2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【DV】デジタルで自主映画を撮るスレ part7

1 :名無シネマさん:2007/01/12(金) 17:08:38 ID:TSyoVxMK
デジタルシネマ系の自主映画と、その制作者のスレ。
撮影、制作ソフトウェア、上映システムなどなど、
これから作りたい人・もう作った人、共に語りまくって
その技術・ノウハウを共有せむ。

※「デジタルシネマ」の概念は、
撮影(フィルム撮影も含む)以降のマスタリング、圧縮、
IDウォーターマークなどのセキュリティー、配給(配信)、
音響、上映システム、プロジェクションなどすべてにデジタル技術が使用され、
フィルムと同等、もしくはそれ以上の品質を前提として制作される
スクリーン映写(フィルム映写も含む)の「シネマ」を指す。

(社団法人・映画テレビ技術協会発行、映画テレビ技術手帳より)

前スレ
【DV】デジタルで自主映画を撮るスレ part6
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1162126274/
【DV】デジタルで自主映画を撮るスレ part5
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1154700256/
【DV】デジタルで自主映画を撮るスレ part4
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1139180949/
【DV】デジタルで自主映画を撮るスレ part3
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1119316785/

関連スレ
『自主』8mm専用『制作』「ISO001」
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1133938765/l50
【自主映画】募集・告知Part.1【目指せ商用】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1146303718/l50
【自主映画】大学の映画サークル【映研】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1104127791/l50

2 :名無シネマさん:2007/01/13(土) 08:15:18 ID:1LvQoD5B
age

3 :名無シネマさん:2007/01/13(土) 09:09:57 ID:fObNCIfF
また作ったの??
もう、いらなくて
いいんじゃね

4 :名無シネマさん:2007/01/13(土) 09:22:09 ID:fObNCIfF
宣伝じゃないが、こんなのを発見↓
http://davics.seesaa.net/article/29865826.html

登録制だが、ここならマアもプロもいいみたい
2ちゃんよりマシだろうから、みんなここで話せば
ただ理念とやらは少々疑問だ
自主映画によくある「相互依存」がバリバリ全開だよ
オレは強制的なギブ&テイクが嫌いだから、こんなとこ入んないけどさ
まぁー興味があれば覗いてみれば

5 :名無シネマさん:2007/01/13(土) 12:21:43 ID:xBF2VVXh

      ,.--'"  ``¬ー--、
    /      _,.- ''_二ゝヽ
    j    _,-'_´-''_ニ -一ーヽ、_
  r''´   /_,r',.-''"   _,. 一'ヾ'"ヽ
  !   ///   _,-'"   ヾミミ、ノ
 /;; ,-' ///   ,.r';ミシ''"   _,,,!..._
 |V / l//   _,-ミシ" __..... -、ニ7 ''" 'l, 'l,   DVで映画撮ったつもりか?オイ
 ヽ |_V___,.='_,,,,===イ ''"'" d ヽー ' V 
  ヽr'i-ヽ`: : :     |  ̄ ノ  ヾー"l                        _
    ',ヾ:: , i      `ー‐'ヘ-ヽ..-ヽ. |                 __,..--一''" ̄`''ノ  
--、_ハヽ__ヽ       /  __   _. |             __,..ィ"  - '_,, -'" ̄
ヽ、 Y `\  l        '"   ̄ノ /       _.... -‐''"        `-、
 \ ヽ   `'、     ヽ,,   ̄ ̄  ノ`ヽ,,,,_,.. -''"/           _   ヽ.
-- = \,.....--ヽ、  __ ,.ヽ_  _,. /_,;-'"/       |             `ヽ  ,)
シ_ _ ヽ___   \____r-、  ̄_,vノ'"/ :|      l          `ー、_ノ ̄
 /     `ヽ--'' /l   ̄ ̄ ,. -' _ |      ヽ、 ,r'''''ー一'''''''ー--’
〈_ - /  // / l| / |   _,.-'" =   ヽ     _,..-"


6 :名無シネマさん:2007/01/13(土) 18:31:10 ID:QGt/AhuQ
2ch閉鎖臭いのにスレ建て?

7 :あと:2007/01/13(土) 18:34:04 ID:QGt/AhuQ
8ミリ〜で
映画撮ったつもりか?w

料理は誰でもできる。
機材も関係なし。

問題は味だ。
こんなことも分からん負け犬のあほ老人は氏ね。
樹海逝け。

孤独死しろ。

8 :名無シネマさん:2007/01/13(土) 19:37:32 ID:yalHxmtN
中二病
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
中二病(ちゅうにびょう)とは、タレント・伊集院光がラジオ番組で提唱した、思春期の少年に見られる特徴的な行動例のことである。

