2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

原作を読んだ人は必ず「原作の方が面白い」と言う

1 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 04:29:48 ID:noHuWe1x
・映画の原作を読んだ人は必ず、「映画より原作の方が面白い。」という法則

映画の原作を読んだ人は非常に厄介。やたら自分が映画の原作を読んだことをアピールしたがる。
その上、「映画より原作の方がおもしろい。」という意味のわからない理屈で映画の否定にかかる。
いや、だから、映画には映画のおもしろさがあるし、原作には原作のおもしろさがあるんだから。
それがわからないようじゃ、だめなんじゃないでしょうか。

http://nsjweb.web.fc2.com/news_039.htm

2 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 04:35:38 ID:/9jMH7c6
そんなこと


















ないよ

3 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 04:50:13 ID:pmcGgn0b
ほんで何するスレなんですか?

4 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 04:57:39 ID:BBAI3zAZ
一般的に考えると
映画化されている時点で高い評価を受けている原作であるのだから映画化した時にその水準を超えた
作品になることが稀なのは当たり前。
原作と映画を比較するような人は最初に原作を読んで思い入れを持っていることが多いので
その思い入れを超えることは難しい。

5 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 05:16:44 ID:iJOHtZM4
映画ファンは原作と映画は別物だから比べるなというくせに
シリーズものの俳優が替わると文句を言う。
別人だから比べるな。

6 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 05:35:04 ID:pmcGgn0b
NANA‥

7 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 06:04:29 ID:h+0K+HUt
俺は展開の速さが気になる
原作は自分のペースで読めるからなぁ

8 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 06:31:01 ID:dVKkffls
バトルロワイアルなんかだと映画には映画の、原作には原作の面白さがあるなんていえるけど
デスノートとかになると原作の方が映画よりずっと面白いよって言いたくなるよね

9 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 06:31:33 ID:OsapT6Ed
つまらない原作から面白い映画ができたケースは例外中の例外

10 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 08:47:27 ID:dstSp4CN
原作先に読んじゃうと自分の中で映像化したときのイメージが膨らんじゃって、映画がそれに沿ってないとつまらないって思っちゃうんだよね。

11 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 09:04:28 ID:YIOya01J
再教育が必要ということなのでしょう
小説好きの私が言うのだから確かです。

同じ文字、言葉でも住む場所育った環境が違えば思い浮かぶイメージはバラバラ。

原作より劣るのは仕方がないし事実だろうけど、映画には味わうべきものは沢山ある
それが味わえない人間が小説をちゃんと味わえてるかはかなり疑問。


12 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 09:18:13 ID:FrMTCZ3a
ただ原作通りの展開或いはオチに対して「流石ヒッチコック!」とか
言ってる人を見るとつい教えてあげたくなるというのはある

13 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 11:16:28 ID:k9oyhmLS
>>5
おまえ、馬鹿だな



何でもかんでも対比させれば説得できるとでも?


14 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 12:27:58 ID:krAcBJ1I
これだけは言える
ジョゼ〜 は原作ツマンネ

15 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 12:33:15 ID:iJOHtZM4
どうしても映画は原作のダイジェストになるから
原作を読んでから映画を観ることにしている。

16 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 14:35:56 ID:27bp+4e3
   ∧_∧  ノロウイルス撒いてやんよ
  ( ・ω・)ノ>゚+。:.゚
  C□ / ゚。:.゚.:。+゚
  /  . |
  (ノ ̄∪


17 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 14:37:04 ID:jxyqMDW7
原作好きでもいいし気持ちもわかるが、映画スレで延々原作マンセーして注意するとファビョるから困る
映画は映画と割り切って、映画の疵を叩くのに原作をやたら持ち出さないでほしい
二言目には原作では原作ではとしつこい・・・だったら原作スレで思い切り話せばいいじゃん
と、いつも言いたくなるスレがあります。何処とは言わないけどね


18 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 14:37:19 ID:27bp+4e3
   ∧_∧   彡
  ( ・ω+。:.゚ 彡
  C□゚。:.゚.:。+゚
  /  . |
  (ノ ̄∪


   <⌒/ヽ-、 ___ 
 /<_/____/

19 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 14:56:19 ID:2BdEMos9
ハウル見た時となりのカップルがずっとしゃべってたな
はじまってすぐ「全然違うねー」とかさ、
で、注意してやんで、しばらくしたらまた喋るの繰り返し。
原作読んだ人すべてではないだろうが、原作至上主義っぽい人はなにか具合が怪しいものを感じるよ。


20 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 15:07:11 ID:rZ8Ap3dJ
原作潰しの映画は確かに見るにたえん
映画として見れるもんならまだいいが
あまりにひどいと悲しくなるわ

ようするに映画にするなら同等か原作超えるように作れと
それが私の希望です

21 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 16:31:15 ID:y4pEnhxM
映画館で声高にしゃべるのはどうかと思うが、ジブリは原作クラッシャーだから
仕方がない

