2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

時代劇の理不尽な点を強引に解釈するスレ 参

1 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/03(土) 06:04:48 ID:vfL1eXRM
時代劇を見ていて不思議に感じたことを質問しましょう。
優しく知識あふれる方々が納得のいく解釈を与えてくださる事と思います。

前スレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/kin/1056378787/
前々スレ
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/kin/1030990830/

2 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/03(土) 06:12:50 ID:???
一応他板の理不尽スレもいくつか貼っておきます。

ゲームの理不尽な点を強引に解釈するスレ その49
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/retro/1132894957/
漫画の理不尽な点を強引に解釈するスレ 巻ノ廿漆
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/comic/1130236593/
FF・DQの理不尽な点を強引に解釈するスレ17
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1128779881/
童話の理不尽な点を強引に解釈するスレ3冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/ehon/1132611577/
特撮の理不尽な点を強引に解釈するスレ(44)
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1132896400/l100

3 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/03(土) 14:06:16 ID:???
>>1さん 乙です

早速なんですが
これだけ多くの江戸時代映像が残っているにもかかわらず
撮影しているカメラを珍しがる町人やVサインを出してる子供が
写っていないのが不思議なのですが

4 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/03(土) 16:51:05 ID:???
あれは隠しカメラの映像です。
写真に撮られると魂を吸い取られるという迷信があったので
カメラマンの人も苦労したようです。

5 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/04(日) 01:33:52 ID:???
よく必殺とか時代劇で盆の窪を刺すと、人が死ぬなんてやってますが、事実でしょうか。
ドキュメンタリーで脳みその半分が無い人とか、頭に釘が刺さったままの人や、
弾丸が貫通した人なんかが元気(?)に暮らしているのを見たりすると、
たった小さな針一本で人を殺せるのか疑問に思います。
是非とも医学的見地にたった意見が聞きたいです。

6 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/04(日) 05:11:52 ID:???
>>5

          _,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,,_
        ,.r'ォ,.    -┐   ':..,゙ヽ
       ,r' ,::;:'    ,ノ ヽ、    ゙:::.ヽ
      ,.' _.,:;:'___ _立_  ___;;ミ゙、          ̄ノ ̄| ̄
     .l厄巳厄巳厄 i王i ,.巳厄巳厄巳l           ,勹 .├?''
     lォ , "ォ  ̄ ̄ ̄ `'''′  ̄ ̄ ̄`.:`{         ォ_フ  ヽ、_,
     | l ;;:.,.   ::、.       ...   '゙|
    ,.-''、.,! ,.::'    ヽ、:.゙、 ;;.:' ''  ヽ | ,.、       __l__
   ./  、/ `ヾー─tッ?ヽ''  kーtr─ツ'ォ〕. ヽ.        |
  / {ォi Y::::..   ` ̄ ̄ォ.: "i! ::. 、` ̄ォ ゙:::.、} r、 l        i,____
  | ヾ_,,入;:::.. `'' " ォ.::; .::i! ::..  ```  :. }ツl l
  \  ノ ヾ ;:::.   .:r'' :: ll! :ヽ;:..:.   .: j,ノ ,!       ┬?┌,┴┐
    ヽ',,;l  ゙i ;::.. _ `ヽ、;;,,,,'.ィ'' _,, .::,;r'1,,,/           l__ ノl士
  ッジ::::::|  ゙ ,r'ォ:::;;;;;;;::>  弋ォ;;;;;::::ヽ'" |:::::゙'イィ      ノ凵  l土
 弍:::::::::::l  /:::;r'ォ ,,..-ーノー-、 ヾ;:::'、  |:::::::::::ヒ
  シ:::::::::::l   i':::,!  ォ  __  ゙  l::::l:. |::::::::::ス       __ヽ__?┬┐
  彡;:;:::::l  l:::l     ''''''''⇒;;;:,   l:::l  |::::;;ャ`        ニ メ ,ノ
  ,r', 广'`ヽl:::l ::::. .::     ゙::.   l::l ノ^i`、         l ̄l ハヽヽ
 ,イ(:::j    i::;ヘ  :;:.       .::   l::l'"  l:ヽヽ         ̄   ̄
 |;:ヽヽ   l::l  ヽ ;:.... ..  .. :  /l::l   ノ ,.イ
 |;:;:;:;\\ l::l   ', :;.:;::::::::::..::.  /  l::l,r'' /;:;:;|

7 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/04(日) 15:13:19 ID:???
強引じゃ無い解釈を求める>>5が理不尽過ぎます

8 :侍見習:2005/12/04(日) 20:13:29 ID:vP4pUH9H
>>5
マジレスと冗談の中間だが
説明しましょう脳は急所六ヶ所といい(実際はもっと多い)
急所に当たらなければ、6割の損失まで耐えられます。
只・・・急所の一つ前頭神秘質は傷つけられると、性格が変わったり、
植物人間になったりします、最悪絶命します。


9 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/04(日) 20:50:29 ID:???
>>5
混じれ酢だが、延髄の呼吸中枢をやれば呼吸停止して死ぬでしょう。
梅安先生は鍼医者だから、どこを刺せばやばいかは知っていたはず。

ところで質問。
念仏の鉄の、頚椎外しは十分致死性があると思いますが、肋骨折りでどうして悪人が死ぬんでしょう。

10 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/05(月) 19:09:04 ID:???
>>1さん乙です。

時代劇で斬られて血が出ないのはまあいいとして、
死体になった後で血まみれになってるのは何なんでしょうか?

11 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/05(月) 21:56:32 ID:???
>>9
北斗の拳の「修羅の国」編で群将カイゼルが部下の体から肋骨を何本か抜き取って
殺してしまうんだが、あれと同じだよ。

12 :侍見習:2005/12/05(月) 22:04:45 ID:FIwNmlb5
>>10
石川五右衛門の「またツマラヌ物を」と同じ原理

13 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/06(火) 00:34:42 ID:???
>>9
折れた肋骨が肺腑を突き破り呼吸ができなくなって死にます。

14 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/08(木) 01:14:25 ID:???
時代劇の夜の屋内のシーンなんか見ると、当時の照明は行灯や灯明ぐらいのはずなのに、
何百Wの照明をたいたように明るいのはなぜでしょうか?

15 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/08(木) 02:17:07 ID:???
>>14
お武家様が月代をそっているので限られた光源もきわめて有効に利用できるのです。
身だしなみのきちんとした人が少ない賭博場などではこれができないので
百匁蝋燭などを大量に使用しなければなりません。

16 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/09(金) 08:19:32 ID:???
順庵先生が理不尽です。

あんなに凶悪な悪者どもは、もっと苦しませて地獄に送ってやるべきです。
何で針でプスッと刺すだけなんですか。あれじゃ体のいい安楽死です。

17 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/09(金) 11:43:37 ID:???
>>16
いたいけのない子供を殺した外道が無期懲役で済んでしまう
今の日本の方がよほど理不尽なので問題ないと思います。


18 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/09(金) 16:35:50 ID:???
時代劇の斬られ役で有名な福本清三先生ですが、
先生以外にも斬られ役は沢山いるはずなのにあまりパッとしないのは何故ですか?