子供と大人の過渡期、思春期特有の思想・行動・価値観の総称、成長過程における一種の熱病に似た「症状」を指す。

その「発症」時期が日本の教育制度において中学2年生前後となることから、この名前が付けられた。

もちろん医学的に認められた正式な病気ではなく、後に詳述するような特徴を示した者の行動に対する俗称である。

中二「病」とあるが、上述の通り実際に医者にかかる必要のある、いわゆる「病気」ではない。

かつて中二病患者であった高校生や成人が、当時の自分を振り返ったり、発症中の人間を見た時に、その言動が余りに幼稚で滑稽に見え、

その上「病的」と言ってもよいほど無駄に熱く微妙に歪んでいると感じることから、自嘲と皮肉をこめて「中二病」と称する。

要するに、あくまで発達段階の一つ(中二病は発達心理学では認められていない)の時期であり、

個々で強弱はあれどもほとんどの人間が経験していると言ってよい。その特徴が極端に出た者が中二病患者と分類される。


9 :名無シネマさん:2007/01/20(土) 15:21:58 ID:1nua90lz
ほしゅ

10 :名無シネマさん:2007/01/22(月) 17:19:01 ID:+4221ZJJ
           ________
      ,. ::'"´ ̄::::::::::::: ̄`゛'ヽ、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.  
    ,':::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,    < まだやってんの?
   ./::::/:::::/::::::/___/:::::::/::i::::::::::i:::::::',   
  /:::/:::::::/::::::://:::__/:::::::/::/i:::L__::i:::::::::|      ┌─┬─────
  /:::イ::::::/:::::::::/rィて`'!ヽ!::/ |::::i__::::i:::::::::|       |  |\
. /:::::::i::::::i:::::::::/ ハ   リ   L,イ''ト,/|::::i::|..     |  |  \
,':::::::::::L_::!::ハ::::」 ゝー゛     トソハ/::::!:」 . .     |  |   \__
::::::::::::::::/::::::/|:::| ""       、 ` ,,|::|::|.       |  |    |
::::::::::::::::::::::/::|::::|     、_____    !::::|         |  |    |
:::::::::::::::::::/::::|:::::ト、     || ||「´ ,.イ::::|        |  |    |
::::::::/::::::/::;__|::,!へヽ.、   || ll|,.イ:|::|:::::| ズゾー  |  |    |
:::::;':::::::::,. '" く \\   r| ||ト、:|:::|::|::::|       |  |    |
:::/:::::/ ⌒ヽ/⌒ヽ.\_T.|| l| !:::|::|::::| (   ) .  |  |    |
/:::::/  __,,./ 、 \`ヽ,\ ||| |イヽ|/::           |  |    |
:::;:イ // / ヽ、\ノ、ノ\\ |   i:::(  )     |  |    |
:/ !/   ト、 ヽ、ソ!「L___\|\>  ( )        .|  |    |__
ハ     ト、`'´ ,l | く__,/ ||| |〉 (^ヽ、ヽ,        |  |   /
:::ゝ、   ヽ  ̄7 / 「二二二二二i ヽ, |.       |  | /
::::/::::::::>、___二_レ'  i 緑のたぬき/   i .|   └┴┴┬───
::::::::::::〈   /     ヽ、二二二/  ノイ.ソ   ,.p_.       r|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(:::::::) ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


11 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 14:13:30 ID:ujLz2xxA
8ミリフィルム「シングル8」の終焉
ttp://slashdot.jp/articles/06/10/20/2352220.shtml

12 :名無シネマさん:2007/01/25(木) 08:25:29 ID:mPuB3gge
情報が古すぎ。
今はまた状況が変わってる。
まだ終わらないようだ。

13 :名無シネマさん:2007/01/28(日) 09:34:49 ID:FZON9HMk
ぜんぜん盛り上がらない・・・・・・

14 :名無シネマさん:2007/01/28(日) 09:36:52 ID:UNLBj5XA
YouTube「一般参加者に広告費を配分する」
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1169943983/


15 :名無シネマさん:2007/01/31(水) 10:43:46 ID:B1DEl0Fk
全然盛り上がらないage

16 :名無シネマさん:2007/02/05(月) 18:43:32 ID:a0/fmkHP
>>15
あのmixiの自称有名監督が消えたからだよw

17 :名無シネマさん:2007/02/05(月) 19:11:19 ID:2Us6221j
おお、それは良かった。

18 :名無シネマさん:2007/02/07(水) 10:40:22 ID:xDOaxXBE
mixiの自称有名監督って要するに何をしたの?
どなたかまとめキボン

19 :名無シネマさん:2007/02/07(水) 16:04:11 ID:qZ3ih6Em
デビッド・リンチの最新作『インランド・エンパイア』は全編ソニーPD150で撮影。
もうフィルムには戻らないっていってる。HDじゃなくてDVっていうところがいいね。
それも、脚本なしに、思いついたシーンを書いては撮影を繰り返して、パソコンでの編集
の段階で映画にまとめたんだそうな。もちろん深層心理では、シーンの断片はつながって
いたのかもしれないけど。
http://en.wikipedia.org/wiki/Inland_Empire_(film)

