2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたになら言える秘密のこと -THE SECRET LIFE OF WORDS -

1 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 23:33:13 ID:pIFHrWiT
公式
http://www.himitsunokoto.jp/

2 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 23:37:46 ID:ZyfFlv20
クソみたいな邦題に呆れつつ2get

3 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:14:06 ID:t5g9fxhW
>>1


見たい

4 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:29:54 ID:LS3iq5nw
重かったな。

5 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:42:51 ID:ECB4qRZj
そうだな、邦題がなんか「女性向け!」みたいな感じで胸糞悪い。
「死10」を意識しての事なんだろうが。

6 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:50:24 ID:wk5+1txu
映画としてはめちゃくちゃつまらんかった
演出がギクシャクしてるしカメラワークが悪い


7 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:56:06 ID:PT11uY16
北米映画界、左側の王様とプリンスの共演か

8 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 17:32:26 ID:hb+KTdud
軽い気持ちでみたら、結構な破壊力あってびっくりしたお。


9 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 20:04:32 ID:B8zWS3C0
バレます
教えて下さい

女児の声で最初と最後にナレーション入ってたけど、
あれって流産したか里子に出したか、ハンナの子供って事だよね?
一緒に見に行った友人は、あれはハンナと一緒に監禁されてしまい
後拷問によって死亡した友達の声だと言い張るんだけど。

10 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 20:13:05 ID:ae3t2bpX
松竹配給なのにほとんどTOHOシネマズでの上映なんだな。
関西ではMOVIXでの上映無し。
なんでだろう?

11 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:35:47 ID:EM4GQepy
>>9            ハンナの子供の声だと思う…「私の下に二人兄弟が出来た」みたいな事言ってたし。

12 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 01:08:04 ID:G/FAx9Lv
前作はいったいなんだったの・・・と思わせるぐらいの凡作だった

13 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 02:29:56 ID:xbcpgRck
結構良かったです。
>>8さんのように私もそれほど重くないと思ってみたので破壊力ばつぐんでした。

>>9ネタバレですが、



ハンナがジョゼフに話したことは全て自分自身のことだと思います。
つまりハンナが殺した娘の声です。

14 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 08:30:37 ID:3vlLspJF
ネタバレ





おっぱいシーンが重すぎるため興奮しなかった。



15 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 19:04:56 ID:iHxB71pi
予備知識無しで見た。

・・・重すぎ。

良い映画だが、明らかに宣伝と邦題で失敗してるな。
(客層全く違うだろ!!)



16 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 22:35:29 ID:WqdySzpu
>>9>>11>>13
あえて色々な解釈ができるようにしてあるのかもね。
自分は
・「友達」の身に起こった事は全てハンナ自身の体験(会話の最後で告白している)
・ナレーションの少女は、自我を防衛する為に生み出されたハンナ自身の分身
と解釈してみた。

17 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 23:09:25 ID:ywctpP3j
>>16
俺も同じ解釈した。
母親が娘を殺したってエピは別の監禁者のことだと思った。
もし、それも自分の事なら、友達のハンナが〜って話すと思うから。
それにしても、最後のティムの「泳ぎ覚えるよ」に笑って、泣けた。

18 :ららら:2007/02/13(火) 00:26:47 ID:EERYvCei
おもかったね。
一応確認しておきたいが、

あれって、つじあやのなの?


19 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 00:36:30 ID:EYL0wC83
この映画ほど心の底からハッピーエンドになってほしい!!
と思った映画はなかった。
生きることを幸せに思えないってなんだよ。
生き残ったことに罪悪感を感じてしまうってなんだよ。
ハンナには誰よりも誰よりも幸福になって欲しいよ。
そして実際にいる(いた)「ハンナ」たちにも。

20 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 00:50:04 ID:2Zz31D0D
悪くはない作品だと思うが
いきなりユーゴ内戦の話しが出てきたのは、ちょっと反則技かな〜なんて思った。

