土) 21:55:32 ID:wUFXjj/o
朝日とNHKは高校野球でつながってるから

11 :名無しさんといっしょ:2006/11/06(月) 18:35:51 ID:km6QCSQH
国民を愚弄するNHKの力をそぐのが緊急の課題です。
 
       スパッと解約NHK


12 :名無しさんといっしょ:2006/11/06(月) 19:01:17 ID:07hZtzBL
NHK批判の先鋒だった自称ジャーナリストの鳥越は朝鮮総連の
「自作自演」の
「朝鮮人いじめ」を本気で信じ日本人を批判していた姿を総連幹部は
「真正の馬鹿」と冷笑したそうだが
今日の八時からNHKに出演するらしい。
似非評論屋なんて○○を前にすれば平気で正反対のことを言い出す
典型的な見本だw

13 :名無しさんといっしょ:2006/11/08(水) 13:27:17 ID:ABHzAmWL
NHKさまに逆らったら粛清されるからな。

14 :名無しさんといっしょ:2006/11/17(金) 14:34:20 ID:fueBX6/A
鳥越も老人向けの番組に喜んで出るようになったか

15 :名無しさんといっしょ:2006/11/18(土) 01:04:24 ID:hP6Y/R+E
NHKはアメリカや日本ののように自由に発言できる国を心底憎んでるからな。
老人向けNHKは全体主義の中国や北鮮のように好き勝手やりたいんだろうよ。

16 :名無しさんといっしょ:2006/11/18(土) 05:10:35 ID:ftYSggcn
NHKを批判できるのはマスコミとの利害関係がない一般の国民だけ。
TVでよく顔を見るような人はたとえ民放であれNHKを批判できない。
緘口令を敷く国敵NHKには国民の審判を下すべき。

国民の総意で潰そうNHK



17 :名無しさんといっしょ:2006/11/18(土) 07:41:41 ID:PjTVzRo1
『NHK不要論 41』
天下り批判ができるならやってみろ、特殊法人NHK。

元NHK専務理事が亡くなったという新聞の死亡記事を読んだ方もいるだろう。
経歴をみると元郵政官僚なのだ。

つまり天下りだ。NHKは電波行政の監督官庁、旧郵政省(現総務省に統合)から
これまで大量の天下りを受け入れて来た。あるいは国会で予算を通してもらい
また受信料値上げを円滑に行うため、とくに自民党旧田中角栄派の
対策がなにより重要であった。
だからNHK経営陣には政治部出身者がならぶ。
かつての会長島桂司、海老沢勝二はその代表格だ。
時の権力に媚び、役人に甘く、それで中立公正、不偏不党?
ちゃんちゃらおかしい。

Posted by 西村 晃 on 2月 23, 2006
http://akira-nishimura.cocolog-nifty.com/issue9/2006/02/nhk__6a52.html


18 :名無しさんといっしょ:2006/11/18(土) 09:52:12 ID:vqkj7U7c
国民に影響力の強い国民的司会者みのもんたや
自称ジャーナリスト鳥越俊太郎には「あめ」を持ってNHKへの批判
を封じ込め「偏向報道」を理由に受信料不払いを続ける国民には「法的措置」の「むち」で
脅すNHKのやり方は
「公平、中立、普遍、不党」どころの話ではない。
まさに「独裁団体」だ。
「公権力」のない「左翼反日独裁団体」に「罰則規定」という
「強権力」を与えたら日本の「言論の自由」は完全に崩壊する。

19 :名無しさんといっしょ:2006/11/19(日) 20:04:20 ID:fcCPu1UF
国民の総意でつぶそうNHK

20 :名無しさんといっしょ:2006/11/20(月) 07:57:01 ID:wmYcyQRH
NHKの廃止や民営化を阻害しているのは政府と民放各社だ。
それゆえ、NHKがらみの報道は控えている。