これに励まされるDV自主制作者はいるんじゃないか。

20 :名無シネマさん:2007/02/07(水) 20:26:45 ID:NEBDSWDO
>>18
mixiで限りなく商業映画に近い企画とホラ吹いて
業界を知らない自称役者連中を集めて、
目黒のウェンディーズでミィーテングしてただけw

結局企画流れて
本人はさっさとコミュ閉じて
逃走したようです。

あと、応募して来た自称役者連中を集めて、
入会金10万、月会費2万の
演劇セミナーをやろうとしていたらしいが、
誰も集まらず・・・w

21 :名無シネマさん:2007/02/07(水) 21:37:58 ID:fsXMz3qc
詐欺やんw

22 :名無シネマさん:2007/02/08(木) 22:33:59 ID:TQRWZmzf
>19
新たな映画の提示の仕方、ともいえるっすね。

脚本無し、即興演出即興撮影ってところに時代をかんじます。

リンチは画家としても才能あると思うし、実際そういった方面でも
勉強している人だから彼の性分にあったやり方だと思う。

ただ、リンチのこの作品を引き合いにだして「DVでもやれるんだぃ」っていう
考えを持とうとするのは、古い、と思います。

23 :名無シネマさん:2007/02/09(金) 02:12:41 ID:TrYaxxHH
方法論と機材が結び付いた例だとは思うけど、
フィルム等他の方法も有る中敢えてDVを選ぶのとDVしか選択枝が無いのでは土俵が違うし、
混同してはいかんと思うな。



24 :名無シネマさん:2007/02/09(金) 02:30:09 ID:dK6KkOMI
しかし、DVしか選択肢がないのに、
「あえてDVを選んだ心持ちで作ろう!」
というのは、アリだと思うな。
混同して悪い理由などない。

25 :名無シネマさん:2007/02/09(金) 03:39:32 ID:TrYaxxHH
まあ高校生位迄ならそれ位の勢いも必要かも知れないが、、、


26 :名無シネマさん:2007/02/09(金) 03:59:09 ID:Pmlm/gCQ
22>古い
確かに使い古された言い回しに感じるね。では何が新しい反応なのだろう? こんなこと聞くのもヘンかもしれんが。

23>土俵の違い
確かに。DVとはいっても、リンチは音に関しては、まともな音を録れる録音班を雇う金があった。
それに有名俳優たちも。ポーランドで撮影もした。それから劇場での上映用にDVー>フィルム変換をする金があったこと。これ、DVしか選択肢のない人には難しいよね。才能の違いも。

27 :名無シネマさん:2007/02/09(金) 05:05:55 ID:Pmlm/gCQ
>>22
誤「脚本なしに、思いついたシーンを書いては撮影を繰り返して」
正「全体の脚本なしに、思いついたシーンを書いて撮影、書いて撮影を繰り返して」
すまん。リンチ自身は即興っていうか、前もって書いたシーンとその場の状況で最も
正しい方法を選んで演出していたようだが、俳優の即興があったかどうかは不明。

時代を感じるのは、断片をたくさん撮影しておいて、パソコンでまとめるところ。
フィルムじゃ金かかってしょうがないよね。デジタルならではってかんじ。

28 :名無シネマさん:2007/02/09(金) 08:46:59 ID:TrYaxxHH
いや、断片を蓄積して全体を構成すると云う手法は8〜16mmの個人作品でかつてはよく見られた。
まずシナリオと言うかストーリーありきの考え方が主流になったのは割と最近の様な気がする。
DVの登場で同録が簡単になった影響も有るのかも知れん。


29 :名無シネマさん:2007/02/09(金) 23:32:26 ID:lmrNaEho
8〜16mmと言う事は、9.5mmも含まれるわけだな。

30 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 03:35:11 ID:VLKbsiKX
>>28
なるほど。知りませんでした。
断片というか、ちょっと話が飛ぶが、映画で使用されなかった映像をつなぎ合わせて無理矢理一つの映画にしちゃう手法はロジャー・コーマンのところであったなー。

31 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 07:17:00 ID:G+aY5aZO
昔のB級映画では、バンクフィルムの使い回しは日常茶飯事。
手法とかそういう特別なものじゃない。

32 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 09:27:14 ID:WEIL4qkH
その方法が在来のものかどうかに関係なく、
作品にそれを採ったという事は“手法”でしょ?
揚げ足とるにしてもちゃんと論旨を汲み取ろう。

33 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 09:49:39 ID:VLKbsiKX
>>30ですが、
>>31さんが言っていたのは、B級映画の人たちが日常的にやっていたことで、デジタルならではの映画作りのときに持ち出すような「特別な手法」じゃないっていいたかったわけで、まあ、理解できますよ。