21 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 00:50:17 ID:03+JHINa
正直つまらん映画だった。

ゲイ?の2人組は吹き替えなら爆笑問題が担当するんだろうね。


22 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 01:58:15 ID:ZWJ/TGrn
アルモドバルは自分がゲイだからってゲイ映画とりすぎじゃね?
別にいいけどさ。

23 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 15:35:49 ID:PoMLbtnm
「死ぬまでにしたい…」と同じ監督とは思えないほど見事な映画だったが
これ、内容的にはアート系の単館でかけるべき映画だ。
映画初心者には2チャンだけの映画通ブリッコには太刀打ちできまい
このスレの誰かさんがそれを如実に証明しているよww

主人公があの語りを始めるまでの静かなサスペンスを孕んだ落ち着いた展開に
惚れ惚れしながら見ていた。
それを退屈と感じる人は、この映画から相手にしてもらってないってことだね。お気の毒w

ちょっと気持ち悪いオドオドした学者が実は理想肌の持ち主だったり
嫌な奴として観客に印象付けられた二人が実はカップルで、うち一人は
妻子を愛している悲しさ… などの点景もなかなか良かった。

最後のデヴィッド・バーンの唄にも感激! 

24 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 15:39:50 ID:gPKrhlHV
誰か「詳しくネタバレ」してください。

クロアチアの内戦のことらしいのは分かりました。

25 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 16:35:45 ID:os3fbY/a
>>23
ちょっとオドオドした学者の中の人、気に入ったなら、
『ヴェラ・ドレイク』と『人生は、時々晴れ』を見てください。
どちらもマイク・リー監督作品ですが、
性格の全く異なるキャラクターを見事に演じております。
今回も新たな彼を見せてくれて、ファンとして嬉しかったです。

26 :横から:2007/02/13(火) 17:30:20 ID:ckqQr4+f
『ヴェラ・ドレイク』は傑作だ

27 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 19:16:17 ID:ZWJ/TGrn
アルモドバルは映画に関しては天才だから仕方ない。
アルモドバルの作品を貶すやつってどんな映画なら満足するんだ?

28 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 20:05:42 ID:Hk96TlrM
>>16>>17
それだと最後の女の子のナレーションで「私の下の兄弟が〜」と言っていたところで衝撃を受けなくなっちゃわないですか?
女の子は、ハンナが殺した娘だったんだ!というのがこの映画の肝だと思うんです。最高に悲しく素晴らしいところ。

しかしそれだと「友達」というのは本当にいたのか、それとも娘のことを「友達」としてジョゼフに話したのかがわからないですが。
なので私は、自分自身のこととして話したくなかったから「親友」と言ったり、「ある母親と娘」と言ったりしたのかな、という解釈をしました。

私は「ヴェラ・ドレイク」はイマイチでした。でも俳優たちは素晴らしかったです。特に娘役の人が良かった。

29 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 20:47:31 ID:os3fbY/a
>>28

「ヴェラ・ドレイク」の娘役の方は、
「人生は〜」では、娼婦(おそらく)役を演じてます。
タクシーの客というかなりのちょい役ですが。
胸がはみ出しそうな安っぽいドレスを着て、いい演技をしてます。
全く別人に見えます。スレ違いですね。すみません。

30 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 23:31:35 ID:R3Jipgfy
ネタバレ注意







戦争の傷と不倫は重さが違いすぎるような…。

31 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 06:01:46 ID:7vEDJrQ4
>>28
>>女の子は、ハンナが殺した娘だったんだ!というのがこの映画の肝だと思うんです

話の中で、娘を殺した母親は自殺したらしいから、ハンナじゃないでしょ。
そもそも、話の中の親友のハンナ=自分なのだから。

拷問されて塩を塗りこまれたのが自分で、
ナレーションは、たびたびレイプされた挙句、妊娠して中絶か流産した女の子だと思ったけど。

>>30
>>戦争の傷と不倫は重さが違いすぎるような…。

親友は目の前で自殺したわけで、当人にとっては重さが違いすぎるということも無いと思う

32 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 21:29:17 ID:s4VQyg0v
学者役の人見たことあるなぁと思っていたら>>25のレスでスッキリしました。
>>29ありがとうございます。機会があったら見てみようと思います。