つまり、国民不在。選挙でも現状を覆せるかどうか。
そういう間にも立法へのNHK工作は続いている。

そうなる前に「まずは解約NHK運動」を広めてNHKを日本の争点にする必要がある。

21 :名無しさんといっしょ:2006/11/20(月) 18:56:51 ID:YajIg7FC
もう「特殊法人」などという胡散臭い団体はきれいさっばり潰してしまうことだ。
小役人の退職後の天下り先の巣窟でありその存在は国民には何の有益性がない。

22 :名無しさんといっしょ:2006/11/22(水) 22:16:34 ID:SQjjWyOw
今やすっかり変質したNHKは言論とマネーを独占し日本を牛耳ることになる
だろう。
 祖国を憂うなら、一人でも多くの解約を推進する必要がある。

23 :一団体の甘え、権力化を許すな:2006/11/23(木) 05:45:57 ID:g93SJoJt
憲法違反の色濃い契約義務のおしつけ、違法な一方的な契約内容の強要等
NHKはその土台からして「違法」色濃い「特殊法人団体」であるが
何よりも違法だと思うことは特殊法人団体日本放送協会は
「放送法」に厳命されているように「営利事業をしてはならない」公益法人
であるのに本体、関連会社、子会社と出版、衛星放送、N響、諸々の
催し等で莫大な利益を得て、それを存在目的たる「公共の福祉向上」のために還元せず
自分たちで利益配分していることである。
そして政治家、マスコミ、評論家を懐柔してこのこと一つについても誰も
その違法を指摘しない。「国民の福祉向上を目的とした公益法人」とは名ばかり。
実態は国民に
見てもいない左翼思想がかりの偏向報道を流して「公平、中立」を犯し
寄付金の法制化、寄付金非協力者への罰則化を目論む私利私欲特殊法人団体。
ガス、水道、電気等のライフラインでさえスクランブル化され
国鉄、電電公社、郵政省、道路公団等もれなく民営化されていく行革推進の時代、
NHKという一特殊法人だけ「ぬるま湯の恩典」「権力化」が許されるはずもなく
解体を免責される阻却事由はどこにもない。


24 :名無しさんといっしょ:2006/11/23(木) 08:47:39 ID:uRlW+5p8
電気、ガス、水道の人命にかかわるライフラインでさえスクランブル化されている。
ただの「特殊法人」に過ぎない一団体の流す偏向放送にスクランブル架けるのは当たり前。

電気、ガス、水道の人命にかかわるライフラインでさえスクランブル化されている。
ただの「特殊法人」に過ぎない一団体の流す偏向放送にスクランブル架けるのは当たり前。

電気、ガス、水道の人命にかかわるライフラインでさえスクランブル化されている。
ただの「特殊法人」に過ぎない一団体の流す偏向放送にスクランブル架けるのは当たり前。


25 :名無しさんといっしょ:2006/11/23(木) 08:54:31 ID:uRlW+5p8
現代の戦争にドンパチ武器弾薬核兵器はいらない。
その国の主要テレビ局をのっとりその国民の連帯感を喪失させてしまえば
その国は滅びたも同然だ。
NHKはその「のっとられた主要放送局」の見本のようなもの。
これ以上敵性隣国を利する特殊法人団体に日本国民の「公器」たる
「公的放送局」をまかせておけない。

26 :名無しさんといっしょ:2006/11/23(木) 08:59:54 ID:uRlW+5p8
国民、市民に権力を行使できるのは国家か都道府県や市町村の地方自治だけである
一特殊法人に過ぎない一団体に国民から金を強制徴収できる権力、払わない者に
刑罰を科する告訴権を与えたら日本国はもはや民主主義国家ではない。

27 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 05:46:50 ID:UHcDja25
戦後60年かけてNHKは「有力者の批判を受けない」団体の地位を築いた。
つまり有力者を世に出すか出さないか、是とするか否かを決める権力を得たの
である。
 そこに国民の側に立った論理などはなく、国民は単なる金づるの地位に
貶められている。
 芸能人有名人は言うに及ばず政治への影響力は比類がなく、特に地方自治体
を隷従させる力においては他を圧倒している。
 
 したがってNHK擁護法案やNHK保護条例などが可決させる危険は常に
あると思わなければならない。
 NHKに疑問を持つ一般市民にできることはNHK派議員をひとりでも多く
落選させることである。