ロジャー・コーマンっていうかB級映画持ち出したのは、デビッド・リンチは「デジタルなので、くだらな
いものでも、予想外の事態が起きても、そのまま撮影し続けて、後で編集段階で好きなように使える」って
言っていたので、B級映画でのフィルム使い回しのことをちょっと考えてしまったわけです。

34 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 18:00:34 ID:G+aY5aZO
事前のプランなしで作品を作ると言った、基礎的な手順や技術を外して作って話題になった作品はよくあるが、
だいたいは、基礎に倣わなくても出来るくらい経験を積んだベテランか天才の作品と、
素人が手探りで作ったのが偶然面白い味が出て話題になったというパターンで、
それを、基礎も技術もいらないと勘違いして真似て失敗した若手の屍の山が過去にいくつもある。
特にアマチュアは基礎が苦手な人が多いから、勉強せずに作る時の言い訳に使いたい。

自主映画でも脚本を書くのが苦手な監督は多くて、脚本がなくても撮れるという話にすぐに飛びつく人はいる。
予算がないから、「こんな低予算と粗末な機材で」にも飛びつく。
時間を詰めるのが苦手な監督も多いから、だらだら撮ってもいいと言うのは甘い言葉だろう。
でも、評価されるのは、最初の一人だけだ。
真似ると、観る側に見透かされるのがオチだ。


リンチだから成立したという点も、もっと意識するべきだろう。
決して、DV自主映画撮ってるアマチュアにとっての福音というわけではない。
DVしか選択肢がないのと、選択肢の中からDVを選ぶのは、バックボーンが違うのだから、全く意味が違う。
それを、あえてDVを選んだと言う心持ちにすり替えたら、今度は自分にウソを付く事にもなる。
もし仮に自分がメジャーから十億円の予算をもらってプロのスタッフキャストを用意されたとしても、
DVでなければ撮りたくないと言うのなら、すり替えではなく「あえて」と言っていいだろう。
事実、予算にかかわらずDVでなければ難しい作品はあるから。

でも「DVならでは」は、DV自主映画では競争率の高い方向性(てかもう食傷気味)だから、
「あえて」にも価値はなくなっている。
むしろ技術的に難しい、DV「なのに」の方が評価される。



遡れば昔は、DV「でも」だったんだよな。

35 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 18:14:41 ID:eNfcQJgB
>>34
ぐだぐだ書いてるけど、
DVならではの特性を生かして作品を作るのも、
DVをフィルムの代用品として作品を作るのも、
それぞれに一つの方法であるわけじゃん。
前者の道を選んだ人にとって、
自分はDVを選んだというのと同じ結果になるわけだから、
「それしかないくせに」と言う必要、ねえだろ。
要は作品だよ。
「評価される」なんてのは、個別の作品に後からついてくるもの。

36 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 18:29:40 ID:G+aY5aZO
>>35
話題の論旨が違う。

37 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 18:32:16 ID:eNfcQJgB
>>36
おれはあんたの意見のその部分を問題にしてるの。
一度自分の意見を箇条書きにしてみればいい。

38 :23:2007/02/10(土) 18:56:01 ID:WEIL4qkH
DVしか選択肢のない人はDVで撮るしかないわけで、
それをああだこうだいっても仕方がないよね。
ただ撮る本人が「大物監督もDVで撮っているのだから、、」
みたいな事言うのも言い訳じみている。
創作活動でこの類の言い訳は、真剣味が足りないように他人には感じられると思うよ。

39 :名無シネマさん:2007/02/10(土) 22:12:45 ID:eNfcQJgB
>>38
だったら、
ただ単に「大物監督もDVで撮っているのだから」DVで撮るのと、
「リンチに倣って」「リンチのやり方をヒントにして」DVで撮る違いの方が、
よっぽど大きいよ。

ほとんどの人は映画を撮るとき、何か手本があって、
「よっしゃ俺も」と思うわけっしょ。
その中で、自分の方法を求めて取捨選択するんだけど、
ある結果(「表現」とも言っていいか)を求めて、
「リンチ的なDVアプローチをする」のなら、
そのアプローチを「選んだ」ことが大切なわけじゃん。

繰り返すが、それは単に「大物監督もDVで撮っているのだから」ってのとは別よ。
リンチが指し示したひとつの可能性に、貧しいなりに乗っかってるわけで、
それはやはり、その人が「選んだ」ってことなんだよ。
それで結果的に酷い映画が出来ても、それはその作家本人の資質の問題なんだよ。

40 :38:2007/02/10(土) 22:19:34 ID:7pN98f1k
全く同感。
アグレッシブに行きましょう。


41 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 01:40:39 ID:oaYmir5P
>>37
映画語る人間なら前後通して全体の流れ嫁。
部分だけ抜き出して揚げ足とられても回答できんわ。


それと、根本的な部分で誤解があるんじゃないかと思うが、
もしかしてお前は、DVで撮る事がステージが低いとか思ってないか?
「DVしかないから」を恥ずかしい事とでも思ってるのか?
「それしかない」と、「あえてそれを選んだ」を、結果が同じだからって
同じに考えようって発想してる事自体、どういう動機からなんだ?
何で卑屈に考えてるんだ?
胸をはって「それしかない」を理由にしていいんだよ。
違うか?

