2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Letters from】硫黄島からの手紙37【Iwo Jima】

1 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:07:13 ID:w1nwNLYh
父親たちの星条旗』を、今度は日本側の視点から切り取った話題の姉妹作。
監督クリント・イーストウッド×製作スピルバーグ。
映画界最高の才能が、“太平洋戦争”を、2本の映画を通じて、武力のみならず文化の衝突として描き出す。
戦争の無益さに気づきつつも、愛する家族のために勇敢に戦い抜いた、栗林中将と日本軍兵士たちの感動大作。
■スタッフ
制作・監督:クリント・イーストウッド
制作総指揮:ポール・ハギス
制作:ロバート・ローレンツ
制作:スティーブン・スピルバーグ
脚本:アイリス・ヤマシタ

■主要キャスト
<士官>
渡辺 謙  ・・ 栗林忠道中将
伊原剛志  ・・ バロン西
中村獅童  ・・ 伊藤中尉
阪上伸正  ・・ 大杉少将
渡辺 広  ・・ 藤田中尉
尾崎英二郎 ・・ 大久保中尉
坂東 工  ・・ 谷田中尉

<兵卒>
二宮和也  ・・ 西郷
加瀬 亮  ・・ 清水
松崎悠希  ・・ 野崎
山口貴史  ・・ 樫原
安東生馬  ・・ 小澤

裕木奈江(NAE)・・ 花子

2 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:09:58 ID:w1nwNLYh
■日本公式(予告編多し) 
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies
■アメリカ公式(写真多し)
http://iwojimathemovie.warnerbros.com/lettersofiwojima/framework/framework.html
■IMDB
http://uk.imdb.com/title/tt0498380/
■前スレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1168750347/
■予告編
「硫黄島からの手紙」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer2_1000k.wmv
「2部作編」予告
http://pdl.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_trailer_1000k.wmv

テレビCM
西郷編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_saigo_1000k.asx
栗林編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_kuribayashi_1000k.asx
総合編
http://raincloud.warnerbros.com/wbol/jp/iwojima-movies/trailer/iwojima_spot_30sec_1000k.asx



3 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:11:03 ID:w1nwNLYh
ウィキ【硫黄島の戦い】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
硫黄島に従軍した帰還兵の日記
http://www5f.biglobe.ne.jp/〜iwojima/index.html
上記帰還兵の孫によるサイト
http://www.iwojima.jp/
題材になった写真(2枚目のほう)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/a/a1/WW2_Iwo_Jima_flag_raising.jpg
当時の掲揚時の動画
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/Raising_the_Flag_on_Iwo_Jima.ogg
劇中でも上の写真撮ったカメラマンの隣で撮影してた
硫黄島摺鉢山山周辺
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&ie=UTF8&z=18&ll=24.7486,141.288326&spn=0.00324,0.005697&t=k&om=1&iwloc=addr
硫黄島地形図
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=37411200&slidex=2000&slidey=400
アーリントン国立墓地の記念碑
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=Arlington+National+Cemetery&sll=37.0625,-95.677068&sspn=47.349227,69.433594&ie=UTF8&z=19&ll=38.890396,-77.069703&spn=0.001388,0.002119&t=k&om=1



4 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:12:18 ID:w1nwNLYh
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104774014
散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道 梯久美子(著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683704
栗林忠道 硫黄島からの手紙 栗林忠道?(著),半藤一利(著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094026762
「玉砕総指揮官」の絵手紙 栗林忠道(著),吉田津由子(編集)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163241507
名をこそ惜しめ 硫黄島魂の記録 津本陽?(著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4905849489
常に諸子の先頭に在り―陸軍中將栗林忠道と硫黄島戰 留守晴夫(著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769824491
闘魂 硫黄島―小笠原兵団参謀の回想 堀江芳孝(著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756330150
硫黄島―極限の戦場に刻まれた日本人の魂 武市銀治郎(著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4796655069
栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4769821131
硫黄島―太平洋戦争死闘記 リチャード・F. ニューカム (著),Richard F. Newcomb (原著), 田中至(翻訳)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000I0RNEI
NHKスペシャル硫黄島 玉砕戦〜生還者 年目の証言〜(DVD)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872577302
父親たちの星条旗 ジェームズ・ブラッドレー(著),大島英美(翻訳)
http://www.shinchosha.co.jp/books/html/477401.html
「閣下ぁー、貞岡が、ただいま参りましたーっ!」

5 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:13:01 ID:w1nwNLYh
十七歳の硫黄島 秋草鶴次(著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4166605445/
軍隊日記より
硫黄島戦記
金田八郎
http://aquarius10.cse.kyutech.ac.jp/~otabe/ioujima/ioujimasenki.pdf
バロン西伝説 米映画プロデューサー、サイバートレットの涙の弔辞
「ツボヤキ日記」硫黄島からの手紙 
バロン西その@〜B
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020590497.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020592448.html
http://ameblo.jp/tuboyaki/entry-10020593391.html
「西とウラヌス」(希少本、オリンピックの栄光から硫黄島の戦いまで)
「嗚呼、硫黄島!! 「バロン西」
http://takozchan.exblog.jp/4620271

6 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:13:46 ID:w1nwNLYh
まとめサイト
硫黄島からの手紙 @2ちゃん関連情報置き場(23通目966氏製作)
http://www23.atwiki.jp/ioujima2eiga/list
過去スレは↑を参照

7 :前スレ953ありがとう!:2007/01/24(水) 02:14:55 ID:w1nwNLYh
【受賞】
ナショナル・ボード・オブ・レヴュー 最優秀作品賞
アメリカ映画協会賞 作品賞トップ10
ロサンゼルス映画批評家協会賞 最優秀作品賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 作品賞第2位
ダラスフォートワース映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞第6位
サンディエゴ映画批評家協会賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞
ラスベガス映画批評家協会賞 作品トップ10
フェニックス映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞・作品賞トップ10
シカゴ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
AFI(アメリカ映画協会) 特別賞
ユタ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
カンザスシティ映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞
全米映画批評家協会賞 作品賞第3位
ブロードキャスト映画批評家協会賞 外国語映画賞
第64回ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞


【ノミネート】
■第79回アカデミー賞(2月25日発表)
・作品賞・監督賞・脚本賞・音響効果賞

【メディア】
TIME誌 年間1位
CNN   年間1位(2部作として)
USATODAY 年間1位
Entertainment Weekly 年間1位

8 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:15:57 ID:w1nwNLYh
以前ここに載っていたブログに撮影現場について書かれてた。
直リンは悪いかなと思うので抜粋

-------------------------------------------------------------------
あの日本語のイーストウッドの映画は、カリフォルニアで撮影されました。殆どロケーション
撮影。32日間という短い撮影でしたが、いろんなところへ行きました。

バーストーというモハビ砂漠の町の東にあるピスガ・クレーター。
http://seis.natsci.csulb.edu/VIRTUAL_FIELD/Pisgah_Crater/pismain.htm
このサイトにある写真を見てもわかるように、マグマを思わせる黒い火山弾や岩塊の塊がたーくさん。
ガラガラ蛇に注意!というサインもあって、実は怖かった^^。撮影が終わった直後、みんながいた
ところでガラガラ蛇がやっぱり見つかったらしいよ。

リオカリロ・ビーチがはじめのロケ地。
http://www.californiacoastline.org/cgi-bin/image.cgi?image=3737&mode=sequential&flags=0
クレーターから黒い砂を運んで作られた人工の砂浜は本物そっくりでした。マリブビーチの先に
あるんだけど、ここの一番初めの食事が一番美味しかった・・・なんとロブスター!青い海からの
風と曇った空が寒かったけどね。(余談:マリブで今日は雪がふった!!!寒すぎ・・・。ロスでも
雪が降ります(゚Д゚;))

カリコ・ゴーストタウンの近くのカリコ鉱山。1881年にオープンしたこの鉱山では銀がよく見つかった
らしく、今でも穴がたくさん。でも、その穴の奥に入ると咳がでるほど砂埃が・・・。靴は汚れるし、服
は茶色になるし、手も洗ったら・・・。マスクとヘルメットして洞穴に入るんだけど、マジで道路工事現場
を思い出す場所でした。爆発のシーンとかは強烈。離れてても熱い空気が来たのはびっくり。噂によると、
このゴーストタウンは暇つぶしにもならないらしい・・・。

ミステリー・メサ http://www.sosfilmworks.com/Mysterymesamaster.shtml
には、清水が飛行機から降りてくるシーンや爆撃機が爆弾を落とすシーン、それに日本風の街の
セットが作られて、犬が撃たれるシーンなどの町のシーンはすべてここで撮影。ここは宇宙戦争や
ハワード・ヒューズの映画が撮影されたところでもあります

9 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:36:44 ID:AWl4RXPA
ノミネートの資格ってDVD発売じゃなくてTV放映じゃなかったか?
周防が以前それで落とされた記憶が…

10 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:40:28 ID:M0hK/SA3
スレ立て乙です!
アカデミー賞ノミネート万歳\(^O^)/

11 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:41:15 ID:FU7S/Rcj
ノミネート記念 サントラ・プレゼント
ttp://www.megaupload.com/?d=HD36CIOK


12 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:51:26 ID:tlJjCIko
僕は心臓が弱いからグロい映画は見れない

13 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 02:54:47 ID:utpR7VX0
おめっとさん

14 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 03:00:44 ID:yY6eUCVt
大東亜戦争絡みの作品は
辛すぎて見れない

15 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 03:05:45 ID:+TOdvaDE
この映画って日本の戦争世代の人たちの評価はどうなんだろう?
伝聞でも聞いたことない?

16 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 03:34:37 ID:Hx3wRKex
ここから湧いてます↓
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage

17 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 03:34:59 ID:IEV6gNOz
>>15
うろ覚えだけど、硫黄島協会の実際に戦争に参加した方々から高い評価を受けています。

18 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 04:09:41 ID:Hx3wRKex
この映画、日本での上映興行収入以外にもDVDが売れそうだから製作費の事を
考えたら、まさに「と金(将棋)」級の映画だけど星条旗の損失補填で純利益は
少ないだろう。
 けど映画は名作として何時までも語り継がれるだろう。 

19 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 05:01:57 ID:kb9i54Rw
今頃だけど作品賞、監督賞オメ。

前哨戦、後半失速してたからもう無理かと諦めてたけど
オスカーはやってくれた。
受賞してもらいたいけどノミネートだけでも嬉しい。


20 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 05:16:19 ID:K53Jp2Wr
スレ違いかもしれんが、CGてのは莫大な金が掛ると聞いたが一体どの
部分に一番金が掛るんだ?
 世はネットを中心にインディーズ映画が多く作られる様になったが、
映画産業(製作)が死んだ今の日本に於いて、ネット映画という表現手
段は何か新しい可能性があると思うんだが、今いちネット映画に活力が
ないのは何故なのか?昔の様に映画=大道具。つまり技術の進歩により
大掛りなセットが必要なくなりつつある現在の映画界に於いて、新しい
作家や監督が台頭して来ないのは元気がなさ過ぎだ。
 一方、AVは日々進化していて、中にはトンデモAVやインディーズ
も含め常に活気があるのに‥‥    

21 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 05:38:48 ID:uEff0mBM
>>1
乙。


ノミネートされないと思ってたので嬉しい限りだ。
しかしさすがに作品賞受賞までは望まないw
おまけの作品がここまでくるとは、やはりイラクでうたれてる米国民の世情と関係あるのかもしれないな。

22 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 05:43:21 ID:al/m1+Dx
二ノ宮結局ノミネートされなかったんだw
誰だよノミネートされるかもとか言ったやつ

23 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 06:00:08 ID:Du2ghwve
>>20
たとえば水しぶきの部分だけを担当する人とか、テクスチャだけやる人とか、モデリングだけする人とか
ハリウッドレベルだと細かく分業されてるし、その人たちも世界中から集まった才能のある人なのでギャランティも高い
ソフトも市販のものをつるしで使うんじゃなくて、必要があればプログラムから組んだりする。専門のエキスパートもいる
昔より安くなったがハードにも金がかかる。
あとはそのプロダクションが持っているノウハウが制作料金に上乗せされるのでは。

24 :名無シネマ@上映中 :2007/01/24(水) 06:02:13 ID:BRRjH9uY
バロン西が、「ダグラス・フェア・バンクスと知り合いだ」と言っても、
大半の人は創作だと思うんじゃないかな。
船で撮った2ショットの写真を、エンドロールに入れて欲しかった。
また、アメリカの映画人にとっては、一種驚嘆するような事実だと思う。

25 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 06:13:59 ID:sKDBeVtD
米国人にとっての硫黄島の戦いは日本人に於いての日露戦争で甚大な損害を
出した二百三高地の戦いみたいなものか?
 …って事は例えるならば二百三高地の戦いを舞台に、出演者が全てロシア
人の俳優で画面端に日本語字幕が付くもののセリフは全編ロシア語。時に日
本兵以上にロシア兵は勇敢に闘い、そして散って行った…みたいなモンか?
そして映画『二百三高地からの手紙』は評判が良く日本映画祭にノミネート
された!って喜んでいるロシア人って所か? だとしたら凄いな、恐るべし
『二百三高地からの手紙』    

26 :名無シネマ@上映中 :2007/01/24(水) 06:30:49 ID:BRRjH9uY
>>25
日露戦争全体なら、使えるエピソードはある。

広瀬中佐の話も、大半のロシア人は知らないと思う。
ロシアに駐在して、ロシアを愛していた。
自沈させて港を閉塞する船に、ロシア語で手紙を残している。
広瀬中佐戦死後、故郷の親族宛てて、ロシア人少将の令嬢から
悔やみの手紙が来ている。

また、旅順で捕虜になった軍人の夫人が、戦争中にもかかわらず、
来日して夫の看病をしている。嘘のような話だけど実話。

27 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 06:33:03 ID:uEff0mBM
凛子以外にも日本人アカデミー賞ノミネーションされてるな。

ttp://www.oscar.com/nominees/?pn=detail&nominee=ClickMakeupNominee
Kazuhiro Tsuji and Bill Corso

その人の特殊メイク作品。
ttp://members.aol.com/vthelmnt/kazu1.html

28 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 06:45:09 ID:kb9i54Rw
>>25
日露戦争と大東亜戦争では戦争に追込まれた
経緯も違えば立場も国力も終わらせ方も違う。

その比喩は・ 。



29 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 07:32:54 ID:fA6dn5Km
>>25
アメリカ人にとっての203高地だったんだね。


30 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 07:44:55 ID:kJw0cSDk
二宮はジャニーズだから辞退したんですよ。(笑)

31 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 07:57:25 ID:PP7kZXdC
思わずスポーツ新聞買っちゃった
リンコばっかりだったけど

32 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 07:58:52 ID:2b+NH4a3
朝のニュースガン見しちゃった。
リンコばっかりだったけど

33 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 07:59:54 ID:5rnX3cd8
自分も買おうと思うんだけど
どのスポーツ新聞もリンコばっかり?

34 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 08:03:09 ID:kEMulPLt
>>25
>>29
だから違うって。
ロシアは当時、世界で一二と争う軍事力で経済的にも大国だった。
日本がロシアに勝てるなどと予想した国は世界中どこにもない。
日本が日露戦争後、世界から認められ、畏れられたのは
極亜の貧しい弱小国が少ない軍事力で知力を振り絞って大国ロシアを負かしたから。
アメリカは日本軍の動きを事前に察知していたのに
国民の結束を開戦へと導くために日本に真珠湾攻撃させた。
今アメリカはイラク戦争を後悔しているから
それでリベラル層なんかはダブらせてしまって硫黄島にやられているんだよ。

>アメリカ二百三高地
とかもう何言うてるのかわからん。

35 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 08:07:19 ID:aqZGesMb
死んでね・・・。意味があるんでしょうかねえ。どうでしょうねえ。
だけど、無意味にしたんじゃ、かわいそうですよね。それはできないでしょう。
「おめえ、死んで意味なかったなあ・・・」っていうのでは、ひどいですよね。家族に対してもね。
そして、どんな意味があったかというと・・・これは難しいん「じゃないですか?
まあ、俺はこういう生き方しかできなかったんだ。勘弁してくれって言うだけです。
これで許してくれ、これで精一杯なんだ、と。
どんな意味があったか、それは難しい・・・。
でもあの戦争からこちら60年、この国は戦争をしないですんだのだから、
「おめえの死は無意味じゃねえ」と言ってやりたい・・・。

秋草鶴次(著) 「十七歳の硫黄島」より

36 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 08:07:48 ID:M0hK/SA3
>アメリカ二百三高地
ワロタw

37 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 08:12:18 ID:5fvzU++g
二宮何も辞退することなかったのにな。遠慮しすぎ。

38 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 08:34:00 ID:LIMp7R6D
外国部門じゃないんだ。凄いね。

39 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 08:50:07 ID:W3zZKBsl
週末3回目見てこよう。

40 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 09:29:55 ID:Lwj4O/ZW
二宮も喋れない役で精神異常で脱ぐ役並なら選ばれたかもな
インパクトあまりなしで日本語でとるのは難しいんでね?

41 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 09:38:09 ID:fhmpS4YD
この記事は比較的硫黄島メインだ。
ttp://www.asahi.com/culture/movie/TKY200701230390.html

42 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 09:43:17 ID:lLBiG5K3
二宮がどんなに素晴らしい演技をしたところで、
所属している事務所の方針が「賞取りレースには参加しない」だからね・・・w

二宮個人には文句ないけど、あの事務所にいる限り、
結婚は出来ない、賞もとれない、ただのアイドルでいるしかないでしょ。

43 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 09:48:37 ID:Lwj4O/ZW
ジャニーズでアイドルじゃなければ二宮もこの世界に出てなかったんだし、
ジャニーズは別に否定はしないけど…。
今後は俳優としてもさらに力を伸ばしてほしいとジャニーがコメントしてたと思う

44 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 09:59:04 ID:xMdrLGBg
2回見たけど、また見たくなった。予告編だけでも泣けるね

45 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 10:26:41 ID:Lma9R+/q
「硫黄島からの手紙」
全米では今週、35館から360館に拡大公開され、151万ドルを稼ぎ20位。
ノミネート効果で来週はベストテン入りするんじゃないか。

46 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 10:28:32 ID:oqbWAqSI
よく外国映画が理解できないのは吹き替えじゃないからとか言って、吹き替え
を必要以上に礼讃する人いるけど、この映画評価したのは勿論英語字幕でで
しょ。当然日本語聞いて分かる人はそんなにいない訳だから。監督だって言
葉通じなくても立派な仕事してるし。やっぱり映像はUniversalなものだし、
映像の持つ力は凄いと思うけど、そこんとこ吹き替え派はどう思ってるのか
な?

47 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 10:39:04 ID:L4fQuZTd
>>46
同感。特にこの作品は、クリントの強い要望で
世界日本語公開になったんだ。
言葉は、その国の文化と密接な結びつきがあるから、
とりわけこの手の作品では言葉とそこについてくる
役者の表情でニュアンスを伝えることになる。
だから、日本語公開に踏み切って大正解だったと思うな。

48 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 10:47:48 ID:Lma9R+/q
>>46
時と場合による。
「刑事コロンボ」のような良質な吹き替えテレビドラマは吹き替えで見た方が遙かに面白い。
映画でも「12人の怒れる男」は緊張感の高い吹き替えで堪能した。
映画自体、同時録音ではなく、本人による吹き替えという場合もある。
アニメーションはすべて吹き替えだ。
要するに吹き替えが上手なら問題ない。

49 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 10:51:15 ID:tlJjCIko
吹き替えも俳優の一人

50 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 10:53:30 ID:bTGzp+VE
やぎらっぽいよねあの女の扱い方
やぎらはドラマも出れないし(おおねがバレルから拒否してるっぽいが)
あの女も演技上手くないしドラマでは使えないと思うがどうして話題にしてるのか
分からん
日本でダメだからアメリカいった工藤勇気と同じでしょ
工藤も仕事来ないけど

51 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 10:57:03 ID:Ze2Pa3yl
11回目観てくる。

52 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:00:30 ID:yIQhE2Zh
二宮は何か昭和の空気を釀し出してんだよね。

今、身内が入院していて病院へ看病に行くんだけど、主治医に付く若い医者と顔が
似てるんだよ。初め見たとき「西郷だ」と思った。  

53 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:06:44 ID:KGSY2Jvi
二宮は辞退してないでしょ 別に

54 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:09:47 ID:BVYpWnli
だんだんアンチのカキコが必死すぎて気の毒になって北

55 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:10:11 ID:oqbWAqSI
>>48 しかし「寅さん」を「Mr.Tora]といわれても違和感あるよ〜。
「12人の怒れる男」はヘンリー・フォンダのあの特徴のあるしゃべり
方がポイントなのに、そこを逃すのは惜しい。どんな日本の名優が
吹き替えようとね。勿論両方みるのがBetterだと思うが。

56 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:18:50 ID:Ze2Pa3yl
星条旗・手紙の両主人公が偶然鉢合わせている場面があることに今日気付いた。

57 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:24:13 ID:fhmpS4YD
>>56
君のいう“主人公”はどっち?

58 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:26:51 ID:Ze2Pa3yl
この場合、西郷です。

59 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:27:53 ID:fhmpS4YD
>>58
ラストのシーン?

60 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:28:21 ID:3nRxn4vJ
作品賞取ったら祭りだね

61 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:36:30 ID:DZFGRhfZ
オスカーは無理として
今回のノミネートはいくらで買うたんや?ジャパンマネーか?

62 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:39:49 ID:yIQhE2Zh
リンコのノミネートは硫黄島にとって邪魔にしか過ぎない

63 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:40:25 ID:aqZGesMb
>>61
お前、日本人じゃないだろ。

64 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:42:42 ID:DZFGRhfZ
ジャパンマネーやとノミネートが限界やな‥

65 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:43:08 ID:yIQhE2Zh
今ティービーエスで硫黄島に触れてました。リンコはほぼスルー

66 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:45:57 ID:tlJjCIko
ジャパンマネーはまだ通用するのか


67 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:47:12 ID:yIQhE2Zh
富士テレビはリンコメイン。硫黄島は脇 

68 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:47:23 ID:nZYqY9oU
なんかリンコがこ汚いんですけど、なんでこんなに騒がれてるの?

