2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【西川美和】〜〜〜〜ゆれる〜part5〜〜【オダギリ・香川】

1 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 19:30:15 ID:SjUe9q06
原案・脚本・監督■西川美和(長編第2作)
製作■川白和実、重延浩、八木ヶ谷昭次
企画■是枝裕和
音楽■カリフラワーズ

出演■早川猛・・・オダギリジョー
     早川稔・・・香川照之
     川端智恵子・・・真木よう子
     早川勇・・・伊武雅刀
     早川修・・・蟹江敬三
     岡島洋平・・・新井浩文
     丸尾明人検察官・・・木村祐一
     船木警部補・・・ピエール瀧
     裁判官・・・田口トモロヲ

公式HP ttp://www.yureru.com/

以下>>2-3あたり

2 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 19:33:11 ID:SjUe9q06
【過去スレ】
ゆれる ―-あの橋を渡るまでは、兄弟でした――
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1143254713/
【西川美和】 ゆれる   【オダギリジョー 香川照之 西川美和】(パート2)
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1155059858/
【西川美和】 ゆれる 3 【オダギリジョー】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157178882/
【西川美和】   ゆれる   【オダギリジョー 香川照之】(パート4)
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1161710627/

【過去スレのミラーサイト】←みられます
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%82%E4%82%EA%82%E9&D=cinema&sf=2&andor=AND

【関連スレ】
蛇イチゴ
http://makimo.to/2ch/tv3_cinema/1063/1063880189.html

3 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 19:35:10 ID:SjUe9q06
『ゆれる』映画賞を次々と受賞

第30回山路ふみ子映画賞
  新人女優賞 真木よう子
第31回報知映画賞
  最優秀助演男優賞 香川照之
第1回インビテーション・アワード
  映画賞 『ゆれる』
  クリエイター・オブ・ザ・イヤー 西川美和
第28回ヨコハマ映画祭
  作品賞 『ゆれる』
  監督賞 西川美和
  主演男優賞 香川照之
  脚本賞 西川美和
第49回朝日ベストテン映画祭
  日本映画1位 『ゆれる』
第61回毎日映画コンクール
  日本映画大賞 『ゆれる』
  録音賞 白取貢(『ゆれる』/『フラガール』)


4 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 19:38:21 ID:SjUe9q06
2006年度キネマ旬報ベスト・テン
  日本映画ベスト・テン第2位 『ゆれる』
  助演男優賞 香川照之
  脚本賞 西川美和
第49回ブルーリボン賞
  監督賞 西川美和
  助演男優賞 香川照之(『ゆれる』/『出口のない海』/『明日の記憶』)
第30回日本アカデミー賞
  優秀主演男優賞 オダギリジョー
  優秀助演男優賞 香川照之
読売文学賞
  戯曲・シナリオ賞 西川美和
第16回東スポ映画大賞
  作品賞 『ゆれる』
  監督賞 西川美和
  助演男優賞 香川照之
  新人賞 木村祐一
第2回おおさかシネマフェスティバル賞
  日本映画ベストテン第1位 『ゆれる』
第21回高崎映画祭
  最優秀監督賞 西川美和
  優秀主演男優賞 オダギリジョー、香川照之


5 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 19:40:18 ID:SjUe9q06
『ゆれる』DVD発売

発売日:2007年2月23日(金)

発売・販売元:バンダイビジュアル


6 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 03:20:28 ID:diqpEqql
【解説】
腐れま○こ監督がオダギリ君萌え〜〜ってなスタンスで撮った映画です

7 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 09:57:44 ID:1TdtFO36
嫉妬するなよ

8 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 20:45:23 ID:tAsMA5EC
DVD予約した。アマゾン安いね送料無料だし。
初版以外はCDケースタイプになるのかな?

9 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 22:32:43 ID:AeCZqf1Y
西川TVで初めて見た。
10年ぐらい前から知ってるが

10 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 00:16:42 ID:4BTDhnEH
この映画を見て、隣で見ていたおじちゃんが嗚咽して号泣していたのを思い出した。
この映画を見て泣けてくる人ってたぶん過去に何かしらある人なんだろうな。

11 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 12:24:06 ID:MyruE0Cq
死んだ兄弟を思い出したとか

まあ映画の内容とは別だ

12 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 14:43:21 ID:LXE9efS4
夏にこの映画見た時に、映画館の小冊子に
館主と監督の対談が載ってたんだけど、