22 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 16:34:52 ID:y4pEnhxM
>>20
それは詰る所、お前の思い描いた通りに作れというこったろ
不可能

23 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 20:03:26 ID:Q0T6R3AE
テスト

24 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 20:36:47 ID:IB67J1JH
原作のほうがウンタラカンタラ〜って講釈たれるヤツは結構いるな。
読んでないんだからヘェ〜くらいにしか答えようがない。

25 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 20:41:34 ID:i4KOW/py
2001年宇宙の旅。

26 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 21:16:50 ID:hCjFmGRB
原作と違うなら違うタイトルつけれ。
アトランティスのこころってなんだありゃ。飛行機の中でみて良かった。

27 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 21:22:40 ID:iqD2HMe7
泥の河は原作そのまんまでワラタ
テンポまで原作そのまんまで2時間程度の尺で映画化できるのは泥の河くらいの分量が限度なのかなあ

28 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 21:49:17 ID:NBl8mmsH
>>25
あれは原作というのとはちょと違う
クラークとキューブリックのアイデアから、キューブリックが撮るとああなり
クラークが書くとああなる、という感じ

29 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 21:51:08 ID:+2vHmdoR
デビルマンは原作のほうがいいと思った。

30 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 21:52:54 ID:8VYweBRB
ノベライゼーションが、映画を越えてもあまい話題にならんな。


31 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 21:53:29 ID:zJwz3kvB
黒い家の映画版を見たときは余りの酷さに愕然としたがな

32 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 22:10:27 ID:y4pEnhxM
>>30
たとえば?

33 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 22:22:17 ID:FDR0ZWjL
本を読まない層を狙ってもう一稼ぎしようってのが映画だろ

34 :名無シネマさん:2006/12/19(火) 23:49:31 ID:BWPBX/lk
なに言ってるのかわからん。
その映画って原作ものなのか、映画全般なのか?

35 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 01:35:43 ID:n/EstYbE
小説と映画両方好きな俺にとっちゃ、悩ましいテーマではあるなー
もっとも、最近小説読むのがかったるくなってしまって、専ら映画鑑賞に逃げ込んでいる状態

36 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 01:50:35 ID:4x/sgd8q
内容にもよるけど、小説は読む人それぞれの想像性で、何通りもの見方があるから深いのに、
それを単純に映像で「こうです。」って出してしまったら、
それはその監督が感じたイメージを視聴者に強制してるだけだから、批判されるのは当然だと思う。。
たった一文とっても、みんなが同じ絵を描いてるわけがないんだから、何でも映画化するのはやめてほしい。

37 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 02:04:28 ID:mcy1y0sz
単純に考えて、量的には映画の方がコンパクトにまとめなきゃいけない
事が多いんだろうから、原作先に読んでたら
「あのシーンが無い」「このキャラもいない」って
思ってしまうのは仕方ないような。

38 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 02:09:59 ID:4keuvt2Q
「目にも彩な宮殿」「数万の屈強の兵」なんて数文字でも
映像にするには大変な労力と才能と金が掛かってるわけだ
無論しょぼい映画化は自分も嫌だ
でも映画は映画、原作は原作で別に楽しみ評価したほうが公正だと思う
原作どおり・原作の細部まで再現できていない事を根拠に映画スレで暴れるのは迷惑


39 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 02:15:31 ID:4x/sgd8q
仕方がないとか妥協して作るのなら、そんなものは最初から作るべきじゃないと思う。
プライドはないのかって思うし、映画そのものの価値が低くなる。
映画にしかできないオリジナルで勝負してこそ、映画の価値が上がるんだと思う。

40 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 04:18:04 ID:29ptQaLP
映画の持っている最大のオリジナリティは映像と音だよ。
原作が評価されている映画はこれで勝負だ。

41 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 04:18:07 ID:rksFdc1+
大映映画の「盲獣」は、
江戸川乱歩の原作よりすごそうだが

42 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 18:03:54 ID:KjiqLmcw
>>1


「砂の器」

43 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 19:23:22 ID:GuCe8uBJ
俺は原作が好きな作品の映像化は、どんなに評判になってても
絶対に見ない
絶対に満足しないのが分かっているから

44 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 19:25:06 ID:kUtYW4vD

「赤ひげ」は原作よりも上だと原作者自身が認めてた。


45 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 19:35:58 ID:CQlpepKe
>>10
というか原作小説を読んでいる状態ってのは、常に理想のキャスティング、理想の演出が脳内で展開しているからな。
これを他人が作った映画で超えるのは至難の業だよ。
人気漫画がアニメ化されて真っ先に声優が批判される図式もこれと同じ。
読者一人一人の脳内に作られた完璧なキャスティングを他人が配役したキャストで超えるのは不可能に近い。

それと、映画には時間的な制約があるからどうしても原作小説よりも簡略化されてしまう傾向がある。
小説では100描いているのに映画では50も描いていない。これじゃどっちを面白く感じるかは目に見えている。
短編小説を映画化した「ショーシャンクの空に」なんかは映画版も評判いいね。

46 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 20:10:52 ID:uE/FbfKu
東映クラッシック・フィルム配給で公開された頃のデッドゾーン。
日本原作ファンの間で、評判はかんばしくなかった。

レベルがさがっちまったってことか?