69 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:47:58 ID:DZFGRhfZ
日本での興行が成功したからご褒美みたいなもんやろ。


70 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:49:17 ID:lOGEIN1n
おま、井筒だな!!

71 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:49:42 ID:y/AVkXfz
英語字幕ってほぼそのまま、日本語を英語に訳してるな。読むのが早いのか?
日本語字幕は14文字ルールとかいって、略しまくりなのに。



72 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:53:19 ID:lmxNORz2
在日がファビョっているのかw

73 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:53:28 ID:DZFGRhfZ
さすがジャパンマネーでもオスカーはゲットでけへんやろね。
ズルはあかんよズルは

74 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:55:25 ID:oqbWAqSI
英語字幕にも制限はあるよ。1行何Wordsか忘れたけど。人間が1秒間
に読める文字は英語であろうと限られているから100%とはいかない。
それを補うのが映像の力なんだが。

75 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:55:37 ID:tlJjCIko
ジャパンマネーはまだ通用するのか

76 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:57:08 ID:DZFGRhfZ
そんなに賞ほしいんか?なぁ?
金払ってまでノミネートされたいんか?

77 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:57:14 ID:nZYqY9oU
アメリカンドリームはまだ通用するのか

78 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:57:52 ID:tXfHh3I9
リンコは勘違いしてますね。絶対に!
高校デビューならぬ、ノミネートデビューですか?リンコさん  

79 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 11:58:32 ID:1G2WLN5v
星条旗は確実にクソみたいな映画だったが
ちゃんと傑作の手紙の方をノミネートするとは
アカデミーはなかなか見る目があるな
見直したよ

80 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:01:30 ID:5d+o/9Qr
>>79星条旗良かったけどなあ…

81 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:02:56 ID:DZFGRhfZ
普通に考えて賞取れるような作品違うやろ。
監督と俳優がそうそうたるメンバーやさかい名作と思い込んでしまったんやろね。

82 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:07:54 ID:Ze2Pa3yl
>>59
そう、ラストの担架のシーン。
隣で寝ているのが「星条旗」の主人公

83 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:11:19 ID:gzocSJlv
所詮三流映画w

84 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:14:00 ID:DZFGRhfZ
三流は言いすぎや。
せいぜい1.5流。
賞ゲットはありえへん。

85 :UNKO:2007/01/24(水) 12:19:48 ID:WjQXTyS2
関西弁かっこいいね

86 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:20:28 ID:2AeK3/kM
>>82
それってドクのこと?そうだっけ?

87 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:22:57 ID:84dKe+vI
言われてみたらそんな気がしてきたw

88 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:24:42 ID:xJEZaUVM
その喋り方、ぜってー井筒だな!
それか生野区の在日か

89 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:26:47 ID:t9Vm4WvW
これ面白いですか?只券有るんだけど見ようか迷ってる

90 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:31:21 ID:KpcvlGNv
面白いですか?って程度の関心で見るとつまらないかもしれない。
ちょっとでも見てみたいという気持ちが自分の中にあるならそれなりに得られるものはあるかと。


91 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:34:09 ID:fhmpS4YD
>>82
それ会見で監督が否定してるんだよね。
「偶然そっくりなエキストラが隣にいたんだ。」って。

でも「監督は否定したけどあれはライアン・フィリップだ」って言ってる関係者(?)もいる。
どっちなんだろう。

92 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:35:45 ID:t9Vm4WvW
>>90
レスありがとうございます
面白い、じゃなくて何かを得る様な映画なんですね 考えてみます

93 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:36:39 ID:puS3RwKY
>>89
タダ券あるなら観に行けよ早く!Now!

94 :91:2007/01/24(水) 12:37:07 ID:fhmpS4YD
あ、ごめん、関係者じゃなかった。

95 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:38:29 ID:VqR/XaSn
>>82
それイーストウッドがなにかの雑誌で「別人」と言っていたよ。
ただのエキストラの人だったらしいよ。

でも後から見た人にドクに似ていたと指摘され
「じゃあそういうことにしておこう」と思ったらしい。


96 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:45:37 ID:M0hK/SA3
>>92
あんまりこのスレ見るとネタバレで素直な気持ちで映画観れなくなっちゃうから、やめた方がいいですよ。

97 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:50:09 ID:V1kmbjk9
まあ、あれだ。朝鮮人をモデルにした映画なら、出来なかったであろう快挙。
 話題変わるけど今度テレビ東京で李香蘭のドラマやるみたいだ。て事は関東
軍出演するんだろうけど、どっちになるんだろうか。ただの反日反戦李香蘭善
玉ドラマか?    

98 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:51:47 ID:gjT7meV1
ばあさんと見てきた。
西郷家は協力せず、自分たちだけ助かろうとしてズルイと言った。

憲兵に関しては犬は殺されて当然で殺さなかった奴は駄目で、上官は立派な軍人
戦時中、犬が吠えたり、イタズラして睡眠不足や片付けで大変だったから何匹か撲殺したと言った。

ちなみに、じいさんは憲兵で中国にいた。荒木、東條、石原、鈴木を尊敬していた。ばあさんは、朝鮮総督府がまだあると思っている。


99 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:52:15 ID:nXFPybnq
>>95
あ、違うのか。てっきり本人だと思いこんでた。情報ありがと。

100 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:52:18 ID:Lma9R+/q
ラジオで聞いた話だけど、昨年全米で公開された映画で一番評論家受けが良いのが「硫黄島」らしい。アカデミー賞は会員の投票だから、別の結果が出るかも知れないけど。

101 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 12:56:06 ID:CR0KqtlQ
100万ドルベイビー、クラッシュときて硫黄島はさすがにね
アカデミー疑うよ

102 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:00:33 ID:qqVMgNey
 ↓ ここで井筒が切れ気味に一言 ↓

103 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:01:12 ID:3nRxn4vJ
クリントもうすぐ死ぬから、これで最後か…。

104 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:04:04 ID:RMmfUL9R
>>98
おまえはいくつでばあさんっていくつだ?
80越えてるはずだよねえ。映画館で映画鑑賞とは元気だね。

105 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:05:50 ID:RkurUIZc
去年の戦争映画はホテル・ルワンダが最も良作だった。
硫黄島なんか糞だな。

106 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:06:40 ID:tlJjCIko
うちの爺さん映画館をでかいテレビだなあつってた

107 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:10:44 ID:N0q/tAuP

それは、テレビっ子がはじめて映画館に行って言う台詞だ。
正解は、テレビを見て「家に映画館が来た」。

108 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:12:33 ID:N0q/tAuP
>>105
あれ、ねつ造だったって?

109 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:13:47 ID:oRDCaevt
>>90俺は逆だと思ってたよ。「観てみたい」と思って観ると肩透かし
になるかも‥‥と。逆に期待し過ぎずに観る方が映画館から出てきた
時には何か熱い思いがこみ上がるかも。
 でも何回も観てる人は信じられないヨ  2・3回ならともかく10
回近く観る奴は一体どうなってるんだ?ちゃんと金払って観てるんだ
ろうな?映画代だけで一万円以上払うって何なんだ。別にいいけど

110 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:17:55 ID:Slsxm9Ea
>>104
80でも90でも元気な人は元気だよ。

111 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:18:44 ID:RkurUIZc
>>108
意味不明だから硫黄島で死ねよwww

112 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:23:21 ID:UFCK1k45
戦場のピアニストやホテル・ルワンダに比べると
硫黄島なんかゴミだからな。

113 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:26:56 ID:gjT7meV1
>>104 自分は20代、ばあさんは83、じいさんは死んだけど90。ひいばあさんは103で去年死んだ。

114 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:29:55 ID:+o2/lHF8
>>98
憲兵が民家で銃をぶっ放して犬を殺すことなんてありえたのか?

115 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:30:44 ID:gjT7meV1
>>110 103のひいばあさんはクワで畑仕事していた。

116 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:31:57 ID:jbn1zsGJ
>>114
当時の日本は立派なファシズム国家
現代の常識でものを考えちゃいけない

117 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:32:27 ID:tlJjCIko
うちのばあちゃんは畑仕事行ってたけど
ついていったらただ土いじりしてただけだった

118 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:33:56 ID:+o2/lHF8
>>116
憲兵の横暴は聞いているが、民家で銃つかって犬を殺すような
状況まで許されたんかね??


119 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:35:13 ID:VqR/XaSn
>98
ばあさんの感想すげえな。
おまいのばあさんを悪く言うつもりはないが
今の時代からすると
ある意味あの時代の人はみんな狂ってる。おかしいよ。
西郷が一番まともに見える。

120 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:38:21 ID:CR0KqtlQ
>>118
当時でも普通はねーんじゃない
でも、イレギュラーであり得ないことはないだろ

121 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:42:05 ID:gjT7meV1
>>114 拳銃、軍刀、飛行帽は持っていたと言った。

勘違いかもしれないが司令を護衛したと言っていた。輸送機か小型機かは分からんが。
上海で終戦したらしい。
任務についてはそれしか話さなかった。

ちなみに母のじいさんは16で原爆の片付けに行った100キロ離れていたけど。
ばあさんは20キロ離れた所で空襲見た以外は戦争の怖さを感じなかった。

122 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:43:28 ID:+o2/lHF8
なんか日中に街中を口笛吹いて歩いてたら
憲兵にイキナリ殴られたってのは爺さんから聞いたことあるがなぁ・・・

まぁ映画の趣旨としては、硫黄島に来た軍国思想の青年が、実は
性根は思いやりのある優しいものだというシーンの為の演出なんだろうが・・


123 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:46:47 ID:jbn1zsGJ
作中でまともな現代的常識を持っているのはおおむね栗林と西と西郷だけだけど
空疎な精神論をエイエイオーと振り回すファシスト集団の中じゃあ彼らは危うい立場にいるのよね
実際、栗林中将が硫黄島に左遷されてきたのはそういう背景あってのことだし

124 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 13:47:14 ID:NaUyOfGg
在日チョウセンジンは???

在日チョウセンジンは?? ?? 

在日チョウセンジンは???

在日チョウセンジンは??

在日チョウセンジンは???

在日チョウセンジンは???

在日チョウセンジンは???

在日チョウセンジンは?????

在日チョウセンジンは??

在日チョウセンジンは???

在日チョウセンジンは???

在日チョウセンジンは???

125 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:01:37 ID:kDke02Qz
>>105
ホテルルワンダは2年前の作品だヴォケ

126 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:04:48 ID:oRDCaevt
>>116>>123勉強し直してこい!!!

127 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:25:43 ID:Lma9R+/q
イーストウッド家は長生きの家系だから大丈夫。一昨年の授賞式には母堂もいらしてた。
あと20年くらいは映画撮るんでないかい。
ポール・ハギス脚本作品が三年連続アカデミー作品賞になったら凄いな。

128 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:29:45 ID:guYIqMwf
http://weblogimages.com/static/eAH534199OX2.jpg

129 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:33:05 ID:sssX97oS
イーストウッドって、次は南京大虐殺の映画に出るんだってさ。
おもろい人。
このトボケた味は、「荒野の用心棒」から変わってないなとつくづく思う。

130 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:51:36 ID:YUhcD5Lg
>>129
そういや彼が南京の映画とるって中国側が発表してたな。
あれはどうなったんだろ。


131 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:54:13 ID:IAfh5Stp
>>130ガセ

132 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:55:51 ID:Uq7ZsHsn
>>127
無理でしょ。
流石に、連続は・・・政治的な裏話で紛糾しそう。
とりあえず、(何故か)日本(!?)映画史上には名を残すだろうから、私的にはそれで満足してる。GGの外国語とってアカデミー賞ノミネートされて、できすぎ。

133 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 14:56:43 ID:YUhcD5Lg
>>131
あ、そうなんだ。

134 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:06:30 ID:IAfh5Stp
>>133でも中共支援の南京映画が世界で7本作られる
例えば米製・カナダ製・香港製・本家中共製などなど  

135 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:13:25 ID:lENSu2Dp
>>134
日本製もあるよ。
「南京の真実」ってやつ。いかに南京大虐殺が嘘かを暴く内容のw
中国が内容が薄いものをたくさん発表すればするほど、反論する内容の日本版が注目されるだろうw
皮肉なもんだけど、ついに真実を世界に広められるチャンスかもね。

136 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:19:19 ID:pkxivuy/
おめー

137 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:20:09 ID:AbG5VCtv
硫黄島の日本軍は結構ねばったって聞いていたけど、鉢ぶせ山が落ちてから数日で
司令官が死んじゃうなんて、ちょっと驚いてしまった

138 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:21:14 ID:YUhcD5Lg
>>134
各国への反日工作を強化してるね中国。
そういや映画パールハーバーも
中国の働きかけがあったって話があった。

139 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:45:23 ID:y/AVkXfz
>>137
すり鉢山な。
すり鉢山が落ちたのが5日目。玉砕は36日目。
この映画だと時間の経過がまるでわからないけど。

140 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:50:24 ID:irKBKDak
>>98
俺も正月に80くらいかな、のおばあちゃんと観に行ったけど
そんなこといってなかったぞ。
召集令状と憲兵のところはおかしいんじゃないかと言っていた。
ただ戦争末期はあんなこともあったのかなあとも言ってたけど。
いまだ朝鮮総督府があると思っているとか、
失礼かもしれんがちょっとボケはいってないかい?

141 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 15:50:36 ID:2AeK3/kM
>鉢ぶせ山 ワロタw

142 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:01:33 ID:l1akB2QJ
待ち伏せ山www

143 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:08:15 ID:Ze2Pa3yl
鉢伏山はスキー場だろw

144 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:11:46 ID:N0q/tAuP
>>105
asahi.com:ルワンダ大統領、映画「ホテル・ルワンダ」を事実誤認と批判 - 文化芸能
Terry George曰くSmearing a Hero: Sad Revisionism Over 'Hotel Rwanda'
CNN.co.jp : 映画「ホテル・ルワンダ」は誤り、ルワンダ大統領が指摘 - エンタテインメント
(元記事削除済み)

しかし、カガメ大統領は、ルセサバギナが英雄のように描かれているのは、誤りだと指摘。
「(1200人以上が助かったのは)ルセサバギナと関係ない」「彼は、偶然にもあの時に、
ホテルに居合わせただけで、生き残ったのは虐殺の対象になっていなかったからだ」と語った。
 また、ホテルが襲撃を受けなかったのは、国連軍がホテルに滞在していたことと、武装勢力側が
打ち合わせをしたり、ビールを飲むための場所として確保したかったからだ、と説明している。
 ツチ族のカガメ大統領はさらに、ホテルに滞在していた人々が助かった理由として、武力勢力側
と暫定政府側で話し合いが進んで、ホテル内の人々と、拘束中のフツ族兵士を交換する合意に達
していたことを挙げた。

145 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:22:47 ID:AbG5VCtv
>>143

ちがう!
鉢ぶせ山は塩谷の上、六甲縦走の最初の山だって・・・


失礼しマスタ

146 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:23:25 ID:oqbWAqSI
作品賞候補でも出演俳優たちは招待されるんでしたっけ?本番が楽しみだね。

そういえばイーストウッドをはじめ米人スタッフ側は日本人だったら全員自
分で着物の着付けが出来ると思い込んでたんだって。それで中村獅童が着付け
が必要な全員を並ばせて順番にハイッ、ハイッって着付けてやってあげてたん
だって。(回想場面用だよね)なんだか獅童君の好感度が増しましたよ。

147 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:29:26 ID:pagHlDFz
女の人の着付けも指導がやったの?
だとしたらすごいね

148 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:33:23 ID:iaxMrhOJ
てっきり謙さんとかノミされるのかと思ってた
二宮もあんな騒がれたのに
俳優のノミネートってやっぱ難しいんだろうか
助演のほうが倍率高いのは聞いたことあったが
主演・助演ってどの位の倍率なんだ?
誰かそこんとこ詳しく頼む

149 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:33:43 ID:7rHop6Ap
ナベケンは自分で出来るだろう

150 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:51:04 ID:CRYPi/Ll
指導すげぇな。
あんな厳つい顔してても
女形とかやるのかな?
それとも梨園の教育上
着付けはどっちもできるのかな?

151 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 16:54:21 ID:RCaD+1vD
栗林中将自決のシーン、頚を斬ってくれと藤田副官に促す謙さんの表情を見て、『御家人斬九郎』を思い出した。
あのシリーズでよくああいう表情してたなぁと。
『独眼龍政宗』ではまだなかった微妙な演技だった。役者としての成長が窺えて感慨深かったよ。

152 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:04:53 ID:H4FIfk4u
観てきた

よかった
集団自決のシーンで胃がねじ切れそうになったよ
客席に年配者が目だってたね
終わったあとロビーに貼ってあった史実の硫黄島資料を
じいさんばあさんがみんなメガネ両手でもって真剣に見てたよ


153 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:05:39 ID:1EVouZsb
ワタケン栗林は良かったと思う。
だが北大路欣也だったらもっと良かったと思うのは俺だけ?
台詞回しや威厳・雰囲気が栗林役にピッタリだと思うのだが。

154 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:13:59 ID:zxkxocbk
結果論でウダウダぬかす奴はアホ

155 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:15:17 ID:oqbWAqSI
>>150 勿論、女形もやってらっしゃってますよ〜。

156 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:16:56 ID:oqbWAqSI
>>149 そう、でもこの映画でナベケンの着物姿ってあったっけ??

157 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:18:06 ID:Lma9R+/q
>>153
>だが北大路欣也だったらもっと良かったと思うのは俺だけ?
君だけ。
栗林のような繊細な役は北大路に向かない。

158 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:22:44 ID:qKHsh4OK
ノミネート記念にまた行こうかなと思ったけど
集団自決等のシーンはやはり見れる自信が無いので断念した。
でも他のシーンも目を閉じると次々とリアルに思い出せる。

159 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:29:07 ID:r7J19v7Z
>>102
そういや井筒監督ってなにか観想言ってたの?
「無法者が保安官をぶっ殺す映画」だから「許されざるもの」が大好きらしいが



160 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:46:10 ID:t2qY0K7s
井筒の言うことに耳を貸す必要はないと思うが、気になるのはたしかだな。

161 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 17:47:54 ID:gjT7meV1
>>140 あくまで映画の感想。戦中は田舎だから特に変化がなかった。

戦中、戦後は仕事だけしているから情報が必要なかった。元々、国内の情報しか関心がない模様。

162 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:08:10 ID:YgeVBaMa
南瓜大逆殺ってでっちあげなんですよね?

163 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:14:39 ID:56bvVduy
きっといる!!



民家の飼い犬が殺されるシーンで、そこの奥さんのレイプシーンを期待したやつ。

164 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:18:46 ID:5zOt4w4k
>>159
普通にクソミソにケナしてたよ>井筒
もっとも井筒げクソミソに言う時は嫉妬でメラメラしてる時だって話だが。

165 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:19:30 ID:Lwj4O/ZW
北大路だとイカツすぎるんだよなあ。
でも今回の脚本とかは謙さんの意見が大分入ってるし、
役づくりを超えたところで謙さんでよかったんでね?

166 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:35:24 ID:Ds+vaSGx
一番気になったのは奉国婦人隊?のたすきの文字が
ありえないくらいヘタクソだったことw
ああいうのは上手いうるさ方が毛筆で張り切って書くと思う

ウチの祖母は「パン屋は洋服着てるんじゃない?」と言ってたが
当時革靴はいて名古屋市内の小学校通ってた都会のお嬢だから
あんま当てにはならんな


167 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:42:28 ID:M0hK/SA3
大宮は当時けっこうな田舎だったんじゃ?仕事中は作業着だったろうけど普段は着物な気がする。

168 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:51:17 ID:uW/D6ETs
>>164
>普通にクソミソにケナしてたよ>井筒

なんて言ってたの?UPしてちょ。

169 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 18:58:24 ID:kdTWEiTk
>>98
釣りかと思ったけど、もし実話なら、
当事、映画で表現されているような雰囲気のことがありえたというだけでも、
貴重な情報。どうもありがとね。

あと、貴重な歴史の生き証人なんだから、
おばあさんを大事にしてやれよ。

170 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:09:46 ID:sk14knAE
日本のドラマとか観ると戦時中は着物に名札貼ってもんぺ穿いてるじゃないのかなと思ったけど、実際どうだったんだろ

171 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:25:20 ID:oeroBXK/
憲兵の腕章の文字は無茶苦茶達筆だったぞ。

172 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:27:13 ID:QctUgbol
トム、クルーズが、悔しがってるかも
「ナベケンは、もともと俺が目をつけたのに」ってね
これを機会にトムにも、まともな日本を描いた映画を作ってほしいな

173 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:30:11 ID:Krt0K/OY
なんだか変な理屈

174 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:32:07 ID:fDJfTuFG
>>172
クリントさんはラスサムの謙さんに注目して
今回の映画につながったんだから、
日本(と日本人俳優)について関心を煽るという意味では
あれも必要な映画だったと思うよ。

少なくとも、SAYURIで謙さんに目をつけられるよりはマシかと…

175 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:34:57 ID:lVLP1/JV
>>169
釣りですよ、軍オタがよく使う手、「うちの爺さんが、ばあさんが....」
ってね。末端の兵士や市民なのにやけにマクロの情報書いてたりね。

そういうんでいえばうちの祖父も憲兵だったけど戦争のこと聞いたら
小学生時にマジ切れされて竹刀で殴られましたな。武器好きの孫の
将来を案じたんだと今では理解してるけどね。

176 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:35:59 ID:oeroBXK/
ラストサムライはアメリカより日本の興行収入が上回ったのが話題に
なったけど、あれで日本語・日本人俳優オンリーでも興行が成立すると
ふんだのかもね。

177 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:43:53 ID:2b+NH4a3
それはただ単に邦画のシェアを食い荒らそうとしているに等しくないか……?