19 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/09(金) 19:16:00 ID:???
時代劇の火野正平率の高さが理不尽です。

20 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/10(土) 05:31:01 ID:???
>>18
他言は無用に願いたいのですが、簡単に言うならば税金対策です
先生のように特徴があると目立ってしまい、名前もクレジットされます
それに対して **剣友会・**グループ等 を隠れ蓑として
あたかも出演していないかのような偽装工作が可能となります
先生は自らスケープゴートとなり、その分を出版物や剣劇イベントで補っているのです

21 :侍見習:2005/12/10(土) 20:29:07 ID:bj3KFNFs
ガオレンジャーが江戸に飛ばされた時、
なぜ子ずれ狼と暴れん坊将軍がいたんでしょうか

22 :侍見習:2005/12/10(土) 20:33:00 ID:bj3KFNFs
というより
巨大ロボで暴れたら後世に残りそうですが。

23 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/11(日) 16:40:46 ID:???
水戸黄門の由美かおるが理不尽です。
なぜいまだに現役くのいちなのでしょうか。
むしろ水戸黄門役をやっても違和感ありません。

24 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/12(月) 00:17:18 ID:???
>>21-22
えーと、その回見てないのでよくは分かりませんが、ガオレンジャーが飛ばされた時に
別の時間軸にいた子ずれ狼や暴れん坊将軍も飛ばされてきたのかと。
ドラえもんの時空乱流みたいなもんですな。

で、当時巨大ロボが暴れたとしても恐らく
「妖怪大入道」くらいにしか思われなかったのでは?
運よく文献が現代に残ったとしても、妖怪ペルリみたいにパッと見分からないかと。

>>忍者はその隠密性から、死ぬまで忍者。おいそれと転職出来ないのでは。
水戸黄門役に関しては、上杉謙信みたいに光圀女性説が出たら可能性があるかも。

25 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/12(月) 00:47:29 ID:DAixHKDF
>>23
京女を1人いれておかねばならないのです。

26 :侍見習:2005/12/13(火) 07:43:12 ID:zz7H9A6Y
はうはう税とは、何でしょう・・・・泣いたら税金を取られる
理不尽です

27 :侍見習:2005/12/13(火) 07:49:31 ID:zz7H9A6Y
http://www.paniponi-dash.com/story.html
の24話参照

28 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/13(火) 16:27:24 ID:???
>>26
うはうは税の間違いでした。
儲けすぎてうはうはしてる奴から搾り取るはずでしたが、
うっかり間違ってこんな税金になってしまいました。
株を間違って売り出したどこかの証券会社と同じです。

29 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/15(木) 01:51:38 ID:???
映画「隠し剣鬼の爪」で、山奥の座敷牢に幽閉されていた狭間弥市郎は
牢を破ったあと近くの集落に立てこもり、民家から強奪した刀で片桐宗蔵と斬り合いました。
一方、原作の小説では狭間は牢を破った後集落には姿を見せていませんが、なぜか刀を持っています。
藩が罪人の狭間に刀を持たせたまま牢にぶち込んだとも考えられません。
小説版の狭間はどこで刀を調達してきたのでしょうか。理不尽です。

30 :侍見習:2005/12/15(木) 22:16:45 ID:d2lZqF7R
>>29
多分、「一間住い」だったのでしょう、
御魂だある
 刀を錆びさせては大変です
「一間住まい」は刀を持って入るのが
定石です

31 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2005/12/18(日) 19:58:42 ID:???
>>21
それはアバレンジャーの話じゃなかったっけ?

32 :侍見習:2005/12/22(木) 15:23:55 ID:HRqay7U3
>>31
戦隊モノって大体2クールに一回は
どこかの時代に飛ばされているだろ

33 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/22(木) 16:01:20 ID:???
そんなちょくちょくやってくる戦隊のみなさんが歴史書に足跡が残っていないのが理不尽です。

寛永二年、牙於連邪といふ者ども、江戸市中に現れさふらふ。

みたいな感じに。

34 :侍見習:2005/12/22(木) 20:59:40 ID:HRqay7U3
>>33
だから江戸に天守閣が無かったり
荒野の素浪人の武器が高性能に
成っているんです

35 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/23(金) 00:37:38 ID:???
>>33
当時から、幻々舎一斎先生を頭に六色の衣装で活躍する
まさに戦隊ものの元祖のような存在だった隠し目付、
美少女戦隊ものの元祖ともいえる、かげろうお銀と仲間の忍たち
(特に光圀親書を託されて独立した旅の際)
また剣劇人と呼ばれる義賊。
悪人では南町奉行を務めた奥田右京亮とその小姓、
旗本愚連隊など、ハデなコスプレで活躍する面々は大勢いました。

したがって五色衣装の戦隊など、当時の人々にとっても
さほど珍しい存在ではなく、わざわざ気に留めもしなかったのでしょう。


36 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2005/12/23(金) 09:46:36 ID:???
>>33
仮面ライダー響鬼の劇場版
「響鬼と7人の戦鬼」を観ると、ヒーローと怪人の戦いが日常茶飯事である事が分かります。
ヒーローや怪人については「妖怪」として伝承に残っています

37 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/23(金) 12:09:55 ID:???
セリフでダイエットとか言ってる時代劇が信用できるか

38 :侍見習:2005/12/23(金) 12:31:46 ID:2v5kdW6Q
>>37
元々食事療法のことだろ
今は病気になるためにやる
人が理不尽だよ



39 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/23(金) 13:52:33 ID:???
>>37
あれは大江戸と書きまして、将軍家や大奥の女性が江都一の美女たろうとして
こぞってバランスよく栄養の充実した食生活を送ったことに由来します。
「おおえど」などと言わないのは将軍や執政の目をちょっぴりはばかっているからです。

40 :侍見習:2005/12/23(金) 18:51:24 ID:2v5kdW6Q
地獄変.com
http://www.jigokuhen.com/
の温泉テロリストが仕事人
(ただ目立ちたいだけ)

41 :侍見習:2005/12/23(金) 19:18:20 ID:2v5kdW6Q
あああああああああああ!!!!!必殺版と間違えた

42 :侍見習:2005/12/24(土) 15:51:10 ID:hplZSCIQ
なんで獅子舞もった町人が浪人より強いとですか

43 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/24(土) 16:11:01 ID:???
獅子舞の町人って鳶職とかの労務職が多いべ
受験勉強で机に向かってる浪人の腕力じゃ普通に勝てねーだろ

44 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/25(日) 00:54:44 ID:fzIn68XI
闇に隠れて悪人を仕置する仕事人の存在が、広く噂になっているのに、
同じ週一の頻度で、しかも大胆に悪人を成敗している暴れん坊将軍や
遠山の金さんや水戸黄門が噂になっていないのは不思議です。

「徳田新之助は実は上様だから気をつけろ」とか、
「桜吹雪の刺青をいれた遊び人はお奉行様の変装だから気をつけろ」
「ちりめん問屋の隠居に扮したご老公様が各地を潜入調査中、用心せよ」
などという情報が事前に出てきても不思議ではないはず。


45 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/25(日) 15:52:25 ID:09U3KA40
榊原伊織とシホさんは両方ともいい歳なのに何年たってもできてないんですか?