「最後の稔は実際に笑った訳ではない」

っていうのは既出?
映画雑誌とかも見ないから、他でも言ってたのかどうかもわからないんですが

13 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 15:43:47 ID:nPXS3NTF
初耳!
もう少し詳しく頼みます

14 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 17:14:58 ID:LXE9efS4
>>13

――このインタビューの前の記者会見でも
   「ラストの香川さんの笑顔は何を意味するのかですか」という質問もあったけど、
   僕はそれを聞きたいとは全く思わない。
   むしろ、稔は本当に笑っただろうか、と思いました。
   あの笑顔は、猛が、それこそ吊り橋の時と同じように、
   「見たかったものを見た」映像ではないのか、と。
   猛は稔に笑って欲しかった。 だからあの笑顔を見た(気がした)だけではないのか、と。

西川「鋭いですね。実はあのラストカットのト書きは
   『兄は微笑んだように、見えた』 と書いてあるんです。
   だから、あの笑顔さえ不確定だと見えたとしたら、狙い通りだな、と思います。」


一番最後の部分だけ。インタビュアーの意見はまとめましたが、監督のは原文どおりです。
前の部分ばっさり載せてないので、中途半端ですが。
この他にも中々濃いインタビューでした。
希望があれば、時間がある時に他の所のも書きます


15 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 17:50:35 ID:nPXS3NTF
>>14
ありがとう!
あの微笑自体もそうなのか

できたら他の部分もお願いします

16 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 21:51:02 ID:vo/vHEXj
この映画を観て正直面白かったとは思わないが、「いい映画とはこういう映画なんだな」とは思った。
観終った後の余韻に浸れる感じがよい。しばらくの間、頭の中で様々なことがぐるぐるとかけ巡る感じがした。
特に、観終った直後から「あの後、稔はバスに乗っただろうか。それとも乗らなかっただろうか。」ということをしばらくずっと考えていた。
意見は別れるとは思うが、恐らく稔はバスに乗って、猛の元を去ったのではないかと思う。
稔はこの事件を通じて猛に対して兄弟の関係を問いたかったはずだ。
稔は「智恵子が付けた爪の傷跡(無罪を立証する物証)」というカード(信頼)を猛に委ねて、猛に対して執拗に兄弟の関係をぐらぐらとゆらしてみた。
その激しい揺れに耐えかねて、そのカードを切らずに猛は稔を裏切ってしまった。
しかし、ラストでようやく稔は「兄」の存在の大きさに気づかされる。
「今、自分がこうしているのも兄のおかげだ」と。
稔と猛の兄弟は、兄弟という関係に初めて真剣に向かい合って、ラストには真の意味で昔のような兄弟に戻れたと思う。
それは猛の叫びと、稔の笑顔が証明している。確かに兄弟という関係には戻れたと思うが、以前のような生活には戻れないはずだ。
やはり、弟の裏切りには、責めを負わせる必要があるだろう。
兄は、なにもかも奪ってしまった弟から、はじめてなにかを奪われる責めを弟に負わせたはずだ。
稔は猛から「兄」という存在を奪ったのではないか。だから、自分は最後にバスに乗ったと思う。また、稔自身もリスクだけを背負ったわけではない。
もし弟がカードを切らなかったとしてもよかったと思ったはずだ。この事件がなければ、田舎町でしがないガソリンスタンドを経営し、
ボケた父親とともに一生つまらない人生を送っただろう。いっそのこと有罪になることで、彼なりに「つまらない人生からの逃亡」を謀ったのではないか。
そういう点からももうあの家には戻らないだろう。猛がカードを切って無罪となれば、猛に対して語ったようにガソリンスタンドを改修して、
田舎町で人生を送るつもりだったのだろう。弟からの信頼があれば、つまらない人生に対しても意義を見出せると思ったのではないか。

17 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 01:22:45 ID:6pzH4zFD
兄は弟がチエコと飯に行ったの知ってたん?