178 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:45:53 ID:QTeJJXsu
それ以前に硫黄島の日本兵が英語でしゃべってるなんておかしいわな

179 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 19:55:20 ID:Oec6gcsM
>>177
日本語が変じゃないか?

180 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:02:00 ID:PJ9qPgho
>>169
釣り以外の何だってんだ?

181 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:22:14 ID:P2WFvR1O
スターリングラードではドイツ兵もロシア兵も、ロシアの餓鬼も英語しゃべっていたけど。

182 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:30:15 ID:PJ9qPgho
>>178
ラスサムでは明治天皇と西郷と大久保が英語で・・・

183 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:31:37 ID:kw8ePG/u
ほぼ全編が外国語なのにノミネートするってすごい事だな
日本のアカデミー賞だったらあり得ない

色んな意味で器が大きい

184 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:42:01 ID:uDmEt/5x
スレチで申し訳ないのだが、ニューカムの硫黄島を読んだら他のも読みたくなった。
なんかオススメの戦争の小説あったら教えてくれ。


185 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:42:16 ID:9v2LjX7r
ミュンヘンもシンドラ−もそうだね。
重い作品なのに平気でドイツ人やらイスラエル人が英語で会話している。

186 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:43:12 ID:rTZ2FmfO

今、日本中で、大東亜戦争末期の硫黄島の戦闘、そして栗林陸軍中将を
褒め称える、ある種のブームが巻き起こっている。

にも拘わらず、栗林中将の、昭和二十年三月七日、本国に打電した
報告の中の、海軍を痛烈に批判した項目は、俄然として黙殺されている。

佐藤晃著「帝国海軍が日本を破滅させた」に以下の如く引用されてある。

『五、海軍の兵員は陸軍の過半数なりしも其の陸上戦闘能力は全く信頼に
 足たらざりしを以て(海軍)陸戦隊の如きは解体の上陸軍兵力に振り向くる
 を可とす。尚本島に対し海軍の投入せし物質は陸軍よりはるかに多量なり
 しも之が戦力化は極めて不十分なりしのみならず戦闘上有害の施設実施
 する傾向なりしに鑑み陸軍に於て干渉指導の要あり。之が為陸海軍の
 縄張的主義を一掃し両者を一元的ならしむるを根本問題とする。』

佐藤晃著によれば、この部分は長年公刊戦史から削除され、隠蔽されていた。
防衛庁戦史調査員によってこの部分が世に暴露されたのは、戦後四十年も
経た頃であったと言う。

今日に至るまで、日本のマスコミ、日本の言語空間は、米英世界権力の
捏っち上げた日本海軍善玉論、日本陸軍絶対的邪悪勢力、と言う枠組みの
中に収監され続けている。そのことを、佐藤晃著は示している。

佐藤晃著は、もしも、硫黄島の日本軍が海軍の利敵的妨害(サボタージュ)を
排して栗林陸軍中将の統一的指揮下にあって米軍との戦闘を実施したならば、
米軍は、手持ちの海兵隊のすべての師団を撃滅させられ、一時、硫黄島の
戦場から退却したかも知れない、と言う。

もちろん、この硫黄島の件は、日本海軍指導層の極悪国賊売国奴的
日本民族への無数の裏切り行為の中の唯の一例に過ぎない。

187 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:48:30 ID:UsmyLwLl
長い。

188 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:49:49 ID:Y5p/POA7
>>184
大岡昇平のレイテ戦記はどう?

189 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:51:54 ID:wtnZI3Qt
>>151
藤田さんじゃなく市丸

190 :広瀬武夫:2007/01/24(水) 20:52:53 ID:yY6eUCVt
「杉野は何処?杉野は居ずや。」

191 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:53:13 ID:ls0cgNdR
スピルバーグは黒沢明を崇拝してて日本語の映画をつくるのが夢だったらしいから
そうとう裏から手を回して作品賞にねじ込んだに違いない

192 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:57:11 ID:aDCUCObo
最初の十数文字だけは正しい

193 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 20:59:24 ID:uDmEt/5x
>>188
スレチどころか板違いなのに答えてくれてありがとう!!
レイテは私の祖父の兄が戦死した地でもあるので是非読んでみます。

194 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:00:29 ID:qIURQAiX
てかアカデミー賞ってアカデミー会員の投票で決まるから、なんか嘘くさいよ

195 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:00:29 ID:QEi7u41w
広瀬中佐ほど
もてた日本人はいなかった。
て、スレ違いか

196 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:12:52 ID:MRCNHtCc
>>189

ええっ、藤田でしょ?

197 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:12:57 ID:7vosV672
ねぇ?
田村正和が栗林役はどうだろ?
栗林の温厚さをリアルに演じられるよう気がする

198 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:18:03 ID:QTeJJXsu
>佐藤晃著は、もしも、硫黄島の日本軍が海軍の利敵的妨害(サボタージュ)を
>排して栗林陸軍中将の統一的指揮下にあって米軍との戦闘を実施したならば、
>米軍は、手持ちの海兵隊のすべての師団を撃滅させられ、一時、硫黄島の
>戦場から退却したかも知れない、と言う。



それはないというか、そういう結果論自体語るのが醜い


199 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:21:11 ID:E6ulVplW
俺は二宮がラストに星条旗立てて記念写真を撮ってるのを目撃するんじゃないかと思っていたよ・・・
まぁイーストウッドともあろう者がそんなシーンは撮らんよなw

200 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:24:39 ID:kyYheSqR
>>186
知障萌え

201 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:30:23 ID:hqrVeWT7
>>184
硫黄島戦闘記 川相 昌一 この方も、硫黄島の生還者で回想録です

202 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:30:59 ID:LD0N+9Hf
>少なくとも、SAYURIで謙さんに目をつけられるよりはマシかと…

その映画での謙さんはそんなに酷かったの?
つーかSAYURIって日米での興行収入はどうだったんだろ?




203 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:34:13 ID:kDke02Qz
>>191

SAYURIの映画化の時に黒澤に相談したら「日本語でやれ」って言われたのに
結局守らなかったんだよな。あの映画こそ絵で引っ張れるんだから日本語で
良かったんだよ。スピルバーグもちょっと後悔してるかも。

204 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:40:42 ID:kDke02Qz
黒澤が50年代に硫黄島を撮っていたとしたら

栗林: 藤田進
西  : 森雅之
西郷: 三船敏郎
清水: 木村功
伊藤: 伊藤雄之助

でどうだ?

205 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:41:11 ID:tJLqGnzB
今回のノミネートに関して、スポーツ紙の記事の内容が一番充実してたのは
スポーツ報知だったね。主要俳優5人衆のコメントをちゃんと載せてくれていたよ。
小さな記事だったけど、嬉しかった。

206 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:41:30 ID:uDmEt/5x
>>201
ホントに申し訳ない。ありがとう。
このスレの住人に聞いてみたかったんだ。

207 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:42:32 ID:PJ9qPgho
>>189
>>196
藤田だな。市丸はちょっとしか出てない。

208 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:45:26 ID:tlJjCIko
梨絵と栗拾いに行きたい

209 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 21:56:53 ID:Yp1O2lMH
黒沢明はトラトラトラで日米双方から太平洋戦争を撮る試みを
トラブルでそこねたからなあ。
信奉者スピルバーグはこれを実現させたかったんだな。


210 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:00:31 ID:qqVMgNey
もしも渡辺謙さん以外が栗林中将を演じるなら

俺としては 「伊武雅刀」を見てみたいな。
それがダメなら栗林中将の孫である「しんどう義孝・衆議院議員」が演じてもらいたい。
これは無理か。

211 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:00:34 ID:uW9AlJ7F
イーストウッドも黒澤信奉者だしな

212 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:03:11 ID:uW9AlJ7F
映画スケバン刑事の伊武雅刀は妙に軍服にあってたな…

213 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:09:22 ID:CMpFgD0P
伊武さんいいとは思うけど、主役っぽくない。

214 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:13:54 ID:JkiNB08J
そう言えば昔、伊武雅刀が「太陽の帝国」に出たとき、
フェンスを乗り越える演技で、小銃で鉄線を押さえながら乗り越えたら、
「Amazing!」とスピに絶賛されたと言ってた
今回オーディション受けたりしただろか
話を知ってたらやりたがっただろうね

215 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:14:18 ID:Yp1O2lMH
スピルバーグの太陽の帝国を見ると伊武さんの軍人は
けっこう良かったけどね。
クリスチャン・ベールに「ユーアーディフィカルトボーイ!」

216 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:15:07 ID:kDke02Qz
黒澤が60年代に硫黄島を撮っていたとしたら

栗林: 三船敏郎
西  : 木村功
西郷: 加山雄三
清水: 山崎努
伊藤: 渡辺文雄

でどうだ?

217 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:15:27 ID:pH/o6wWR
着物着たパン屋なんてピンと来ないなぁ。いっそのこと饅頭屋かあんみつ屋の主人に設定すればよかったのに。

218 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:17:47 ID:Yp1O2lMH
>>214
かぶった(w

スピルバーグは重度のガンマニアだから扱い方を気に入ったんだろうな。
硫黄島でも拳銃が大事なエピソードに使われていたし、重火器の考証が
日本映画なみに正確だったようだ。

219 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:18:33 ID:kDke02Qz
黒澤が70年代に硫黄島を撮っていたとしたら

栗林: 仲代達矢
西  : 高島忠夫
西郷: 頭師孝雄
清水: 久保明
伊藤: 三波伸介

でいいよなだ?

220 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:18:42 ID:CMpFgD0P
オーディションと言えば、今回日本で有名な役者って主要5人だけだったけど、
やっぱりそこそこ有名な人用の枠と、その他大勢用の枠ってあったのかな。
イーストウッド監督のハリウッド映画なら、どんなチョイ役でもいいから出たいって有名役者もいたと思うんだけど。
まあ、今となってはわからないことだけどさ。

221 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:19:55 ID:tlJjCIko
小津ワールドの硫黄島を撮れ

222 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:22:37 ID:HPViEa7f
>>220
二宮が記者会見で西郷以外の役を3つ受けたと言っていた。
一つは加瀬の清水として、あと2つは野崎や梶原かもしれないことを考えると、
有名人用枠等はないのではないかな。


223 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:22:48 ID:RjMqMEEa
伊部雅刀は太陽の帝国でなんであんなに暴れまくるのか判らなかった。
西欧人的には不可解な行動をとる日本人で良かったのかもしれないが
日本人の漏れでも?な行動をとるのはいかがなものか。

224 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:23:00 ID:kDke02Qz
黒澤が80年代に硫黄島を撮っていたとしたら

栗林: 井川比佐志
西  : 寺尾聰
西郷: 降大介
清水: 油井昌由樹
伊藤: 根津甚八

かもな?

225 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:26:58 ID:JkiNB08J
>>221
アメリカ兵が上陸するのをボ〜と待つ笠 智衆想像して吹いたw

226 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:28:03 ID:qqVMgNey
「着物を着た、戦争に無関係な庶民」で「欧米人にも容易に認識できる職業」。

これが「パン屋」だろ。

あんみつ屋マンジュウ屋センベイ屋、これらは分かりにくい。
だから「パン屋」だ。

227 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:29:16 ID:Yp1O2lMH
>>223
そうか?
戦メリのたけしもそうだが、外人捕虜には収容所の軍人はj厳しかったそうだけど。
まあ軍隊の捕虜の概念の違いかな。
ガキにはもちろんスパルタ教育(w

228 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:29:56 ID:8c0iqVYt
>>166
> 一番気になったのは奉国婦人隊?のたすきの文字が
> ありえないくらいヘタクソだったことw
> ああいうのは上手いうるさ方が毛筆で張り切って書くと思う

同意。
愛国婦人会と硫黄島の墓の墓碑の字がへたくそだと思った。
当時の兵隊達の中には毛筆が達者な人たちがうようよいたと思う。


> ウチの祖母は「パン屋は洋服着てるんじゃない?」と言ってたが
> 当時革靴はいて名古屋市内の小学校通ってた都会のお嬢だから
> あんま当てにはならんな

あの世代は普段着は着物が基本なんじゃ??
昭和天皇陛下と同世代の祖父は長い間着物を自宅で着ていたよ。

229 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:29:57 ID:tlJjCIko
硫黄島の山中から、
アメリカ軍の上陸を見守る笠智衆
で一言
「いい朝日だった 今日も暑くなるなあ」

230 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:38:57 ID:kDke02Qz
小津安二郎が硫黄島を撮っていたとしたら

栗林: 山村聡
西  : 宇佐美淳
西郷: 佐田啓二
清水: 大坂志郎
伊藤: 東野英治郎

笠恥臭のクリは無理だよな

231 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:39:44 ID:fDJfTuFG
>>202
謙さんが酷いんじゃなくてあの映画自体が…
主演が日本人女優じゃないとか
日本の話なのに全編英語だとか。

前レスに出てた、ラスサムの明治天皇や勝元が英語を話してたのは
一応、英語を話す前提があってのことだから(外人相手の会話とか)
気にならなかったけどさ。

232 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:42:30 ID:hqrVeWT7
>>206
どういたしまして
ネットで探せばもっと見つかるかも知れませんよ

233 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:42:38 ID:kDke02Qz
え?日本人も俺たちみたいにパン食ってたの?
これがパン屋のした効果だろ?

234 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:43:01 ID:tlJjCIko
>>230
原節子がいない

235 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:52:17 ID:MYsOYxD0
明治製菓とか森永は昔々からパンやケーキを作ってたが
戦時中は軍需工場となり乾パン作りをしてた乾パンは当時国民にも兵にも必須だった

で明治製菓とか森永は
鉄の看板から、作業用機械まで強制徴収させられた

236 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:53:49 ID:VAuKQhrJ
脚本賞ノミネートのアイリス・ヤマシタってのは何者?

237 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:59:13 ID:JkiNB08J
>>236
前スレあたりに詳しいサイトをみつけて来た人がいたな もう見れないけど
日系2世でちゃんとした脚本書くのはこれが初めてみたいなこと書いてあった気が

238 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 22:59:32 ID:Yp1O2lMH
>>235
細菌・・いや最近では雪印と不二家が強制(w

239 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 23:20:19 ID:Lwj4O/ZW
過去ログにアイリスヤマシタのインタビューがあったけど、
まだあるっけ。
親は東京大空襲経験しててってやつ。

240 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 23:27:50 ID:tWyxuSMm
獅童は海軍大尉だよ。

241 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 23:35:52 ID:tWyxuSMm
Lieutenant Ito
陸軍なら大尉はcaptain海軍なら大尉はLieutenant

242 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 23:42:00 ID:mVSQXv3s
今日3回目を観ての質問&感想

@エンドロールで『Mother』で外人の女優の名前があったんだけど、
 あれって犬殺されたおばさんのこと?他にお母さんなんていないよね?
Aアメリカに駐留時の栗林中将の頭のヅラが巧妙なことに気付いた。
Bバロン西が『一番いいのは島を沈めてしまうこと』みたいなことを
 言った時に、父島で堀江に洗脳されたと感じた・・・
Cエンドロールが流れてる時に周りを見渡してみたんだが、
 暗闇にぼんやりした明り(エンドロールの)の中を腰をかがめて
 小走りで帰っていく客が日本兵に見えた・・・


243 :名無シネマ@上映中:2007/01/24(水) 23:49:47 ID:qd7K7fsW
終わる前にもう一度見に行きたくなった

244 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:02:11 ID:sCMUkRbG
今まで予告はディパーテッドだったんだけど、今日から都知事の特攻隊の
やつになってた。
せっかくこの映画でまともな戦争映画を観ていい気分になってるのに、
またぶち壊しにされそうだ。
窪塚ってだけでもう・・・orz

245 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:03:28 ID:L4oD362Y
>>223
あれでもJ.G.バラードの原作よりはずっとマイルドな日本兵になっているよ。
ご存じのとおり「太陽の帝国」はバラードの自伝的小説だけど、おそらく日本軍に収容所に入れられたことを未だに根に持っているようだ。
近年のバラードは、原爆投下は終戦を早めるために必要な行為とか、日本はまだ戦争の反省が不十分とか、対日批判を繰り返している。



246 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:17:29 ID:qB9T5hga
シドウ、伊藤中尉って呼ばれてなかったっけ?

谷田はなにげに大尉なんだよね

247 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:33:23 ID:sEnTCZyh
硫黄島からの手紙 昭和40年代に舞台で上演するなら

栗林:近衛十四朗
バロン西:藤田まこと
藤田副官:品川隆二
西郷:美空ひばり(男装)
清水:谷啓
野崎:白木みのる

248 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:38:00 ID:WlnSAvij



※次スレ立てる時は 「38通目」 でお願いします。

いつの頃から「○通目」が消えてるよ〜。





249 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 00:51:42 ID:ljwZfUCl
>>246
階級章が大尉だった

250 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:04:21 ID:/G+tp+Wj
>>249
パンフには何回も伊藤中尉と書かれている。
もちろん階級章に星が3つあることは否定しないが。

251 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:11:01 ID:x4zN2n6n
>>183
>日本のアカデミー賞だったらあり得ない
日テレが制作してれ....いやなんでもない

252 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:11:21 ID:sCMUkRbG
>>242
@分からないけど、たぶんそう。
Aヘアコンタクトらしい。
C確かにそう見えるかもなw

253 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:12:32 ID:NzI96uWt
>>247
白木みのるは体格で徴兵検査ではねられるでしょ。

254 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:17:35 ID:6NP7EKcW
このスレに井筒が降臨したってマジ?

255 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:18:18 ID:x4zN2n6n
>>230
栗林はサブり、西は池辺では


256 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:20:45 ID:qB9T5hga
耳あかはたまってる方がよく聞こえるのか?

257 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:23:48 ID:KgU9VhTs
硫黄島からの手紙 角川映画だったら

栗林:高倉健
西  :夏八木勲
藤田:千葉真一
西郷:松田優作
清水:草刈正夫
伊藤:岸田森
花子:薬師丸ひろ子

クドイ面子だな

258 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:25:43 ID:QssPVoK3
いろんな情報が耳に入って耳あかになって溜まってる、という意味だと。

259 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:32:46 ID:KgU9VhTs
硫黄島からの手紙 東宝特撮だったら

栗林:池辺良
西  :高島忠夫
藤田:伊藤久哉
西郷:フランキー堺
清水:久保明
野崎:藤木悠
伊藤:平田昭彦
花子:星由里子

自爆シーンの特撮がちゃちそうだな

260 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:37:35 ID:hl6BcCrd
木更津キャッツアイメンバーで硫黄島をやったら

栗林 オジー
花子 ローズ姉さん

これだけはガチでよろw

261 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:39:03 ID:/G+tp+Wj
金田龍之介にも一役あてがって欲しい

262 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:39:07 ID:Dpj64/Mc
リクエスト

硫黄島からの手紙 邦画メンバーで、時代を超えてベストメンバーだったら?


263 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:40:54 ID:I4ypJ1Cz
まあ栗やんは志村喬で鉄板でしょうな

264 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:42:18 ID:+fW07A4+
時代を超えられたら本物が出ればいい

265 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:43:50 ID:x4zN2n6n
鉄板は早川雪舟でしょう

266 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:44:51 ID:I4ypJ1Cz
意外とあがり症だった栗林中将「よ、よよ予は常に諸氏の船頭にあり」

267 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:46:35 ID:qB9T5hga
みんな「こんな硫黄島からの手紙は嫌だ」スレでやってくれ

268 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:47:19 ID:KgU9VhTs
テレビ化決定

栗林初代:中村梅乃助
二代目:橋幸男
三代目:高橋英樹
四代目:松方弘樹
五代目:松平健

269 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 01:51:13 ID:ycCgSc11
硫黄島からの手紙 三谷脚本だったら

栗林:田村正和
西  : 白井晃
藤田:西村雅彦
西郷: 藤原達也
清水:堺雅人
野崎: 中村勘太郎
伊藤: 中村獅堂
花子:松嶋菜々子

270 :名無シネマ@上映中 :2007/01/25(木) 01:56:14 ID:gD7OeQr8
>邦画のメンバー
石原プロだけは止めてほしいな。

栗林・・・・・・渡
バロン西・・・・舘
市丸・・・・神田

271 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:00:50 ID:I4ypJ1Cz
>>270
石原プロなら、アメ兵に撃ち勝っちゃう悪寒w

272 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:02:13 ID:6NP7EKcW
俺としてはバロン役が金城武だったら完璧だった。
西郷、清水、シドウは、ハマリ役だったと思う。
後、西郷の上官の大尉役も見事な脇役だった。

273 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:09:21 ID:vY5bPVwp
>>242
犬殺された家の女の人ってブラックゆかりさんって人かな
http://cn4japan.exblog.jp/4808214/

274 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:11:53 ID:vY5bPVwp
過去ログからアイリスヤマシタインタビューひろってきた
英文なので誰か訳して
http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=17904

275 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:12:01 ID:QssPVoK3
金城じゃ若すぎない?

SAYURIはひどかった。時々五重の塔が映ってさもここは日本です、という演出がダメだと思った。

276 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:20:11 ID:I4ypJ1Cz
>>273
そうみたいだね
あのおばさんも違和感なかった 割りとうまかった
やはり日本育ちだったか

277 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:42:15 ID:abwKc6ce
>>220
それはオーディション受ける枠?役の枠?

参考になるかは知らんが
最終の時点で二宮と競ってたのは
アメリカ人(アジア系?)ばっかりだったらしい、と
聞いた記憶が(>>222に関連するんだろうか?)