28 :もう日本に半官半民団体はいらぬ:2006/11/25(土) 08:44:50 ID:1IS1LIOT
NHKという特殊法人団体がNHK改革以来「クリーン」になったと
思っている国民は「受信料の法制化」「不払者への罰則導入」を企てて
国民の批判を封殺しようと目論み反省のかけらもない姿から一人もおるまい。
逮捕、起訴された磯野NHK元プロデューサーの刑事公判の被告人質問で
の供述に虚偽がなければ(失う者がない彼に嘘をつく必要性がない)
NHKの公金横領は組織ぐるみである。
そのような組織の末端まで不正が染み入っている腐敗組織に自己改革など
望むべきもない。自己改革ができないから外からの批判を圧殺するしか方策はない。

治外法権を許した勝手御免の一万人そこそこの団体に毎年六千億以上の途方もない
金をだまって与えればどんな「聖人君子」の集団でも「ゾドムとゴモラ」
と化すのは当たり前の話である。
神でさえつぶしたくらいである、日本国民が民主主義を熟成させるにあたり
腐敗、堕落し、国民に仇なす特殊法人を解散、解体させるのは当たり前の話だ。


29 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 09:29:34 ID:xTbt442F
感情論はさておいて、一特殊法人に過ぎないNHKに受信契約の強制や
受信料の徴収権が認められるのかよく考えるときがきているのではないか。
ガスや電気には契約の自由が事業者側に制限されて契約の申し込みを
断ることができないが、NHKは逆にNHKに契約しない自由がある。

NHKはWEB上でひどい嘘を書いて視聴者を騙しているがその最たるものが
永井○○がお答えしますで、回答している「受信契約は契約自由の原則に違反
しているのではないか?」に対する回答でその子供だましに大笑いしてしまった。
あろうことか、自賠責保険を引き合いにだして、契約を強制してあるか受信契約も
契約自由の原則に反しないと回答していたが、あまりにもおかしい回答で一々
反論するのも、バカバカしいが、この自賠責の例はおかしなすり替えをしていて
法律は保険会社との契約締結を直接義務付けしているわけではない。
「自動車損害賠償保障法」の第5条には、「自動車は、これについてこの法律で
定める自動車損害賠償責任保険(以下責任保険という)または自動車賠償責任
共済(以下責任共済という)の契約が締結されているものでなければ、運行の用に
供してはならない。」と規定してあって、保険締結を直接に義務付けしていない。
曰く、公法で義務付けしてあることがイコール私法上の締結義務まで拘束力が
あるのか?強制されるのか、この点興味深い。

30 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 09:39:16 ID:eWUZbAxh
NHKは自動車損害賠償責任保険法の5条を、直接保険会社を指定して契約締結
義務を負わせていると、極めてNHKに有利な妄想に近い拡大解釈をしている。
放送法は32条でNHKと契約しなければならないと、規定しているが
自賠責法には、保険会社の指定など皆無でありこの点NHKは大嘘つきであるのは
疑いがないがこれは確信的な詐欺だと言える。

しかも、自賠責の保険料率は政令により価額を決定すると定められているから
受信料のようにNHKが勝手に決めているようなでたらめなものでもない。
一特殊法人の内部で密室で決定しているに過ぎない受信料と閣議決定が必要
な自賠責の保険料との透明性や公平性、さらには国民的合意の有無を考える
と両者を比べるまでもないことで、NHKの主張は強弁にすらならない稚拙なもの
といえる。

31 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 09:58:42 ID:v3NewixC
特殊法人NHKを分割、民営化しよう!
http://zipangu.com/nhk/

NHKは「国営」ではありません。亡者達が利権をむさぼる「特殊法人」です。
受信料は税金ではありません。契約しなければ払う必要はありません。
また解約もできます。

NHKは巨大すぎる
 ・電波の独占はやめるべき
 ・膨大な人員は無駄
 ・分割、民営化して公正な競争にするか、非常にちいさな公営放送に。
 ・こんなにある、不正なグループ会社
 ・受信料で運営するはずが、関連会社をたくさん作って不正な利益を上げている。

受信料はおかしい
 ・受信料でネット配信は不正
 ・BSデジタルの受信料は廃止せよ
 ・ケーブルテレビが伸びないのはNHKのせい。
 ・税金のような受信料はやめて、見たい人が払うようにすべきだ。
  ところで海外向けの国際放送は受信料は取っているのだろうか。
  (取っていません。なぜ?)