>>31
母親は自殺した、というセリフは見逃していました。
私が思っていたのは、ハンナは最初は嘘をまじえながら本当のことをちょっとずつ話せるようになっていったので
あの告白の話にも自分自身のことでは無いような話し方をしていたのだと思っていました。
そして、母を気遣うような話(ナレーション)をする娘というのは、生前の娘の性格をハンナが思い出してトレースしている、
という意味に捉えてしまいました。

しかしコチラhttp://www.cs-tv.net/blog/001161.htmlの監督のインタビューにもあるように>>16さんのとおりに
答えは見た人の受け止め方次第というのが正解のようですね。

33 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 21:29:56 ID:x+KCXeB/
>>31
今日見てきました
その解釈が一緒です

ネタバレ




少し聞きたいのですが
ホテルに連れ込まれた時は
味方のクロアチア側ですよね
そこに国連側の人間が来て
拷問を受けたって事ですか?


34 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 22:12:59 ID:mGjaua8G
クロアチア人に監禁、レイプされて、
国連軍が来て、解放されると思ったら、また・・・ってことだったと思う。
国連軍の倫理問題は割と当時報道されてたよね。紛争が終わった後に露呈して。

35 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 22:32:35 ID:6d4bd36g
>>32
母親=ハンナだったら、心を殺したっていう事も考えられますね。
全てが収められているのは、あのビデオの中なんでしょう。


36 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 23:54:02 ID:D3TqgsPv
>>23

同意です。「死ぬまでにしたい…」よりも良かった。
さすがのティム・ロビンスはもちろん、さくっと描写する中にも、
全ての登場人物の掘り下げがしっかりしていて見事だった。
シネコンじゃなくて、単館系で細く長く上映して欲しいタイプの映画。

ハンナは、自分の受けた心身の傷はもとより、語りきれない程の悲惨な出来事を目撃したこと、
多くの人が亡くなった中、生き残ってしまったことで、自らを封じ、死と同様の地平まで追い込んだんだね。

ヨーロッパの一角で起きていた紛争当時、連日、テレビで世界中にニュースが流れ、
壁を隔てただけのような隣の国では普通に豊かな生活があったっけ。
たった10年で全てが忘れ去られてしまうことも恐ろしいが、起きていること自体が無視される場合もある。
特に、アフリカ。 例えばダルフールとか。

37 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 00:20:29 ID:nHLQyFXT
まあ、戦時下での兵士は思考回路が変になっているから、民間人のレイプがあっても仕方が無いな。
と言って済まされる問題でもないが、兵士の立場になったら・・・

38 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 10:26:54 ID:Qr3wM/4X
話の流れ断ち切るが、レストランで看護師に応募するとき、日本語の歌が
BGMにかかってたけど、だれの歌?

39 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 15:04:55 ID:q4QRR9X7
生きている(生き残る)のが恥ずかしい、っていうのは、
原爆で生き残った人や戦争を描いた話でよく聞く。
立ち直るのは本当に難しいと思う。

40 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 15:22:31 ID:ECyr+bTu
最後まで疑問に残っているのが
どういうきっかけでハンナはリンゴとチキンとライスしか
食べなくなったのか。
あと石鹸を一回使うと捨ててしまうのか。
この辺のことには全く触れてなかったような気がするんだけど。

41 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 16:38:39 ID:bGh7MEdz
>>40
つ原作

42 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 01:11:50 ID:NS9Vk4m6
>>38
エンドロールに載ってたけど、気になるような歌でもなかったので忘れた。

43 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 01:14:09 ID:NS9Vk4m6
>>38
載ってた。
http://www.fr-dr.com/paris/archives/2007/02/06223346.php