あ、自分は>>228だけど
少なくとも祖母は小学校行く時は洋服だったって
曽祖父は英語の先生でなおかつ都会育ちだから
ちょっと特殊な環境なんだけど

>>260 のつづき
西郷:バンビ
清水:ぶっさん
西:嶋大輔
藤田:公助
野崎:アニ
伊藤:マスター
西郷の娘:うっちー

278 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 02:57:58 ID:QssPVoK3
祖母は東京に住んでて洋服に靴履いてたけど、疎開して栃木行ったらみんな着物で裸足だったから驚いたと言ってました。

279 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 03:15:43 ID:b6Rxrgsg
>>265支持!
実際の栗林はかなりのダンディーだったらしいからな
バローン西は鳥肌実がいい。顔がソクリ。いや以外と和泉元彌もいいかも
でもセリフはNGだな。喋りが変だよ元彌w  

280 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 04:08:10 ID:ZrdIS2mG
>>274
もれもこれ読みたいので、うまい人訳して欲しい

281 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 04:26:40 ID:1Ygy/bSX
>>272
野崎役の人も良かったよ。

282 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 04:41:34 ID:GxYr0TL1
>>227
日本人分析で有名な「菊と刀」には少し違う事実がたくさん書いてある。

・管理する日本人兵士の方が外国人捕虜よりひどい食糧事情だった。
・米軍士官の証言として、外国人捕虜には常に軍医がっついていたが、日本軍兵士
には衛生兵がいるだけだった。
・「生きて虜囚の辱めを受けず」という精神が外国人捕虜への軽蔑を生んだのではないか

ということ。

バターン半島の行軍は冤罪であるというのは「山下裁判」でA・フランク・リールが告発しており、
当時裁判を取材していた米記者12人全てが「無罪」とアンケートで答えており、日本では
その本も翻訳禁止の処分を受けていたが米国内のマスコミでは問題になり、合衆国最高裁
判事でさえ、「今日、敵国の指導者である山下と本間の無実の命が奪われる」と書いて
「法的リンチ」と切っている。
また捕虜虐待で有名な比国俘虜収容所の所長で戦犯として処刑された洪思翊陸軍中将だが、
佐藤首相が尊敬した立派な軍人であったという評価が高い。ちなみに時世の句は
「昔より 冤死せしもの あまたあり われもまた これに加わらんのみ」である

あと捕虜虐待で戦犯になった有名な比国俘虜収容所の所長である洪思翊陸軍中将
だが、

283 :282:2007/01/25(木) 04:47:27 ID:GxYr0TL1
あと捕虜虐待で戦犯になった有名な比国俘虜収容所の所長である洪思翊陸軍中将
だが、
↓続き
彼自身の存在が創氏改名の強制がうそっぱちであったことがわかる。

284 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 04:51:53 ID:Uop89a4A
今回の映画であきらかにキャスティングミスだろっていうのあった?

285 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 05:10:21 ID:GxYr0TL1
バロン役に武豊

286 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 07:23:21 ID:7x/vhAkG
アメリカは占領しても数十年後に俺達に島を返したが、
ロシア(旧ソ連盟主)とチョンはいつ盗んだ島々を返しにくるかねぇ。
もう21世紀なんだけど。

287 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 07:58:53 ID:uz3kIBpt
谷田大尉の役の人は何て名前?
結構良い声しててはまり役だったと思うんだけど


288 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 07:59:34 ID:U1jgeHKe
戦争するしかないな

289 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 08:02:27 ID:uz3kIBpt
テンプレにかいてあったorz

290 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 08:10:05 ID:Dpj64/Mc
「脚本は青写真に過ぎない。日々起こっていくことに対して
一緒に考えていこうと(監督は)仰ってくださり、衣装や小道具に
関するこちらのアイデアを、クリントは受け止めてくださった。
そこで、私は撮影期間中、「ありとあらゆる資料に目を通して、毎日、
提案のメモを『またかよ』と言われるぐらいイーストウッド監督に渡し続けました」(渡辺)

「台本に書かれていないことが急にやりたくなって、そういうことをやっていいのと
尋ねると、いいんだよと、クリントは最後まで味方でいてくれました」(二宮)

「今回の俳優たちは素晴らしかった。彼らが参加してくれたことで、この作品に
命を吹き込むことができた。いい演技というのは、言葉に関係なく伝わるもの。
日本語が話せないことは、なんの障害にもならなかった」(クリント)

「僕たちが忘れてはいけない歴史がこの映画には刻まれています。
ひとりでも多くの方にご覧いただいて、われわれが必死の思いで体験した
“硫黄島の戦い”を、スクリーンを通して一緒に体感していただければと思います」(渡辺)


ノミネート記念に、公開来日インタビューを再録してみました。

291 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 08:18:31 ID:GxYr0TL1
公式の「最新情報」更新。

硫黄島からの手紙』『父親たちの星条旗』アカデミー賞ノミネート!

第79回アカデミー賞のノミネーション発表が、1月23日(火)米国・ロサンゼルスで発表され、
「硫黄島からの手紙」が作品賞、監督賞、脚本賞、音響効果賞の計4部門で、「父親たちの
星条旗」が音響効果賞、録音賞の2部門にノミネートされました!ノミネートをうけて「硫黄島
からの手紙」キャストからコメントが届いています!

■ 渡辺謙さん:
この作品を、この素晴らしいスタッフたちと一緒に作る事が出来て本当に幸せです。この映画
の価値を外国でも理解された事を嬉しく思っています。

■二宮和也さん:
もちろんまだノミネートの段階ですが、何と言う幸せ者なのでしょうか。監督や、共演者の人たち
に、会いたくなりました。

■伊原剛志さん:
以前クリントが自分のやってきた作品の中でも、最高のアンサンブルと言っていたことを思い出
し、その作品の中に参加できたことを、誇りに思う。

■加瀬亮さん:
監督、スタッフの皆さま、おめでとうございます。全編日本語の作品がノミネートされるなんて、
思ってもみませんでした。本当に面白い企画に参加させて、貴重な体験をさせてくださったこと
を大切にしたいと思います。ありがとうございました。

■中村獅童さん:
日本語を主体として描かれたこの作品が、アカデミー賞の作品賞という素晴らしい賞にノミネー
トされ、とても嬉しく思います。硫黄島での出来事が、この作品を通して多くの方に知られ、共鳴
を得られたのではないでしょうか。この作品に参加させて頂けた事に感謝し、心よりお祝い申し上げます。



292 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 08:43:45 ID:U1jgeHKe
硫黄島地獄の36日間っていうDVDって買いかなぁ?

293 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 08:47:11 ID:IOCCYzjv
>>292
買ったらここでレビューしてくれると助かる

294 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 08:52:25 ID:U1jgeHKe
>>293よし!買ってくるわ!

295 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 09:10:41 ID:IOCCYzjv
>>294
おおカコイイ

296 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 10:14:16 ID:XAIIB1OC
大杉少将役のおじさんは素では変わり者のようだが、自然でいい演技だった。

297 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 10:21:58 ID:CwHKTF2B
つまんない映画だったわ
見る価値なし

298 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 10:53:02 ID:4KtKYS1f
Daily Box 360館になってからの順位。それまでは28位くらいだった。

19日金 20位
20日土 22位
21日日 22位
22日月 16位
23日火 13位

ttp://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2007-01-23&p=.htm


299 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 11:23:06 ID:Dpj64/Mc
>>298 すごい。わくわくするねえ。

300 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 11:23:39 ID:U1jgeHKe
>>295
買ってきたよ。今1枚目見てるが、これはオススメやわ。

301 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 11:36:03 ID:hv+LwhZs
いま来たら夜中にネタスレになっていたようだなw

302 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:25:05 ID:sEnTCZyh
>>301
「こんな硫黄島が観てみたい」というスレが無かったんだよw

303 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:26:54 ID:8obnygyj

二宮は行けないの?
事務所が日本のも辞退してるから特例って事も無理なのかな?
勿体無いよな〜

316 :名無シネマさん :2007/01/24(水) 22:16:35 ID:ZZxEoIdE
硫黄島からの手紙出演者でコダックシアターに招待されたのは
渡辺夫妻伊原加瀬の4名だそうです。


304 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:30:47 ID:sEnTCZyh
>>303
酷いね>ジャニーズ事務所

「監督や、共演者の人たちに、会いたくなりました」というのは
二宮のささやかな抵抗かな。
だったら最初から出演許可なんか出さなきゃいいのにな。

305 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:50:36 ID:bwt+coV7
>>304 「嵐」のドームコンサートのリハがあったりその前にシングル?
 リリースがあったりするから、一人抜け駆けは出来んじゃないの?と
 言ってみる。

306 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:53:12 ID:kSmfIR37
スケジュール合わないのはしかたないわな

307 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:57:56 ID:abwKc6ce
>>274 アイリス山下の書いた「手紙」

アイリス山下は日系二世でCA在住。
以前はフルタイムのwebプログラマーとして働いてたが
脚本のコンペテションで賞を獲ったのがきっかけでポール・ハギスと同じエージェントと契約した。
彼女をクリントに紹介したのもハギスである。

最初に硫黄島の話に興味を持ったのはクリントで
日本側からの視点として栗林中将にスポットを当てるのも彼のアイデア。
そもそも山下は第二次大戦前夜についての脚本を書いたことが
あったので日本や当時の状況についてかなりリサーチを重ねていた。
彼女の母は幼児期に東京大空襲を経験している(硫黄島陥落と同時期)

>どのように「父親〜」とこの脚本を関連付けようと思ったか?

映画は別々の物になる予定だったし、あまり両方の映画のキャラクターを関連付けるつもりはなかった。
ただ私はポールに第一稿を読ませてもらったので両方の視点から見たら面白いと思った人物がひとりいた。
後は擂鉢山に星条旗が掲揚された時に日本側は「擂鉢山が陥落した」という思ったということだけを意識しておいた。

彼女はタイトル変更には関わっていない。

この映画が好評を勝ち得たのは、アメリカ人には馴染みのない視点から第二次大戦を書いたのが興味を引いたのだろうと思う
と彼女は考えている。

308 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 12:58:33 ID:abwKc6ce
>>274 アイリス山下の書いた「手紙」

アメリカで育った日系人としてパールハーバーなどにはそれほどこだわらない。
それぞれの国がそれぞれの政治と利益に基づくプロパカンダや戦争を起こす理由を持つのは当然のことであり
そして結局庶民はその状況下で最善をつくすしかない。

>日本兵も反戦思想を持っていたことに対しアメリカの観客は驚いているが。
最初にクリントやポール、ロブと話し合った時にこれを政治的な映画にするのはやめようと決めた。
ただ両方の映画とも両者の視点から等しく戦争は怖ろしいものだと書きたかった。
ただ、日本では当時表立って戦争に反対するのは逮捕される恐れがあった。
ただ当時のジャーナリストは「アメリカは軍事技術大国なので日本も技術強化の必要がある」
などとは書いていた(のでそれは参考にした?)

>脚本上にあったシーンで撮影までしたのに最終的にカットになったシーンでお気に入りは?
脚本上ではほんの1〜2パラグラフだったのに実際撮影してみると長くなったシーンがたくさんある。
未公開シーンをDVDで見られるのが楽しみだ。

他に第二次大戦当時の日本人隔離キャンプへの感想(彼女の両親は戦後アメリカへ移民したので無関係とのこと)
ハリウッド(と中国人)が描きがちなステロタイプな日本人像には別に怒りはないけど何でこう描くの?とは思う

など。
ざっとまとめただけで訳の誤りもあると思うので見つけたらどんどん訂正願います。






309 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:00:24 ID:Dpj64/Mc
二宮が招待されていないということは、当然、事務所に事前打診があって、
それを事務所が拒否したからだよね。
井原加瀬を招待しておいて、準主役の二宮を招待しないということは本来ありえないから。

別に二宮のファンでもなんでもなかったんだが、さすがにちょいとかわいそうかな、と思った。
一生に一度あるかないかの大舞台だったろうからね。

史上初「全編日本語の、作品賞がノミネート入りしたハリウッド映画」の準主役。
なんて、一生に1度あるだけでもうおなか一杯なくらいの幸運だろうからね。

「みんなに会いたくなった」という、二宮の言葉には、さりげなく深い気持ちがこめられてたんだな。
本来ならそこは俺が座る場所のはず、みんあにも会いたい、今回不参加なのが自分の意思と誤解されたくない
でも、事務所批判にならない程度に表現しなきゃいけない、、、いろんな気持ちが混ざってるんだと思った。

310 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:07:09 ID:bwt+coV7
>>309 もともと本人も俳優を前面に出すつもりもないし「嵐」の一員
 としてやっていきたいと思ってるはずだから、それほど同情しなく
 てもいいんじゃないかい? 本当にやりたかったら「嵐」脱退して
 るよ。仲間の事考えたら居心地悪くなるだろうし。

311 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:08:48 ID:8obnygyj
まぁ可哀想だけど今まで事務所に世話になって今があるから
方針に逆らえるわけもないしな。
自腹で飛んで敷地外でレッドカーペットを見学して監督に
サインもらったりしたら神だけど。
そして獅童も相変わらずハブなの?

312 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:11:34 ID:b9pJR7yA
二宮は普通に行くだろ。
なんだったら野崎だって来るかもしれない。

313 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:18:06 ID:sEnTCZyh
>>305
あぁ彼はアイドルタレントでもあったんだな。
しかしこれは予定を変更するに足る「事件」なのにな。

>>308
>最初にクリントやポール、ロブと話し合った時にこれを政治的な映画にするのはやめようと決めた。

重要な部分だね。
日本の戦争映画でなかなか実現できない次元。

>>309
50年後でも語られる栄誉だってのがわかってないみたいね>事務所
でも事務所辞めたら日本の芸能界から抹殺させられるし、なんか気の毒になるな。
「いろんな気持ち」<同感

「青の炎」観て二宮キャスティング決めたらしいし、レンタルしてくるかな。

314 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:22:45 ID:eOupDwtt
ジャニーズ事務所はアホだな。

315 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:24:25 ID:z9OtRcst
>>290
なるほどなあ、
この映画、商業目的ではなくて、スタッフと俳優が、自由に職人気質で作った映画なんだな。
ハリウッド映画であって、ハリウッド映画でないというか・・・
 
こんなやり方で映画作るって、楽しいんだろうな、
クリントは人間できてるな。


316 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:27:05 ID:6x0gsPAS
二宮を行かせてやれよ!
こんなチャンス2度とないだろ。
ほんと糞事務所だな。

317 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:30:22 ID:bO7o+fNQ
ギリギリになってジャニーが『youいっちゃいなよ!』って言って笑い話にするか、苦情殺到でしぶしぶ事務所が許可するかくらいしか思い浮かばない。

318 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:31:22 ID:8obnygyj
いや、特例は無いはず。
確実に行かないだろ。


319 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:31:49 ID:abwKc6ce
>>303 の情報はそもそもソース梨で単なる煽りらしいとどっかで読んだ記憶が


>>315 とはあんまり関係ないかもしれないけど
一応上の訳に追加

「クリントが『日本側からの視点でも撮りたい」といい出してあとはブーン、ブーン、ブーンであっという間!
でも彼はすごく迅速で有能で、ささいなことにごちゃごちゃこだわるタイプじゃなかったから
一稿を読んだら『OK、これで行こう』となって6〜7週間で撮っちゃったのよ」

320 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:37:54 ID:bO7o+fNQ
二宮が行けないとしたら、木村の高いプライドが邪魔をしてるってことでしょ?
だったら木村が寛容になればすむのでは?って思っちゃうんだけど。
ジャニーズ事務所に詳しくないからよくわからないけど。

321 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:42:00 ID:f1YWYL4f
>>308
未公開シーンってのが気になるなぁ

322 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:48:09 ID:CbvhoKdX
ネタでしょ?
木村も何かの映画祭行ってたじゃん

323 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:48:57 ID:JqU/QHUZ
林・大杉少将は実在の人?

324 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:49:09 ID:Vn7bM+cL
普通に行くでしょ二宮。
なんでそんな早々と招待者が決定するわけ?
たとえ当日出席しなくても主要な関係者に一応招待状は来ますよ。


325 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 13:58:23 ID:TlZ3HUoA
赤絨毯を「自分が」歩きたくて、二宮にオーディション受けさせた社長だ、大丈夫だろ

326 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:00:59 ID:sEnTCZyh
>>319
>ソース梨

ならうれしいけど!

>ささいなことにごちゃごちゃこだわるタイプじゃなかっ

シビレルなぁ、やっぱ漢だなぁ。

>>321
>未公開シーン

うん、烈しくwktkしてしまった!
DVDにカットシーン集、付くんだよな、ワーナーさん!

327 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:02:13 ID:57Amhe9v
モーニング上映で観てきた。
割引で安いモーニングとレイトでしか観てない。。。

この時間帯は毎回十数名の入場だったんだが、アカデミー賞ノミネートの影響か倍は入ってた。老夫婦がちらほら。

今回は初めて泣いたわ。
ラストの手紙でうるうる来るのは毎回だが、摺鉢山→真っ暗な所でエンディングテーマが効果的に使われている。
人が多くて恥ずかしかった…

328 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:12:03 ID:QQwBA+dk
この映画で泣ける人って他どんな映画で泣いてるの?

329 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:12:21 ID:zmGku8WM
>>186
正式名は「帝国海軍の誤算と欺瞞」
「戦誌刊行会」発行、「星雲社」発売

防衛庁が戦後かくしていた、栗林中将の3月7日の打電内容のDは、
そのとおりです。

すり鉢山の海軍砲台のフライングは、米軍上陸の2日前に行われた「上陸海域の掃海偵察作業」を
米軍の主上陸と誤解して行われた。
そのため海軍砲台は、米艦船に発見され、つぶされた。

戦後米軍は、「これは硫黄島防衛における日本軍唯一の重大な過失であり、米軍にとって幸運であった。
もしこの砲台が上陸2日前に発見されていなければ、2月19日の上陸は大損害をこうむった事であろう。」

また海軍が主張して強引に作った、水際の135個のトーチカは、艦砲射撃で全滅した。
飛べる飛行機が無いにもかかわらず、飛行場の拡張工事も海軍が主張し、占領後の米軍に利した。

膨大なコンクリートや機関銃などを持つ海軍は、陸軍と交渉し以下の妥協を得た。
「飛行場拡張、水際コンクリート製トーチカ構築の為の配員(陸軍の兵をまわす)を条件に
陣地構築用資材、ダイナマイトの輸送と、海軍陸戦隊向け輸送の25ミリ機銃300挺の内、
半分を陸軍に回す。」

こんなハンディがあったにもかかわらず、栗林中将以下、ほんとうにご苦労様でした。

330 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:17:11 ID:Vn7bM+cL
>>325
二宮だってパートナー連れてゆけるはずだよ招待状もらっておけば。
でもじいさん連れは…w

331 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:19:13 ID:HmsSZFsH
>>202
いや、中国女優とかなんとかはともかく「日本の文化に憧れてるのは伝わったw」って感じ。
好きなら検証をちゃんとすればよいんだろうが、向こうの人の知識ではアレが限界だろう。
そして、興行収入を考えれば主演にそこそこの人を持ってきたのも仕方ないかな。
・・・日本人女優で美人で英語がペラペラで有名で・・・ってのはいないんだもん。
少なくとも監督は日本が好きで、一生懸命がんばったんだろうな・・・とは感じたよ。
自分はyahooレビューで「国辱!」みたいなレス見てたから、レンタルで見て拍子抜けしたw

332 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:23:00 ID:bwt+coV7
>>325 いや、それはあり得ない。写真などを一切公表しないし、事務所
の社員でさえ顔も知らない人もいる位だから。公の場には出ないと
思うよ。(叩けば埃の出る身体だしね〜〜)

333 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:23:26 ID:sEnTCZyh
>>329
すごい記録だなぁ、唸った。
もっとも陸海軍対立の弊害は硫黄島の戦闘に限った話じゃないんだけどね。
ガダルカナルだって海軍が勝手に6千kmも離れた孤島に飛行場作っちゃった
のが発端で、陸軍兵2万からの損害を出しているね。

戦後陸軍悪玉論の伸張はドイツの全部ナチスのせい論wと同じ責任転嫁だ
ろうけど、戦後海上保安隊が海軍の組織を引き継いでいたというのもあるん
じゃないかなぁ。
陸軍も大陸で泥沼に嵌って行った責任はあるんだろうし。
あと陸軍と海軍は戦略思想も歴史的に異なっていたんだよね。

334 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:25:22 ID:bTHcTlJD
>>282
> ちなみに時世の句は
> 「昔より 冤死せしもの あまたあり われもまた これに加わらんのみ」である

栗林中将の時世の句もそうだが、、、自分も死ぬとき時世の句を読みたくなった。

和歌や俳句はほとんど読んだことは無いけど今から学んで
死ぬとき立派な時世の句を読みたいと思い始めたよ。

335 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:26:49 ID:MDavp9vC
>>334
その前に立派な人間にならんとな!