映画には、
同じ結果になるなら方法は問わないという「製品」としての側面と、
結果が同じであってもそこに至る考え方が違ったら別物という「作品」としての側面の、
両方がある。
どの部分にどっちを選択するかも作り手の考え方次第で自由なんだから。

42 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 02:59:14 ID:PEa/Fcle
>>41
作品も結果だろ。結果が同じなのに、なぜ違うように考える?

43 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 04:30:22 ID:oaYmir5P
>>42
まだそこが理解できるレベルにないなら、いい。
将来、分かる日が来るかもしれない。
分かる日が来なくても問題はないし。

44 :38:2007/02/11(日) 04:51:00 ID:m8QGw8PG
>>42
その設問は如何なものか?
禅問答の様だが、
「成り立ちが異なるが“結果が同じ”作品」
なるものが現実には存在しえず、
思考する上での一つの方便である事に注意しよう。

45 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 06:16:42 ID:oaYmir5P
>>44
例え現実に存在した場合でも、結果が同じなら同一とは限らない作品ってのもあるんだよね。

例えばコンセプチュアル・アートで、
キャンバスに絵の具を投げつけて描いた作品があるとする。
うっかりキャンバスに絵の具をこぼしたら偶然、それと同じ模様が出来たとする。
百歩譲って、全く同じ模様でなくても、見ただけでは両者の制作手順の違いが分からないとする。

>>42の理屈においては、どちらも同じ意図で制作された芸術作品と認めて良い事になってしまう。
後者は何の想いもこめられていないので、ただの汚れだ。



現実的には「DVしかない」と「DVを選んだ」では、概念が違うだけではなく、
同じ人が撮ったとしても、絶対に同じ作品は上がらないのは>>44の言う通り。
両者は周辺環境が大きく違うし、企画を立てるアプローチから変わるんだから。

46 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 12:16:53 ID:PEa/Fcle
コンセプチュアル・アートと映画は違うだろ。
んなこと言えば、いくらでも理屈はこねられるよ。
土台、作ってる人が違うのだから、結果は違って当たり前。
立場や環境どころか才能だって趣味だって性格だって違うんだよ。

そういうことじゃなくて、
「(リンチが示したようなやり方で)DV特有のアプローチが生かされた作品」
というのは、リンチでも、無名の自主映画作家でもできるということ。
「全く同じようにできる」って意味じゃないよ。
そのアプローチにDVの特性を生かせるような「共通性」があるってことだ。

あるひとりの作家が、そのアプローチが自作の美点になると思って撮るときに、
なぜわざわざ「しかし、思うに成立過程が違うのだから」
なんてことを言い出すのかってことだよ。

これがまた別の話……
「リンチのアプローチは凄い難しいぞ?分かってるのか?覚悟はあるのか?」
と言うのなら、それは分かるよ。

47 :38:2007/02/11(日) 12:28:53 ID:m8QGw8PG
結果が同じ?異なる?ならばどの様に?
ポイントは、誰が判定するのか?
という事だよ。
問われるのは作品の受け手としての姿勢でもある。
それから自分の中で言葉の意味を明確にしてから書き込んで欲しい。

48 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 12:43:21 ID:PEa/Fcle
>>47
とりあえず、おれは作り手としての話をしてる。
あと、言葉の意味はすごく明確にしてるよ。
そのことは、分かるように書いたつもりだが。
あんたの話の方が、よほど分かりにくいよ。
ポイントの持ち出し方が唐突杉。

49 :38:2007/02/11(日) 12:50:26 ID:m8QGw8PG
“同じ結果”とはどういうことか?
という話なのだが、それをあれこれ書いてみたわけだ。
そもそもその概念を持ち出したのは君な訳だが、少々ブレが有るのではないかな?

50 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 13:27:47 ID:PEa/Fcle
>>49
最初は、DVを選んだという「選択の結果」について話してきたし、
>>41が「映画には〜」と言い出してからは「出来上がった作品」という「結果」についても、
話してきた。「選択の結果」は「作品という結果」に直接反映するから、
言葉の使い方の流れとしては悪くないと思うよ。
要するに、導き出されたものを見てもらうべきだ、その方法論に確信があるのなら、
「いたしかたなかった」事情など、大したことではない、というのが、おれの論旨。
今、リンチのアプローチがお題に乗ってるのは、それがリンチでも無名の作家でも、
「結果的に」同じようなアプローチにたどりつけるようなものだからだろう。
ならば、リンチと無名の作家は「全く違う」のだから…という「違い」にこだわることに
どれほどの意味があるのよ。重要なのはその点だよ。
「同じ」などという言葉をこねくり回す必要はない。
あなたが>>44で言ったことに倣えば、方便に絡みとられて話を複雑にしてるのは、
あなたじゃないの。
特に>>47のレスは、ちょっとついていけないものを感じたよ。

51 :38:2007/02/11(日) 13:44:48 ID:m8QGw8PG
なぜ“リンチと同じような”アプローチに執着するのか?
方法論に確信があるのなら何を特段アピールする必要があるのか?