もう役割は終わった
 ・もともと戦後復興のための特殊法人です。JR. NTT.JTなどのように民営化
  したほうが良くなる。

32 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 10:31:45 ID:SroBF+ZN
我々日本国民の寄付金で「世界一の放送局」になったことを
企業努力によって構築したと錯覚、自大夜郎となり
日本賞、NHK杯などを勝手に作り自ら権威付け日本国民のための
放送をしているかと思えばまったく逆。中国、韓国の国益となり
わが国を貶めるような「反日報道」三昧。あげくのはてに寄付金
を義務化しようとまで大それたことを画策しだす。

このように我々国民のための公益法人が本末転倒、いまや左翼団体
の最先鋒として我々国民を共産化に誘導、支配しようとしているのだ。
国民の金で「左翼反日の怪物」と化した巨大特殊法人団体が政治家を
抱き囲んでいる以上、我々日本国民の手で潰す以外ない。

33 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 10:33:20 ID:SroBF+ZN
自大夜郎→夜郎自大

34 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 12:21:35 ID:wOF9VsTL
>>32
政権与党を抱え込んでる特殊法人が、左翼反日の怪物であるわけがない。
頭がおかしいとしか見えない。

35 :名無しさんといっしょ:2006/11/25(土) 14:21:36 ID:iHGy1pbi
>>34
NHKが「怪物」という理由は表立っては「左翼反日報道」で左翼、在日の
圧力をかわし
裏では自民党の息子、娘を人質にして現政権をあやつるという
その自己保身のために政治力に長けた日和見団体という意味だよ。
まあ、大本営、GHQ、北朝鮮、中国、韓国、在日とその節操のない歴史を持つ
特殊法人団体日本放送協会には右も左も本来どうでもいいのだよ、
常に保身あるのみ。

36 :名無しさんといっしょ:2006/12/02(土) 03:12:15 ID:UtQjo8i2
誰も批判できなら、無党派層と無所属議員のパワーを結集してNHKの責任
を追求しよう!

37 :名無しさんといっしょ:2006/12/02(土) 10:41:10 ID:iJ2kASoz
常識ある節度を持った団体ならば
自分の主催するイベントに利権が
がらみで
磯野元NHKプロデューサーが詐欺、横領で逮捕、起訴される事態が起きたなら
そのイベントを廃止するだろう。
NHKの「紅白歌合戦」なる「男女同権」「戦争」に
逆行する「横領の温床」を惹起させる馬鹿げたイベントは廃止されるべきだ。
また一日何千人という子どもが飢えで死んでいくこの世界で
数分の衣装代に何千万とかける馬鹿げた歌番組は世界の難民、貧困層への冒涜である。
日本の自称公共放送の暴挙をこれ以上許容していいものか。

38 :名無しさんといっしょ:2006/12/02(土) 14:21:54 ID:Ozy8mIop
もはや「特殊法人」が既得権を謳歌できる
時代はとっくに終わったのだよ、ていうか、特殊法人そのものが解体される時代だぜ、
特殊法人団体日本放送協会さん、
いつまでもそのことに気づいていない「ふり」を
するのはもうやめて
「受信料」を「定額のない任意の寄付金」で運営される左翼団体の「特殊法人」
として現状を保つか、
「国営放送」に位上げしてもらって「税金」で安定した「大本営放送」に
戻るか早急に結論を出さなければならない。
「受信料義務化法制化」「不払い者への刑罰導入法制化」などと自身の解体を早める
政界工作をしている暇はあるまいて。


39 :名無しさんといっしょ:2006/12/02(土) 17:16:16 ID:pcLYpibb
>>32
国民の寄付金は一部
NHKが集団で詐欺とか恐喝により国民から強奪した金がホトンド