46 :侍見習:2005/12/25(日) 16:53:04 ID:lFBc+1i3
>>44
うわさというのは 伝わっていくうちに変容を遂げるもの
「さくら吹雪の貧乏旗本は実は仕事人」などに変わっています

47 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/25(日) 20:58:27 ID:C0ZqF1t2
>>23
由美サンはいつまでも年を取らない妖怪役です。

48 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/26(月) 01:14:18 ID:???
そのうち襲い掛かる相手の悪代官よりお銀の方が年上になりそうな気がします。理不尽です。

49 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/26(月) 22:21:53 ID:???
>>48
年上好みの俺にあやまれ!
…と思ったけどやっぱいいです

50 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2005/12/27(火) 07:42:29 ID:???
>>48
水戸黄門だって悪代官より年上なので問題ありません

51 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/27(火) 23:46:49 ID:???
お銀に襲い掛かる悪代官は、加齢臭に違和感を感じないのでしょうか?

52 :侍見習:2005/12/28(水) 16:18:38 ID:8zWy2wzT
>>51
江戸時代はもっぱら男色の世界です
女に対して無差別なのです、
あの時代は大体結婚適齢期の女性一人に対して
男10人結婚できれば年など関係無いのです


53 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2005/12/28(水) 21:55:12 ID:???
>>51
カレー臭はガラム・マサラを加えると芳しくなります。

江戸時代の女性は「匂い袋」という香木等の入った袋を身につけていました。
現代で言うところの消臭&芳香剤の類ですね。

お銀さんはガラム・マサラの入った匂い袋を身につけていたのです。

54 :名乗る程の者ではござらん:2005/12/30(金) 09:53:03 ID:???
age

55 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/02(月) 23:37:19 ID:XQ6XXYRs
時代劇でよく江戸城天守閣が映りますが姫路城や彦根城に酷似する場面があります。
この現象は一体?

56 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/03(火) 04:26:44 ID:???
>>55
これは当時の幕臣 内河健之丞の発案により、仕様を全国統一化して設計・施工の簡略化を図るという
極めて合理的な築城システムによる結果です。
設計は下総の姉歯秀次郎が担当し、普請は主に九州の木村組が請け負いました。
理由は定かではありませんが、これらの城の大部分は現在残っておりません。

57 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/05(木) 11:44:30 ID:???
耐震構造はともかく、江戸市中の火事の飛び火くらいで丸焼けになった
江戸城の天守閣は耐火構造に問題があったと思われ

58 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/06(金) 04:44:59 ID:???
大河ドラマなどで、史実では主人公と同年代だった家臣がやたらジジイだったりすることがあるのはなぜですか?
家康と3歳しか離れていない鳥居元忠が老臣だったり、
信玄より年下の山県昌景が説教臭いジジイだったり。

59 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2006/01/06(金) 15:14:49 ID:???
>>58
「利家とまつ」では主君(?)の利家と同年代(一説によると利家より七歳年長とも言われる)だった前田慶次が思い切り年下になってますので、バランスが取れています

60 :侍見習:2006/01/06(金) 15:15:10 ID:???
>>58
北ノほうからやっとこさ戻ってきたのです

61 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/12(木) 13:30:52 ID:???
主人公が複数の敵を斬るシーンをよく見かけますが
一人目はともかく二人目以降の被害者は病気の感染が心配になります
厚生労働省は床屋のカミソリを使い回す事ですら禁じでいるのに…
昨今の悪い流行病が怖くておちおち用心棒もやってられませんよ

62 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/13(金) 02:01:02 ID:???
>>58
主役の演技に難があるため、脇をベテランで固め、てこ入れします。


63 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/13(金) 16:12:19 ID:???
>>61
ご心配なく。正規の用心棒組合では定期的な血液検査が行われ、
主人公が複数人斬った場合のエイズ等の感染の予防はきちんとなされています。
その他、斬られても衣装は傷つけない斬られ方、
斬られて倒れても主人公の邪魔になって踏みつけられたりしない倒れ方、
決して主人公に勝ってしまわない剣術等の指導も行われており、
安心して用心棒稼業に専念できるようサポート体制も充実しています。

64 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/14(土) 02:15:09 ID:???
主役の人達がこれ見よがしに刀の峰を返すのは
何か理由があるのですか?
こっそりやっちゃまずいんですか?

65 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/14(土) 02:38:18 ID:???
>>64
本来、峰撃ちというのは、刀が相手に当たる瞬間、手首を捻って
刃筋をそらせることで、相手を斬らずに打ちすえ、
なおかつ相手に斬られたと錯覚させる技なのですが、
天下太平の江戸期は、峰打ちの方が普通の剣術になっていました。

そこで主役の侍は、相手を本当に斬るため、相手に触れる寸前に
刃が当たるよう最初から峰を返して構えていたのです。

66 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/18(水) 01:10:17 ID:yOJ0x9AK
市中探索する時に月代が総髪に変化することがありますが
あれってやっぱりアデランスですか?

67 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/18(水) 01:22:01 ID:5ON9R9XH
>>66
ttp://www.katsuranavi.com/
ここで聞いてみてください。

68 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/18(水) 10:52:53 ID:chvpS4I0
水戸黄門のお銀の戦闘服は着替えるのではなく「蒸着」と聞いたのですが本当でしょうか?
とすると戦隊ものの元祖ということになりますね。

69 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/18(水) 10:56:51 ID:???
あれは全裸の上にボディペインティングです

70 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/18(水) 10:57:56 ID:chvpS4I0
>>69
じゃあ黒いパンティのように見えるのは・・・?

71 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/18(水) 14:18:10 ID:???
>>68
宇宙刑事だったんです。

72 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/18(水) 15:04:23 ID:???
立体絵画の手法で忍衣装の下にパンツ穿いてる様に見えますが実際は平面な単なるペインティングです

73 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/23(月) 18:57:03 ID:o2zaPCf/
ニュースなどで手錠にはボカシがかかりますが
捕り物で縄を打ったり、石を抱かせたり竹で叩いたりする尋問に寛容なのはなぜですか?

74 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/23(月) 18:57:22 ID:o2zaPCf/
ニュースなどで手錠にはボカシがかかりますが
捕り物で縄を打ったり、石を抱かせたり竹で叩いたりする尋問に寛容なのはなぜですか?

75 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/23(月) 18:57:59 ID:o2zaPCf/
ニュースなどで手錠にはボカシがかかりますが
捕り物で縄を打ったり、石を抱かせ竹で叩く尋問に寛容なのはなぜですか?

76 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/23(月) 18:58:17 ID:o2zaPCf/
ニュースなどで手錠にはボカシがかかりますが
捕り物で縄を打ったり、石を抱かせ竹で叩く尋問に寛容なのはなぜですか?

77 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/23(月) 20:29:04 ID:???
4連投しているのは理不尽ですので答えません

78 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/27(金) 21:31:34 ID:???
銭形平次に関して質問です。

岡引の給料はさほど高くないと思うのに、毎回小銭を投げ飛ばしてると
生活のやり繰りが大変だと思うのですがどうなんでしょうか?