47 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 20:50:14 ID:MshXszNZ
キューブリックの「シャイニング」に文句言う原作者に付いたファンなど
たかが知れておるわ

48 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 20:52:34 ID:mYdIv1/V
原作も良かったけど
ありゃキューブリックの勝ちだぜ
シャイニング

49 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 22:49:26 ID:X+Ien984
> 短編小説を映画化した「ショーシャンクの空に」

同意。これは映画のほうが圧倒的にいいと思うぜ。

50 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 22:56:38 ID:RGkPxayj
なんか参考になった

51 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 23:06:52 ID:DnDO5vtG
親指さがしも原作ヲタが騒いでたっけな…
あきらかに映画の出来のが良かったのに

だって山田大先生様の原作は、日本語(ry

52 :名無シネマさん:2006/12/20(水) 23:43:32 ID:w2OOLLEQ
デスノートは後編だけなら映画の方が上って言ってる原作ファン多いな

53 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 01:07:08 ID:jIqWPwty
シルベスター・スタローンの「コブラ」とウィリアム・ボールドウィンの「フェア・ゲーム」が
同じ原作の映画化だとは誰も思うまい。
しかも両方とも原作とはまったくストーリーが違う。

54 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 02:33:10 ID:0XZDXeRB
映画見れば原作読まなくてすむから得したと
思っていたのに、同じクラスに
映画見たら必ず原作を読む(たとえノベライズでも)奴がいて
まったく違うカルチャーにビックリした

55 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 09:52:53 ID:k6DYCieB
モホーハン!モホーハン!

56 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 15:16:49 ID:ybhPlDC8
作品が世に出てしまったら、もうそこから先は自分の作品ではない
と言う作家もいるぐらいだし、原作から何をよみとって、どう世界を
構築するかは千差万別。
映画は、一部の人間の解釈に過ぎないのだから、それが万人に合致
するわけがない。
原作に思い入れが深いほど、>>1みたいなことになるんでしょう。

57 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 19:43:06 ID:g6Wfe2bV
映画の原作ってほとんど読んだことないや。

映画板の住人さんだけあってみんなすごいぜ。

58 :名無シネマさん:2006/12/21(木) 22:01:47 ID:In9ngu9t
オズの魔法使いは原作よりも映画のほうがずっとイイと思う

59 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 18:28:09 ID:aWb+8D5G
>>28
うん、それは知ってるけど、とにかく、
映画版=後半からラストまでの意味がわからん。わからんので面白いかどうか以前のシロモノ。
小説版=すべてにちゃんと一応の説明がなされていて面白い。
よって、クラークの小説版の勝ち。

60 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 19:36:58 ID:zbsk5L6L
想像力のない者は、すべてを説明してくれる作品をありがたがる

61 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 19:51:22 ID:pBBG7220
ハウルの動く城
想像力で補うとか補わないとかいう次元でなかったが
予め言っとくと、腐女子の妄想力と想像力は別物だしな

62 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 21:29:32 ID:z6Q6VtAy
>>59
アーサー・C・クラークも映画を見て
「なんだこれは! 二人で相談したことと全然違う!」と驚いたそうだからなあ。
クラークはSF作家として、すべてを明確で論理的に語るべきという姿勢だから。


63 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 22:35:01 ID:aWb+8D5G
明日の夜、福岡では「2001年」が久しぶりに放送されますよ。(2時間半枠なので1988年の日曜洋画版と思われる)

>>62
もともとあったナレーション全部省いちゃったらしいよ、映画版は。「2001年」に関しては表向き対等となっててもクラークはキューブリックの指示に従うしかない立場だったようなので、「2010年」はクラークの逆襲みたいでオモシロカッタ。

>>60
抽象に逃げるヤツの言い訳だねえ、その常套句w

64 :名無シネマさん:2006/12/22(金) 23:35:56 ID:T5wAyS0Y
やっぱり九州か

65 :名無シネマさん:2006/12/23(土) 01:22:06 ID:I/9as4hZ
原作じゃなく、それはノベラでしょ
ちがったっけ

66 :名無シネマさん:2006/12/24(日) 00:36:58 ID:RZyiX2X8
>>1


67 :名無シネマさん:2006/12/24(日) 02:47:45 ID:KctoUTBf
愛の流刑地は、原作のほうが面白いし、ネタになる。

68 :名無シネマさん:2006/12/24(日) 08:15:14 ID:aKoeyZyE
>>27 亀レスですが、泥の河は原作と映画観ましたが、誘われて行って観た、マルセ太郎の実演がベストです。