40 :名無しさんといっしょ:2006/12/03(日) 01:37:02 ID:xPPNB8dn
NHK=カルト
こんな所に金を払うのは犯罪的行為

41 :名無しさんといっしょ:2006/12/03(日) 06:12:14 ID:24gUbHSE
普段は舌鋒鋭い評論家の先生も、ことNHKに関する限り突然ウヤムヤに
なる。ましてTVに出てナンボの芸能人をや。
 政治家は首根っこを?まれている。半島の賛辞と宣伝が激増。自分を裁判所
と勘違いしている唯我独尊。貧困世帯から金をむしり取り、贅沢三昧酒池肉林。

    日本のダニを一掃できるのは我々一般国民だけである。

42 :名無しさんといっしょ:2006/12/03(日) 09:14:48 ID:ms2QSTe+
役人たたきには全身で怒るみのもんたが総連へのがさ入れやNHKの「督促」
では「・・・・・」。本当の巨悪には何もいえないマスコミ、似非評論家、
しろうと評論家たち。

43 :名無しさんといっしょ:2006/12/12(火) 06:20:33 ID:J9Mv9/Cp
昨年社会保険庁は格好の標的となり、マスコミが踊った。
他の特殊法人も祭りに遭っている。

だが、NHK問題には緘口令が敷かれている。

この異常な状況を打破するには、国民一人々の解約を積み上げて兵糧攻め
をする他はありません。現状ではまだまだ余裕があります。



44 :名無しさんといっしょ:2006/12/16(土) 20:39:08 ID:+bfsIoJL
日本放送協会が、番組聴取料の強制徴収を開始したとのことであるが、これは、幾分か募金の強制徴収と同じにみえる。それであるから、今後は、募金の強制と考えて、聴取料を払うことになるか。ばかばかしい。

45 :名無しさんといっしょ:2006/12/17(日) 21:13:30 ID:JiamZG+V
最後の護送船団のTVキー局の社員の年収は異常に高い、日本のトップ
http://www.webtelevi.com/tyuumoku.htm

日本最後の護送船団といわれる放送業界、欧米の場合は電波使用料は入札制で
放送会社は莫大な使用料を政府に払っているが日本の場合は認可制で総務省の
管轄下にあるが、電波使用料を支払う必要は無い
この構造はケータイ・キャリアも同じ構造だ
つまり仕入れがタダで商売が出来るものだから、儲かるわけだ
この点については以前にソニーの出井社長が取り上げたことがあるがぶちあげただけで、
その後尻すぼみで最近ではそういったニュースは流れない
TV局やケータイから電波使用料を取る、あるいは電波を欧米並みに入札制にするだけで、
国家財政が立ち直るのではないか?といわれるほどの巨額な電波使用料が見込める
わけだが利権がらみの分野で、政治家もマスコミもこの問題を取り上げないようだ

そういった世界の中で特殊な構造のTV業界だが、社員の年収は日本のトップクラス、
社員は給料に関しては緘口令が引かれているようだが上場企業の中で、トップは
朝日放送の年収1587万円、2位がフジテレビで1575万円、3位はTBSで1432万円と
ベスト3をTVキー局が独占している

許認可事業分野や、他企業が参入できない分野で政府の手厚い保護のもとに、社員も高給、
厚遇を享受しているといえよう
これだけ政府から厚遇されていると政府批判の舌鋒が鈍るのも無理は無い
親会社はたいてい大手新聞社になっているようで
マスコミ業界は政府の手厚い保護の下でぬくぬくと厚遇されているようだ
新聞社の場合は、法人事業税が免除されており、税法上も特典が多い
 これでは政府批判の舌鋒が鈍るのも無理は無い

46 :名無しさんといっしょ:2006/12/17(日) 21:14:58 ID:JiamZG+V
最後の護送船団のTVキー局の社員の年収は異常に高い、日本のトップ
http://www.webtelevi.com/tyuumoku.htm