79 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/27(金) 21:46:07 ID:???
>>78
実家が金持ちだからいいんだよ。

80 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/28(土) 00:32:19 ID:???
>>78
小銭を投げる

人々が奪い合う

いさかいが生まれる

怨恨から犯罪が起きる

社会が不安に包まれる

岡っ引きに期待が集まる

旦那衆が小遣いをくれる

もらった金を投げる(以下エンドレス)

です。

81 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/28(土) 01:12:13 ID:???
>>80
おまえだろ
「風が吹けば桶屋が儲かる」と言い出したのは

82 :侍見習:2006/01/28(土) 14:12:44 ID:???
>>78
銭形シリーズをすべて見れば
・・・・部下が回収していることが
解ります。」

83 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/29(日) 11:39:06 ID:d2EHxKbc
すんません、彼女いない歴26年なんですが
世に大奥という楽園があると聞きました
どうやったら行けるのでしょうか?

84 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/29(日) 12:56:04 ID:???
なぜ悪人は「煮るなり焼くなり好きにしろ」ってすっかり観念したやつは斬りませんか

85 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/29(日) 13:12:23 ID:???
北斗の拳で悪役が「覚悟を決めたものを殺すのは面白くない」と
処刑を取りやめると言うシーンがありました、つまりそんなもんです。

86 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2006/01/30(月) 00:37:19 ID:???
>>83
大奥は現在はありませんが
それと同様の施設なら北朝鮮に存在します
貴方が女性なら拉致されれば行ける可能性があります

87 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/30(月) 01:29:52 ID:cFclgVA9
>>83
呪文を唱えるのさ

88 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/30(月) 03:00:39 ID:???
>>84
煮たり焼いたりしなければいけないからです。

89 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/30(月) 13:36:10 ID:+d4h3W+i
時代劇で、悪人の親玉が

90 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/30(月) 13:41:30 ID:+d4h3W+i
悪代官が、次の回では悪い町人だったりするのは、やっぱり悪人の社会でもリストラがあるからですか?

91 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/30(月) 15:02:45 ID:???
>90
再度悪代官に昇格するまでの充電期間です。
悪の世界のシステムです。

92 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/30(月) 23:18:58 ID:???
>>90
みんな別人です。
たまたま外見が似ているだけです。
悪い人は同じような顔をしてるって、
うちの隣にすんでるロンブローゾさんが言ってました。


93 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/31(火) 12:29:18 ID:???
時代劇の人妻はなぜお歯黒をしたり眉毛を剃ったりしてないのでしょうか?

94 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/31(火) 19:52:39 ID:???
長屋で小さい男の子がいるとだいたい名前が太吉(たきち)で
大家の名前はみんな六兵衛なのはなぜですか

95 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/31(火) 23:16:43 ID:???
いつも人相書がそっくりなんですが
なぜあんなにうまく描けるのですか?

96 :名乗る程の者ではござらん:2006/01/31(火) 23:32:53 ID:DO+pZTwy
絵師・針すなお之助が描いております。

97 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2006/02/01(水) 15:53:36 ID:???
>>93
最近の時代劇ではちゃんと時代考証をしていてお歯黒や眉墨をちゃんとしてますが、スポンサーの意向で現代風の顔にコンピューターで画像処理されてしまっているのです。
番組のせいでお歯黒などの江戸時代メイクが流行しては困る企業の陰謀なんです

98 :初心者:2006/02/05(日) 13:44:59 ID:3yD2Gqts
暴れん坊将軍の人ってしょっちゅうお城を抜け出してますが
どこから出入りしてるんですか?
警備が甘いと思うのですが…

99 :名乗る程の者ではござらん:2006/02/05(日) 20:04:28 ID:???
>>98
汚穢船(おあいぶね。糞尿船)で堀から抜け出す

初期の頃は城抜け出しもちゃんとイベントとして演出されてたし
最近のシリーズでもオープニングで筵を被ってるシーンがあったと思う

100 :名乗る程の者ではござらん:2006/02/06(月) 08:01:10 ID:???
(*´Д`)100

101 :名乗る程の者ではござらん:2006/02/14(火) 21:25:31 ID:???
時代劇に出てくる幕府や諸藩の役人はどうしてこうも
人の皮をかぶった獣みたいな連中ばかりですか?

百姓・町人に対してあんなに「理不尽」な仕打ばかり
していたら、黒船がどうだ薩長がどうだ言う以前に
民衆の大反乱で幕府が滅びると思うのですが?

102 :名乗る程の者ではござらん:2006/02/22(水) 02:16:13 ID:???
>>101
そのへんは彼らもちゃんと考えてます。角度とか。

103 :名乗る程の者ではござらん:2006/02/27(月) 02:23:37 ID:OUGkrKsb
長七郎江戸日記において、長七郎が悪人を討ち果たしたあと
2本の刀を収める際にくるっと回るのですが、
なぜそこで一瞬画面が切り替わるのでしょうか。
連続で見せると何か不都合でもあるのでしょうか。

104 :名乗る程の者ではござらん:2006/02/27(月) 04:40:25 ID:???
>>101
実は彼らは、幕府や諸藩の財政が危機に陥るなど、非常事態のときのみ
起用される人材なのです。
彼らが行っている悪事や苛斂誅求は、実はすべて上役の命令なのです。
もちろん彼ら自身にも役得として数々の利益を与えますが、当の上役も、
そんなやり方を続けては民衆の反感を買い、国が破綻することは承知しています。
そこで上役たちは、民衆が蜂起する直前ギリギリの適当なところで、
旗本の次男坊に化けた将軍様ご自身や、ちりめん問屋に化けたご老公、
実は高貴な血筋の桃太郎や長七郎という浪人に出馬いただく、
または旅の浪人三匹や荒れ寺のキチガイ医者、仕事人と呼ばれる民間に委託し、
全責任を当人たちに押しつけて成敗することで、一時は悪代官が跋扈しても、
最終的には必ず成敗されるのだと民衆を納得させるのです。

将軍様やご老公はともかく、なんの権力もないはずの三匹やキチガイ先生、
また仕事人の面々が、好き勝手に無数の悪代官を始末してもお上に追求されない、
または形だけの追求で誰も捕まらない秘密はここにあったのです。
つまり時代劇の真の被害者、犠牲者は、悪代官と呼ばれる彼らだったのです。
せめてあなただけでも、そんな彼らの冥福を祈ってください。

105 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/01(水) 00:29:07 ID:???
>>103
長七郎は悪人を成敗した後で小便がしたくなるという変な癖があるのです。
慣れているのでかなり速く済ませられるのですがずーっと撮られっぱなしでも
大丈夫なほど速くはないのです。

106 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/02(木) 05:05:56 ID:???
うっ…へへ……悪人を成敗した後は小便がしたくなる

107 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/02(木) 11:43:10 ID:???
二刀流の使い手はなぜ左右の腰に刀を一本づつ振り分けないのですか?
バランスは良くなるし、抜刀し易いし、良い事ずくめだと思うのですが…