69 :名無シネマさん:2006/12/24(日) 10:33:30 ID:xiVQe2UH
映像メディア全般に言えることだが最近は原作があるものの映画化ばっかりでオリジナルが少ない そりゃいきなりのオリジナル出すより原作付きやった方が興行見込めるんだろうが ただ無駄な先入観とかなしに見れるなら全くのオリジナル作品かなと思う

70 :名無シネマさん:2006/12/24(日) 16:26:52 ID:KqpiEEn2
>>63
>>60
>抽象に逃げるヤツの言い訳だねえ、その常套句w

抽象に逃げるっていうけどさあ、説明つきだったら映画である意味なくないか?
映画って、見て聴いて、それで感じることが重要なわけで
説明されて分かることのほうが大切だったら、だったら映画見ないで新書かなんか読んだほうが

71 :名無シネマさん:2006/12/24(日) 16:34:00 ID:ivW/AGHa
自分が理解できない表現を「抽象」と決めつけて逃げる>>63のことは
放っておきなさい

72 :名無シネマさん:2006/12/25(月) 01:21:59 ID:Q8Y/BAgm
>>1

つ「アウト・オブ・サイト」

73 :名無シネマさん:2006/12/25(月) 04:29:03 ID:iGXtglR7
>>70
SFというジャンルは、世界や現象の説明が重要であり、それが魅力。
説明しないのは、映画としてはともかく、SFとしては間違っている。
そもそもSFは映画というメディアに向いていないジャンルだけど。

74 :名無シネマさん:2006/12/25(月) 05:26:19 ID:JOCpBksi
問題はちゃんと観れば理解出来るように作ってあるか、だろ
それならわざわざ説明的なセリフを挟む必要はないわけだが
説明的なセリフもなくちゃんと観ても理解出来ないのなら
批判されて当然だと思うし、それをありがたがるのはキモイな

75 :名無シネマさん:2006/12/25(月) 05:39:07 ID:Df/zTg39
理解力というのは人によって差がある。誰かの基準が全員に通用すると考えるのは
間違い。理解力が高い人しか受け入れないよう作ってある映画を「わからない」という
理由で批判するのは、理解力が低い人たちだけに与えられた特権です。
>>74くんの理解力はどうかなー? まぁ、>>74みたいなことを書いてる時点で(ry

76 :名無シネマさん:2006/12/27(水) 04:32:07 ID:9MTL6mBX
>>74
ねえ、反論しないの?
もう里帰りしちゃったのかな。

77 :名無シネマさん:2006/12/29(金) 20:57:26 ID:OQMz2I+K
映画の原作って読んだことがほとんどない。
ネバーエンディングストーリーくらいかな、読んだの。

78 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 01:38:36 ID:5vsN5KLJ
「パフューム」の原作を読んだが、こんな視覚が意味を持たない小説をどうやって映像化するのだ?
予告を見るとサイコスリラーみたいだが、そんなまともな話でもないし。
それを確かめるだけでも、映画を見たい。

79 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 01:54:58 ID:HlkPdsBE
映画板って本読まない奴多そうだな。
このスレ見ればわかる

80 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 02:18:57 ID:5wK0f1Cl
映画化って原作のハイライト作るようなもんだからね

81 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 02:35:38 ID:4gDx9fZy
どう考えても「ロードオブザリング」は原作の読み込みが足りない。
かなり頑張って作られてるが原作の良さを理解できてない。

82 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 02:50:33 ID:J/nQOxaR
一番たちが悪いのは映画が完成する前から
「原作のあの崇高な内容を映画化できる訳がない」
とか言ってるファン。

83 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 04:27:03 ID:Fgpf5Hht
>>81
映画版は設定だけ借りたパロディ作品だと思って脳内処理した
そうでも思わないとやってられない

84 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 05:00:52 ID:rVwrHTq+
デスノートはガチで原作のがいい

85 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 06:50:16 ID:UCmJEIOA
「秘密」と「黄泉がえり」と「オールド・ボーイ(韓)」は原作映画どっちも良かった
ようは原作には無いオリジナル要素を上手く入れて
2時間で収める事が出来れば映画・原作どっちも良さが出ると思う。
ただ、原作のエピソードを全部入れようとして時間足りなくなって
結局それぞれのエピが少しずつ入る事になるってのが最悪なパターンだと思う。
ドラゴンヘッドとか。

みたいなゲロゲロ。

86 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 07:27:42 ID:koL22ElE
マディソン郡の橋、ダイハード2(原作・58ミニッツ)、アンタッチャブル、サイコなんかは映画版のが遥かに面白いね。
要は作り手の才能と心意気な気がする。


原作よりも糞映画は妙に共通の香りが。。。
デスニート、ダビンチコード(原作も糞だけど)、ゲド、ナルニア、Shinobi、某国のイージス(原作も盗作だけど)、あずみ、ホワイトアウトetc

87 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 07:32:39 ID:koL22ElE
>59
あれは変わった視覚効果で、当時可能なモノを一通りやってみたかっただけなんだと解釈してるんだけど。。。
やはりマズイかね?