44 :38:2007/02/16(金) 11:27:45 ID:I2K7KV/Y
>>42、43
 サンクス。監督は日本通なのか。何か意外。

45 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 19:50:15 ID:xJcNYtH9
塩を縫いこまれたっていうのは、自身のことだったのかなぁ。
学生時代の友人としての描写もあったから、本当にいた親友だと思ってた。
てっきり、死んだ友人の名を、追悼するように彼女が名乗っているのかと思ったよ。

あと、クロアチアの兵に車を止められたときに、最初は車泥棒だと思った云々、
ってくだりがよく分からなかったんだけど……。
「車の持ち主に悪いと思った」っていうのは、借りた車だったのかしら?

46 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 20:04:20 ID:xJcNYtH9
それと、最初の晩に、なんで患者の食べ残しをがつがつ食ってたんだろ。

47 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 20:08:08 ID:WmsHoyzU
ID:xJcNYtH9
ここまで馬鹿な奴が居るとは
これもゆとり教育のせい?w
コイツはもう一回見ても理解できない低能だな
一から全部説明してもらわないと
何も理解できない想像力の無い馬鹿野郎だw

48 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 20:10:07 ID:xJcNYtH9
はっは。
賢いきみにはかなわないな。

49 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 20:22:47 ID:7OZ1I5Nc
ID:xJcNYtH9
なんだコイツ
本物の池沼かよ
男か女か分かんねー気持ち悪ぃ奴相手しちゃったよwwwww

50 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 20:33:05 ID:xJcNYtH9
句読点もまともに使えない、知的な君にはまいるね。
きみの聡明な書き込みにはついて行けないから、もう書き込まなくて良いよ。

51 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 21:04:27 ID:3SdPCDuz
2ちゃんで
>句読点もまともに使えない
だってプップップププ

ますます初心者の池沼じゃん
「池沼」の意味も分からない馬鹿野郎決定だな
お前みたいな馬鹿だから
映画見に行っても分かんないはずだなwwwww

52 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 21:57:03 ID:3gt/uJ3e
>>46
おなか空いた。

53 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 22:39:48 ID:xJcNYtH9
なるへそ。
ただ単に、腹が減ってたのと、料理が美味かったせいなのかしらね。

54 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 23:02:07 ID:V2kRPBYq
ハヴィエル・カマラが大好きなのですが、
この映画ではどのような感じでしたか?


55 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 23:35:18 ID:3UOPQmVD
>>54
チャーミングなコックさんの役でしたよ
主人公二人の次に出番が多いかな?
映画の雰囲気をやわらかくするのに一役買ってるかんじでした。
わたしはキャラクターでは一番好きです、サイモン。


わたしも質問させてください。エンドロールでかかっていた曲は
誰のなんていう曲なのでしょうか?


56 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 23:53:43 ID:DWlv9Qxo
http://www.last.fm/group/Soundtrack+Geeks/forum/15996/_/71951

最後のデビッド・バーン



57 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 00:12:29 ID:3oT1cLWb
>>56
おー、ありがとうございます!


58 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 08:59:28 ID:UNgrQ0Ap
番宣でかかっていた洋楽は誰のウタなのでしょうか。

59 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 13:20:54 ID:p+6cAjiH
>>58
前にも質問してたよね?
その番宣は、何処かで見ること出来ないの?
曲聞かないと分からないよ

60 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 19:33:41 ID:hpfmS2lm
最初と最後の女児について、だけど。
ぼくは、トラウマティックな体験をした人に行われるサイコセラピーの、
インナーチャイルド療法を連想したなぁ。
様々な苦痛の感情に苛まれるとき、
外傷体験を抱えた子供の自分をイメージし、
現在の、つまり大人の自分が、その子を慰めることを想像する。
そんなセルフケアの方法なんだけれどね。
あの子は、ハンナ自身が想像する、
傷ついた自己像なんじゃないかと思ってたよ。