108 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2006/03/02(木) 11:48:21 ID:???
>>107
戦う前に敵に二刀流だという事をばれないようにするためです。

それに

左右に一振りずつ差していたら目だって恥ずかしいじゃないですか

109 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/02(木) 12:44:54 ID:???
映画版水戸黄門ですが

・ 1951 水戸黄門漫遊記 飛龍の剣
・ 1952 水戸黄門漫遊記 伏魔殿の妖賊
・ 1952 水戸黄門漫遊記 地獄谷の豪族
・ 1954 水戸黄門漫遊記 天晴れ浮世道中
・ 1954 続水戸黄門漫遊記 副将軍初上り
・ 1954 水戸黄門漫遊記 闘犬崎の逆襲
・ 1954 水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ
・ 1954 水戸黄門漫遊記
・ 1955 水戸黄門漫遊記 幽霊城の佝僂男
・ 1955 水戸黄門漫遊記 火牛坂の悪鬼
・ 1956 水戸黄門漫遊記 鳴門の妖鬼
・ 1956 水戸黄門漫遊記 人喰い狒々
・ 1956 水戸黄門漫遊記 怪力類人猿
・ 1956 水戸黄門漫遊記 怪猫乱舞
・ 1957 水戸黄門
・ 1958 水戸黄門漫遊記
・ 1958 水戸黄門漫遊記
・ 1959 水戸黄門とあばれ姫
・ 1959 爆笑水戸黄門漫遊記
・ 1959 水戸黄門漫遊記 御用御用物語
・ 1959 水戸黄門 天下の副将軍
・ 1960 水戸黄門
・ 1960 水戸黄門 天下の大騒動
・ 1960 水戸黄門漫遊記 怪魔八尺坊主
・ 1961 水戸黄門 助さん格さん大暴れ
・ 1961 水戸黄門海を渡る
・ 1969 水戸黄門漫遊記
・ 1978 水戸黄門

世直しというより妖怪退治ばかりしてるような気がします。理不尽です。

110 :bravekaiser ◆M.CwMgXR5I :2006/03/02(木) 15:01:26 ID:???
>>109
水戸黄門が妖怪退治して何が悪いのでしょうか?
困ってる人を助けるためにしてる事です。
それとも貴方は
妖怪に苦しめられている人々を踏みつけて
「愚民どもが妖怪風情に殺されるのを見るのは蜜の味じゃわい」
とのたまう水戸黄門が観たいのでしょうか?



すいません
書いてる私が観たくなってきました・・・

111 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/05(日) 21:59:18 ID:kbpsbMpb
3月5日放映の大河ドラマ「功名が辻」では、金ヶ崎城撤退のシーンでは、
殿を務めたのは木下秀吉だけで、明智光秀さまの存在はスルーされてました。
なんか理由があったんでしょか?????

悲しいよ〜


112 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/10(金) 22:39:47 ID:yhf57kD1
いつも悪人が成敗されて一件落着となりますが、次の回にも悪人が現れたりと治安の悪さが理不尽でなりません

113 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/11(土) 01:36:11 ID:87yWpMp4
暴れん坊将軍では悪事をするのが幕府の重役ばかりですが、悪人だと見抜けずに重役に任命した吉宗の目は節穴だったのでしょうか?

114 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/11(土) 22:01:47 ID:???
つい悪事に手を染めて何人も殺した人が最後に改心したところで
このまま生きてると扱いに困るわけですが、そんな人たちはなぜ都合よく殺されますか

115 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/12(日) 01:15:36 ID:zsyQxMQj
なんで皆さん質問ばかりで答えがないのでしょうか?
理不尽です

116 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/12(日) 10:22:31 ID:+Mk5AA3Z
>>112
1週間に1組しか悪人が現れないのだから、
現代に比べればはるかにマシでしょう。

117 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/20(月) 17:57:23 ID:64r7YuRK
>>111
戦国ものにおいて、合戦シーンは多くの武将たちがひしめき合う舞台なので
必然的に重要度の高い武将のみにスポットが当てられます。
例えば大阪の陣には宮元武蔵も出ていたんですが、大した功績もないので
ほとんど出てくることはありません。
せいぜい大河ドラマ「武蔵」でスポットを浴びたくらいです。

>>113
自分が選んだ人物が悪人で、結果的に江戸の町に悪がはびこってしまった、
その罪滅ぼしのつもりで自ら出向いて成敗しているので
許してあげてください。

>>114
貴方の仰るように、「扱いに困るから」です。
勧善懲悪の気運が高い時代劇においては、悪事を犯したものは
基本的に何らかの因果応報を受ける世界になっているのです。
ちなみに何故「死ぬ」という結果が多いのかというと、手っ取り早(以下略)

118 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/20(月) 20:51:32 ID:???
>>113
そもそも強くて頭がよくて人徳もある完璧超人など
フィクションの世界ならともかく、現実にいるわけがありません。
天は二物を与えずというやつです。
あくまで実在の人物である吉宗公は、腕が立って正義感が強い分、
頭の螺子が適度にゆるんでいることで、
一個の人間としてバランスが取れていたのでしょう。

119 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/27(月) 13:12:27 ID:???
今まで様々な時代劇を全て史実と思っていたのですが、よくみれば時代「劇」って・・・
もしかして、台本があるのですか?

120 :侍見習:2006/03/27(月) 14:52:51 ID:???
>>119
一撃の撃を「劇」とぎょしょくしただけです。

121 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/28(火) 17:45:02 ID:AY3+yxNv
水戸黄門が漫遊する際に所持する通行手形は
「越後の縮緬問屋隠居の光衛門」となっていますが
これを発行した寺社は公文書不実記載罪なのではありませんか?
寺社奉行も監督不行き届きだと思います

122 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/29(水) 19:50:32 ID:C8dYeUqz
「暴れん坊将軍」の再放送を見ていますが、お庭番や忍者は何故
必要もないのにバック転をよくやるのですか?
今日は切られた(峰打ちされた?)後で側宙やってた侍がいたような気がします。

123 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/29(水) 22:41:43 ID:???
>>122
バック転=幕天
すなわち幕府による天誅を宣言しています。
ちなみに側宙=促忠
であり、劣勢の中死にゆく侍が、主である悪代官への「忠」を他の家臣達に「促」したメッセージです。

124 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/32(土) 18:03:50 ID:???
吉宗公はなぜあんなに腕っぷしが強く、剣術がうまいのですか?
将軍としてのまつりごとに加え、市中探索など大忙しなので、
トレーニングをしている時間があるとはとても思えません。

125 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/32(土) 18:06:03 ID:???
水戸黄門さまがときどき人が変わったように変貌するのは何故ですか?
今の黄門さまは昔、格さんか助さんをやっていた人にそっくりです。

126 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/32(土) 18:32:38 ID:???
>>125
脱皮です。

127 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/32(土) 18:59:10 ID:???
>>125
昔から黄門さまを演じた人には祟りがあるらしく、演じた俳優さんたちは病に倒れたり、
亡くなられたりするという不吉な噂があります。

しかしながら、現在黄門様を演じている里見氏はこういった類いの話を信じないので、
今回黄門様の役を引き受けたとのことであります。
里見氏周辺の関係者からは、役を引き受けてから人が変わったようだ等の話もあり、
謎の怪奇音や奇妙な人影や光などが収録され、それらを削除するなどの編集により、
たまに前後がつながらないような仕上がりになってしまっています。

128 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/32(土) 19:12:31 ID:???
吉宗公の側近である忠相は、突然容姿も声も変わったことがありますが、
そのようなこともあるかと納得しております。
ところが、爺は、容姿や声どころか名前まで何度も変わっています。
吉宗公にはそんなに沢山、爺がいたのでしょうか?