自分は異なると思うものを異なると言っているだけだ。

52 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 15:40:12 ID:PEa/Fcle
別におれ自身は執着なんてしてないよ。
ちゃんと「その方法論に確信があるのなら」って書いてるでしょ。
その場合の話。
違うものは違うなんて当たり前。
それによって、道を切り開いた人(ここではリンチ)の方法論に乗っかることや、
共通性までも「全く違う」なんて言っても仕方ないだろ。

なんか、もうやめない? 言葉をいじくりまわしてるだけになってきたじゃん。
おれの意見は>>39と一歩も変わってないよ。それには同意したんでしょ。ね?

53 :38:2007/02/11(日) 16:33:45 ID:m8QGw8PG
>>52
まあね。

だが、事の発端が>>19であるわけで、
DV撮りであることにコンプレックスを感じる人が多いのか?と少々驚いた次第。
だから“大物監督が製作過程の一部に自分たちと似通ったシステムを導入している”
という事実に注目する裏には、自分たちが後ろめたさを感じているところの
“DV撮り”映画に社会的証明を与えようという魂胆がある様に見えてしまう、
というのが俺の引っかかる点だ。
もしDV撮りにコンプレックスを感じる人がいるのならそれは何故だろう?



54 :名無シネマさん:2007/02/11(日) 18:22:38 ID:oaYmir5P
>>38
論議の発端は俺も同じだよ。
俺も最初からその点しか問題にしてない。

PEa/Fcleが何故か別の部分に執着するから話が変な方に行く。

55 :名無シネマさん:2007/02/12(月) 00:12:23 ID:vSZHDgWs
余談だが、
>>46コンセプチュアル・アートと映画は違うだろ。

違うも何もジャンルだから。
コンセプチュアル・アートの映画はある。
アンディー・ウォーホールも撮ってる。
自主映画では、芸術映画や実験映画も活発だ。
「結果」ではなく、そこに至る「仮定」や「概念」が重要な映画ってのはあるんだよ。
「受け手」を重視する作品ばかりではない。

56 :38:2007/02/12(月) 01:08:57 ID:RT07BErf
フィルムの場合は物理的に手で取り扱う過程で色々な発見があり、
それにイマジネーションを刺激されたりしたわけだが、
DVになってそれがなくなったね。
フィルム傷や光線漏れ、カット尻のモーター減速など様々なシミュレーションがビデオ作品に溢れているが、
成り立ちから切り離されたそれらのイメージには魂はあるのか?



57 :名無シネマさん:2007/02/12(月) 02:05:54 ID:vSZHDgWs
シミュレーションだからそこに魂はないと思う。
そこに魂をこめられるのは、そのプラグインを自分の手で作った本人だけだと思う。

でも、種類と意味の違う、別の魂を込める事はできると思うよ。
光線漏れエフェクトを、そのまま光線漏れに見せようとして使うのではなく、
何かもっと別の表現手段の一つに使って、別の何かを描き出す方法を発明するとか。
自作プラグインのソースコードに何らかの意味を持たせるとか、方法はあると思う。
今まで以上に難解で専門的になって行くので、簡単には出来なくなると思うけど。

今までフレーム単位で遊んでいた事が、ピクセル単位で遊べるようになったので、
新しいアプローチで表現が出来ると思うよ。
フィルム時代には難しかった何十台を同時に回すとか、クラッシュカメラが安く使えるとか、
あり得ない長回しができるとか、DVの特性を使った表現ができると思う。

58 :名無シネマさん:2007/02/12(月) 07:55:26 ID:yvT2pJ4i
自主を作ってみようと安いDVを買ったオレ。
このスレを見つけて喜んだオレ。
レス見て凹んだオレ。
頑張れオレ。

59 :38:2007/02/12(月) 12:01:29 ID:9kH53rAS
>>58
DV環境は撮影から編集・MAまでの環境が整備されすぎていて息苦しく感じる事もある。
もし作っていく過程で違和感を感じたら自分の感覚に素直になった方が良い。
巷間出回っているデジタル映画のhow to本などは映像世界のほんの一部でしかない。


60 :名無シネマさん:2007/02/13(火) 00:51:28 ID:9y1WI1GQ
>>58
頑張れ。
安いDVでも充分に作品は撮れる。

別にDVならではの撮り方なんて考えなくてもいいから。
わざわざDVが得意な撮り方を選ばなくてもいいし、
普通に手元にある物で撮り上げた秀作はたくさんある。
自分の使えるリソース内で仕上げるのも腕のうちだ。