336 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:27:50 ID:abwKc6ce
>>330
アビゲイル・ブレスリンとお似合いじゃない?と
冗談でなく真面目に勧めるアメリカ人は絶対いると思うw

337 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:35:30 ID:bTHcTlJD
>>335
立派じゃなくても身の丈に合ったシニカルで自嘲的な時世の句を読むという手もあるよ。

338 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:39:04 ID:QX6OJ/kp
>>321
加瀬くんのナビ番組で言っていた清水と西郷が打ち解ける
長台詞のシーンもあるかもね。
見たかったから収録して欲しいよ。

339 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:44:19 ID:zmGku8WM
>>333
>>186が言うように、陸海軍が統一して、日本軍として実力を発揮していたら、
もう少し違う結果が・・・
歴史に「タラレバ」はないけどねw

日本はアレだけの経験をしたんだから、米国のように良い点も悪い点も正確に分析して
あの経験を生かさないとね。




340 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:47:11 ID:sEnTCZyh
>>339
確かにね今現在の陸上、海上自衛隊の仲が気になるね。

341 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:48:02 ID:bwt+coV7
>>274 >>307さんが訳してくれた大筋で合ってると思うが、捨てがたい箇所も
あったので、長いけど訳してみます。
CS(質問者)貴方がこの企画に参加するきっかけはポール・ハギスで、その
結果最初の商業用脚本がクリント・イーストウッド監督(以下監督)の作品
に起用される事になったと聞きましたが、なぜポールが貴方を紹介したのか
なぜクリントが貴方の脚本にこんなに惚れ込んでしまったのか、聞かせて
ください。
IY(笑う)ええ、ほんと。ポールに対しては感謝してもしきれないくらい。
ホンとに。彼と私は同じエージェントに属していて、私のエージェントが
ポールの所に私が書いた山の様な脚本を評価して欲しいって送ってたの。
それで彼が私の経歴ファイルに入っていた脚本を凄く気にいってくれて。
彼と会うことになって最初の時は私自身もかなりリサーチをしていて、映画
としてどう描くかとか、どういう登場人物を入れたら興味深いかとか、色々
考えていったの。それがどうやら気に入ったみたいで。それで二度目に
私が映画の粗筋を持って会って、話を終えたとき、彼が言ったの。「そうだ、
君は今の仕事辞めてもいいよ」って。その頃の私はWebのプログラマーとして
終日働いていたの。それから彼がいろんな人に連絡を始めて、クリントに
も電話したし、映画会社(スタジオ)にも連絡して、契約をまとめ始めたの。
それから私のエージェントに電話して言ってたわ。“基本的に、彼女は凄い
才能持ちだぞ”(笑)なんだか超現実的な感覚だったわ。


342 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:54:29 ID:zmGku8WM
>>340
陸海空三軍のトップ職ができたんだっけ?

343 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:55:13 ID:bwt+coV7
>>341 (続)なぜ第二次世界大戦の話を書こうと?
IT:実はそれはクリントのアイデアなの。彼は「星条旗」のプリプロ段階
であの戦争のリサーチをやっている内に、日本側からの視点に強い興味を
持ち始めたのね。特に栗林中将に対して。深く心を揺り動かされたみた
い。だから日本的視点で映画を作ろうというのはクリントのアイデア
なの。私自身の興味は、対戦前夜の日本を描くことで、それに関して
リサーチをかせ寝ていた。私自身その時代の母国の雰囲気を分かる気が
していたしね。私の母は第二次大戦中はまだ小さな子供だったけど、
3月の東京大空襲で家を焼かれたし。たぶん硫黄島陥落とほぼ同時期
にね。それは本当に恐ろしい空襲で、10万人位の都民が犠牲になった、
東京は焼け野原になったのよ。そしてその中に子供時代の母がいたの。
母から色々な話を聞いていたのよ。

344 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:56:51 ID:9I4dwMMc
たかが原爆で降伏してしまうところを見るとやはり日本人は猿だな。

         by アレクサンドル・ヤコブレフ

345 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:56:56 ID:bwt+coV7
>>343 リサーチを重ねていたでした。(変てこ変換ですまぬ)

346 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:57:20 ID:O9sfQGNi
アカデミー賞のレッドカーペットなんて、その時代の頂点に立つ人だけ歩けばいいの
ジャニタレなんかが歩く必要なし

347 :307:2007/01/25(木) 14:58:46 ID:abwKc6ce
うっ、>>341さんとはかなりの英語力の差を感じるw

せっかくなのでいくつか質問を

I had written a script that was written about Japan on the eve of World War II,

のeveって本当に文字通りの前夜ですか?
それとも日本で「幕末の夜明け前」みたいに言うようないわゆる比喩?

それから
CS: How involved were you with the making of 〜
の項目の(右位置写真横、父親〜との関連整合性に関して)
がかなりてこずって意訳でごまかしちゃったんで
このあたりを訳していただけるとありがたいんですが
すいませんw

348 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 14:59:36 ID:SNXXm1nJ
硫黄島はバベルとディパーテッドの噛ませ犬www

349 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:03:44 ID:D6sLGpAC
サンシャインが本命か?

350 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:06:20 ID:bwt+coV7
>>343(続)『星条旗』にはどうやってかかわっていました?『星条旗』
の脚本を読んだり、ポールとそれについて話をしたりして、2作品を
関連づける箇所がありましたか?
IY:私が「手紙」の脚本で呼ばれた時は既に「星条旗」のプリプロが
始まっていて、その頃から既に2作品を関連させたり、同じ様な人物
を出したりする意図はどこにも無かったの。完全に独立した二本の
映画を作ることは既に決定していた。でもポールが自分が書いた「
星条旗」の脚本の初稿を読ませてくれた。それでも二つの物語に何
に関連性をつけない様にしようと思ったけど、もしかしたら中で同じ
一人の兵隊が地面に引きずり出される所があっても面白いかなと
思ったわ。彼は「星条旗」でその様な場面を入れ、それで同じ人間
ではないかもだけど、「手紙」にも同じ様な所がひる事になったの。
ただ一つ私が力点を置いたのは、擂鉢山に(スリバシと書かれてる)
星条旗があがり、そこで兵隊たちがそれを見て「擂鉢山が陥落した!」
と言う箇所だった。

351 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:07:36 ID:bwt+coV7
ひる→入る、でした(汗)

352 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:09:42 ID:aVgtA/4w
わー。翻訳ありがとうございます。
興味深い。

353 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:10:04 ID:bwt+coV7
>>347 いやいや飛んでもない。暇だからやってるだけで(汗)
 Eveは「前夜」つまり勃発前の不穏な空気でいいかと思いますが?
 かなり直前の空気という感じです。「夜明け前」とは違うと
 思いますよ。

354 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:19:46 ID:sEnTCZyh
>>342
統合幕僚長だっけ?
名前が変っただけじゃなくて新設された地位なのかな。
詳しく調べてないから分からないけどね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%B9%95%E5%83%9A%E7%9B%A3%E9%83%A8

陸海空組織間の齟齬はどこの国にでもあって「父親たちの星条旗」でも
「3日しか事前(艦砲)射撃しないそうだ、クソ!」
っていうセリフがあった。
アイリスはあまり対比を意識していないと言うけど、
けっこういろんなところで星条旗と対比があって面白かった。

355 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:20:18 ID:bwt+coV7
>>350 (続)この映画は何か突然現れた様な一寸した驚きを持って迎え
られたと思うのですが、貴方自身は長い間この脚本を書き上げてきた
訳ですよね。私たちはクリントが「星条旗」の映画を撮っていて、
突然、日本側の視点から描いた映画も作るんだという発表があって
びっくりした訳ですが。これが発表される前に、極秘にしてくれと
誓わされたんですか?
IY:そう、私も物凄いスピードに驚いたわ。実際そんな調子で映画が
作られていったの
(ここは以前に>>319さんが訳されているので省略)
最初この映画は「レッド・サン、ブラック・サンド」という題名で
発表され、その後変更されましたね。元の映画はどんな内容だった
んでしょう?
IY: 私自身、タイトル変更にはかかわっていないので、最初のが
どういう話なのか全く知らないの。でもそのほかにも色々なタイトル
案があって、「手紙」はたぶん4回目の変更で決まったと思うわ。
私が想像するに、同じ様な題名の原作かなんかがあったんだと思う。
たしか「レッドブラッド、ブラックサンド(赤い血、黒い砂)」
みたいな、それで観客がその本と取り違えるかもしれないし、紛らわしい
という事で題名を変えたんじゃないかしら。確かな事は分からないけど。


356 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:21:05 ID:kmCrSTpp
敵国だった日本側視点の日本語の映画なんてアメリカ人が
見るんだろうか?と思ってたんだが、イラク増兵問題のせいで
アメリカ人にとってもタイムリーな反戦映画になっている気がする。
米兵のお母さんの手紙のところなんか、アメリカ人が見たら
身につまされるだろうな。
星条旗よりも硫黄島の方が強烈な「反戦映画」だとアメリカ人の
批評家も言ってたよ。

357 :307:2007/01/25(木) 15:22:09 ID:abwKc6ce
>>350
ありがとうございます。早い!

>person being pulled down from the ground.

って文字通り引きずり出されたって訳してよかったんですね
辞書の「(支持を)取り付ける」とか「共感を得る」とか見ながら悩んでたw

アイリス山下はどれくらい日本語出来るんでしょうかね
こっちの英字幕で惜しい!と思ったのは
栗林が普段の「私は」のオフィシャルな演説の「予は」を使い分けたのを
全部「I(アイ)」で統一されてたことでした

358 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:25:55 ID:sEnTCZyh
あとは、大艦隊を悄然と眺める栗林や西、トーチカにぶち込まれる火炎放射など
史実だからいくらでも重複があるから、大満足なんだけどね。

星条旗の方でバリー・ペッパー演じるマイクが誤射される屏風岩か大阪山の攻防も、
硫黄島の方では清水の投降あたりと重なって、ひたすら悲しい印象になっている。

359 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:33:48 ID:bwt+coV7
この映画の原作とされる「手紙」を入手するのは大変でしたか?ですか?
IY. 私は手紙そのものを見た事はないの。栗林中将が手紙の事を書いた
本を持っていたけれど。中将は大変な数の手紙を書いていて、でもその
大部分はアメリカ滞在時代に書かれたものなの。硫黄島で書かれた手紙
はそんなにはないのよ。子供たちに宛てて書いた手紙が2,3通、
それから大本営に宛てて書かれた最後の手紙が数通しかないの。だから
リサーチは大変だった。当時の人たちはほとんど生存していないから。
硫黄島から生還した兵隊も数人いたけど、個人的な所有物だから、
入手が困難だったし。だから私は特に硫黄島に限らず従軍した人々の
遺品などをリサーチして、当時の雰囲気を探ろうとしたの。新たに発見
したものが2,3あって、一つは当時の陸軍の日誌で、他に海兵隊の
一人が、日本兵の日記を拾い上げ、情報を取るためにそれを英語に
翻訳したものがあったの。それから硫黄島から生還した少ない兵士の
中の一人がその当時を回想して綴った日誌も見つけたわ。

360 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:33:50 ID:sEnTCZyh
>>356
>星条旗よりも硫黄島の方が強烈な「反戦映画」だとアメリカ人の批評家も言ってたよ。

後付けで湾岸戦争を描いた「ジャーヘッド」を観たんだが、その「強烈さ」に欠けていたっけ。
志願兵士に宿る「ハンターの本能」を否定されて鬱になるという同情に値しない展開も、
星条旗の方の根性の志願兵イギーの末路を見ると笑い話にしかならないしね。

361 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:40:06 ID:NUZ1rwi4
硫黄島とはあまり関係ないが、谷田中尉役の坂東さんが
今日放送のきらきら研修医に出演するよ

362 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:43:57 ID:bwt+coV7
観客がどちらかといえば「星条旗」よりも「手紙」に共感を持って
いるのを見て驚きましたか?
YI: ええ、驚いたわ。この映画を高く評価してくれて驚いているの。

この映画は今まで描かれてきた第二次大戦の映画とは違うという所に
観客が興味を引かれている(楽しんでいる)と思いますか?
IY: それも一部だわね。ええ。それもあると思う。日本人の目からみた
 あの戦争の映画なんて見慣れていないでしょうから。

アメリカで育った貴方は、学校で、日本がささいな理由からいきなり
戦争を開始したと教わりませんでしたか?アメリカが太平洋戦争に踏み
きる事になった真珠湾攻撃に関してどう思われるか聞かせてください。
IY:その件については、あんまり考えた事が無いの。それとこの映画に
は何の関連もないし。でもどの国のどの戦争に関しても、それぞれの
視点があると思うし、政府は自分たちが伝えたい事を都合よく伝えた
がると思う。両方の見方があるのよ。日本でも多くのプロパガンダが
語られたわ。どうして戦争をしなくてはいけないか、全く理不尽な
理由でね。私としては、基本的に人は数々のプロパガンダにまどわさ
れることなく、出来るだけ正確な情報を集め、自分自身で決断を下す
必要があると思うだけ。




363 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:48:15 ID:bwt+coV7
戦争中に日本人が送られた強制収容所に関しては?
IY:私の両親は二人とも戦後、直接日本からアメリカに移住したので。
強制収容所に関しても、沢山リサーチを重ねたし、友人の両親で収容
された人も沢山いるわ。それに抗議している人に関しても研究して
きた。強制収容所に抗議した人は合計で3名いて、彼らは法廷に
訴えたけど、却下されたの。そしてその40年後彼は再びこの件を
法廷に持ち込んで勝訴したのよ(笑)

364 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:56:22 ID:bwt+coV7
ハリウッド映画で描かれる日本人に関してどう思います。特に第二次
世界大戦を舞台にした映画では?
IY.そうねぇ、例えばジェリー・ルイスが日本兵を演じていたら、
不愉快に思うかもしれないわね。また多くの中国人が日本兵を演じて
るわ。それに関しては特に不愉快には思わないも。ただ一つだけ疑問
がある。前向きに見れば、物事はゆっくりだけどずいぶん変わってき
てるし、ポジティブな監督のやり方で、これからはちゃんとした
正確な情報を元に描かれる様になってゆくと期待はしているわ。

それがこの映画の脚本を書いた理由の一つでもありますか?
IY: そんな事も考えていなかったわ。脚本を書いていた時は、ただ
ただ真実を伝えたかっただけ。企画のゴーを貰ってからこの映画に
かかわった全ての人間が物凄く真剣に映画製作を進めていっていたの。
私自身が何かを変えるとか、考えるなんて暇はなかった。製作陣には
明確な意図がきまっていたし、だから私は映画製作者のみなさんにただ
ただ感謝するばかりなのよ。

365 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 15:59:38 ID:zmGku8WM
>>354
そのシーン(海兵隊の海軍批判だっけ)覚えているけど、たしかに「陸海空組織間の齟齬」も、
イーストウッド監督のメッセージの一つかも。
真の勇者は、このようなハンディにもかかわらず戦って戦場で散った若者達、みたいな。


366 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 16:07:47 ID:bwt+coV7
映画のなかでは、日本兵がかなり反戦的言動をしたりして、アメリカ人
観客を驚かせていると思うのですが、これまでのアメリカの戦争映画
に較べても、当時その様な反戦的気風は一般的だったんでしょうか?
IY: 最初にクリントとロブとポールに会った時、とにかく政治的
映画にだけはしないと決めたの。「星条旗」も「硫黄島」も戦争は
どちらの側からみても恐怖でしかあり得ないと描こうとしていた。
第二次大戦中、日本で反戦を叫ぶのは困難だった。たぶん逮捕された
だろうから(笑)本音はどう思おうと、それを公言すれば逮捕された
のよ。ポールに見てもらった日本を舞台にした別の脚本のリサーチで、
実際当時学生を主体として反戦グループがあったのを見つけたの。
学生の中には、戦争に反対し、従軍をしないために自殺した人まで
いたのよ。ただ公の場で発言すれば捕らえられ、両親まで投獄された
ろうから、政府に反旗をひるがえすなどは非常に危険な事だった。
例えば、当時の日本のジャーナリストや作家が「アメリカは日本より
優れたテクノロジーを持っているから、そこから学ぼうではないか」と
書いただけで、捕らえられ拷問される事だってあったの。アメリカが
日本より優れているとほのめかしただけでね。

367 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 16:20:43 ID:bwt+coV7
「手紙」の中では数人の兵士が自決していますが、それはどの位事実
に基づいているんでしょうか?
IY: 80%は史実に基づいているといえるわ。実際の数から割り出し
 てね。その事を書いていた本を読んでいてとても辛くなったりした
 わ。自決する兵士の心境を想像してね。沖縄線では、洞窟に非難して
 いた子供たちが同じ事をしていた。捕虜になったり降伏したりする
 よりましという理由で。

映画の中で、兵士たちが米軍侵略前の村を訪ねてゆく場面がありまし
たが、その頃硫黄島には実際に島民が暮らしていたのでしょうか?
IY: 実際に小さな村落があったの。勿論彼らは全員疎開して、今
そこには誰も住んでいないわ。当時の島の人口もとても少ないもの
だった。あの島に住むには健康体(Hearty Person)でなくちゃなら
ないと思うの。水源は雨水しかなかったから、雨水をためるシステム
が備わってたのよ。勿論それは破壊されたけど。あの島に住むには
物凄くタフでなくてはならなかったと思うわ。

貴方が脚本で書いて気に入っていて、クリントも撮影したけど、映画の
最終カットで削除された部分などありますか?
IY: ええ、実際、私はあんなに多くの部分を映画で描いてくれて、
驚いているの。多くの場合、何かを書いて、それが映像にすればどの
位の長さになるか理解できないものなの。例えば「そして彼らはその
村の爆撃を開始した」というほんの1、2行でも、映像にすれば長い
場面にならざるを得ないことがある訳。だから勿論脚本にはあるけど
映画には入っていない場面が何箇所かあるわ。上映時間を考えて
編集上カットされた場面などがね。だから私はDVDでそれらの未公開
シーンを見るのを楽しみにしてるの。本当に映像化されているのか、
DVDに入れられるのかは確かではないけれどね。
                  =The End=
 〜お疲れさまでぇす〜

368 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 16:25:44 ID:bwt+coV7
中国人→日本人の項に関していえば
I'm not really upset about it, but I wonder why is the only
thing.
は「特に不愉快には思わないけれど、ただ何故?と思うだけ」の
方が正しい訳かもしれないです。

369 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 16:36:15 ID:AsBcL7Sw
確か少年ニノは板前ドラマのロケしてんでね?題名忘れたが神楽坂の料亭が舞台のドラマだったと思う。 

370 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 16:37:39 ID:sEnTCZyh
お疲れ様でした。
訳文たいへん興味深く読ませていただきました。

371 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 16:52:35 ID:K765Yb3u
西並みの翻訳能力だ

372 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 16:56:46 ID:zno6VHWY
渡辺謙さんの英語って上手いの?
アメリカ人にもしっかり聞き取れ、理解されるぐらい上手いわけ?

373 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:09:32 ID:SIN2h2lu
ぶっちゃ毛この映画はノミネートされるとは思ってたよ。
ただこのスレで書くと馬鹿にされるから、書かなかっただけなのさ。



374 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:15:12 ID:kF//M4WV
>>373
じゃあ作品賞とれるかどうか今宣言しておけよ

375 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:16:16 ID:bwt+coV7
>>372 『ラストサムライ』で助演賞ノミネートの頃はあまり上手くなかったし
何より聞き取りが出来ていない感じだったが、最近はかなり上達していると
思う。ただ時々Interviewの答えに辻褄が合わない所があったりする。勿論
アメリカ人に聞き取れ理解される英語だよ。ネイティブ程ではないが。
別にネイティブ並にペラペラしゃべれるのが偉いわけじゃないし。肝心なの
は何を話すか、その内容だから。内容さえ素晴らしければ、どんなにトツ
トツしてても一生懸命耳を傾けてくれるよ。
映画の台詞はその都度コーチがついてくれるから問題ないし。

376 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:17:19 ID:KcxyCZaX
むろん、渡辺謙さんと伊原剛志さんの英語は、アメリカ人に通用しますよ。
二人ともよく練習したね、とくに伊原さんは、というところでしょう

377 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:20:33 ID:nNdkT8rY
翻訳して下さった方お疲れ様。
そしてありがとう!
興味深く読ませて頂きました。

378 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:21:01 ID:Ve0ZS0qJ
373 :名無シネマ@上映中 :2007/01/25(木) 17:09:32 ID:SIN2h2lu
ぶっちゃ毛この映画はノミネートされるとは思ってたよ。
ただこのスレで書くと馬鹿にされるから、書かなかっただけなのさ。


379 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:25:35 ID:Ve0ZS0qJ
謙氏の英語ド下手だと思う。
ラスサムでのトムクルーズとの会話のシーンでは呆れたもの。あまりの下手さに。
しかも謙氏って英語セリフになると声が上ずって高くなるんよねw
伊原の方がまだマシ。


380 ::2007/01/25(木) 17:26:39 ID:wd5bkGXM
作品賞はかなり難しいんじゃないか?


381 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:32:21 ID:sNmVpXtI
アメリカ人の友達から「自決シーンで頭を叩くのは何で?」というメールが来てる
んだけど、これって起爆に必要な真菅を振るわせるため、でいいんだよね?

382 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:42:43 ID:K765Yb3u
大久保大尉が敵に突撃して手榴弾投げる時は腰の所で叩いてたね

383 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 17:55:02 ID:1bj23mUM
作品賞、監督賞の予感

384 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:00:48 ID:Q93z9bCg
見てきたよ!!
良かった、というより衝撃的だった・・・
こんな感動は武の「BROTHER]以来だ・・

385 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:06:51 ID:GYI+CUK8
まあ、普通は知らないよね、衝撃与えないと爆発しないなんて


386 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:14:43 ID:wpDmr2MQ
翻訳おもしろかったよ。ありがとう。

387 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:17:08 ID:CwHKTF2B
みてきた
最高に退屈な映画だった


388 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:18:49 ID:QQwBA+dk
>>387
至極真っ当な感想乙

389 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:20:53 ID:gyYqHbXA
実際にあったかも知れない出来事を退屈とは何だー!