61 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 02:17:11 ID:1HQk9v26
ナイトショーで観た200人の箱に10人だった。
エンドロール終わるまで席立つ人がいなかった。

>>14
同意。でもいい形していた。

62 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 02:58:52 ID:Dw0vSezY
それを言いたいだけが為にこれだけもの尺をとったの?
そう言いたい映画でしたわ。
音がまず不快でしょ。ヘリの音、ペリカンの鳴き声。
うるさいったらありゃしない。
展開が遅いし、患者の男性がストーカー気質丸出しの
質問攻めがイライラさせ、女性が体験談を打ち明けた時の
臭い演技は見るに耐えれなかった。

金を返せとは言わない。時間を返せ。

63 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 08:16:33 ID:fzDzfeTM
自分では映画の批判をしているつもりが、
実質的には、自らの品性の卑しさ、感受性の絶望的な貧しさ、極度の知性の欠落振りを
露呈しているだけ、っていう奴・・・  いるよね ↑

64 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 12:27:31 ID:Dw0vSezY
あらあら敏感な感受性をお持ちの方が人格批判を他者に同意を求める形で展開しておりますね。
見事な品性だことww

65 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 22:18:11 ID:H98KT3Gf
>>62
ペリカン?
違うだろ

66 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 23:04:30 ID:4/jL/kWg
感想は人それぞれだろう。貶したい人には言わせておけばいいさ。

周囲が皆いい映画だったと誉める中、自分には理解できないと言い出せず
孤独感に苛まれて逆ギレ気味の、お気の毒な人かもしれないしな。

リアルで>>62みたいな感性のヤシと付き合うのはまっぴらだが。

67 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 23:14:16 ID:r02n1k9q
言い出せずも何も、きちんと言ってるじゃん。
確かに最初の患者からの質問攻めは観ていて不愉快だったし、
そんなに観ていて美しいカメラワークでもなかった。
>62は、十分頷ける感想だ。
それより、自分の好きなものを批判されたときに、
それを聞き入れられず「貶めてる」と受け取るような人のほうが、
よっぽど付き合いにくいだろうけどな。

68 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 00:02:30 ID:4/jL/kWg
>>67
「おとしめる」ではなく「けなす」と書いたんだが…ちょっとニュアンスが違うんだよな。
言い出せず云々はリアルで、という意味合いだったんだが、>>67には理解して貰えなかったようで。

69 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 00:21:52 ID:56R8f7AA
上で出てきた不快と感じる人の意見、監督の術中にハマってると思うのですが。

>音が不快
アナログの補聴器は必要な音以外の音を勝手に拾って増幅しとかなりの騒音になるみたいです。つまり聞きたくない音が飛び込んで来てしまう。レストランでのBGMなんかもそんな演出だと思いました。
>質問が不快
あのときのハンナと同じ気持ちになったのでは?

70 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 00:24:28 ID:TuiK28hq
単純にクロアチア軍も国連軍(アメリカ?)も含めて軍人が憎いと思った。
性欲がコントロールできなくなるんだったら自害すればいいのに。
何がアイムソーリーだ。ハンナがかわいそうだろ。

71 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 00:53:04 ID:FC5Gkm5f
ネタバレなので、ちょっと行間置きます。





冒頭から流れるナレーションの声は、拷問されて死んだ友人の声
で、あってる?
あと、ハンナの体にも傷があったのは、ハンナと友人の二人とも
体を切り刻まれて、塩を塗りこまれる拷問をされていたってこと?