61 :名無シネマさん:2007/02/13(火) 07:02:56 ID:TUzLvOvz
海外のリンチのインタビューをよく読んでみると、どうも「あえてえDVを選んだ」というよりも、
「自分のウェブサイトのコンテンツ用に購入した3台のPD150しか選択肢がなかった」ところ
から始めて、DVー>35mm変換のテスト結果に満足して、さらにHDの映像以上に気に入った
ようで、そのまま最後まで使ったらしい。

62 :名無シネマさん:2007/02/13(火) 12:32:37 ID:UNUHVK3z
最終的に「PDで我慢した、妥協した」って事ではないでしょ?
そこが我々貧者とは違う。

63 :名無シネマさん:2007/02/13(火) 12:43:33 ID:Bc/CYv9j
それは貧者の中でも「本当はPDで撮りたくなくて、
仕上がった作品も妥協と我慢の産物」って人と比べてるわけだから、
あんまり意味ねえな。

64 :58です。:2007/02/13(火) 16:05:16 ID:bgiJvhX4
>>60さん
ありがとうございました。まだまだわからない事だらけですが頑張っていい作品を作ってみます!感謝。

65 :名無シネマさん:2007/02/14(水) 01:57:05 ID:z2/mPiSe

/へ      へ   ヽ  ヽ  |       /____  ___   _   __     _|_ ._|___
 |   /  ヽ       | ⌒) 才⌒)   ノ|   |       / / ヽ   / |   /  | ヽ _|_  / |   / __
 ヽ  (__ノ、_ノ      .ノ  ノ /| ノ ヽ  | 口 |  (_  ヽ/ _ノ  /\ |__ノ  〆⌒)   し /\ |__ノ




66 :名無シネマさん:2007/02/19(月) 23:11:57 ID:TJVPrMuN
リンチがいくらDVで作ったって自主じゃないんだから。
スタッフの質が全然違うだろ。


67 :名無シネマさん:2007/02/20(火) 01:22:36 ID:jZfxWxZv
だーらさー。同じものを作るって話じゃねーだろ。
自分に応用できそうなことがあって、
それが自分の気持ちにも沿ってたら、
取り入れてみっか……って話だろ。
取り入れて、その人なりに面白くなる人もいる。
ダメな人もいる。
リンチをゴダールに置き換えても、同じことさね。

68 :名無シネマさん:2007/02/20(火) 19:04:47 ID:Rp+i29xg
何一つ新しくもなければ珍しくもないやり方なんだから
わざわざ取り入れるなんて言うような事でもない。

69 :名無シネマさん:2007/02/20(火) 19:48:30 ID:jZfxWxZv
DV向けのひとつの方法として、
「こういうやり方もあるよ」というのが、世界初でなきゃいかんのか?
先刻承知であろうが「言われてみれば確かにこれは、
自分にとっての指針となりそう」って人はいるだろ。
>>68がそうじゃないのは分かったし、それはそれで別に悪いことじゃないよ、当然。

70 :名無シネマさん:2007/02/20(火) 20:27:17 ID:jZfxWxZv
ということで、>>68は独り言として受け取りますた。

71 :名無シネマさん:2007/02/21(水) 16:32:55 ID:WjFw0LC2
流れ的には、ID:jZfxWxZvの方が独り言な件について

72 :名無シネマさん:2007/02/21(水) 23:09:34 ID:IrgXxNpq
>流れ的
フィーリングですか。

73 :名無シネマさん:2007/02/22(木) 12:50:34 ID:+FxY9+F6
手垢の付いたような古くからある先人の手法を、今まで見向きもしなかったのが、
同じ事を著名人がやったら、途端にその手法を評価しはじめるのは、
たんなる権威主義だからね。

または、それが特別な手法ではない事を、今まで知らなかっただけか。



どっちにしても、リンチが撮ったってだけで、今さら何を騒いでるの?って感じではある。
まだ始めたばかりの若い学生さんならしょうがないと思うけど。
ほとんど数は見てないだろうし、それも最近の作品ばっかりだろうから。

74 :名無シネマさん:2007/02/22(木) 14:19:58 ID:kolHBU+d
>>67 でゴダールの名を出しているのは見える?
>>69 で「世界初じゃなきゃいかんのか」と言ってるのは、分かるか?