まぁいいけどな

390 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:23:27 ID:kSmfIR37
謙さんはラスサムをきっかけに英語始めたわけで、つまり勉強中の身。
ネイティブではないし、達者にベラベラしゃべれるわけではない。
でも頑張って勉強しているのはわかる。

391 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:24:41 ID:QQwBA+dk
実話を元にしてれば評価高いのが当たり前なんていう言い草サイテー

392 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:29:02 ID:vH7hxaq8
>>391
実話を元にだろうが何だろうが関係なく、映画の出来自体がいいからだよー

393 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:30:21 ID:GIVEsdoY
デーブスペクターは謙氏の英語に及第点を出した
教科書等で勉強した優等生的英語だと言ってたな

まあこれからだよこれから

394 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:43:35 ID:vfBxNMPs
手榴弾1発自決に使う位なら敵陣に放れとは
当時の上官は言わなかったんだろうか。

395 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:45:28 ID:KcxyCZaX
一般論として言えば、歌手、ミュージシャンは英語の上達が早い。耳が音を聞き分ける訓練を日常的に
やってるからね。発音もいい。俳優の場合はよく分からんが、似たような理由で、上達が早いんじゃないか
と思う。

396 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:47:13 ID:PJ5fHLH/
アイリス・ヤマシタと
アイリス・チャンが
姉妹だという事が今はっきり判ったよwww
「反戦唱えて逮捕」はあっても、家族まで投獄は無いよ。事実誤認!それも逮
捕といっても直ぐに釈放されたのが実際。拷問はスパイ容疑や共産党員。しか
も共産党員は収監がほとんどで、死罪になった奴は皆無。これがファシスト国
家?似た様な話は幾らでもあるよ。例えば植木等の父親の話。父親本人は何度
も逮捕されているのに、家族は誰一人とも逮捕されていない…。
 戦前の日本をどうしても“ファシスト国家”にしたがる奴が多いんだよ。特
にゲイジンは。去年来日したパウエルも同じ様な事言ってたよな。阿保かッ
 戦前日本は軍国主義だったけど、決してファシスト国家じゃあない!
 何せ戦時中も選挙が行われ、戦争中止を唱えていた者が当選した事がある位
だからな!←(まあ、極少数派だけどね) これでもファシスト国家?
 むしろ終戦直後からの米兵による、分かっているだけで何千というレイプ事
件の方が問題だろ!恐らくこの頃の日本女性は受けた恥辱を公にしない人が多
かっただろうから、実際の被害者数は一万人以上はいただろう。これに朝鮮進
駐軍(朝鮮人レイパー)もいた訳だから、合わせるとかなりの被害者がいた事
になる。
 中国とアメリカは同じ穴の狢だ。責任を全て日本に押し付ける。許せん!!!
 日本は今後とも中国とアメリカを手を結ばせない事が不可欠だ。そして日本
はこの間に自主憲法制定・自国の安全保障及び再軍備の速やかな法整備とそれ
に伴う具体案策及び国家予算の計上・そして国民の国土防衛義務の法令化(つ
まり徴兵制の事)これらは直ぐにでもやらないといけない。以外と思うかも知
れないが、これらを実行する事が最も戦争や無駄な血を流す事を避けられるの
だよ。

397 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:47:46 ID:KcxyCZaX
あ、彼らの英語の文章力、読解力は別ものだけどね。

398 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:58:21 ID:sEnTCZyh
>>394
映画は自決場面は象徴的なものだろ。
実際は身動きとれない傷病兵に渡していたんだよ。

399 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 19:01:25 ID:wpDmr2MQ
>>396
そういや、ふたりともアイリスなんだ。
まぁ、アメリカ文化にどっぷりつかった人達に
日本を理解してくれってのが甘いわけで‥‥
でも日本人がとるより、ずっとマシなこんな映画を
作ったのもアメリカ人なわけで。不思議やね。

あと、アメリカ人と中国人は似たもの同士だからどうしても惹きあう。
当時もアメリカ人は、中国の反日工作にまんまとひっかかってたしね。
特にアメリカの力のある湯田屋系の人たちは、強烈な反日親中なんだよね。
今度もまたアメリカは中国、韓国らの反日工作にまんまとのせられ
積極的に協力していって、日米は仲たがいして
いずれ日米同盟は解消されると思われる。

そういうもともと相容れない国がこういう映画をとったって
ことは奇跡に近い。いろんな意味で貴重な映画だよ。




400 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 19:10:45 ID:HAPoXkdZ
アメリカ映画の中では群を抜いて日本を調べてるな
でも、これはアメリカ人に見せるための映画だから日本人からすると違和感がたくさん有る
猿と人との合いの子ぐらいに思ってる奴を同じ人間だと感じられるようにするために善悪を交互に表現してるんだけど、悪の表現が日本側から見ると、そりゃぁねえだろってのが多い
ただ、それはアメリカ人の脳みそを揺するためのテクニックだと思えば我慢できる範囲かな
映画としては「許されざる者」の二番煎じなんだけどね



401 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 19:54:24 ID:kSmfIR37
謙さんインタビューにもあったけどだいぶ日本人キャストたちが意見して、
脚本もかなり変わったようだし、クリントが俳優たちの意見をどんどん
受け入れたってのも大きいわな

402 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:04:53 ID:wpDmr2MQ
>>401
謙さんほんとがんばったね。



403 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:11:36 ID:h91pjac/
俺の母親は小笠原出身。強制疎開される前に島で大きな式典の
ようなものがあって、そこで中将さんに会ったとよく言っていた。
硫黄島赴任前の栗林中将だと思う。母の姉たちは式典で踊りを披露
したそうだ。陸軍海軍あわせての盛大なものだったらしく、島民に
大層なご馳走とかも振舞われたらしい。
ちなみに父親は東京で空襲を生き延びている。
硫黄島で兵士たちが1ヶ月戦ったことは決して犬死なんかじゃない。
母親はまだ健在。島で見た兵隊さんたちのことは、幼いながらなんて
すてきな人たちだろうと思っていたそうだ。
全然大昔のことじゃないんだよな。

404 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:16:06 ID:GPSL8Iaa
>>403

今回の映画についてはどう言ってらっしゃるの?

405 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:16:09 ID:S4LdMSjb
( ´・∀・`)へー

406 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:18:32 ID:zED6xWHa
>>403
貴重なお話をありがとう 私の両親も戦争経験者だから、色々聞いてるけど、硫黄島関連の話は知らなかったらしいから

407 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:21:18 ID:ryht29r6
>>401
その点、ラストサムライは謙さんや真田が幕末に忍者はおかしいとか色々意見したけれど、監督に押し切られたみたいだね。
でも、あの映画での活躍とヒットがあってこそ、硫黄島の成功があるんだよな。
トムにも感謝してるよ。

408 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:27:49 ID:h91pjac/
>>404
403です。こういう映画があるよって話はしたけど、
見たくないっていってました。まあ年だから映画館に行くってのも
ないけどね。
映画と直接関係なくて失礼しました。

409 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:52:01 ID:CKLKpdQ9
栗林の甥っ子は
栗林が「軍人として南の島で戦い、死にたい」と言っていたのを聞いている。
つまり栗林は死に場所を求めてたんだろうね。
ただ道連れにされる日本兵とアメリカ海兵隊はたまったもんじゃないよね。

410 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 20:55:15 ID:K6DDxBCq
>>408
自分はそういう話が聞きたいからこのスレ覗いてるようなもんで、
スレ違い失礼なんてとんでも無い
報告おつです

411 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:02:33 ID:I4ypJ1Cz
>>409
「戦況が苦しくなって日本兵が次々と命を散らしていく中、本土でぬくぬくと仕事するより、戦場で死にたい」ってことだろ
大げさに曲解すんなよw

今日は価値あるログが多かった
長文英訳した人々おつですた

412 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:05:49 ID:GYI+CUK8
今まで戦争は忌むべきものだと思ってきたし、これからもそうあり続けるけれど、
当時の兵隊さんたちに「戦ってくれてありがとう」と思うことは悪いことじゃないんだと
この映画を観て気づかされました。

413 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:10:35 ID:FW4EHSjf
>>408
多分、思い出したくないってのもあるんじゃない?
あの苦しい時代を

俺の祖母も、昔家庭用ビデオが普及しだした頃だったか、
俺がレンタルした映画で戦闘シーン見始めたら、静かに部屋からいなくなった
孫が借りてきた映画楽しみにしていたのに

理由聞いたら、あまり昔の事を振り返りたくない、と言った


414 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:20:03 ID:Kt60EfPj
>>407
「ラストサムライ」も個人的には大好きだが、確かに「忍者は・・」って原田監督
とかにも言われたらしいな。ただ、アメリカでは忍者はやっぱり喜ばれるそうなので
仕方が無いんだろうな。

個人的には、革新派の大村?(名前失念)に「侍も忍びも古いものはもういらないんだよ」
とかでも言ってくれるだけで大分納得出来たんだが。

なんにせよ、クリント・イーストウッド監督、渡辺謙はじめ日本人キャスト、スタッフには
おめでとうと言いたいな。

415 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:40:18 ID:26JJgYMp
>>407
個人的には、忍者のシーンが一番好きだった。

416 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:42:22 ID:GxYr0TL1
>>409
栗林の孫(たこちゃんの子供)は某党の衆議院議員さんだよ。

417 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:46:58 ID:sEnTCZyh
うん忍者のシーンは殺陣が良かった。
確かに無いと寂しいな。
由美かおるが出てこないだけマシ。

418 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:48:52 ID:D6sLGpAC
そんなに忍者が好きなら時代物で忍者映画作れば良いのにな。
題名はザ・ラストニンジャ。

419 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:59:12 ID:+fW07A4+
サムライVSニンジャ ラストバトル

420 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:01:30 ID:j7ptGnHx
昨日観てきたけどなんか観終わったその日は呆然と
しちゃってなにも考えられなかった。一晩たってようやく
映画を頭の中で反芻できるようになった。
いろいろ日本についておかしな部分はあったけど
アメリカ人のイーストウッドがあそこまで硫黄島の日本兵たちを
描けたのはすごいよ。それと映画のHP二宮の画像が載ってって驚いた。
ジャニーズの画像ってネット上じゃ絶対に載せないのに(ジャニ系
が主演ででるドラマでも公式HPで画像を載せない)さすがに
ハリウッド映画で準主役となれば載せなくてはならなかったんだろう。
二宮はジャニーズ離れても役者としてやっていけると思うけど今の
芸能界ジャニーズ離反すると干されるんだよね。ジャニーズに属しながらも
アイドルの枠にはまらず役者として成長してほしいよ。

421 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:09:26 ID:sCMUkRbG
今日、電車に乗ってたら頭の悪そうな大学生が数人乗り込んできて、
パチンコの話をしてたんだが、そのうち「『CR硫黄島からの手紙』ってどうよ?」
みたいな話になり、「英霊チャンス突入!」だの、「火炎放射器リーチで日本兵
やっつけたら確変!」だの言って盛り上がってたんだけど、
あんな非国民どもはどうすれば良かったんですかね?

422 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:12:11 ID:+Jbend1n
つかつかっと前に進み出て、天皇陛下バンザイ攻撃がいいと思いま

423 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:12:35 ID:h/p4yYJV
いわゆる泣ける映画で登場人物に感情移入して流す涙は、実は自分のために流している物。
けどこの映画観て、ラストに手紙がはらはら舞う場面で思わず流れた涙は別な気がした。

424 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:15:33 ID:sCMUkRbG
十七歳の硫黄島って本の作者の秋草さんの当時の写真、ずっと
「誰かに似てるけど、誰だったかな〜・・・?」と思ってたんだけど、
若い頃の二岡?  

425 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:15:58 ID:G+z90wgr
>>421
哀れんだ顔でため息ついてやれ。薄ら笑いで。

426 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:23:27 ID:I4ypJ1Cz
>>422
ワラタw

しかしそんなパチンコ台があるのか
パチ業界は○国人が多いからか?日本人だったらさすがに止めそうな気がするけどな〜

427 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:25:28 ID:26JJgYMp
>>426

米・WSJ紙、「北の命運は日本が握っている」…パチンコ業界の北への送金について言及
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164104197/l50

北朝鮮の核兵器開発資金は、在日の経営するパチンコであると世界中で報道
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1165342254/l50


428 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:27:59 ID:Of5zODRl
>>426
そんなパチンコ台はないよw
現時点では

429 :kk:2007/01/25(木) 22:30:58 ID:AQDs3MhU
たとえば、203高地や日本海海戦の映画を観てロシア人の私生活を
考えることはない。そこに感情移入したこともない。
戦争映画は必ず自国の国民に入れ込むものだ。
そうした意味では両国民の心に訴えるこの映画は異色。
栗林や西が米国と関わりが深く、そのことから米国人に親近感を
持たせているのかもしれない。
それにしても、もしこの映画がアカデミー賞をとったならそれは
現在の米国人の心にねざすものかもしれない。

430 :>>428:2007/01/25(木) 22:31:23 ID:ZwxoZ/h8
>>428

チョンが悪意を持って製作しそうな悪寒

431 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:33:30 ID:FRU149di
>>421
大丈夫。
例え話しであったとしても、そんなことを口にする破倫なヤカラは
間違いなく自滅します。


432 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:35:48 ID:Of5zODRl
朝鮮併合と日米開戦がなかったら
どんな国になってたろうか?
2ちゃんは無さそうだねw

433 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:38:11 ID:I4ypJ1Cz
>>428
無いのかww

>>421
人騒がせなことすんなw

434 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:40:47 ID:Dpj64/Mc
>>421-422
ワラタ。

今日のログは、翻訳といい、お笑いといい、レベルが高いなあ。
これも、ノミネート効果なんだろうか。


435 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:52:08 ID:WlnSAvij
ttp://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2007-01-23&p=.htm
13位

上映館数を見比べてみれば、なかなかいい数字なのではないかと思う。
アカデミー賞効果なのかも。たくさんのアメリカ人に観て欲しいですよね。

436 :吉村貫一郎:2007/01/25(木) 22:53:54 ID:Of5zODRl
おもさげながんす

437 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 22:54:28 ID:Ng/3cyPl
>>420
金出せば普通に載る。
義経の時に滝沢の写真載ってた。

438 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:09:12 ID:UkyLdixp
神様仏様、どうか作品賞取れますように。
ナームー(-人-)

439 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:24:02 ID:4WjoR8io
無理

440 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:25:57 ID:sCMUkRbG
>プライス伍長は爆薬の束を持って戦車の下に突っ込み、
>戦車を道連れに戦死した。

すごいな、アメリカ兵にもこんな奴がいたとは・・・

441 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:27:00 ID:ycCgSc11
>>396
ファーストネームの意味すらわからないリア厨ですか?

442 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:29:25 ID:sCMUkRbG
スレ違いで申し訳ないんですが、『夜間戦闘機』っていうのは
普通の戦闘機と何が違うんですか??
相手を照らす装置が付いてるとか??

443 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:31:46 ID:+Jbend1n
レーダーじゃないの?

444 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:31:59 ID:CwHKTF2B
ミリタリー板行けボケ

445 :結局チラシの裏におわっちまった:2007/01/25(木) 23:32:20 ID:Dpj64/Mc
なんか、不思議な映画。

激しい感動も嗚咽もしなかった。でも、退屈もしなかった。
面白いとかつまらないではなくて、別の尺度で測るべきなような気がする映画だった。
うまくは言えないが、日本人として、現代人として、地球市民として、見ておくべき映画だと思った。

うーん。。。。微妙に伝えたいことが違うなあ。

絶対に行くことのできないはずの、魂のふるさとに触れたような感じというか、
厳しく優しい祖父の世界、というか。

うーん。色を音で表現しろといわれてるようなもどかしさを感じる。
うーん。。。。うまく表現できないよ。




446 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:32:51 ID:ycCgSc11
>>407
ラストサムライは表面的なギミックは確かにめちゃくちゃだが、
根底に流れるテーマは間違っていないと思う。八百神の考え方にもちゃんと触れていたし。


447 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:35:41 ID:0ty/cQjT
>>440
tp://www11.plala.or.jp/Gang-Ho/history/ww2/iojima/iojima19.html
このサイトによると
>ハリー・プライス伍長がTNTの束を持って走ると自らも爆風で吹き飛ばされる肉薄攻撃で戦車を破壊
>(死んではいません。念のため)。

448 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:35:58 ID:kSmfIR37
>>436
壬生義士伝は俺は貴一よりも謙さんのがよかった
借金会見直後でリアリティありすぎて泣けたわ

449 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:36:39 ID:sCMUkRbG
>>323
>林・大杉少将は実在の人?
林のモデルは井上大佐じゃないのかな?
擂鉢山奪還のために1000人で夜間攻撃を行っている。
大杉少将は市丸少将の前任者だから実在(名前は違ったと思う)

間違ってたら訂正よろしく。

450 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:38:30 ID:/G+tp+Wj
>>441
サプライズがあるかも

つ 五月みどり&小松みどり

451 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 23:39:17 ID:o/k7vKTc
ラスサムの監督も黒澤信者ではあるのだなこれが
戦闘シーンなんか「乱」にそっくりなとこもあったし

452 :440:2007/01/25(木) 23:40:57 ID:sCMUkRbG
>>447
 そっか、ありがと。
 おかしいと思ったんだよね、アメリカ兵がそんなことするなんて。

453 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:02:22 ID:xQJnVL1f
ポール・ハギスって最近の007カジノロワイヤルにも参加してるんだな
どんな人なんだろ?詳しいサイトないかな

454 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:16:57 ID:VEdB4GQc
イーストウッドの作品て何か最後は凄い細く弱々しく
静かに消えていく様な終わり方するんだよね。
まるで、ろうそくの火が最後に消えていく様な感じ。
「硫黄島からの手紙」という1本のろうそくの火が消えて
俺たち観客はあの暗闇のエンドロールの中に放り込まれ
呆然とさせられるんだよ。




455 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:19:06 ID:shFoqTZd
>>381
>これって起爆に必要な真菅を振るわせるため…。
そう。日本軍のは固いものに打ち当てて雷管を発火させる構造になってたから…。
(ところで:「雷管」の発火〜「延期薬剤」(導火線)〜「信管」が爆発→爆発)。

ちなみに米軍の手榴弾は雷管を叩くハンマーには「スプリング」がついてて安全レバーを
撥ね上げながら自動的に雷管を叩く。どっちが自決で怖いかは…個人差か(汗。

456 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:20:41 ID:c9mcviMO
>>450ソウダ、イタネ

457 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:24:45 ID:TBRHfFo4
>>423
ああ、それでこの映画はいわゆる「泣ける映画」になっていないのか。
自己陶酔がないもんな。。。


458 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:26:27 ID:OMemRcFp
日本の手榴弾は点火から爆発まで3秒しかなかったから、遠投ができず
使い勝手は悪かったらしい。

459 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:29:37 ID:xKT9iG+P
『十七歳の硫黄島』について。

このスレでも一次資料として価値が高いとしていい本だと紹介されてたので
今読み始めたんだけど、いきなりこんな記述があって、この本ホントに大丈夫??
って思っちゃったんだけど、どうなの?

@『栗林中将が訣別電文を発して戦死したあとも、島中に構築された地下壕の
 あちこちにはまだ数千人とも1万人ともいわれる将兵が潜んでいた。』
A『南地区は海軍司令部をはじめ約7千三百余名を飲み込んでいる。また別の
 壕にあってこれに呼応する陸軍部隊では混成第二旅団司令部をはじめ1万三千余名
 に達する将兵が・・・』
 とくにAは、南地区と混成第二旅団ですでに2万人超えてるし・・・

460 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:32:19 ID:wCGBNMXd
十七歳じゃ二等兵だから戦況の把握は無理だろう

461 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:41:02 ID:xQJnVL1f
若いから感情に振り回された記憶に頼ってる面はあるだろうね
著者は生還者の会に属するのを拒んだって話も聞いたな
それを踏まえて読めばいんじゃない?

462 :459:2007/01/26(金) 00:46:34 ID:xKT9iG+P
なるほど。
ありがとう。

>>461
 生還者の会に属するのを拒んだってのはどう踏まえればいいの?