129 :名乗る程の者ではござらん:2006/03/32(土) 21:26:18 ID:???
>>128
鷹狩に行くたびに農家の爺を地元の庄屋などに推挙させ、気に入った者を召抱えています。
理由はあまり多くは語れませんが、上様の性(ry

130 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/03(月) 11:28:17 ID:???
時代劇を見ていると、登場人物の髪型の美しさに感心します。
相撲部屋HPを見ても、力士の割りに床山の数はかなり多いようです。
江戸時代には床山というか髪結いは随分流行っており、かなり
金持ちであったと思われるのですが、そのような筋は時代劇には
現れません。これはいかなることでしょうか?

131 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/03(月) 12:02:36 ID:???
>>124
上様は日々のまつりごとは老中以下にまかせていますので
(最後に決裁するだけ)けっこうひまなんです。
なのでそのひまに剣術の稽古をしています。
もっともそのため老中が悪事に走るのですけどね。


132 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/07(金) 19:21:32 ID:???
吉宗評判記の頃の吉宗公は剣術が下手で、顎が上がり、腕だけ振り回して
いましたが、それでも圧倒的にお強かったです。IIIあたりでは、ずいぶん上達
なさったようですが、それでも桃太郎侍にはとてもかないそうにありません。
悪徳奉行らの配下に桃太郎侍級の使い手がいなかったのは何故でしょうか?
もちろん、もしいたら、歴史が変わってしまっていたわけですが。

133 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/09(日) 08:47:24 ID:???
吉宗公はなぜ側近の前で弓矢の稽古ばかりしているのでしょうか?
弓矢を使ったのなんて見たことありません。

134 :brave ◆M.CwMgXR5I :2006/04/09(日) 22:19:40 ID:???
>>133
普段使わないからこそ稽古をして腕が落ちないようにしているのです。
剣術なんて普段から実地に使いまくっているので特に稽古しなくても腕は落ちません


135 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/10(月) 00:32:28 ID:???
>>133
あれ本来は鉄砲術の稽古なんですよ。
ところが吉宗公ときたら火薬の爆ぜる音が怖いんで、同じ飛び道具ということで弓矢で代替してるんです。

136 :祐天寺みゆき:2006/04/10(月) 02:35:35 ID:7ve720el
古い話になりますが、水戸黄門に出てきた夜叉王丸はなぜかめはめ波を使えるのですか。

137 :brave ◆M.CwMgXR5I :2006/04/10(月) 08:44:24 ID:???
>>136
稽古したからです。
貴方も頑張って稽古すれば使えるようになります

138 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/14(金) 12:43:11 ID:???
西洋式の軍隊訓練が取り入れられる前は、日本人は右手と右足を同時に出して
歩いていたと聞いた事がありますが、時代劇でそのような歩き方をしている
人を見ないのはなぜですか?

139 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/15(土) 22:20:27 ID:???
>138

現代に生きる我々が違和感を感じないよう、映像に補正がかかっているのです

140 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/16(日) 21:15:59 ID:???
破れ奉行こと速水右近はわざわざ持ってきた捕鯨銛をただの脅しにしか使ってないのが理不尽です。
勿体ぶらずに悪党を突き殺せば良さそうなものですが。

141 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/17(月) 12:44:40 ID:???
長七郎江戸日記の長七郎は二刀流ですが、刀を鞘にしまうとき、
くるりと1回転します。二刀流はかならずそうしなければならないのですか?


142 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/17(月) 16:04:45 ID:???
>>141
犬が自分の尻尾を追いかけてくるくる回るのと似ています。
二本の刀を同時に鞘にしまおうとして、ちょっと届かないので
体を回して入れようとしたら鞘も一緒に回ってしまうため、
くるりと回ってしまうのです。

143 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/21(金) 19:14:18 ID:???
長七郎では、印籠の代わりに、着物に刺繍した葵のご紋がモノを言いますが、
あれを作った呉服屋から「あの方は実は・・・」と身元がバレないんでしょうか?
呉服屋だってそうそう簡単に葵の紋付きの着物を仕立てるとは思えないのですが。

144 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/21(金) 20:44:38 ID:???
吉宗公の爺の孫兵衛は、町に出るときも裃を着ていますが、
あれは城内で上様に会うとか会議があるときにだけ着るのでは?

145 :名乗る程の者ではござらん:2006/04/30(日) 22:14:36 ID:???
長七郎は悪役の臣下の侍たちがドドッと出てきたとき、「地獄に堕ちろ!」と
切りまくりますが、あまりに理不尽です。あの侍たちは上司の悪行などを
詳しく知っているはずはなく、ただ忠実に命令に従って狼藉者に切りかかっているだけです。
したがって、極楽浄土に行くのではないでしょうか。


146 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/01(月) 11:38:40 ID:XRq5ToVG
子連れ狼の万能乳母車の秘密を教えてください

147 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/01(月) 17:31:07 ID:OR+G3hwm
>>145
正確には「迷わず地獄に堕ちるがよい」と言っています。
145さんがおっしゃっているような点を考慮して、
間違いなく地獄に行ってくれるようフォローしています。

148 :越後屋:2006/05/01(月) 17:43:30 ID:5SbXOKCz
水戸黄門も眠狂四郎もそうですが、軽装で旅をします。着替えなんかない。
眠狂四郎のだんななぞ、着流し一丁で京まで旅。宿では洗って干すまで裸で
すごすんかいな、と思ってしまう。水戸黄門は黄門さまも助格も昼間の旅姿
のままで寝ていたりする。臭くなるだろうに。それからお銀。あんなのが
フスマを隔てて寝ていたら、俺なら絶対に夜這いをかける。助格はなんとも
思わないのか?

149 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/01(月) 17:52:47 ID:???
>>143
幕府御用達の呉服屋であつらえており、お客様の秘密が漏れることはありません。



150 :名乗る程の者ではござらん :2006/05/02(火) 11:56:55 ID:Ht8OP+Y+
拝一刀氏の息子、大五郎ちゃんの発育を気にかけています。
食事のバランスが取れていないようですし、同年齢の子供に比べて
語彙や感情表現に乏しいように感じられます。
お父様のご職業柄、行き届いた育児には限界があると思われますので、
この際児童相談所に通報したほうが良いのでしょうか?