88 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 09:53:47 ID:Fgpf5Hht
>>86
マディソン郡、映画版、視覚からしてぼろぼろでしたが
原作のほうがよほどまし

89 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 11:46:30 ID:9dfwF/G6
ショーシャンクはどっちもイイ!!

90 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 12:05:13 ID:Ma6mxiKI
『ツィゴイネルワイゼン』なんかは、原作の雰囲気を壊すことなく独自の味が出たね。
やっぱ脚本でしょ。

91 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 21:28:23 ID:z5bgf6c7
>>81
俺は原作を読んでLOTRファンになった後ラルフ・バクシが作ったアニメ「指輪物語」をビデオで見てしまい
あまりのひどさに衝撃を受けた経験があったのでPJの実写版はぜんぜんOKだった。
まあPJ版も映画の尺の関係でかなり端折ってはいるものの(俺の印象では)原作のイメージを壊さずに映像化できていると思う。

バクシ版のアニメはロトスコープとか言う技術で人間の動きをそのまんまトレースしただけの代物で
動きのモデルになった奴もろくに殺陣とか出来ないへっぽこぞろいなので
人間離れしているはずの旅の仲間達の動きがその辺のオッサンレベルになってしまってるし、
トレースもいい加減なので持っている武器の形とかがコロコロ変わる始末。
また殺陣場面のトレースを楽にするため俯瞰固定カメラ撮りしているのでほとんどコンビニの防犯カメラ映像みたいになってる。
それでもまだトレースされているキャラはいいほうで、たとえばカザド・ドゥムでのオークやバルログとの戦いのシーンなどでは
主要キャラ以外のオークやバルログを実写フィルムを薬品処理して諧調を落としアニメっぽく見せただけの代物。
またそのバルログやオークの造形のひどさったら学芸会以下のレベルなのでその場面では思わず失笑しちまった。
バクシ版では二つの搭のヘルム峡谷の戦いの終わりまでしか映像化されていないんだけれど
マジで続編が作られていないことを願ったよ。

だからPJが実写映画化すると聞いたときにはバクシ版の悪夢がよみがえり
とてもとても心配でマイナス予想ばかりしていたので実際に実写版見たときには感動すら覚えたものよ。

92 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 21:47:15 ID:Lapowjr0
>>81
第一部のホビット庄の出来は感動したけど
第二部でエルフの援軍が来ちゃったのが駄目

93 :名無シネマさん:2007/01/09(火) 22:49:21 ID:SOaIolFI
監督が原作ファン → 原作者>(越えられない壁)>ファンだから原作の方が面白いのは当然

監督はファンじゃない(映画会社からの仕事) → ファンじゃない奴が作るものが原作より面白いわけ無い

94 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 08:10:27 ID:5M1LXp2J
本を読むのは嫌いじゃないが、映画を見に行く前に原作を先に
読んじゃうってのがイマイチ理解できん。

先にネタバレしちゃってたら、映画館で損したような気分になる。

もっとも先に映画見ちゃったら、原作を後で読むときにはそっち
もネタバレ状態ではあるけども・・・

95 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 12:04:57 ID:uuNUkHHz
>>94
難しい選択だけど、どちらを優先させるかって事だよね。
読書好きの人なら、「原作ダイジェスト版」の映画で先にネタバレされるより、
オリジナルの優れた原作をネタバレなしで100%楽しみたいから、映画を見る前に原作読む、
…というのは理解できる。原作より映画が劣ると思っているなら、なおさら。
それに、映画は映画で役者の演技、音楽、派手なSFXとか加わるから、
過剰な原作至上主義でなければ、原作既読でもそれなりに楽しめる。
(映画があまりに酷い原作クラッシャーの場合は無理だろうけど)

本より映画優先の人は、映画を先に観ればいいんじゃないの?
映画で原作に興味を持ったら、後で原作読めばいいし。
確かに原作読む時にはネタバレ状態になるけど、
大抵は映画でカットされたエピソードや詳しい心理描写なんかがあるから
映画を見た後でも原作は楽しめる場合が多いよ。

ミステリー小説とかでは、映画では犯人を変更してたりする場合があるね。

96 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 14:21:50 ID:AAA66Kfg
原作至上主義にはなりたくないけど、映画の出来が悪かった時に世間で「なんだ、こんなもんなのか」て思われたくないって気持ちはちょっとわかる。

97 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 15:11:02 ID:T3eGh23Z
スター・ウォーズとか原作がないやつはノベル版がつまらん。
原作に縛られない方が面白いものが作りやすいということはあるかも。

98 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 17:17:12 ID:nljX2axZ
原作を読んだ人は、
どちらかと言えば文系なのだから
映画より小説の方が面白いのは当たり前。