●情報・通信関連企業の上場会社の年収ランキング

1位、朝日放送 1587万円 全業種でもトップ つまり日本一
2位、フジテレビジョン 1575万円 全業種でも2位 つまり日本2
3位、TBS 1560万円 全業種でも3位 つまり日本3
4位、日本テレビ放送網 1432万円 全業種でも7位 つまり日本7
5位、テレビ朝日 1365万円 全業種でも9位 つまり日本9
6位、テレビ東京 1219万円 全業種でも19位 つまり日本19
7位、角川グループホールディングス 1117万円
8位、野村総合研究所 1080万円
9位、JSAT 930万円
10位、バンダイビジュアル 897万円 
11位、日本電信電話 862万円
12位、東映 851万円
13位、KDDI 840万円
14位、日本オラクル 823万円
15位、NTTドコモ804万円
16位、東宝 792万円
17位、新日鉄ソリューションズ 789万円
18位、日本ユニシス 783万円
19位、NTTデータ 779万円


47 :名無しさんといっしょ:2006/12/18(月) 05:56:16 ID:Rq5/dcD9
募金の強制……いやこれでは本来の募金の善意が歪曲される。NHKには募金ではなく 暴力団への場所代(ショバ代)として払うとする 払わなければならないとすれば 暴力団の場所代のように それは善意の募金とはまったくかかわりない

48 :名無しさんといっしょ:2006/12/26(火) 04:34:35 ID:DhLRjnNL
NHK出演者は批判どころかNHKを称える言動が多くなってきている。
NHKの仕事を失うのが怖いのだろう。
もう報道機関としての機能は失っており、ただの詐欺団体に落ちた。

49 :名無しさんといっしょ:2006/12/26(火) 16:52:58 ID:Jma+IbCp
日本放送協会?出版は NHK出版?
NHKテキスト高いよね。受信料も払って本も買わせて・・
なんなんだ?このシステムおかしくね?
タダで配れよもしくは安く!
もっと調査しろその辺

50 :名無しさんといっしょ:2006/12/26(火) 18:53:45 ID:DggBWiWG
皆さんご存じですか?

NHKは問題を起こした職員を周りには謹慎処分に見せかけて、実際は有給休暇を使用させていただけなのですよ。しかも4週間近くも。その間、その問題の職員に国民の受信料が支払われていたのですよ。
理解できません。

一般企業では完全に処分対象になるものを、NHKは全く処分せず、見せかけを行っていました。
国民の受信料の無駄遣いをしていました。

こんな組織に受信料など支払う必要は全くないと思います。


★その問題の職員は、報道局TVニュース部のディレクター『K.T』

ちなみに、この職員の年収は約800万。この職員は約1ヵ月間全く働かずにお給料(国民の受信料を)を受け取っているのですよ。

本当にありえません。
許し難いことです。


★報道局TVニュース部員 生ハメ外出し結婚サギ (69)
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1163688784/l50


51 :名無しさんといっしょ:2006/12/26(火) 19:05:43 ID:uEL8L14w
NHK民営化とは、 
NHKが受信料6500億を失うということ、そうなれば
NHKは、民放に参入し6500億のCM利権を求めて民放と食い合うことになる 
これには民放もNHKも大反対だ、NHK民営化を叫ばれることは、NHKにとっても 
民放にとっても甘い汁を吸えなくなるということ、よってテレビのコメンテーター 
評論家、学者、などが 
NHKの民営化をテレビで叫んだ瞬間、NHKや民放から干され 
テレビ業界からの莫大な 
出演料を失うことになり、そのおいしい利権は失われる
松原聡や、宮崎哲弥が、民営化を叫ばないわけはここにある 
  NHKのスクランブル化も同じこと 
スクランブルはCMのスポンサー制度より非常に厳しい 
相当競争力がなければ成り立たない制度、今のNHK 
がスクランブルにしても競争力がないため、いずれ 
CMのスポンサー制度へ移行するだろうというのが大方の見方 
よって、スクランブル化も阻止したい 
オリックスの宮内氏がNHKのスクランブル化に取り組んでたが
メディアのネガティブキャンペーンで潰されたのはこのためだ