ガソリンスタンドでの会話が良く聞こえなかったんじゃ。
腹減ったから町に、、、とかなんとか。。。

18 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 01:40:15 ID:FlLK/TOP
>>17
弟は腹が減ったから町まで飯食いに行くので
ついでに智恵子も送るよ的なことを兄にいった
兄は、それなら二人で何か食べておいでといって
食事代を弟のポケットに突っ込んだ

19 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 01:59:04 ID:ZlcH8G88
職場にうつ病の人がいました
表情が消え、焦点の合わない目付きにゾッとしたことがあります

香川さんの後半の演技を見ていると彼のことが思い出されます
「母やあなたのようになりたくない」と言われ
さらに詰め寄った事実を隠蔽していた稔の自責の念は
彼の精神をさらに追い詰めていたのでしょうか

無罪になっても稔の精神に平穏は訪れたのでしょうか
猛が証言して刑に服することで稔は救われた気がしました

20 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 02:06:28 ID:mBNH5RAA
>>16

もしかしてあなたは浜村淳さん?
そうでしょ?そうなんでしょ?
なんでこんなところに?

21 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 04:48:34 ID:6ccJpo6c
猛にはやましさが有ったから見ていたはずの兄の助ける動作がゆれて一時的に見えなくなったってこと?
実際には弟のほうが偽証していたけど8ミリ見るまでそのことに弟は気付かなかったってこと??
でも子供の頃のことを忘れたのはわかるけどこっちは無理有ると思うなぁ
人は信じたいものだけを信じるのは事実だと思うけど監督は事実を確定してなきゃフェアじゃないんじゃないの?
最初から最後まで面白く見たんだけど見終わってすっきりしないなぁ



22 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 10:58:55 ID:6pzH4zFD
>>18サンクス!
合点がいったで!で、酒飲みのカマかけんのね。OK!

23 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 13:04:07 ID:ZERqn0yC
裁判所の女性書記官の顔アップが印象的。
仕事柄無表情でいなければいけないのに、
心のゆれが顔に表れてしまうところが。

24 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 14:46:25 ID:MpfqY4cO
>>23
安藤玉恵さんは、紀子の食卓や
松ヶ根乱射事件の役どころみるとびっくりするよ

25 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 17:39:48 ID:FlLK/TOP
>>21
> 監督は事実を確定してなきゃフェアじゃないんじゃないの?
まさにこの点が気に入らなくて、荒井晴彦らは映画芸術で散々否定してたんだよね
考え方の差だと思うけどね

26 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 17:59:49 ID:lcth3A1s
夢小説の映像化なんだから事実関係とかは考慮しても無駄らしいよw

27 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 18:46:15 ID:lhJyOObd
チエコが「もうきづいているんじゃない。こわいよ」
て言ったのはどゆこと



28 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 20:36:20 ID:ZERqn0yC
>>24
ありがとうございます。
安藤玉恵で検索してみました。
過激な劇団で過激な役を過激に演じているんですね。
驚きました。


29 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 20:57:13 ID:FlLK/TOP
>>21
> 監督は事実を確定してなきゃフェアじゃないんじゃないの?
まさにこの点が気に入らなくて、荒井晴彦らは映画芸術で散々否定してたんだよね
考え方の差だと思うけどね

30 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 21:06:15 ID:FlLK/TOP
>>29
あれ?前の書き込みが・・・誤爆です

>>27
前夜、関係持ったことを稔はとっくにわかってるんじゃないかということ
(実際に猛にカマ掛けして気づいていたわけだけど)
そんな素振りを一切見せずに、3人で一緒に渓谷まで来て
楽しそうにはしゃいでみせる稔が怖いと思ったのではないか
猛は安心してすっかり騙されてるが
智恵子はそういった稔の歪んだ内面にうすうす気づいてたのではないかな

31 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 23:28:40 ID:csS4PgGz
>>30
バレるバレないの問題じゃなく
猛は稔を「良い人」という認識しかなかったから
仮にバレたところで何も思わなかったろう。

その通りで、智恵子は稔の心に広がる暗い感情に薄々気づいていたのだと思う。
東京に出たがったのも稔の持つ怖さがあったんじゃないか。

32 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 23:41:16 ID:FlLK/TOP
>>31
> 仮にバレたところで何も思わなかったろう。
いや、これはないんじゃないかな
帰宅した時に洗濯物を畳む稔とのやり取りからして
罪悪感でテンパってるし、
だから二段構えの引っ掛けであっさり見抜かれてしまったと思う

ただしあくまで「善良な』兄貴に悪いことしたという罪悪感だけだろうね

33 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 00:30:22 ID:FC5Gkm5f
今週は三茶でやるね。

34 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 01:18:27 ID:kMZNFV1Y
>>33
暗いところで待ち合わせと二本立てか
わりあい好きな作品だった
関内ではパビリオン山椒魚とやってるんだよね
こっちもくだらなくて好きだったけど、一般的には駄作認定w