99 :名無シネマさん:2007/01/10(水) 17:37:42 ID:zDn2BaUd
『いま、会いにゆきます』『タイヨウのうた』は“映画”のほうがよかった
『ただ、君を愛してる』は内容の深み的には原作が勝るが、静流や森の映像・描写が抜群に優れていた

原作を上回ったと感じた映画はこんなとこか

100 :名無シネマさん:2007/01/13(土) 15:40:06 ID:65yKJtuj
100

101 :名無シネマさん:2007/01/16(火) 13:55:30 ID:tPQdnahJ
めぐりあう時間たちは原作もいいが映画の方がいいと思う

といいつつ劇場で観たのは一回、DVDも買ったきり見てない

102 :名無シネマさん:2007/01/19(金) 21:38:55 ID:Z5rtcc5S
板更新不能

103 :名無シネマさん:2007/01/20(土) 09:53:45 ID:ti+Hpjm5
一冊を全て2時間にまとめるのは困難だとおもうが
邦画は簡略化しすぎでつまらなくなるのは確かだよね

104 :名無シネマさん:2007/01/20(土) 15:33:33 ID:Vp04o3hA
バトロワやデスノートは原作より映画の方が面白かった。
原作のプロットを生かしつつ上手いこと換骨奪胎していたからだな。

105 :名無シネマさん:2007/01/20(土) 17:35:06 ID:l5il5pGm
ウブメの夏の映画に出てきた眩暈坂は、「あの坂はこんなんじゃない」とは思ったなぁ

106 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 11:24:42 ID:m3VoTYB+
『リング』は映画の方が全然凄いな
原作じゃ貞子がTVから出てこないし

107 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 11:44:43 ID:9XJX+B1O
原作より面白かったのは「魔女の宅急便」」くらいかなあ
やっぱ原作ありきの映画化で、映画のほうが面白いってのは難しいよな
先に生み出したことへの+評価もあるし

108 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 12:27:17 ID:8rHbgtPP
>>107
もっとたくさん映画を観ましょう

109 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 13:36:16 ID:EmS2GALA
んなこというならまず自分が原作より面白い映画を出したらどうだい?

110 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 13:47:49 ID:cFt25TFQ
>>106
あんた、明快でいいなw
まあ原作は原作の味わいがあるけど
「リング」は脚本家(高橋洋)の色合いがかなり濃いね。
テレビもそうだけど都市伝説の使い方とか、
ポイントの部分がオリジナルだし。

111 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 14:56:54 ID:gSQ2Y44c
「時計じかけのオレンジ」は原作よりも映画のほうが面白かった。
「2001年」はあれは原作じゃなくてノベライズ兼映画用のガイドブックだし。
「シャイニング」や「リング」は映画版は原作とは離れた別物として捉えたほうが正しい。

112 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 15:50:14 ID:yrYkwZHM
クレヨンしんちゃんはどういう扱いなんだ。

113 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 15:54:23 ID:BUd/8OPH
今回の007は原作もいいけど映画もなかなかよかった。

114 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 16:37:23 ID:+PtGbghf
>93
 監督が原作ファンでありつつ、「オレだったらこのネタはこう広げる!」って気概も
持っていると、イイ映画になりそうな気がする。
 もちろん、その監督にそれ相応の能力がある事が前提だけど。

 「原作を忠実に映像化」とかしちゃう人は、基本的にダメダメだね。

>112
 基本設定だけ借りたオリジナルの番外編、ってとこでしょ。
 イアン・フレミング原作じゃない007映画と同じ。


115 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 18:27:44 ID:YW48i4jI
「ブレードランナー」
映画も無国籍的イメージでそこそこの評価だが
原作はSFの名作

116 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 18:29:58 ID:crJhYKwT
ブレードランナーって原作あるのか。知らなかった。

117 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 18:48:55 ID:+PtGbghf
 『ダイ・ハード』の原作は、物語内で起きるイベントはほぼ同じなのに、
映画とテイストが全然違ってて興味深かったな。
 あれは、映画の方が原作より良く出来た例だと言ってイイと思う。

118 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 18:58:18 ID:UpOtA1Yl
SF古典的名作の映画化

フィリップ・K・ディック
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」→「ブレードランナー」
アイザック・アシモフ
「私はロボット」→「アイ ロボット」
ロバート・A・ハインライン
「宇宙の騎士」→「スターシップトゥルーパーズ」
スタニフラフ・レム
「ソラリスの陽のもとに」→「惑星ソラリス」「ソラリス」
ハーラン・エリソン
「世界の中心で愛を叫んだ獣」→「世界の中心で愛を叫ぶ」

119 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 19:02:38 ID:BUd/8OPH
細かいとこだけど、
宇宙の騎士じゃなく宇宙の戦士
宇宙の騎士はテッカマン


120 :名無シネマさん:2007/01/21(日) 19:11:59 ID:5mzB1lTt
>118
最後のは違う・・って突っ込んどいた方がいいの?