72 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 01:34:16 ID:rObtyWd3
>>66
>周囲が皆いい映画だったと誉める中、自分には理解できないと言い出せず
>孤独感に苛まれて逆ギレ気味の、お気の毒な人かもしれないしな。

根拠も推論もない事実を勝手に捏造して、空想の人物像を描いてしまっておりますな。
別にこの映画が好きな人に対してとやかく言うつもりもないし、感想は人それぞれ。
これを前提に大抵の人は、感想を述べるわけですが、>>63,>>66はどうもその前提も無いらしい。
自分の気に入った作品を批判されるのが嫌で、好意的ではない感想を述べたものの人格批判を
展開。まぁここから推測できるのは、気に入った作品が精神的よりどころになって、それを崩されまいと必死になっている精神的基盤が非常に脆弱な人間だということだ。
俺もこんなやつとは関わりあいたくない。

>>68 >>67で使用されてる「貶めてる」を「けなす」に置き換えても十分意味は通じるがな。
理解できてないのはお前の方だろ。

>>69 それは少しは理解しましたよ。ただ映画としてはどうでしょうかね。

>>70
ハンナよりももっとかわいそうなのは軍人だと思いませんか?
徴兵されて死に向かわされてるんですよ。
ハンナは戦争体験で深く傷つき、苦しみの中を生きていかなければならなくなった。
徴兵された人は、生きることすらままならないのですよ。
ハンナがかわいそう?これを解決するにはどうするのが最適だと思う?
国防を女に任せて、女だけに徴兵制を導入すればいいんですよ。
でも女達はそれをしないよね。しないくせに苦役を男性だけに押し付けて
自分達だけが被害者気取り。
君の表現を借りると、国防を男性だけに押し付けといて、戦争被害者には
なりたくないという都合のいい考えを持ってるなら自害すればいいのに。

73 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 02:33:57 ID:lEnMSEJc
>>70
俺は兵士にも同意できるけど?
確かに通常の生活をしていれば、道徳的に兵士の行為に嫌悪感を抱くのは当たり前。
でも、一秒後には死体になっているかも知れない戦場で、冷静な判断力などなくなるのは分からないでもない。
被害者は確かに可哀想だけど、加害者も同時に被害者なんだと思う。
それを無くすにはどうしたらいいか。
それは戦争を無くすことなんだけど、人間の歴史を見れば分かるように、戦争が無くなることは無い。
納得がいかないことだけど、仕方ないんだよ。

74 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 05:54:59 ID:91zZvU7k
作品を頭ごなしに全否定するような輩に限って、自分のレスを否定されると
異様にムキになるんだな… >>72を一瞬見て大笑いしたよ。誰も読まないのにご苦労なことだw

>>71
>>あと、ハンナの体にも傷があったのは、ハンナと友人の二人とも
>>体を切り刻まれて、塩を塗りこまれる拷問をされていたってこと?

結局ハンナは自分の名前を最後までジョセフに言葉では教えなかった。
自分に身に起こったことを、話の中で親友のハンナに起こったこととして語ったわけです。
塩を塗りこまれる拷問を受けたのはハンナ自身で、あのキズはその跡。
キズに触らせることによって、それは自分のことだと伝えたのでしょう

75 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 12:20:30 ID:ZHUYssAk
>被害者は確かに可哀想だけど、加害者も同時に被害者なんだと思う。

こう言う事を平気で言う奴は、家族が同じ目に合っても平気なんだろうか?
国の為に戦ってる兵士なんだから仕方ないと、妊娠しても受け入れるんだろうか?
堕胎したところで傷付いてるのは兵士も同じ、と言うのだろうか?
こんな奴らの考えは恐ろしいし、家族が同じ目に合えばいいのにと願う


76 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 12:36:05 ID:nWar3dGp
>>75
最後の一行を書いた時点で、きみも同類になっちゃうぜ。

77 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 19:53:21 ID:rObtyWd3
>>74
発言の根拠も述べずに言うだけ言って後は知らんって感じで
いい加減な人ですね。

>誰も読まないのにご苦労なことだw
誰も読まないというのは君の希望的観測であって、事実ではないんだがw。
あなた現実逃避壁でもあるんじゃないの?逃避先の一つであるこの作品を
貶されたと解釈したがゆえに、根拠の無いレッテル貼りレス。