35 :14:2007/02/19(月) 01:18:31 ID:3RXZ6UtC
>>15
遅くなりましたが、映画館のフリーペーパーのインタビューの中盤くらいです。
前半は総論みたいなものなので。
役者二人については、他の場でも語ったことなのかも知れませんが、
私はこれ以外のインタビューを読んでないので、既出だったらすみません。


【二人の俳優の素晴らしさ】
――香川さんの、後ろ頭の髪の刈り上げ具合までもがみごとで、
   あれを演技と呼ぶものなのか、見た人の誰もが忘れられなくなる後ろ頭ですね。

西川:(大笑い)顔だけじゃないんですよね。

――見事に気持ち悪い後ろ頭である。
   その気持ち悪さを、最初の洗濯物をたたんでいる時の後ろ頭に感じてはいても、
   観客はそれを「気持ち悪い」と捉えてよいものかどうか、ちょっとわからない。
   再びその後ろ頭が登場するずっと後の場面で、
   ああ、あの時ちらっと感じた気持ち悪さは正解だったのだとわかった時に、
   いや、ほんとに「参りました!」と。

西川:香川さんは恐ろしいほどにあの役に情熱を見せていましたね。
   自分自身が、役者という、他人になり変わると言う仕事をすることで、
   かろうじて押さえ込んでる「アンビバレントで悪意に満ちた本性」が、
   全てこの脚本の中に暴かれている、と仰ったんです。
   「役者・香川照之」として取り繕っている自分を、何故ここまで見抜いたのですか、
   と聞かれて、逆に私はびっくりしてしまって。
   そのくらいこの役に自己投影していて、その情熱たるや、鬼気迫るものがありましたけど。


36 :14:2007/02/19(月) 01:21:37 ID:3RXZ6UtC

(中略)
――香川さんにも負けず劣らず、オダギリジョーさんも素晴らしいですね。
   正直、ここまですごい役者とは思ってなかったです。

西川:あれはすごく難しい役ですよ。主人公でありながら、
   中盤から常に受身にまわるので。

――裁判では、傍聴席で黙っているだけの、何もしない演技ですからね。
   でも、何か、目の黒目だけが揺れているような感じとか、
   すごい演技でしたね。そもそもファーストシーンから
   「カッコよくて女にモテるだろうけど、決定的にイヤな奴」の匂いを見事に出してますよね。

西川:オダギリさんも香川さんも、好意的には受け取れない役じゃないですか。
   でも、観客に嫌われるかもしれない、ということを、二人は全く恐れていない。
   稔は、胸の内を語らない役ですよね。起きることに翻弄されることに加えて、
   決して本心を他人に明かさない、いわゆる孤独な人物を、堂々たる演技で演じていたと思いますね。
   香川さんがオダギリさんの演技を評して面白いことを言っていました。
   「自分がピッチャーでオダギリさんがキャッチャーなんだけど、彼はピッチャーが放った球を
   それよりも速い球で投げ返してくるピッチャーだ」と。


37 :14:2007/02/19(月) 01:24:42 ID:3RXZ6UtC
 ※この先は映画の結末に触れているので、ご覧になる前はお読みにならないで下さい。

――この映画では、ひとつの謎を解いてゆくかのようでいて、
   見ていくと、謎が少しずつズレていく。それも実におもしろい。
   おもしろいだけでなく、そうであるために、実は最後に謎は解けないまま終わるのに、
   そのことが観客に「え、何?」とは思わせないんですね。

西川:わぁ、嬉しい。そこはほんとに悩んだことですから。
   サスペンス的な作りにすればするほど、お客さんは明解な答を欲して、
   明解な答えに驚きたいだろうし。でも、私が描きたいのは謎解きではないので。
   サスペンス的という作りは、ただ単に乗り物でしかなくて、
   でもウルトラCの結末を望むお客さんの期待を裏切らずに決着をつける方法というのは、
   相当悩みましたね。その謎は解けなくていいのだ、とお客さんが思ってくれるのかは、
   今でもずっと不安なんです。


そして、>>14で終わり。
過去スレちらっと見ましたけど、実際には「え、何?」と思って
「明解な答」を欲しがるお客さんが多かったみたいですね。


38 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 08:02:53 ID:nWpe0xms
>>14 >>35-37
乙。
いいインタビューだ。

39 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 09:47:18 ID:b9cpHq63
映画観たくても観られなかったんだけど
DVD買うべき?