151 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/02(火) 12:30:28 ID:Ht8OP+Y+
>>144
スーツ姿を「颯爽としてかっこいい」と感じることはありませんか?
おしゃれとしてスーツを着用する男性も少なくありません。
孫兵衛はおしゃれに気を抜かないチョイ悪オヤジなのです。

152 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/02(火) 12:49:02 ID:kL0aNHXN
鬼平をみてると、よく密偵が誰かを尾行するシーンがあるのですが、10メートルほど後ろを怪しくつけていてどう見てもバレバレです。なぜ尾行されてる人間は気が付かないのですか?

153 :名乗る程の者ではござらん :2006/05/02(火) 13:43:07 ID:Ht8OP+Y+
>>152
かつての日本では衆道が珍しいことではなく、
いい男の周辺には、常に近付く機会をうかがっている者がウロウロしていたのです。
日ごろから追っかけられていたために、密偵が尾行したとしても
「ああまたか、あいにくオレは女好きだぜ」くらいにしか考えなかったのでしょう。

154 :越後屋:2006/05/03(水) 13:43:41 ID:w17pIZ/Z
ロウソク入りのガンドウで照らされると、うっとまぶしくなる点について。
どう解釈する?



155 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/03(水) 19:17:44 ID:???
>>138
骨盤を動かして歩くのが本来のナンバですが
あなたの言うナンバは能の南蛮歩きがつづまってなった専門職名詞であり、
それをウッカリひろめたが為に本来の歩法を知らぬやからが現代に増えたのです。
ちなみに、うっかり八兵衛とつばくろ陣内を足した様な顔をしていると
手配書き(今でいう指名手配)されたほどです。

156 :お上:2006/05/04(木) 11:49:10 ID:???
>>154
そもそも当時は照明なんて油や蝋燭を燃やした時の弱い光に頼っていましたし、
その油や蝋燭もけして安いものではありませんからおいそれとは使えず、夜になれば
ほぼ真っ暗といってよい状態でした。また籠灯は光源から出る光が後部の覆いで反射して
すべて前方に向かうようになっていますから通常の行灯や提灯よりも強く照らす事ができ、
照らされた人からすると闇に馴れた目に強い光が当たる事になります。


まあそんなことより、籠灯で照らされて大げさな反応をとるのは籠灯を持ったお役人に対して
やましいところがあるせいです。おとなしく観念して下さい。

157 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/04(木) 16:44:47 ID:vPvmip1U
>>146
メーカーが現存しないため、詳細は謎です。
一説には、その技術は現代の自衛隊戦車に受け継がれたとか。

158 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 00:04:05 ID:???
長七郎の冒頭で、連獅子みたいなお面を被って踊るところがありますが、
何故こんなのなのでしょう。能や歌舞伎ではないのですから、別にお面を被らなくても良いと思いますが。


159 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 00:06:52 ID:???
吉宗公は金糸の入った着物姿で江戸城の古井戸に入り、市中に抜け出しますが、
乗っている船から現れたときは既に徳田新之助の着物になっています。
上様用の着物はどこに行ってしまうのでしょう?戻るときには逆のことが当てはまります。


160 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 00:11:46 ID:???
お庭番は床下にもぐって盗み聞きをすることがよくありますが、当時の建物では
何故、人が入れるくらい床下が高かったのでしょうか?

また、天井裏で盗み聞きすることもありますが、何故、人が乗っても音もしないくらい
天井が丈夫だったのでしょうか?あれでは百人乗っても大丈夫のイナバウアーです。



161 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 14:51:42 ID:???
>>158
彼は桃太郎侍に密かに憧れていたようです。
しかし同じ能面をかぶっては芸も個性もありませんから、
誰ともかぶらないように獅子を選んだのです。

162 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 15:00:35 ID:???
>>159
「サンダーバード」の着替えシーンをご存知でしょうか。
チューブの中を滑り下りる間に着替えが完了する仕組みになっています。
古井戸および船底が特殊な構造になっており、自ら着替えを行わなくても
自動的に衣服の変換が完了するのです。

163 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/05(金) 15:22:12 ID:???
>>160
誤解してはいけません。あれはお庭番の能力の高さのたまものです。
しかし確かに床下は高く作られていました。現代では除湿装置などの
発達により、低くて密閉された空間となりましたが、かつては常に
風通しを良くしておく必要があったため、結果的に人が入れるほどの
高さになったのです。

天井については、昔の建築材料に理由があります。
当時の「板」は当然ですが全て鋸引きで、薄いものでも4〜5aの厚さが
ありました。これならば乗っても大丈夫!ですね。
「曲者!」と叫んで刀や槍を突き通す人は、相当の豪腕を誇っています。
それでも、イナバウアー物置発売の時はお庭番の間に衝撃が走ったそうですよww

164 :名乗る程の者ではござらん:2006/05/25(木) 02:16:18 ID:gzDUJMUO
あげてみる

165 :名乗る程の者ではござらん:2006/06/23(金) 18:57:15 ID:ptdE8XzQ
あげ

166 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/15(土) 11:01:04 ID:???
いくら将軍の身分が高いからって大奥は贅沢過ぎると思います
庶民から反感を買わなかったのでしょうか?

167 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/19(水) 19:34:12 ID:???
>>166
亨保時代の上様がきらびやかな衣装を着て大奥で踊り狂うという
元禄時代の傾き者のようなずっと前の流行に興じていたので庶民はみんなドン引きしていました。

168 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/20(木) 13:51:25 ID:USgj5DvN
榊大介は医者志望なのにどうして武芸達者なんだ?

169 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 16:46:31 ID:v8BLk66v
今夜、新・桃太郎侍がスタートしますが、主演が高橋英樹ではなく、高島家次男政宏であることが理不尽です。
要するに高橋版とは違い、原作に忠実な設定でやるということですか?

170 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 18:06:48 ID:???
>>169
その通りです。
キビ団子を腰に下げ、犬・猿・雉を従え鬼が島へ鬼退治に行く予定です。

※ 尚、予告無く内容が変更になる場合があります

ちなみに政宏は高島家の長男です

171 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 18:13:29 ID:???
>>170
つ道夫ちゃん事件
マジレスですいませんが、政宏は次男です。長男は道夫といい享年7ヶ月でした。あまりにも不幸な事件だったのでマスコミなどで気を遣っているのですよ。
詳しくは道夫ちゃん事件でググればわかります。

172 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/25(火) 21:24:22 ID:qz0HhmZm
昭和39年8月24日午前3時頃、東京都世田谷区の俳優・高島忠夫(当時34歳)の長男・道夫ちゃん(当時、生後5ヶ月)が風呂の浴槽で溺れ死んでいるのを同家のお手伝い・Y子(当時17歳)が発見した。警察が急行し現場の捜査を開始した。
Y子は「工員風の怪しい男を目撃した」と証言するが、現場は荒らされておらず物取りではないこと、Y子の証言が曖昧であることなどから警察は厳しくY子を追及。同日の昼過ぎ、Y子は道夫ちゃんの殺害を自供した。

173 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/27(木) 22:13:30 ID:???
なぜ、裕福な旗本の子息はアホばかりなのですか?