463 :461:2007/01/26(金) 00:49:08 ID:xQJnVL1f
>>462
否定的な立場に居る人って意味で書いたけど、
俺がみつけたソースじゃないので確かなことは言えないッス

464 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:50:30 ID:9C5iTgFK
丸で海軍陸戦隊出身の人で、酷く虐められた3等兵(途中で1等兵)の話があったが、
「死んでも、靖国神社にだけは行かないぞ(死んだ後まで虐められるのはイヤだ)」と言ってた。

465 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:54:37 ID:wCGBNMXd
駆逐艦のような小さい船だと人数が少ないから
毎日のイジメも逃れようがないって話だよ

466 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 00:57:40 ID:shFoqTZd
ん〜。「戦争体験記」ってのは確かに一次資料として貴重なんだがな…でも
「見た限りでは〜だった、〜に思えた」だけならいいんだが「事後に入った知識」が加わると
一次資料として信憑性が疑われ易くなるな。心情の吐露として余裕がないのもあるだろが。

本当は脚注でも入れて「※1:栗林中将が訣別電文を発して戦死したあとも〜であった。
防衛研究所○○資料○年刊」。とかなら色んな意味で誤解もされないんだろが…。
一次資料にあたる人間の力量と客観性が問われるな。

467 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:05:50 ID:OMemRcFp
>>466
こういう日付、数値的間違いの責任は著者に帰せられる場合が多いけど、
実際は出版社の担当編集者の責任だね。
校正の段階でいくらでも調べられるし、間違いを指摘、後のトラブルなど
への助言など、編集者の努力でいくらでもいいものは出来るはず。

それを考えると、テンプレにあるサイトの祖父の硫黄島のテキストはよほ
ど編集者(孫)が頑張ったと思う。

468 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:16:53 ID:iNzdkQP1
>>455
「兵隊やくざ」あたり見てる人には常識だったんだよね
勝がヘルメットにコチンてやる仕草は一見の価値あり

469 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:32:01 ID:eonhk4Ae
サイト貼ってくださった方々、翻訳して下さった方々、お疲れさま&ありがとうございました。
いろんな方のレス読んでるうちに、映画思い出してなんか涙ぐんじゃった…
自分は小さい頃祖母に戦争の話して!と言ったことあるんだけど、「戦争の話はツライからしない。」と言われて幼心にもズキッとしたことを思い出しました。
母はたこちゃんと同じ昭和九年生まれですが、この映画の話をちょっとしただけで涙をポロポロ流し、「とても観れない」と…。
やはり戦争体験した人達は自分の及びもつかない思いがあるのだろうな…

470 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:35:24 ID:050ZTQbl
俺も負け戦なんて見たくないorz

471 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:44:34 ID:wCGBNMXd
負け戦のしんがりを志願するのが男ぞ

472 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:44:37 ID:xKT9iG+P
>>470
負け戦でしか得られない尊いものもあるんだよ。

473 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:50:01 ID:050ZTQbl
大東亜戦争の敗戦は痛過ぎるよ

474 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 01:56:02 ID:h2qi3ZnD
ルールを守らないで勝っただけだろ
正しいのが負けるのが

475 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 02:34:17 ID:shFoqTZd
>>467
<テンプレにあるサイトの祖父の硫黄島のテキストはよほど編集者(孫)頑張ったと思う。

然り。本編の内容もさることながらいい孫を持ったな、と…。

476 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 03:14:46 ID:5aYxeYqx
>>446
自分もそう思う。
だって監督のズウィックって明治時代オタクみたいだし
映画の冒頭でちゃんと八百万の神のこと言ってるし。
忍者もあれ、わかってて「それでもやってみたいんだもん」的ノリだったんじゃないかw
クリントもきっと、あの映画の根底にある
「古来からの日本人の魂」みたいなもんを感じてくれたんだと…

アカデミーの授賞式って、やっぱ謙さんも行くんだよな?
伊原とか加瀬も連れてってほしいんだけど

477 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 03:33:12 ID:oASo47w3
小泉さんもラストサムライじゃなくてこの映画観に行きたかったんじゃないか。

安倍さんはいきなりお祖父さんが立てた慰霊碑から始まるので
感じいったのではと思う。

478 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 03:44:23 ID:YJXH9rWi
映画同様に、栗林の戦術に批判的な
関係者は戦後も硫黄島会にはいりたがらなかったそうな。
とくに塹壕堀でえらい目にあった人なんかは

479 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 03:51:04 ID:PlTnofer
>>476
ズウィックはハーバード?でドナルド・キーンの直弟子だったらしいので
かなり詳しいと思う


480 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 04:31:20 ID:OMemRcFp
むしろいままで取り立てて日本に興味もなかったイーストウッドが
これを撮っちゃったというのが凄い。
いや多分日本人とかじゃないんだろうな、栗林という男だろうな。
その戦い方と立場を意気に感じたんだろうな。

481 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 05:00:15 ID:UngWjmYR
もともと黒澤とは無視できない関係はあるんだが・・・

482 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 05:02:10 ID:OMemRcFp
>>481
用心棒の因縁のこと完璧に忘れてたわwwwwww

483 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 05:23:11 ID:XoSK9eET
嫁さんに日本人の血が混じってることも無視できないと思われる。
ガントレッド、ペイルライダー、ダーティハリー4、許されざる者、ミスティックリバー、ミリオンダラーベイビー
行動原理とか基点に常に女性がいる。

484 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 05:31:12 ID:h2OAP3f9
>>273
こっちには朝元縁さんって書いてある。
ブラックさんと結婚して姓が変わったのかな?
http://asianimprov.at.webry.info/200701/article_7.html

485 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 06:03:11 ID:WYNhFtgU
>>459
「陸軍部隊の混成第二旅団司令部をはじめ、歩兵大隊、砲兵主力大隊、・・・・・・等の
陣地や施設の1万三千余名に達する将兵が・・・」だぞ
海軍の約7千三百余名を足して数は合ってるではないか

ちゃんと読んだのか?

>460
読んでみろ、バカめが

486 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 06:43:44 ID:WYNhFtgU
追加、・・・・・の部分
中隊、機関銃大隊主力、速射砲大隊主力、工兵隊、突撃隊主力、
機関砲隊、他主力部隊や病院壕、繃帯所

>>459
一カ所に1万三千人もいたと思ってるのか?

>>460>>461
通信兵がどんな仕事をしていたか調べてから書き込めよ

487 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 08:25:36 ID:xQJnVL1f
>>486
@についてはどうなってるの?
あと、17歳の感性で見てるってことは忘れちゃまずいぞ

488 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 08:44:12 ID:VJOMACg6
>>476
このスレの昨日の昼頃に謙夫妻と伊原と加瀬はでると書いてた

489 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 09:00:41 ID:9LagwykF
>>488
それガセだって書き込みも見たけど。

490 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 09:35:35 ID:5s40OBbd
>>474
敗戦国の見苦しい言い訳だなwww

491 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 09:38:05 ID:VJOMACg6
ガセか
まあ謙夫妻はくるだろう

492 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:07:54 ID:DIRpk/O6
ボスの本スレで「硫黄島からの手紙」は最初「父親たちの星条旗」のDVDの特典の予定だったという書き込みがあった。
俺もどこかでその文章を読んだ気がするんだけど気のせいなのかな。

493 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:08:20 ID:WYNhFtgU
>>487
@だと?君にはモニターを見る目と考える頭とキーボードやマウスを押す指が無いのか?
他人に聞く前に自分で検索して調べろよ。
プラス関連する本やビデオを観て出直してこい。

何が17歳の感性だ。
今の17歳と当時の17歳を一緒にするな。戦争中だぞ。
秋草氏は通信兵の職務として島内の情報をを正確に把握していた。

その前に、この本読んでないだろ。
読んでから出直して来い。

494 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:10:15 ID:gzT5g25i
この作品を監督するイーストウッドってのがまったく想像出来ない。
ここまで違和感ない「異文化の映画化」が出来るとは信じられん。

495 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:25:37 ID:WYNhFtgU
>>492
>>273

496 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:27:22 ID:OMemRcFp
>>492
ソースはこれ。
つ http://cn4japan.exblog.jp/4808214/
事実かどうかは知らないけど、そういう流れもあったんじゃね?

497 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:27:27 ID:MLwuZk9e
謙さんの英語がどうのこうの、と言う人がいるが、まだネイティブ並にペラ
ぺラしゃべれるのが凄いことの様に思っているコンプレックス患者がおられる
ようだね。それはただの猿真似で逆に軽蔑の対象でしかない。

大事なのは日本人としてのバックボーン。人間性、俳優としての演技力、
外見も含めた魅力なのであって英語なんて二の次。だからこそチャン・ツィイー、
コン・リー、ジェット・リーがハリウッド映画で主役を張れるのだ。
そこを勘違いしてるから逆に日本人が進出できないのだと思う。ハリウッド
に長くすんでいる岩松マコだって訛りのある英語だったが、立派な俳優と
して尊敬されていた。大事なのは中身だというのが分かってない人多過ぎ。

それを分からせてくれたのがこの「硫黄島からの手紙」なのだし。内容が
優れていれば言語を超えて世界中に通じるという事を、身をもって証明して
いるではないか。

498 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:31:28 ID:RfbMj+0j
挿入エピソードや言い回しについては渡辺謙やほかの日本人役者も事実上のブレインになっていたからだろ
だから、作品賞、脚本賞の栄光ってのはある意味、謙さんたちも共有してると考えていいと思う

あと監督賞の意味には、二部作前提のニュアンスもあると思う。
結果的に星条旗が壮大な前座になってくれたわけだし。
(当初は、手紙が星条旗の奥深いスパイスになるはずだっんだろうけど、、、皮肉やなあ)


499 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:35:04 ID:OMemRcFp
アカデミー賞発表まで上映期間が延びたらしいね!
ソースが分からんけどおめでと。

500 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:38:33 ID:XARR4HrC
天皇陛下万歳、靖国で会おうと死んで行ったのに
日本では何故タブーなの?
アメリカに教えられるなんて情けない
でもイーストウッド監督ありがとう

501 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:40:37 ID:DIRpk/O6
>>496
おお、Thx!
おそらくそんな感じなんでしょうね。

502 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:45:32 ID:RfbMj+0j
>>492 >>494
ぜんぜん知らなかったけど面白いエピソードだね。

もしかすると

1 最初は星条旗だけ作るつもりだった
2 資料を調べるうちに栗林が魅力的とわかる
3 これは両方の立場から描かないと戦争を描いたことにならないと気がつく
4 そこでDVDでは入れることにした
5 構想がどんどん膨らむ
6 謙もやりたいと言ってるし、せっかくだから、2本作ろう

というクリントの心の変遷(企画の推移)があったのかも
となると、当初の手紙の予算は、星条旗のDVD売り上げの利益を当てにして
そこから割り出した予算だったのかもしれない

ちなみに、「日本の渡辺謙が星条旗に俺を出せと言ってきたが、残念、と断った」
というのが上記1〜4のどこかにはいるんだが、どのへんかな。
2と3の間だとうれしいな。謙の申し出もクリントに二部作の刺激を与えたことになるから。

503 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:48:43 ID:OZqz16Rh
あんま関係ないけど
二宮和也の噂142 [噂話]
【木10】拝啓、父上様 四通目なわけで [テレビドラマ]
な・ま・い・き盛り【69】 [ジャニーズ]
を見ている方が多いってことは二宮批判を監視しているのか?

504 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:53:43 ID:OMemRcFp
>>502
1と2の間じゃないかな。
DVDの話は、日本側の企画が映画では無理でも、DVDでもいいから実現したい
という位の話じゃないかと想像できるんだけどね。
どちらにしても謙さんが「どんな無名の小さな役でもいいから」というのを男として
意気に感じたのが動機じゃないかな。
やっぱ謙さん迫力あったんでしょ。

すべて妄想だけどw

505 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:57:34 ID:h2OAP3f9
>>502
1と2の間かも知れないよ。
クリントが硫黄島の映画を撮ると聞いてすぐにコンタクトを取ったという話だから。

506 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 10:57:49 ID:vPU9TLVn
>>503
おもしろいデータだな
しかしこのスレの書き込み、ジャニオタが多いようには思えない濃さなんだがw

507 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 11:04:03 ID:XARR4HrC
>>502
1は当たってる
えど・・・話すの面倒

508 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 11:39:56 ID:cU8TR7zG
>>295
全部見終わったが沖縄戦についての映像が印象的やったわ。

509 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 11:50:53 ID:rAHDHcLQ
謙さんは星条旗に一兵卒役でいいから出してくれって頼んだんだよね。
でも役がなかった。

510 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 11:54:40 ID:rAHDHcLQ
>>509のソースはいろいろあったけどたとえばこれ
http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp5-20061118-118420.html

511 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:19:57 ID:5s40OBbd
>>503
キチガイジャニオタが紛れ込んでいる証拠だな。
そういうのも分かるこの機能を思いついた奴は天才。

512 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:20:41 ID:j+VDmXxU
>>500
軍国主義の復活がなんたらかんたらでNG

513 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:24:19 ID:cU8TR7zG
軍国主義ってw
死語やん。

514 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:37:09 ID:CTZc/AXs
>>435
2億9000万円でなかなかいい数字?ハリウッドのこと何も知らないんだね。
ハリウッドでは100億円突破がヒット、200億円突破が大ヒットなんだよ。
日本のテレビ視聴率で言うと100億円が視聴率20%越えだ。
最近は70億円↑ぐらいだけどね。上映館数も少ないわけではないし。
クリント目当ての客が殆どだろうがそれでも少ない。
アッシャーみたいなニガー素人でも8位取れるぐらいなのに・・・そのあと急下降だけどw


515 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:40:14 ID:w2uP3Lt7
>>514
上映館数からすれば・・って断り書きついてるからそんなに噛みつかなくても
いいんじゃない?

516 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:40:32 ID:iXi92c9A
>>500
タブーでもなんでもねえよ。
『拝啓天皇陛下様』って名作知らんのか?
最近中韓に批判されてるから、勝手に今の日本人がタブーなんじゃないかって思ってるだけ。
いわゆる自主規制。

517 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:41:12 ID:5s40OBbd
大赤字だった星条旗の分も回収しないといけないのに。
こりゃクリントは馬鹿だな。

518 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:45:12 ID:h1SbtrlC
>>516
もう戦後からタブー。ドイツもナチスは肯定できない。
まあ敗戦国のペナルティとしては日本のほうが軽い。

519 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:48:22 ID:2xzVMCTj
他にオーディション受けたジャニタレって誰なの?
スマップの誰かだったら二宮が会場行けない理由もはっきりするね。

520 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:50:44 ID:X4KdAOKZ
アメリカで大コケした映画ってこれですか?

521 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 12:51:30 ID:w2uP3Lt7
ありゃ?415館に拡大されてる。。
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lettersfromiwojima.htm

522 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:10:24 ID:iXi92c9A
>>518
だからタブーじゃねえってのw
50年代60年代の日本の戦争映画知らないの?
シリアス物から痛快娯楽物、コメディ物まで作りまくってんじゃん。
靖国で会おう、天皇陛下万歳言いまくりだよ。
それがリアルなんだから。


523 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:11:57 ID:cbt7DLd1
日本のマスコミで手紙が不振とか言い始めたが、そんなの当たり前だろうに。
旧敵国の軍隊だけを初めて人間的に描いた作品なぞアメリカじゃ極めて異色だし、公開規模も元々小さかったからね。
「なんで米でもヒットしないのか?」〜ヒットして当たり前というニュアンス、あるいは逆に、米じゃヒットしないからそれ程よくはない作品なんだという意識が報道の背後に感じられるようで、あまりいい気分ではないよ。

俺は考え過ぎかな?w

524 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:12:52 ID:RPlCSqsq
>>523

どの辺のマスコミが言い出した?

525 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:29:35 ID:cbt7DLd1
>>524
今日の読売朝刊に載ってるよ。スレにもさっき書いてあったが、テレビでも同様の報道があるようだね。

526 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:30:54 ID:I7OP5suo
夫と見に行きましたが夫は最後泣いていました。
私はグロがきつくて泣けなかった。
やっぱり男の人の方が身につまるものがあるのかと思いました。

527 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:37:23 ID:w2uP3Lt7
>>523
でもそれって今更って感じだな。
公開規模からすれば当たり前の数字だと思うけど?

528 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:37:47 ID:esuHDWku
身につまされる かな

529 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:39:00 ID:MLwuZk9e
>>519 ジャ二関係ではいわゆる面接形式のオーディションは誰も受け
ていませんよ。ワーナー支社長と付き合いの深いジャニーさんが
「青い炎」のビデオを渡し、それを見たクリントが即決しただけ。

530 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:39:25 ID:rAHDHcLQ
アメリカじゃ字幕だしね。
ノミネートされて評判いいみたいだから見ようかなって人は多い

531 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:40:41 ID:w2uP3Lt7
まあ拡大されて間もないし、世界公開はこれからだから。出発が他の映画
と違ってたからなあ

532 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:41:57 ID:l+fqOEQY
>>529
嘘つくなよ。
ジャニでは他に○○や××が受けてる。

533 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:42:37 ID:VJOMACg6
さすがジャニヲタ出入りしてるだけあって二宮ネタは情報あるな

534 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:44:54 ID:MLwuZk9e
>>532 まぁ想像は自由だからな。

535 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:47:00 ID:5fIR4D+S
>>523
公開規模からすれば?415館は立派な公開規模だよ。
例え倍の830館でも5億8000万円だよw
どれだけ低いって話だよな。
作品賞でも取れば30億円ぐらいには行くけど、まず99%ありえない話だからな。
敵国〜とか関係ねーし。それ以前の問題。白人は有色人種の映画なんて観たくない。
日本で黒人オールキャストのドラマやったらどうなる?それの倍酷いと思え。
黒人でも白人に気に入れられてるのって白人にペコペコしてるウィル・スミスぐらいだし。
「僕はラッパーだけど、汚い言葉は一回も使ったことないよ」だの他にも白人側に立つことが多いね。
アリの映画で主演した時にスパイクリーが黒人同士で撮ろうと言ったんだけど、
俺は白人の監督しか信用しないと言って白人監督で撮ってた。ペコペコしなきゃー。

536 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:50:32 ID:RfbMj+0j
見る人が多くて、その多くの人がダメ評価を下すような映画より
見る人が少なくて、その多くの人がいい評価を下す映画のほうがいい。

売れる作品と、歴史に残る作品は、必ずしも一致しないからね。



537 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 13:55:39 ID:RPlCSqsq
まぁ、贔屓目に見てもアメリカでの興行が低いのは否めんな。

538 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:00:52 ID:BQKaa01I
>>537
いや何かアベレージ急上昇中だったよ
他のオスカー候補作品と一緒で

539 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:08:27 ID:ZvDrTlv0
>>536
本当に「アメリカ人が評価している」と思ってるならおめでたい奴だな。
クリントやリベラルオナニーやアファマティブの評価だろうに。
評論家なんてそういったことがあるからむしろ一般人より信用ならんわな。
そもそもアメリカ人に自分達と違う人種のことに感情輸入なんて出来るわけねーじゃん。
あと歴史になんて残るわけねーからw。日本のみだから残念ながら。
いい加減アメリカ人の本音と建前やハリウッド文化を勉強しろよ。
硫黄島で舞い上がった民族主義者が過剰メディア通した視点で知ったかしてる


540 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:11:49 ID:7NSc4iv1
と、ノミネートされて舞い上がった>>539が申しております。

541 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:12:44 ID:o9CSrAQS
>>536
歴史に残る作品はある程度の興行収入は稼いでいます。
>>538
そのなんかのアベレージを持って来いよ。
あのな、現時点で2億9000万円が現実なんだよ。
アベレージもくそもない。アベレージ急上昇の結果が2億9000万円なの。



542 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:16:01 ID:w2uP3Lt7
>>535
>公開規模からすれば?415館は立派な公開規模だよ
いや?
12/20〜1/11まではたったの5館
1/12〜1/18まで35館
1/19〜1/24まで360館

ってわけだから不思議じゃないよ。

もしかしてはじめから415館だったと思ってるわけ?

543 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:20:06 ID:w2uP3Lt7
>>538
13位まで上昇してる
http://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2007-01-23&p=.htm

544 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:23:28 ID:RPlCSqsq
>>543

11位のバベルと比べると差が凄い。

545 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:24:06 ID:bTRl5EEj
まあまあw
アカデミーにノミされただけで凄いことなんだから、いいじゃないの。

546 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:24:56 ID:w2uP3Lt7
11位のバベルが889館で$290,446
13位の硫黄島が360館で$207,135
一位のDREAMGIRLSが2,214館で$677,903

アベレージは$575でこれを越えるのはPAN'S LABYRINTHのみ
つまり2位
http://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2007-01-23&p=.htm

547 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:26:05 ID:w2uP3Lt7
>>544
累積だから当たり前。計算できる?

548 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:26:51 ID:RPlCSqsq
日本人の男、盗撮で逮捕=豪
1月25日11時0分配信 時事通信

【メルボルン25日時事】日本人の男がオーストラリア・メルボルンのバックパッカー向けホテルのシャワールームで女性を盗撮した疑いで逮捕されていたことが25日、明らかになった。
現地報道によると、逮捕されたのはムトウ・タクヤ容疑者(34)で、シドニー在住の学生だという。
警察当局によれば、同容疑者は男女共用のシャワールームの中に隠れ、
小型デジタルカメラを使って複数の女性を盗撮した疑い。23日に撮影しているところを女性に見つかり、
逮捕された。押収した写真の中には、全豪テニス大会の会場でスカートの中を撮影したものもあったという。

こんなことやってんじゃ、日本人の品性疑われるよ。

549 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:31:24 ID:w2uP3Lt7
スレちがいw

550 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 14:40:54 ID:cu9R5lwy
事実をねじ曲げることなく伝えることが重要なんだと、この映画を観たら思うだろうに。
ネットでデイリーの興行成績がすぐチェックできるのに、なんで間違った記事書いてるんだ?