40 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 13:17:23 ID:WwKt2fnh
>>39
何で買うの?レンタルすればいいじゃんw

自分もまだ観てないけど24日から近所の映画館で公開されるんだよなぁ
劇場で観るかDVD借りるか迷ってる

41 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 13:34:39 ID:b9cpHq63
>>40
レスは有難いが、観た人にきいてるのよw

42 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 14:36:26 ID:OoYCbZsZ

>>39
自分は買うよ。いつかいつかと楽しみにしてたし。
でも、万人ウケする映画か、といえばそうではない。
見る人によって心証は違うみたいだから、レンタルで見て
何度も見たい、手元に置いておきたいと思ったら買ってみたら?

まあ、自分は買いだと思うから、金に余裕があったら是非

>>40
劇場で見る面白さは格別。
暇があればサービスディでも利用して行ってみれ

43 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 14:53:48 ID:0PQgpoVo
香川は、この映画で「ひとつの区切り」をつけたみたい。
そういう映画に出会えるって、役者冥利に尽きるだろうね。

滅多にしない脚本へのクレームとか、サジェスチョンとか、
役者以上の役割もしていたらしいね。(キネ旬の監督のインタビュー)

西川、オダギリ、香川のトライアングルがあってこその映画だと思う。
そして亡くなったカメラマンのクールな眼差し。
一期一会の傑作

もう二度とない組み合わせなんだろうなあ。

やはり映画館で見るべきだろう。

レンタルには、特典映像ついてないぞ。

アマゾンはまだ買えるが、
別のショップじゃ初回限定版は売り切れだ。




44 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 16:18:48 ID:Rgh8qCjm
http://www.yureru.com/theaters/
上映劇場まだまだあるから、
行ける人は劇場で一度観てほしい。

45 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 17:17:22 ID:kMZNFV1Y
自分もゆれるにはハマったので、DVDはすでに予約してるけど
一回目は是非劇場で観てほしいな
初見がDVDだとイマイチ惹き込まれないような気がするんだよね
どうしても映画館ほどには集中しないでしょう
ふ〜んって感じで終わりそう・・・

46 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 17:46:37 ID:ciBMAUQn
家の家は18畳の地下シアターがあり、DLPプロジェクタで
120インチスクリーンの7.1Chサウンドですが
それでも一回目は映画館に行かねばなりませんか?

47 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 17:50:45 ID:FAe+yBQH
家庭環境も大事だけど
邦画でたまにとんでもない画質のDVDあるじゃない
それが不安。

48 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 19:15:05 ID:kMZNFV1Y
>>46
アップリンクよりも環境よさそうだねw
でも映画館って上映中はいなきゃいけないから
集中せざるを得ない環境でしょ?
いいと思うんだよね
だからマナー違反の客がいるとほんとに頭にくるよ

49 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 21:27:18 ID:PxP5mFA1
>>35-37
どうもありがとう!感謝です

50 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:31:49 ID:9YvV2oFd
前スレで薦められた小説のほう読んだんだけれども…

これ、出版されたのロードショーの前だよね?
ノベライズじゃないんだよね?
監督自らが映画の登場人物の内面を文章で表現しちゃうのって
どうなん?

映画の場合、観客は登場人物の心理をシーンから推理するしか
ないんだけど(だからこそ解釈が「ゆれる」わけで、それこそ
映画が本にまさる利点だと思う。)こんな本で事前に予習しち
ゃったら、そんなの単なる「おさらい」にしかならないでしょ
うに。つかわざわざ映画にする意味がない。

何のつもりでこんな本を出版したんだろう。
せっかくのテーマを自分で半殺しにしてるように思える。

51 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:36:51 ID:9YvV2oFd
なんつったらいいのか、

猛の見たものには正解を用意してないくせに、
自分の映画の解釈の正解は用意してんのかと。

なんかものすっごく納得のいかないこの気分を
どこにぶつければよいものか。

52 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:41:41 ID:9YvV2oFd
まあ、ここにぶつけてるわけだが。

とりあえず前スレで進めてくれた人はありがとう。
腹は立つけど小説としてとても面白かった。

53 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 23:28:27 ID:kMZNFV1Y
ノベライズの出版は公開と同じくらいの時期だったと思う
でもぶっちゃけ、ここまでロングランになると予想してなかっただろうから
この本もあんまり出回ってなかったよ
劇場販売やシアター近くの大規模書店くらいかな?
どちらかというと鑑賞後に手に取ったパターンが多かったと思われる
だから解釈に釈然としない人のヒントにはなったんじゃないかな