174 :名乗る程の者ではござらん:2006/07/27(木) 23:03:51 ID:???
>>173
マジレスすると世の常というものです。

175 :ブレイブ ◆M.CwMgXR5I :2006/07/28(金) 02:06:17 ID:???
>>173
甘やかされて育てられたからです

176 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/03(木) 16:16:46 ID:???
>>173
旗本の中に旗坊が混じっていました。

177 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/05(土) 18:34:11 ID:???
教えてください
浪人、代官、商人など、身分にかかわり無く
悪人の目の周りがドス黒いのはどうしてでしょうか?

178 :ブレイブ ◆M.CwMgXR5I :2006/08/05(土) 21:34:48 ID:???
>>177
悪い事ばかりを続けていると良心の呵責でストレスが溜まります。
そのせいで血行が悪くなっています

179 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/08(火) 00:41:06 ID:esZvBj72
>>177
悪代官2妄想伝の最終面でのやり取りを見れば
吉宗が伝説の悪代官の子孫であることがわかります。
血には抗えないのです

180 :名乗る程の者ではござらん:2006/08/30(水) 21:58:25 ID:???
先日夜8時の水戸黄門を見ておりましたが、ご老公が切り合いの最後にしらじらしく
印篭を角さんに渡すシーンがあったのはともかく、旅姿の人の手甲や脚絆が
まったく汚れていないのは理不尽です。

181 :名乗る程の者ではござらん:2006/09/26(火) 10:10:27 ID:KxJX/lT4
保守にござる

182 :名乗る程の者ではござらん:2006/09/27(水) 05:50:02 ID:???
(´-`).。oO(保守レスで上げるのは理不尽だと思う…)

183 :名乗る程の者ではござらん:2006/09/30(土) 18:06:48 ID:???
>>182
>>181の保守は「ほしゅ」ではなく「やすもり」と読むのです。
つまり、保守でごさるとは>>181の自己紹介なのですね。

184 :名乗る程の者ではござらん:2006/10/16(月) 09:20:37 ID:BIGJnAdA
ガイドライン板の「画像も貼らずに〜」というスレでは
麻呂AAネタ(+左大臣)でスレが伸びています。
武家もお上も先の副将軍もさしおいて公卿ばかり目立つなんて理不尽です!

185 :名乗る程の者ではござらん:2006/10/29(日) 22:36:38 ID:???
かげろうお銀の入浴シーンが中途半端なのが理不尽で〜す

186 :名乗る程の者ではござらん:2006/10/30(月) 01:34:47 ID:???
>>185
これでもか?
ttp://www.uploda.org/uporg564821.jpg.html

187 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/01(金) 18:29:00 ID:IknxktvE
暴れん坊将軍のラストのちゃんばらで吉宗公は峰打ちしてるはずなのに下まで振りぬいてるのが理不尽です。

188 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/02(土) 18:41:40 ID:???
つーか所詮刃の付いてない模造刀なんだから峰を返す必要もなかったりして…
あマジレス禁止ですかそうですか(´・ω・`)

189 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/06(水) 01:10:23 ID:hpBJeIez
やはり暴れん坊の新さんは、初対面の人に「おれの名前は徳田新之介。貧乏
旗本の3男坊で、め組の居候だ」と言い放ち、さらにそれを相手が完全に
信じ込むあたりが理不尽。さらにはピンチに助太刀し、「よかったら、力
になるぞ」の一言であっという間に仲間意識が生まれたりする。

190 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 15:28:27 ID:7PRAYBqO
仕業人の最終回で主水が土屋小十郎と果し合いした後脱ぎ捨てた上着もマフラーも回収せずに帰っちゃったのが理不尽です。


191 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 15:35:04 ID:???
>>190
殺しの現場におみくじを放置したせいで、
仕業人崩壊と剣之助お歌の死を招き、
その責任を取らずに上方へ逃げようとする
やいとやに対するあてつけなのです。

「恐ろしい男だ……」byやいとや

192 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 17:07:48 ID:???
水戸黄門はなぜ二回に一回くらいは生き別れた母子の話が出てくるんですか。

193 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/08(金) 21:20:37 ID:???
>>189
一般時代劇では無駄飯食らいのごろつきに描かれがちな旗本の次男以下ですが、
中には、己の立場なりに、世のために尽くそうとする立派な若者もいました。
彼らは、庶民の家に居候する分、庶民のために骨身を惜しまず働くことから、
「恵みの居候」というあだ名で呼ばれていました。
数が少ないので、決してメジャーな存在ではなかったものの、
庶民の側にも、その志をありがたく受け入れるものも多かったのです。

194 :関係ないし:2006/12/11(月) 00:45:50 ID:Bm86AJSR
[sage]
善人は異常に善人、悪人は異常に悪人。中間てものがない。
そうしないと脚本の稚拙さを…
ま、いいか…(笑)

195 :さらに関係ないが:2006/12/11(月) 06:05:26 ID:???
(´-`).。oO(>194みたいなのをチラシの裏に書かないことが理不尽だと思ってみたりする…)

196 :名乗る程の者ではござらん:2006/12/13(水) 16:12:35 ID:gCQwGyvf
>>195
キーボードを下敷きにして書いてたらいつのまにか書き込みされてました。

197 :名乗る程の者ではござらん:2007/01/20(土) 08:18:32 ID:XUCBCmP9
>>78
岡引とは現在の概念で説明すると警察と結託した暴力団ですから、
職権を乱用したゆすりたかりで裕福に暮らしていました。

198 :名乗る程の者ではござらん:2007/01/23(火) 03:37:13 ID:???
め組の居候だと思ってた男が桜吹雪の刺青を入れて
奉行所で咎人を裁いたりしてるらしいのですが…

199 :名乗る程の者ではござらん:2007/01/23(火) 19:43:14 ID:2dfj4XIh
それは由々しきこと!早速調べる事にいたそう。

北町奉行鳥居燿蔵。

200 :名乗る程の者ではござらん:2007/01/23(火) 21:21:14 ID:???
浪人崩れの用心棒を「先生!」と呼ぶのはナゼなんでしょ?


201 :名乗る程の者ではござらん:2007/01/23(火) 21:57:36 ID:???
>>200
何かを代理で行ってくれる人を「先生」と呼ぶのは正しい日本語です

202 :名乗る程の者ではござらん:2007/01/24(水) 06:51:40 ID:ABHrmSZv
ちりめん問屋の隠居が鬼若のようなボディーガードを連れて旅をしていることを、
誰も不審に思わないのが理不尽です。

203 :ブレイブ ◆M.CwMgXR5I :2007/01/24(水) 20:44:18 ID:???
>>202
実際の江戸時代はあなたが考えているよりも遥かに旅行のし易い時代でした。
旅行者もかなりの数になりますので、そういった組み合わせの旅人がいたとしても珍しくもなんともありません。
不審に思われなくて至極当然です。

204 :名乗る程の者ではござらん:2007/02/17(土) 20:12:50 ID:zL54NPnE
手鎖人はどうして一度に複数で協力して襲いかかってこないのでしょうか。
あれでは仮面ライダーの怪人と同じだと思いますが、
仮面ライダーの怪人は、改造手術が終わった者から現場に出るという理屈があるんですよね。

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)