元職員立花氏によると
オリンピックとワールドカップサッカーの放送権料を
NHKと民放連が共同で購入する、この2つの放送権料はそれぞれ約250億円
NHKはこのうち80%(200億円)を負担している、民放連は20%(50億円)負担で
これを日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京の5社で
負担しているから1社あたり10億円となりNHKは民放の20倍の放送権料
を負担しているとのこと、このように、民放にとって 
NHKが特殊法人でいてくれることは非常においしいことなのだ
民放がNHK不祥事を徹底的に追及しない原因もここにある


52 :名無しさんといっしょ:2006/12/30(土) 06:03:14 ID:MXrcBYQp
訴訟や3倍請求などが表面化した現時点においても民放TV各局は沈黙を守っている。
いかに密接な利権関係にあるとはいえ民放は社会の公器としての職責を放棄している
のではないか。NHK問題を放置すればNHKの特権的な地位が強化され道路や社会
保険庁以上の巨大利権となることは明らかです。
 そうなることが民放の利益と直結するなら、民放もまたNHKと同罪であると言え
るのではないでしょうか。
 民放各局へのご意見は下記まで。    数は力

日テレ
ttps://www1.ntv.co.jp/staff/form.html
フジ(要個人情報)
ttp://www.fujitv.co.jp/index.html
TBS
ttp://www.tbs.co.jp/contact/
テレ朝(emailは受け付けない)
ttp://www.tv-asahi.co.jp/contact/

53 :名無しさんといっしょ:2006/12/30(土) 08:40:02 ID:2qMMXuZ6
出版業、ビデオ販売業、N響、、各種有料イベント、子会社、関連会社
もはや「巨大NHKグループ」として大企業以上の「営利追求大企業」と化している
天下りの温床となっている特殊法人団体日本放送協会。

「国民の福祉向上」を「目的」として「営利事業」を禁止されている
「公益法人」の姿はもはやどこにもない。

54 :名無しさんといっしょ:2006/12/30(土) 08:56:25 ID:2qMMXuZ6
辛坊が日テレの「ズームイン朝」で
「民放の立場からはNHKの民営化は困ります」とポロリ本音を漏らしていたね。
また、民主党の細野某の愛人との新幹線スキャンダル問題では
「あの人個人的に付き合いがあってよく知っているがいい人だから批判できないよ」
と言って隣の正義感の強いお坊ちゃまバード羽鳥さんが憤慨していたね。
NHKを批判しない民放や知識人の実態を垣間見た思いだったよ。

55 :名無しさんといっしょ:2006/12/30(土) 09:02:48 ID:IZ/LIVKd
民放 電通も許認可制度のおかげでいい商売している。誰も現状を変えたくないのさ。

56 :名無しさんといっしょ:2006/12/30(土) 09:09:11 ID:j2EjgpI9
在日特権

57 :名無しさんといっしょ:2006/12/31(日) 06:50:29 ID:PsnWdUUG
もはや解約は国民の義務

58 :名無しさんといっしょ:2007/01/03(水) 14:45:23 ID:0fXMOATm
普段は舌鋒鋭い司会者やお笑いコンビにNHK問題を発言させないのはなぜか。
放送業界が戦後60年をかけて作ってきた利権構造にひびが入るからである。

こうなると、人気司会者などが真剣そうに政治問題を語るのも下手な演劇に
過ぎないことがわかる。


59 :名無しさんといっしょ:2007/01/03(水) 14:52:48 ID:PD988Eq+
テレ朝の「紅白裏事情番組」で大谷と勝谷と鳥越が異口同音で
NHKの「ストリップ劇場」を擁護していた。
所詮、ろくな知識もない戦後の団塊世代の似非評論屋や似非ジャーナリストなど
金でどうにでも日和見る。

60 :名無しさんといっしょ:2007/01/03(水) 17:47:28 ID:d5ArShMD
地デジでスクランブル化すれば薄型テレビ売れるかもw

61 :名無しさんといっしょ:2007/01/05(金) 04:39:42 ID:byMX+sbV
国内メディアはすべてNHKの子飼だ。
海外メディアが今回のストリップ問題に注目している今こそ、NHKが日本の
国民に行ってる犯罪(詐欺恐喝横領痴漢放火)の数々を海外にメールしよう!