54 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 00:19:27 ID:dmwpp4Ls
買った本には帯がついてて
>7月8日(土)より、〜全国順次ロードショー
で、奥付け
>二〇〇六年六月十三日 第一刷発行 〜九月十五日 第六刷発行

売れてるし。

「解釈はその人次第」という解釈の押し付け。

猛が見る稔。
客が観る映画。

これは相同でしょう。
矛盾ははっきりしてるよね。

55 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 00:55:47 ID:G/piYrPn
別に矛盾はしてないと思うが・・・

どの作品でもそうだけど、
本編鑑賞前に関連の情報を知ってしまうと
たいていの場合、楽しみが半減するね
原作のある作品なんか特に原作ファンは楽しめないことが大半

56 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 08:05:49 ID:uFK4FTZw
>>54
矛盾がある・・・だから何よ?

57 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 08:45:01 ID:ALdFEipy
公開後に渋谷の文教堂で買ったけど、初版第一刷だ

58 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 09:24:48 ID:x9XJPaRz
小説読んでみたいような、読みたくないような。
ここで色んな解釈を読むのは、人それぞれの感じ方だな〜
と思えるけど、小説だとそれが正解!になってしまう気がするから。
でも、きっとそのうち読む。たぶん。

59 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 09:34:27 ID:aB9MBUKG
>>58
勘違いをしているよ。小説も正解はない。


60 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 09:46:09 ID:x9XJPaRz
>>59
そうなの?
なんか早く読みたくなったぞ。

61 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 10:00:09 ID:aB9MBUKG
>>60
うん。
何故に>>50が熱くなってるのか理解できない。

62 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 10:24:39 ID:G/piYrPn
真相が書いてあるわけじゃないが
たしかに各登場人物の心理描写だけで小説は構成されてる
映画とは正反対のアプローチをしたんだろう
だけど、観客それぞれが心情を推察するのがこの作品の肝なのに
小説ではその部分をはっきり描写してあるから
納得いかないってことなんでしょ、たぶん

63 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 19:52:52 ID:s44s7+y8
猛とチエコて映画以前になにかあったみたいだよな

64 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 22:20:13 ID:G/piYrPn
猛が上京するまで付き合ってたんでしょ

65 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 00:15:32 ID:N/8GVwi0
香川照之曰く
“実はラストシーンのカットの後にもう1カット撮影してるんです
(中略)DVDには入ると思うので楽しみにしといてください”。

はい、楽しみにします。
ttp://www.walkerplus.com/movie/report/report4424.html

66 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 01:32:19 ID:0x8fiBiq
>>14
乙。よく喋るインタビュアーだなww
評論家か何か?

67 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 01:39:10 ID:IO/2+WIP
もしかしてテアトル系のフリーペーパーの記事?

68 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 02:22:17 ID:5RdHl/s0
誰か橋の上でチエコが何て叫んでいたか教えてくれませんか。
金切り声で聞き取れませんでした。

69 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 02:45:28 ID:IO/2+WIP
「お母さんやあなたみたいな生き方は嫌なのよ!」

70 :14:2007/02/21(水) 05:45:19 ID:qDta+kbV
>66
インタビューを申し込んだら、西川監督に
「インタビューと言っても、あなたがしゃべるんでしょ」って言われたらしい

>67
テアトル系って何だ?って思った無知者です。
調べてみたけど、独立系の映画館ですね。
載せていいのかちょっと迷ったんですが、シネマ5という九州のダイノジ県の
小さな映画館です。館主、ブログで恐ろしいほど「ゆれる」について書きまくってます
私的には彼の解釈が一番好き。インタビューの一部も載ってた気がする

71 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 12:17:05 ID:TZKToUy4
>>42
亀だけどd!
全部の回1000円だったから土曜日に観に行くことにしたw

72 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 20:19:48 ID:ce9qqjI1
明日DVDが届く。嬉しい。


73 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 20:41:04 ID:IO/2+WIP
うちもamazonから商品確保のメールキタ!