社会経験の乏しい馬鹿専業ですか?
俺はあなたみたいな馬鹿を相手にするのが好きなんで、引き合わせてくれた
この映画に感謝ですな。

78 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:13:25 ID:rjZJOUUZ
>>75
誰も受け入れるとは言っていない。
でも兵士の立場にもなって欲しい。
ベトナムで何故米兵が狂気に走ったのか。
考えてみ。

世の中は不条理で満ちているんだよ。

79 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:36:18 ID:91zZvU7k
>>77

なんだ、オマエ まだいたのか

80 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:41:01 ID:MalZN4Tm
>>78
馬鹿女に全体を俯瞰したものの見方は無理と思われ。

81 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:43:20 ID:MalZN4Tm
>>79
馴れ合いがしたいだけならブログでやってろ

82 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 22:47:54 ID:O454LwYB
妄想ソルジャーあらわる。

83 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 14:32:13 ID:ooG1ey0s
>>40
生き残ったことに罪悪感感じて生きてるとか言ってたし、
収容されてた時の食べ物をずっと噛み締めてるのかと思った。
親友とかが死んで、自分だけ幸せになったらいけないという
思いがあったんじゃないかと。それで四六時中働いてないと
不安になるのか無意味に刺繍したり、フカフカのベッド破壊したり…
それが掘削所で段々解れた感じかと。

>>45
自分自身も塩やられてるとは思うが、漏れもそう思った。
女児は死後もずっと語り合ってる死んだ親友なんじゃないかと。

馬鹿なのかもしれんけど、あくまで漏れの意見。

84 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 15:02:53 ID:rofG13dD
って言うか、親友なんか最初から居ない


85 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 15:17:52 ID:ooG1ey0s
あの日、自分の中の明るいほうの気持ち(親友と表現)が死んだってことで

86 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 15:22:07 ID:/2E+MdGw
>親友とかが死んで、自分だけ幸せになったらいけないという
>女児は死後もずっと語り合ってる死んだ親友なんじゃないかと

   ↓↓↓↓↓

>自分の中の明るいほうの気持ち(親友と表現)が死んだってことで

   (゜д゜)ハァ?

87 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 16:01:40 ID:ooG1ey0s
>>86
自分の中でも完全にどっちだとは思えないでいてな。
今のところは、親友が本当にいててのほうに傾いてるんだが、
親友なんか最初から居ないということなら、
じゃあこういう解釈ではどうだろかってことで…

88 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 19:17:44 ID:zAI/2crW
アレッサじゃねえ?


89 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 19:52:44 ID:vUJad3oH
>>88
静岡の?

90 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 23:15:12 ID:lJvlElMq
余りにつらい出来事を経験すると、それが自分に起こった事ではないと考えないと
心が耐えられなくなるんだよ。
二重人格なんかはつらい出来事はもう一人の自分が
経験している事として精神のバランスを保つ。
女児の声はあの経験をしていない幼き日の自分。
今の自分を幼き日の自分という視点で客観視することで、
どうにか心のバランスをとっているんだと解釈したけど?


91 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 23:22:48 ID:lJvlElMq
>>90
訂正
二重人格なんかはつらい出来事はもう一人の自分が
経験している事として精神のバランスを保つ。
           ↓
例えば二重人格なんかはつらい出来事はもう一人の自分が
経験している事にして精神のバランスを保とうして生じるもの。


92 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 10:55:34 ID:Dgt6Gb7/
二回目みてきました。
涙ぐみ?ながら「ドルチェ・ビタ…」を口ずさむハンナの表情が忘れられん。

93 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 03:52:31 ID:vYT4Ko1S
アルモドバルって2タイプの映画があるよね。

94 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 10:59:10 ID:7NblQWif
言っとくが、これはアルモドバル製作ってだけだから

95 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 11:31:42 ID:vYT4Ko1S
監督じゃないのはわかってるよ。
制作総指揮がアルモドバルだから。

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)