62 :名無しさんといっしょ:2007/01/09(火) 20:21:50 ID:tthrgwHT
マスゴミw

63 :名無しさんといっしょ:2007/01/15(月) 00:22:49 ID:ulIN4uPU
ほしゅ


64 :名無しさんといっしょ:2007/01/15(月) 17:19:01 ID:SpOO9+yV
マスコミは一部の週刊誌を除いてほとんどがNHK側だ。
NHKから利益供与を受けていない一般国民だけが巨悪NHKを廃局に追い込む
ことができる。

65 :名無しさんといっしょ:2007/01/15(月) 17:30:53 ID:sHXXmeS8
朝日支局長、巨額給与1900万円…赤裸々情報流出
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_01/t2007011510.html

不倫生活”財務省主計官&朝日新聞AERA女性記者 
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_01/t2007011526.html
 
毎日新聞元部長級社員、会社の口座から2800万横領 
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_01/t2007011524.html

毎日新聞北陸総局長、金沢で酒気帯び追突事故
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_01/t2007011525.html

露出、痴漢、万引…“エリート”たちが犯罪に走るワケ 
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_01/t2007011529.html
 



66 :名無しさんといっしょ:2007/01/20(土) 12:02:22 ID:bzRD5/0w
戦後財閥は解体されたが、NHKだけは戦後60年かけて財閥としての
地位を確立した。
財閥が政府と一体不可分なのは常識だが、放送は思想統制を伴うという点で
資本財閥よりも性質が悪く、この際戦後体制の総決算という意味でNHKを
解体すべきである。

67 :名無しさんといっしょ:2007/01/20(土) 12:22:56 ID:0hSs33+n
NHKこと日本放送協会は
特殊法人の一つに過ぎない団体の運営する放送局である。
「公共の福祉」のための「公益法人」だから
視聴者の「寄付契約」による「寄付金」で運営されている。

その寄付金制度を政治屋と総務省の小役人を懐柔して
義務化しようというんだから
NHKという特殊法人団体はとんでもない団体である。
公の下僕という基本精神を忘れ己を政治の上に立つ権力者と履き違えている。
公益、中立の立場をわきまえず敵性隣国たちと内通して国益を損し
政治、外交に干渉し左翼報道で世論を誤導し
組織は不正三昧、多数の外郭事業団体、子会社、関連会社を配して
営利に走り政治、マスコミ、言論人、芸能界に君臨し権力団体を目指す。
世界一の規模となったことで身の程を忘れ夜郎自大となった
特殊法人団体日本放送協会は直ちに潰すべきである。




68 :名無しさんといっしょ:2007/01/20(土) 12:35:06 ID:0hSs33+n
大本営の共同正犯として戦争を長引かせ、敗戦後は国民を裏切り
GHQの幇助犯として日本国と日本国民を貶めた第一級の戦争責任者、背任者である
特殊法人団体日本放送協会はGHQが撤退した後直ちに国民の意思決定機関である
政府内閣によって解体すべきであった。
今三度、寄付金の義務化を図り権力化を目指すNHKこと日本放送協会。
これを許せば日本の民主主義、言論の自由、資本主義の原理は根本から
崩壊し必ず将来に禍根を残すこととなる。
「寄付金法案」が通ることの恐ろしさを日本のボンクラ政治屋たちは
少しでも考えたことがあるのだろうか。
NHKこと特殊法人日本放送協会は今こそ解体させるべきである。

69 :名無しさんといっしょ:2007/02/13(火) 22:11:34 ID:lDJzk0c3
民放と完全にガッチリなのが大きいよね・・・・

70 :名無しさんといっしょ:2007/02/13(火) 22:30:40 ID:CMartuNK
NHKは、戦前の財閥と同じ・・・・か。

なるほど。巨大化して弊害が多くなった。
解体が必要ですね。


31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)