121 :名無シネマさん:2007/01/22(月) 01:16:09 ID:QZuAa611
>>120のツッコミはたった一つの冴えたやり方

122 :名無シネマさん:2007/01/22(月) 01:51:59 ID:CpELm5WD
>>121のボケは故郷から10000光年くらい離れて読んだら笑える

123 :名無シネマさん:2007/01/23(火) 02:59:55 ID:OyViB95b
「ゴッドファーザー」は映画も相当出来が良いけど
マリオ・プーゾの原作は最高。
シナトラがモデルとなった売れない歌手のジョニュー・フォンティーンと
相棒の友情物語が語られている所は泣ける。
家族や友人とのあり方にも触れられている。
ただのギャング映画ではない。
家族の物語。

124 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 00:33:27 ID:HanLJUqT
原作を読んでから映画を観る場合の自分の考慮点
(1)配役の批評
(2)どこが変更されているかを見る。付け加えもあるからね
(3)自分ならどう作るかを考える。これが結構面白い
(4)つまらないと思ったら、なるべく映画は原作と別物と考えて観る
(5)観終ってから作品の評価が変わったか→YESなら観てよかったと思うことにする

外国ものだと語学の勉強にもなるし、読んだら映画化されているのを観るのはとても有益

映画のノベライズはちょっとなあ…

125 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 00:47:17 ID:XHs6P/EQ
> (3)自分ならどう作るかを考える。これが結構面白い

これは面白いな。こんなこと考えもしなかった。
さすが映画板。

126 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 01:03:05 ID:j4dtpCr2
個々人が脳内で自分の理想通り作った妄想に勝つのは至難のワザ

127 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 01:36:11 ID:KRuG24ig
黒い家
映画化したのはいいが、これほど劣化するとは・・・

まぁ原作を越える映画ってそうないだろ。
2時間にまとめるのは難しいって。
ダヴィンチ・コードがいい例

128 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 07:53:46 ID:0othm6YK
「黒い家」は森田芳光がストーリーテリングや人物像で観客を引き付けることを放棄して
ひたすら映像テクニックを見せ付ける、展覧会みたいな映画にしちゃったからね。
でも怖すぎる大竹しのぶや精悍な山本勘助とのギャップも楽しい
内野聖陽の情けない主人公など、それなりに楽しめる作品ではある。

129 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 08:49:12 ID:SPETvev2
原作の方が面白いって言っておきながら、


そいつが読んでるのが映画のノベライズ版だった時の滑稽さGJ

130 :名無シネマさん:2007/01/24(水) 23:33:15 ID:VewfNqU/
scarfaceも原作、映画ともヨカタ。


131 :名無シネマさん:2007/01/25(木) 00:11:43 ID:XZ+myKCW
どろろはどーなんでしょーかね?
予告見ると原作よりおもしろそーなんだけど

132 :名無シネマさん:2007/01/25(木) 14:37:19 ID:aRO6mJrj
「黒い家」にしろ「模倣犯」にしろ好き嫌いはあろうが、新しいものを作るんだという
気概は見受けられるけどな。
評論家ウケした「39」路線をあえて捨てて、サスペンスを全く別の切り口で2作品作るなんて
容易じゃないしな。
誰とは言わないが、サスペンス一辺倒で自己模倣し続けてるやつだっているんだし。

133 :名無シネマさん:2007/01/25(木) 15:55:56 ID:fCgJhsGH
誰なのか言ってよ。気になるじゃん。

134 :名無シネマさん:2007/01/25(木) 23:50:57 ID:29LWC9ys
 シャマランじゃね?


135 :名無シネマさん:2007/01/26(金) 00:01:36 ID:FXzTwlZm
セカチュー、いま会い、タイヨウのうた

136 :名無シネマさん:2007/01/26(金) 00:08:58 ID:FM+z1E+5
ダ・ヴィンチ・コードは映画が酷評されてたけど、後から原作読んでみたら、原作もそんな大したことないんじゃ
ないか……と思ったなあ。
もっと「薔薇の名前」みたいな衒学的小説を予想してたけど、実際には日本で言えば内田康夫とかそんな感じ
の小説で、映画版は結構頑張ってたんじゃないかと……。

>118
ブレードランナーは、映画としては優れてるけど原作とは全然違ってて驚くな。
ディックの小説はチープなガジェットが魅力なのに、映画にしちゃうと大抵派手でカッコイイ世界になっちゃって違
和感がある。

137 :名無シネマさん:2007/01/26(金) 00:20:18 ID:sB8jO3Zl
ブレードランナーの原作ってのがあるのをこのスレで知った。
読んでみたいぜ。

138 :名無シネマさん:2007/01/26(金) 00:30:03 ID:jyQNeyZE
>>136
原作ってウンチク披露以外はライトノベルみたいなもんかと・・
映画の方がずっと上質だったと思う。