それに、シナリオ無しで撮りながら進める方法が、
「DVをパソコンで編集する時代」の「今」の方法として(ここ重要)
採り入れられていることに「相対的」な「新しさ」を見出す人がいても当然だろう。

それを、(「有名監督」という記号ではなく)リンチがやってるということが
刺激材料になって、自分の狙いに合えば採り入れる人も出てきて、当然だろう。
刺激はどんどん受けた方がいいし、それで良い作品が出来ればいいだけの話。

そんな手法があったことを知ってようが知ってまいが
(繰り返すが、「有名監督」という記号ではなく)リンチがやったってことで、
「考えてみれば俺の志向にも合いそうだ。よっしゃ俺も!」と立ち上がる人がいたら、
それはそれでいいではないか。

「今さら刺激にならない」という自分ティムポの萎えぶりを自慢するのは馬鹿みたいだ。

まあ、馬鹿馬鹿しい但し書きをすれば、これは自己弁護ではない。
おれ自身の志向は、シナリオ段階からキチッと構築された映画を作ることだ。

75 :名無シネマさん:2007/02/22(木) 19:09:13 ID:+FxY9+F6
別にその作品に刺激を受けた人がいてもいいし、それで自分の方向を模索してもいい。
誰もそれを否定はしていない。

しかし、刺激を受ける作品は他にも数限りなくあるにも関わらず、
リンチが撮ったってだけでその一作に固執して声高に騒いでるお前はちょっと異常だ。
そんなに面白かったのかい?

76 :名無シネマさん:2007/02/22(木) 19:25:33 ID:kolHBU+d
>しかし、刺激を受ける作品は他にも数限りなくあるにも関わらず、
うん。そういうネタは、どんどん書けばいいじゃない。
「このスレにふさわしい手法のネタ」として書いてくれる人がいて、
賑わうことを願うよ。

それが、大事なんだよ。
そこで知ったかぶって、「今さらなんだよ」と否定したり、「立場が違う」と言い出したり、
するのが嫌なの。

>別にその作品に刺激を受けた人がいてもいいし、それで自分の方向を模索してもいい。
>誰もそれを否定はしていない。

「作品」を「手法」と読み替えていいなら、あんたは嘘をついている。
あんたの>>73は「著名人がやったから」という偏見を持って、
「それで自分の方向を模索する人」に
否定的な立場を取っているし、それをやる人間を「若い学生さんでしょうがない」などと
ネガティブな目で見てるじゃないか。
いろんな理由つけて、否定しているじゃない。
おれはずぅーっと、そういうのを否定し続けているんだよ。

もうひとつ言っておこう。

>>74にも書いたが、おれ自身はこの手法は特に応用する気もないし、
加えて、おれ個人は別にデヴィッド・リンチって好きな監督でも何でもない。
個性は認めるけど。
つまり、おれ個人は、今回のネタに特に刺激はされなかった。
だからあんたに
>リンチが撮ったってだけでその一作に固執して声高に騒いでるお前はちょっと異常だ。
なんて判定されても、痛くも痒くもないんだけどw
その作品も、見てないよ。

77 :名無シネマさん:2007/02/23(金) 08:37:44 ID:CiYdccRu
だから、そういう主張をしたければ、自分の作品で主張しなよ。
自分で撮るつもり無いくせに、何様のツモリで人に勧めてるんだ?
しかも自分は刺激受けてないのに、受けない奴はインポだと。

作品不在で主張しているお前のそのスタンスは、
実際に創作活動してる人間から全否定されてもおかしくないんだぞ。

78 :名無シネマさん:2007/02/23(金) 12:20:56 ID:/t4bcLaJ
…………………………あまり呆れさせないでくれ。
お前さあ、作品で主張したいなら、掲示板じゃないところでやるよ。
「作品で主張」なんてことがどんなところでもホイホイとできるものだと思ってるなら、
とんでもない勘違い野郎で、それこそ創作の敵だよ。

あと、おれが刺激を受けないのは、その方法が現在の自分に必要なやり方ではないし、
リンチも自分にとっては特別な存在ではないからという、極めて真っ当な理由だ。

そうじゃなくて、
“「別段、新しくもないってことはおれは知っとる」「学生さんならしゃーない」
「リンチとはキャスティングその他からして立場が違う」などなど、下らない物言いで、
刺激自体を否定することを、否定している”
つまり、インポだと言ってる。ずっとそういう文脈だよ、おれは。

あと、おれがいつリンチの方法を人に勧めた?
「勧める/勧めない」の問題じゃないだろ。「作品で主張」云々といい、
思いつきでの反論なら、もう結構。おれは最初っから上の“ ”でくくったことを話してるし、
それをお前が理解しないからって理由で、またもや繰り返すのは、もうたくさんだ。

79 :名無シネマさん:2007/02/23(金) 18:47:32 ID:rgZw48A7
何から刺激を受けるかは人それぞれ。
受けないのも人それぞれ。
受ける人を否定するのも、受けない人を否定するのも、間違い。

80 :名無シネマさん:2007/02/23(金) 19:21:50 ID:/t4bcLaJ
>>79
そうですね。
その伝で言うと、自分は受ける人を否定する人を否定し続けています。
あなたの言う通り、間違いだから。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)