>>70 ありがとう!
館主さんのブログも観たけど、ゆれるへの入れ込みがすごいわ
早速保存&ブックマークしたよ
地方版の新聞にも書いてるようだね

74 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 15:04:16 ID:DGcmWO2f
小説はそれぞれのキャラの一人称で描かれているけど
それが真相とは限らない。
自分で自分に嘘を付くし、本人も気が付いていない無意識もある。
書かれている事を、まんま受け取らない書き方だったと思う。

75 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 17:39:15 ID:u0En5u7k
章題が「〜のかたり」だしね。
「騙り」ともとれる。

それにしても映画の元ネタというか
構造が芥川の「薮の中」って
予備知識なしで気付けた人いるんですか?

ありえねー。

76 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 19:06:44 ID:MVBJkSSM
>>75
おまえがありえねぇよ
まず羅生門が思い浮かぶだろ?


77 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 20:20:20 ID:KhPGCPBv
>76
いや、ふつう羅生門つったら雨止み待ってる下人の方だから。
あなたちょっと世間遠のいてるから。


78 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 20:24:33 ID:KhPGCPBv
ああ、映画板だから76のほうが正しい?
まぎらわしいなあもう

79 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 20:39:43 ID:jTDOCaX7
アマゾンからDVDが到着しました。今日届くとは思わんかった。

80 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 20:47:53 ID:+afvkaQ4
小説の113pにそれとなく名前がでてくるね>「薮の中」

>>14の人があげてくれた監督のインタビューにあった「稔の笑顔」
の解釈だけど、小説だと「岡島洋平のかたり」でバイトの兄ちゃん
の視点なんだね。

>〜バス停の男が、ふと正面の通りに目をやった。
>僕にもわかった。バス停の男が兄で、向かいがその弟なのだと。
>大きな荷物を抱えた兄は、弟に微笑みかけたように見えた。

監督の発言を敷衍するとさ、猛と岡島君の願望から赤の他人が
稔さんに見えた、ともいえなくも、ないか?   ないか。

81 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 21:21:13 ID:Cls0jwqj
>>79
特典映像などはどんな感じですかね?

82 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 22:35:47 ID:L07yTpTg
今日DVDを手に入れたので早速見ました。三軒まわりましたが。
自分の感じた映画のポイント↓

智恵子の拒絶と猛の恩着せがましさは同一なのではないか?と、あえてゆれる事に
身をゆだねた稔の疑念は、検察の証言で確実なものとして示されてしまう。

兄への罪悪感を、その恩着せがましさで拭おうとしていた猛は稔に公判の後の決定的な
確信でもって見透かされてしまい、ゆれてしまう。

その、ゆれる振り幅が一気に極端に向かうのはこの一家の遺伝的特徴なのかわからぬが、
偽証する事でこのゆれをおさめようとする猛。

あのラストの笑顔は、切れない肉親の情としての自然な発露なのか、アイロニカルな皮相なもの
なのか?

僕は猛をたずねるつもりであり、もう二人ともゆれる事はないのだと、あの笑顔で理解しあったと
おもっております。

83 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 00:09:58 ID:cqhWKMdh
札幌でもアンコール上映が決まりましたよ。
3月3日からですって。楽しみ!1000円なのも嬉しい。
そして嬉しいことに監督からのコメントがこちらに。
香川照之がスゲーかっこいいこと言ってるよー
ttp://theaterkino.net/sakuhin.html#yureru

84 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 00:19:49 ID:k+LC4PXK
猛はすごい顔で橋の方見てるよな。
で稔に駆け寄って手の傷をさりげなく袖で隠している。


85 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 00:59:23 ID:OmPuqWvu
>>83
そこのシアターキノもすごいゆれるに入れ込んでる劇場だね
リンクに関連情報がいろいろ出てる

86 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 04:14:47 ID:+ObpI/eJ
今日DVDで見たんですけどいくつか分からない点が…
原作読めばいいんだろうけど、おばさんからの手紙や智恵子の出生とか
なんとなく映画だけで分かりそうで分からない

なんにしてもオダギリジョーは魅力的すぎる…
今回の役柄はあれが真実だったのか分からないけど、すごかった
ビッグリバーもいい映画なんだろうか?

87 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 05:13:23 ID:fTUft8JR
原作じゃなくてノべライズ  

ってってる人が誰もいないのが気になった

ああ



88 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 05:16:07 ID:Kb3lkzHw
>>43
初回限定版なんかあるの?