ブレードランナー、原作は読んだけど映画を見たことない。


139 :名無シネマさん:2007/01/26(金) 00:36:55 ID:sB8jO3Zl
>>138
映画最高にいいよ<ブレードランナー

140 :名無シネマさん:2007/01/26(金) 01:13:38 ID:LWdK7jWr
>>138
原作と映画のどちらか、
ひとつで充分ですよ。

141 :名無シネマさん:2007/01/26(金) 02:55:22 ID:Nclpf+l3
二倍楽しめるのにねえ…

142 :名無シネマさん:2007/01/27(土) 01:12:05 ID:KPDU8jEH
原作の主人公はニコラス・ケイジとか、ああいうくたびれたイメージだ>電気羊

143 :名無シネマさん:2007/01/27(土) 22:54:15 ID:nZtTytrc
サンキュースモーキングはどっちも面白い。

144 :名無シネマさん:2007/01/28(日) 12:52:26 ID:fLNJe/Mq
映画の原作を読んだ人は非常に厄介。
やたら自分が映画の原作を読んだことをアピールしたがる。
その上、「映画より原作の方がおもしろい。」という意味のわからない理屈で映画の否定にかかる。
いや、だから、映画には映画のおもしろさがあるし、原作には原作のおもしろさがあるんだから
。それがわからないようじゃ、だめなんじゃないでしょうか。

145 :名無シネマさん:2007/01/28(日) 16:41:15 ID:VTHq1sMv
>>143
映画で面白い箇所は原作のまんまだからな

146 :名無シネマさん:2007/01/29(月) 06:52:18 ID:iG44iB1z
>>144
そのとおり。
小説や漫画と違って、映画は俳優の演技や映像を楽しむもので、ストーリーを楽しむメディアではない。

147 :名無シネマさん:2007/01/29(月) 08:10:08 ID:xi1wzca2
>・映画の原作を読んだ人は必ず、「映画より原作の方が面白い。」という法則

原作より映画の方が面白いのは俺が読んだだけでも結構一杯ある。
もちろん原作の方が出来がいい方が多いがw

「天国と地獄」
 原作はシムノンの「キングの身代金」だが1000人読んでも絶対映画のほうが面白いと思うレベルの凡作。
 ていうか映画が面白すぎんだよな。
 黒澤も「原作はつまらないけど他人の子供でも脅迫出来るというアイデアが素晴らしいので映画化した」といってる。
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」
 原作ではあの男の子と女の子がセックスするラストにゲンナリw映画はさわやかなラストでいい。
「ディーバ」
 原作は「なんでわざわざざ本になったの?」って位安手のサスペンス。映画は映像も音楽もセンスいい。
「砂とダイヤモンド」
 原作は大部でストーリーが散漫ていうか日本人にはわかり辛い。映画は主人公に焦点あてててチブルスキが見事。
「メフィスト」
 クラウス・マンはさすがに文章上手いが主人公のキャラは弱い。映画はブラウンダウアーは演技力の凄さで名優の役をリアルに演じてる。
「アフリカの女王」
 映画はなんつってもボギーとキャサリン・ヘップバーン共演が見もの。原作はフォースターにしてはさほど面白くない。
 ヘップバーンの「アフリカの女王と私」を読むと映画の内幕がわかってなお面白い。 
「痩せゆく男」
 痩せるというのは視覚的効果のお蔭で映画の方がリアル。デブの特殊メイクも上手い。
「ジュラシック・パーク」
 コレは原作も面白いけど映画版は恐竜を本物と思うほどリアルに蘇らせたCG映像が圧倒的。
「日の名残り」
 原作も傑作だけと映画の方が面白い。ホプキンスの執事が嵌ってる。

148 ::2007/01/29(月) 13:26:16 ID:hlB4lTQv
「キングの身代金」はジョルジュ・シムノンではなくエド・マクベイン。
「砂とダイヤモンド」…?アンジェイ・ワイダ監督、グズビニエフ・チブルスキ主演のポーランド映画のことなら「灰とダイヤモンド」だよ。

ツッコミスマソ

149 :名無シネマさん:2007/01/29(月) 23:22:24 ID:M/vynz9w
墨攻は原作(小説の方。残念ながら漫画は読んでない)がすごく面白かった。
・内容が視覚に訴える部分が多い事
・原作が短編である事
の2点がうえでいくつか上がってる「映画が原作より面白い」セオリーに当てはまるので、
映画化にめちゃめちゃ期待してる。


150 :名無シネマさん:2007/01/31(水) 04:53:23 ID:rL1C/6i5
>>149
漫画版に近いらしいよ

151 :名無シネマさん:2007/02/01(木) 06:16:09 ID:5cE71U7T
そういえば星新一が「墨攻ちゃん」って本を書いてた

152 :名無シネマさん:2007/02/03(土) 21:46:43 ID:nz0TNLRQ
それは「ボッコちゃん」だろーが!

153 :名無シネマさん:2007/02/12(月) 18:42:47 ID:Dvn7kL1c
小説一冊、漫画数冊を二時間で纏めろってのが無理

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)