89 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 06:57:57 ID:9rXAyfMA
>>87
小説を原作と言ってる人は一人しかいないし
あれはノベライズともいいにくい。

90 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 07:22:32 ID:R411DM8k
外箱と小冊子が付いてるのが初回限定版。

91 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 08:49:44 ID:MovYum73
昨日観た新参者だが、結局真実はどうだったというこのなの?オダギリが公判で述べた事が事実じゃないの?
それともあれは思い込みから偽証してしまったということ?
でも現場を見たオダギリは驚いて橋を見てそれから「何かあったの?」みたいな事言ってるしな。
最後の昔の家族の映像を観て自分の思い込みによる間違いに気づいたということなの?

そのへんの解釈は観客に委ねるということでいいのか、納得いかないけど。


92 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 09:32:32 ID:Zm8xaace
やはりラストシーンは良かった。
香川の表情も最高だが、その直前のオダギリの叫びに心を揺さぶられる。
言霊がある俳優だなと思った。

93 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 09:46:38 ID:oxYm1vuO
DVDまだなの?
と思って公式見たら今日じゃんかよ

94 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 10:02:28 ID:ZJB7Pepi
特典はレンタルじゃ見られないんだよね?
DVD買うかな〜
でも、劇場でもう一回観たかった。

95 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 10:32:43 ID:k+LC4PXK
たぶん、どっちもほんとなんじゃないかな。
おもわず突き飛ばしたのも、手をさし出し手助けようとしたのも。

96 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 12:07:13 ID:sBBwg5Pu
>>94 有楽町とかならまだ上映してるとこあるよ。

97 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 12:48:29 ID:P+5/0ECA
>>86
ビックリバーは風景が物凄く綺麗
話はオーソドックスなロードムービー

98 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 13:04:30 ID:P+5/0ECA
>>91
オダギリは橋の上の光景を見た時、兄が落としてしまったと解釈した
けれど、兄を殺人犯にしたくなかったので
橋の上では何も見てない振りをし兄が何かを告白する前に
強引に偶然の転落事故へと誘導した

99 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 13:24:21 ID:78Qo9OkH
落ちるとこみました。あれは事故ですっていえば裁判すぐおわってたんじゃないのと思いながら・・・。
でも、そうすると今度は、2人の証言の矛盾とかついてくるんだろうなと思ったりして・・・・。
でも、十分打ち合わせする時間はあったんだからそうすればよかったのにと思いながら。


100 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 14:04:57 ID:waq4Rj28
>98
自分が智恵子と寝たことが橋の上でも
めていた原因と感付いたから、距離を
置こうとした、とか。

101 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 14:14:58 ID:P+5/0ECA
>>100
もちろん、それが一番にあったと思う
核心に触れると大変面倒な事になるので
森を駆け抜ける間に色々と計算して素知らぬふりで現れた

102 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 15:00:22 ID:szEB3rnR
兄の腕の傷はを引っ張りあげて助けようとしたときのものでしょ
これは何か証拠になりそうだけど
長けるも何か考えている様子だったしね
なぜそこに触れないんだろうか…

103 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 16:11:05 ID:OmPuqWvu
>>102
> 兄の腕の傷はを引っ張りあげて助けようとしたときのものでしょ
最後の回想もあくまで猛が解釈した映像だから、真相かどうかはわからないよ
初めに目撃した時は稔を疑っていたので、腕の傷も争ってできたと考えたんじゃないのかな

104 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 16:12:33 ID:waq4Rj28
最後の回想が、人生に倦み疲れた猛の
妄想という解釈もある。(過去レス参照)
腕の傷はしがみつかれた智恵子が振り
ほどこうと爪をたてたのかもしれない。

105 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 16:39:38 ID:szEB3rnR
>>103-104
なるほどー
結局、何一つ明確な事実は無いんですよね
面白くて引き込まれる映画だけどもやもやするなぁ
余韻残りすぎ

106 :104:2007/02/23(金) 17:34:27 ID:waq4Rj28
>105
うーん、しかし…
猛の記憶では父親とは渓谷には行って
ないはずで、ところが8mmでは自分と父
が渓谷にいる。
自分が気分で記憶を操作する人間と思
い知らされて、また同じことを繰り返
すかな?という疑問が。

107 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 18:06:37 ID:k+LC4PXK
稔にハッキリとした殺意はあったんだろうか。
むかついていたとは思うが、橋の上でなければあんなことにはならなかっただろうに

108 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 18:17:31 ID:szEB3rnR
父親のボケを表現するのに
新聞を干す場面とは…
この表現は感心した


109 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 19:02:31 ID:hunL3nNP
初回BOXが予想以上にダサかった件について。
中身のジャケのがカッコヨス

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)