551 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:01:04 ID:tUy6lOtZ
ここ、昨日は良いレスが続いていたのに、今日は酷いなw
つまんねーとか、アメで人気がねーとかどうでもいいじゃん
ちなみに読売の古沢由紀子は普段から結構トンデモ記事書いてる記者だよ

552 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:01:54 ID:qOEmcOkw
>>546
全編日本語でアメリカ人が出てもいないから苦戦
するだろうとは思っていましたが善戦してるんだね。

テレビでは苦戦と報道してたがこれはなんなの?
今後それほどは伸びないかもしれないが、最初から否定的な報道で
結局受けなかったとの印象操作にしか見えないです。
この手の映画が作られると困るところがあるんでしょうね。

553 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:16:29 ID:cbt7DLd1
さっき読売の記事について書いたんだけど、読売は中道だから色々な思想を持っている人がいると推測される。
数日前には、夕刊に硫黄島に関連する本の特集をやっていたかと思えば、今回のような記事もある。
他の人も言っているように、少しデータを解析したり映画のできた背景を調べたりすれば、安直な結論は出てこないはずなんだが…。
ここから出ている『検証・戦争責任』という二巻本は中々よくできているんだが、
事実の検証から導き出される結論とタイトル自体にかなり主観が入っていて、別の所が作ったものと勘違いしてしまいそうw

554 :名無シネマさん :2007/01/26(金) 15:16:54 ID:fUz/KcZb
>>546
情報感謝!!
しかし、GGのノミネートの時にも
「作品賞にはもれたものの・・・」
って報道流れてたよ。
もれるも何も、最初から資格ないだろうが!
って思ったよ。
マスコミっていい加減だなぁ。

555 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:19:54 ID:cbt7DLd1
まあ、俺の言いたいのは、記事や報道は伝えようによっていくらでも印象操作できるのだから、
自分で適切に解釈できるようにメディア・リテラシーの能力を身につけようということだね。

556 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:20:49 ID:h2qi3ZnD
読売が責任を語るのならば、自らの責任を語ってからにしろ

557 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:21:57 ID:YJXH9rWi
そりゃあ俺らみたいに
相当いれこんでなけりゃあ
記事もいい加減だろ。

558 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:24:47 ID:w2uP3Lt7
>>552
これからですよ。現時点で通算3億6千万です。
うち2億3千万をこの6日間で稼いでいます。

559 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:32:34 ID:cbt7DLd1
これだけ話題になったのだから、いいきっかけとして硫黄島の戦いとそれを巡る事情などを冷静に描写・分析した特集記事でも組むのがマスメディアのやるべき事だと思うがどうなんだろうね。
栗林中将の「後世…」云々の言葉を思うと悲しくなるな。
クリントも言っているように、硫黄島の戦いについて今の日本人が余りに知らなさすぎるとして、それについてバランスよく伝える好機だったんだけどね。

560 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:43:45 ID:RAJkkw9S
不振と言われても……最初に見たときは単館上映とか言われてたから、
450館まで拡大されてから不振扱いされてもピンとこないんだよな。
日本側の公式サイトは最初から二部作併記で作られてたのに、
父親たちの星条旗の英語公式サイトには最初手紙のテの字もなくて、
これが奴らの本音かと暗い気分になったくらいだ。

それが今アカデミー騒ぎになって、ずっと見てきた側はWBCの日本代表が
本戦に進んだと聞かされた日のお昼休みみたいな気分なんだよ。

毎度毎度WBCと同じ奇跡が起こるなんて期待してないが、
評価なんてされてねーよと言われるとさほど気分が悪いわけでもなく、
可笑しくなってくる。そんなもん、ほとんど問題じゃないんだ。
この映画って、本当に信じられないくらい
不利なところから戦いが始まったんだから。

561 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 15:53:12 ID:24lpFYSQ
菊池凛子には前向きなのに<マスコミ

562 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:03:13 ID:Ry4dAKpg
これ、プライベートライアンと戦闘シーンの臨場感が似てると思ったら
スピルバーグが演出やってんですね。
それにしても、徴兵されていった当時の男の人達って大変でしたね。
合掌。

563 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:05:50 ID:z/0UEbGn
二宮の奥さんは
ルーシー・リュー
のほうがよかったなぁ

564 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:08:58 ID:w2uP3Lt7
そういやニューヨークタイムスで硫黄島の評価高いのに、いつも尻馬のる朝日が今回は
びくともしないね

1月7日のアカデミー賞ノミネーション予測特集によるNYT専属映画批評家の予測

A・O・スコット氏

●作品賞                ●監督賞
「硫黄島からの手紙」          クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」
「リトル・チルドレン」           オリバー・ストーン「ワールド・トレード・センター」
「リトル・ミス・サンシャイン」      アルフォンソ・キュアロン「トゥモロー・ワールド」
「パンズ・ラビリンス」          ギレルモ・デル・トロ「パンズ・ラビリンス」
「デイズ・オブ・グローリー」      ソフィア・コッポラ「マリー・アントワネット」

マノラ・ダグラス氏

●作品賞                ●監督賞
「硫黄島からの手紙」          クリント・イーストウッド ※上に同じ
「トゥモロー・ワールド」         デヴィット・リンチ 「インランド・エンパイア」
「インランド・エンパイア」        アルフォンソ・キュアロン ※上に同じ       
「ある子供」                ジャンーピエール&リュック・ダルデンヌ「ある子供」
「スリータイムス」            ホウ・シャオシェン「スリー・タイムス」


ステファン・ホールデン氏
●作品賞               ●監督賞
「硫黄島からの手紙」        クリント・イーストウッド ※上に同じ
「バベル」               ポール・グリーングラス「ユナイテッド93」
「ヘッディング・サウス」       トッド・フィールス「リトル・チルドレン」
「パンズ・ラビリンス」」        ギレルモ・デル・トロ「パンズ・ラビリンス」
「クイーン」               アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ


565 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:22:13 ID:ZjvTCDKe
第二次世界大戦中、日本人が欧米人を「鬼畜米英」と呼んだように
欧米人は日本人を「黄色い猿」と呼んだ。
その意識はまだ残っている。
『硫黄島からの手紙』を見て、日本人が猿ではなく人間だと気づいた。

566 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:22:47 ID:iBANpi+v
さっき、以前やってたTVSPの郵便配達とやら観たんだが
殆どコントみたいでワロタwwwwwww

567 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:22:52 ID:fkANsmH0
アメリカの映画批評家からはものすごく評価されてるんだな
やっぱり他の国からの視点で見るという事が普段無くて
新鮮なのだろうか?

568 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:26:21 ID:X4KdAOKZ
アメリカで大コケじゃオスカーなんて無理無理w

569 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:26:42 ID:VEdB4GQc
>>562
ほんと?


興行収入マニアなら、アメリカでの興行推移を知ってると思うけど、
>>12/20〜1/11まではたったの5館
>>1/12〜1/18まで35館
ここまでは、単館扱い。でもアベレージは、一位、二位あたりをキープ(平日でも1000$を割らない)

>>1/19〜1/24まで360館
拡大公開されても高いレベルを維持している(まあ実質公開一週目だしね)
2000館レベルでの公開じゃないと上位に入れないのが普通だけど、
360館でベスト10近くにくるのは立派。


570 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:29:24 ID:ZjvTCDKe
アカデミー賞は会員による投票で決まります。
候補作を全部見て投票している、と思う…

571 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:29:37 ID:0m4LOri6
>>567
それもあるけど、なんで作品の出来がそれほど良かったからと思えないのだ?

572 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:29:40 ID:doSNiRg9
>2000館レベルでの公開じゃないと上位に入れないのが普通だけど、
>360館でベスト10近くにくるのは立派。

すげー


573 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:32:18 ID:cbt7DLd1
>>567
それはあると思う。米は勝つこと、強くあることに積極的な意味付けをする国だけど、日本には負け戦の美学に近いものがある。楠木正茂しかり、直江兼続しかり…。
ラストサムライにもあったが、この作品の方がより鮮烈。そういう意味で新鮮だろうね。

574 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:36:47 ID:ZjvTCDKe
昨年、「ブローバック・マウンテン」が負けたのは、同性愛がどうしても受け入れられないといった宗教上の理由も大きかった。
アンチ日本の会員もいるだろうが、祖国愛、家族愛は普遍的なテーマだし、受け入れられやすいと思う。

575 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:43:51 ID:B+zWopig
アカデミー獲ったら、いよいよこいつが本格始動するかな
http://www.the-pacific-war.com/index.shtml

576 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 16:46:46 ID:RPlCSqsq
そういえばサピオに手紙関連の記事があって、原爆映画を米が作ってると書いてあったが。

577 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 17:14:33 ID:RfbMj+0j
物語の最初 記念碑が映し出される
「ああ、岸信介だって。首相のおじいさんじゃん。きっちり仕事してるんだなあ」

「戦争廃墟」の本の写真ような、さびた武器が映し出される。
「つわもの度もが夢のあとかぁ」

川口浩探検隊のような、いかにもインチキくさいエキストラたちが発掘をして何かを見つける。
「しょぼい、しょぼすぎる映画だ、、、、、」

発掘の音が当事の壕を掘る音と画像に変わる。
「うわぁ、現代語をしゃべる、戦争の悲惨さの微塵も無い、現代人のジャニだ
プライベートフイルムのごときひどいしゃべり方だし。。こりゃあ、だめだわ。この映画」

と思ったのもここまで。

その後は普通に見れて、空襲爆撃を受ける辺りからはどんどんはいりこんでいった。


今思えば、イントロのあの緩さは、引きずり込むスピードをあげていくための、
言い換えると助走路を長く取るための、わざとの低レベルだったのかもしれないと
気がついた。

578 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 17:30:35 ID:xzGm1hxO
>>545
それが全て&FAなのに、何この変な流れw


579 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 17:32:20 ID:nU9NQ7Ah
こういう映画をアメリカ人に作ってもらってるわけで。
なんか日本映画界って情けないな。

580 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 17:35:08 ID:4Js4XEs9
>>553 読売は陸軍の責任しか検証してない。


581 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 17:35:46 ID:eMc/SApQ
>>578
ネタ切れでもなんでもいいからしゃべりたいってのが本音だなw

582 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 17:43:58 ID:PlTnofer
後の作品賞候補作出演俳優である

ftp://www.youtube.com/watch?v=6MLalrS-teA



583 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 17:48:02 ID:bTRl5EEj
まさしく渡辺謙が言ったように、ノミネートをきっかけに多くの人がこの映画を見るようになっている(特にアメリカ)。
それだけでも十分価値あるノミネだったよ。ノミネされなければ見てもらえなかっただろうから。
そして見てもらえればこの映画がいかに優れているかわかってもらえる。見てもらえなければゼロだからね。
作品賞なり監督賞なりとってもらいたいのはやまやまだけど、ノミネだけでも凄いことだ。アカデミー協会は変な言い方だけどエライ!

584 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:01:28 ID:X4KdAOKZ
興行収入こけてるしw
アメリカ人は字幕映画を見る文化ねーっつうのw

585 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:03:40 ID:iqOFR3Mv
>>川口浩探検隊のような、いかにもインチキくさいエキストラたちが

硫黄島協会の方達をモデルにしているのに侮辱するようなことを書くな。
無知な餓鬼が...

586 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:05:06 ID:h2qi3ZnD
川口はヤオだけど藤岡はガチ

587 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:13:37 ID:RfbMj+0j
>>585 誰をモデルにしようと、ぜんぜん関係ない。
映像は、どう見られたかが、すべて。言い訳をするのは見苦しいだけ。

不満があるなら、ああいうくさい演技をした役者たちに言うべきだろ。
そんなこともわからん無知な餓鬼は半年ロムってろ。

588 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:14:24 ID:6M6kUXli
>>584
しつこいなぁw

520 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2007/01/26(金) 12:50:44 ID:X4KdAOKZ
アメリカで大コケした映画ってこれですか?

568 名前:名無シネマ@上映中 投稿日:2007/01/26(金) 16:26:21 ID:X4KdAOKZ
アメリカで大コケじゃオスカーなんて無理無理w


589 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:16:11 ID:RPlCSqsq
アメリカが作ってる原爆映画の詳細知ってる人いますか?

590 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:19:11 ID:cu9R5lwy
デイリー(1月24日)
1 DREAMGIRLS         $677,903(-0.9%) / 2,214館 $306  $79,347,080 41日
2 NIGHT AT THE MUSEUM $563,369(-4.1%) / 3,483館 $162 $206,671,090 34日
3 STOMP THE YARD  $504,346(-10.8%)/ 2,051館 $246 $42,281,909 13日
4 THE HITCHER (2007) $450,000(-13.1%)/ 2,831館 $159 $9,344,000 6日
5 THE QUEEN $513,000(+7.5%) / 1,586館 $323 $36,888,000 117日
6 THE PURSUIT OF HAPPYNESS $463,172(-0.8%) / 3,066館 $151 $147,461,164 41日
7 PAN'S LABYRINTH $455,000(--) / 609館 $747 $11,257,000 27日
8 CHILDREN OF MEN $312,420(-2.4%) / 1,524館 $205 $28,413,978  31日
9 FREEDOM WRITERS $305,222(+1%) / 2,286館 $134 $27,439,977 20日
10 ALPHA DOG $252,145(-11.2%)/ 1,292館 $195 $12,620,875  13日
11 BABEL $290,446(+11.5%)/ 889館 $327 $24,389,760 90日
12 BLOOD DIAMOND 209,332(+1.5%) / 955館 $219 $51,201,217 48日
13 LETTERS FROM IWO JIMA $207,135(+9.4%) / 360館 $575 $2,991,249 36日
14 THE LAST KING OF SCOTLAND $201,647(+10.1%)/ 495館 $407 $5,863,621 120日
15 THE GOOD SHEPHERD $164,305(+4.3%) / 1,571館 $105 $58,073,515 34日
16 PRIMEVAL $139,288(-9%) / 2,444館 $57 $10,050,096 13日
17 CHARLOTTE'S WEB (2006) $143,096(+11.4%)/ 1,915館 $75 $77,198,906  41日
18 ARTHUR AND THE INVISIBLES $118,724(-3.6%) / 2,248館 $53 $9,668,668 27日
19 NOTES ON A SCANDAL $134,373(+12%) / 200館 $672 $6,351,986 31日
20 ROCKY BALBOA $98,806(-10.2%) / 1,450館 $68 $68,042,203 36日

http://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?sortdate=2007-01-23&p=.htm

誰か揃えてくれ・・・。

591 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:19:12 ID:iqOFR3Mv
このスレ最初のから見てるけど、あの場面にケチつけた人は他に
いなかったと記憶する。一人の変わり者が騒いだ所で制作側も気にする
必要もないけどな。
映画の全体を観ないで粗探しに執着する奴はどのスレでも嫌われるよ。


592 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:37:30 ID:7TWTz0wW
新聞の、アメリカ本国では受けていないって記事、今日の朝テレビでも取り上げていたけど、記事書いた記者はつい最近まで五館のみの公開とか、知らなかったみたいね。
ま、日本の新聞記者なんてその程度だろ。

593 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:41:09 ID:RgswlCfK
13位でコケたとは普通言わない。

594 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:50:51 ID:VEdB4GQc
>>584
釣れますか?

595 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:52:40 ID:Yj1csGhF
>>594
釣られんな

596 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 18:55:41 ID:RgswlCfK
マスコミは、もっとちゃんと調べないと。このスレ見ればいいのにw

597 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:02:53 ID:T+yfneNn
「夕凪の街、桜の国」もクリントに撮って貰いたいな

598 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:06:21 ID:Ax4KKR/t
今観てきた。恐くて泣いたよ。平和な時代に生まれてきたことを心から感謝する。

599 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:11:00 ID:RPlCSqsq
>>598

尖閣をめぐって中国と戦争になる可能性はまだある。


600 :頭山満:2007/01/26(金) 19:12:37 ID:050ZTQbl
戦前の日本が軍国主義なんて
都市伝説だろww
今のアメリカより余程民主的だ。

601 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:14:40 ID:RPlCSqsq
韓国は対馬を狙って軍拡中、ノムも日本攻撃を検討した(WPも報道)
竹島の奪われ方をみれば非現実的な事では無い事がわかる。

602 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:19:39 ID:6CAMx+to
作品ユーザーレビュー
父と母も見ました

私の父は現在85歳。学生でしたが招集されて、ビルマ(現ミャンマー)の
北部戦線にて陸軍無線部隊に所属していたようです。ビルマ戦線と言えば、
悪名高いインパール作戦で有名ですが、父の所属部隊はインパール作戦には
直接関わらなかったようで、幸運にも生還できたのです。したがって、父は、
インパール作戦を始めとするビルマ戦線に関する本は、目に付く限り何十冊も
買い求め、読んできました。
私自身は、そのことにさほど関心も無いままに一緒に暮らしてきたのですが、
実は「プライベートライアン」の冒頭の生々しい戦闘シーンを見たとき、
父はこんな銃弾が飛び交う死線をかいくぐってきたのか!と衝撃を受けて
涙を流したのでした(他人に話したことはないのですが)。
硫黄島からの手紙を、私は初日に見ました。強く心を打たれ、
父と母に見てみる?と尋ねると、「行きたい」との答え。
しかし、父は最近足元がおぼつかなく、外出には念のため酸素ボンベを
持たなければいけない状況のため、劇場のシートに座るまではちょっと
大変でした。
父の感想ですが、もともとあまり多くを語る人ではないので、
言葉は少ないのですが、「いい映画だった」と一言。このレビューでも
言われている実態と違う点については、何も言いませんでしたが、
ただ「無帽のときには敬礼はしないのが陸軍の礼式だが・・・」の点だけは、
こだわっていました。意外だったのは、クライマックスではなく、
比較的早い頃のシーンで、父がフェイスタオルを出して顔をぬぐっていた
こと(泣いていたのか否かははっきりしません)。

603 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:20:53 ID:6CAMx+to
戦争や軍隊について、父がよく言っているのは、軍隊は、教育と言う名の
元に酷いシゴキや暴力が横行しており、それは規律の維持とは全く関係ない
無意味で非人間的なものであったこと、英米の兵が持つのは連発式の
機関銃に対し、日本兵が持つのは単発式の小銃であり、
勝てるわけがなかったということ、常に食料や水の確保に苦労していたこと
、などです。興味深い話の一つに、あるとき日本本土から慰問袋
(戦火の兵士と少しでも慰めようという趣旨で、不特定の人からの手紙や
千人針などが入っていたらしい)が届いたそうです。そこには、
見も知らない女学生の手紙が入っていて、「御国のために奮闘してください、
靖国でお会いしましょう」などと書かれていたらしい。父は、
「靖国で会おうとは何事だ、勝手に俺を死なせて。もし俺が死んでも
俺の魂は靖国になんぞには行かない。故郷に帰るだけ。」
と苦笑したそうです。英霊の魂が靖国に祭られているというのは、
国家としての擬制であって、そのように教育されていても、
それとは別の思いを持った庶民も居たことを知って欲しいと思います。

一方、母は戦時中教師をしてましたが、戦争末期になると竹槍(!)で
敵を迎え撃つ訓練をしたそうです。母は、この映画を見て、
迫力にびっくりし、酷い戦いに涙していました。終わった後、
「感激した!」と大興奮。今年の年賀状には、硫黄島からの手紙が
とても良かったと、書きまくったようです。
感激屋の母と冷静な父も、映画を見終わった翌日から、「散るぞ悲しき
」や生還した方たちの手記などを始めとする硫黄島関連本を夢中で
読みふけり、既に6,7冊は読み終わりました。
それだけ、この映画が同時代に生きた者の心も強く打ったのだと思います。


604 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:21:27 ID:JBAA2kqR
今見てきた

見たくて見る映画ではなく、見なくてはいけない映画だなと感じた。

近くに老輩の方々がいらっしゃったんだが、皆涙を流していていた。

世代を問わず心に訴えることができる映画を見ることが出来てよかったと思う。

605 :頭山満:2007/01/26(金) 19:23:35 ID:050ZTQbl
憂国フラッシュ
桜花
http://nekozemax.hp.infoseek.co.jp/ouka.html

戦場に再び血が流れるのは近い

606 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:34:33 ID:w2uP3Lt7
米映画の「硫黄島の砂」でも米軍曹による新兵しごきが出てくるよ。

軍隊ならそれがデフォでしょう。

607 :頭山満:2007/01/26(金) 19:36:52 ID:050ZTQbl
北のひめゆり
http://www35.tok2.com/home/sousei/

真実はどこに
 昭和19年、祖父はフィリピンにいた。特攻隊の真実。
http://nandakorea.sakura.ne.jp/media/sinjituwadokoni.swf

608 :頭山満:2007/01/26(金) 19:43:49 ID:050ZTQbl
かく戦えり近代日本
 武士の魂よ、いまいずこ。
http://suuyan.hp.infoseek.co.jp/fa1/kaku.html

609 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:52:24 ID:FYSv2mzG
>>608
貴様のような低脳が騒ぐから戦争は起きるのだ。
どんな時でも理性を保て。
戦争は必要悪ではないぞ。
もう絶対にあってはならんのだ。
第一、故人をかたって発言するとは何事だ!
即刻やめろ。

610 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 19:59:27 ID:w2uP3Lt7
口調が軍隊調・・・

611 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:19:57 ID:Yj1csGhF
ワロタ

612 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:20:04 ID:RfbMj+0j
口調が憲兵調・・・




613 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:24:38 ID:h2qi3ZnD
戦争は必要悪
わるいのは中国とロシア

614 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:30:28 ID:X4KdAOKZ
戦争を美化してるつまらん映画だ
軍事オタだけには見る価値あるんじゃねーか?w

615 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:32:51 ID:w2uP3Lt7
>>614
見てないだろw

616 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:34:28 ID:MOP2fQPf
ID:X4KdAOKZは話にならない。

617 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:41:39 ID:rhmJt52e
この映画を観るか観まいか悩んで早一ヶ月半経つんだが、この映画は観るべきか?


618 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:42:04 ID:w2uP3Lt7
>>616
ほんとだ。検索してわかった。悪意のあるレスしかない。まだ反対意見なら
まだしもと思ったんだけどね。醜い心の持ち主のようだ。以後あぼーんします

619 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:43:33 ID:w2uP3Lt7
>>617
自分で決めた方がいいよ。あんたの金使うんだし。

620 :日米朝韓の軍需利権屋はひとつのファミリーだ:2007/01/26(金) 20:43:53 ID:9hMvdKp4
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
「内地における観念右翼に比し、さらに悪質なるものは大陸に進出せる右翼である。
彼ら が一部の政治軍人と結託して中国民衆を搾取し、その私服を肥やせることは天下周知の事 実である。
中には巨万の富みを蓄えたるものすらあるとの噂もある。
口を開けば天下国家 を論じ、定まれる職なくして巨万を蓄え得るとすれば、かって何人かが「乞食と右翼商売 は三日すれば止められぬ」と皮肉った言葉は、けだし適評と言わねばならぬ」
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/tuzimoto04g.htm
ある高級司令部では政治経済の監督の責任を有する特務班の幹部全員が相語らって、
巨額の公金を遊興の費に充てた。
ある守備隊長は、富裕にして親日家たる華僑を惨殺して巨額の黄白(=金銀)を奪い、これを土中に陰蔽して他日の用に備えた。
ある憲兵隊長は、愛する女に収賄せる多額の金額を与えて料亭を経営せしめ、その利益を貯えた。
ある特務機関長は、関係せる女の父親に炭鉱採掘の権利を与えた。
ある中隊長は戦地における部下の兵の携行する写真により、その妻が美貌の持主であることを知り、陸大受験のために内地に帰還するや、
東京の宿にその兵よりの伝言ありと称してこの妻を誘い寄せ、忌わしき病気さえも感染させた。
海軍もまた、概ねこれと同工異曲であった。否、陸軍よりもさらに腐敗していた。
 賄賂は公行した。
虐殺と掠奪と暴行は枚挙にいとまがなかった

621 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:46:12 ID:RgswlCfK
>>617
観るべきかどうかは分からないけど、一人でも多くの人に観てほしいと思います。

622 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:54:02 ID:X4KdAOKZ
事実を言ったまでだが?
お前らのおめでたい脳内じゃわかるまい
所詮戦争がなんなのかわかってないオナニー映画

623 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 20:56:26 ID:LSZEyMHf
今度じーちゃんに戦争のこと聞いてみよ
満州からシベリア送りになったじーちゃんの兄貴のこととかも気になるし

624 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:00:11 ID:rhmJt52e
>>620記事が朝日新聞だしwww

625 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:00:12 ID:w2uP3Lt7
>>623
「9千マイルの約束」っていう映画レンタルしてごらん。シベリアで捕虜になった独軍兵士が
家族に会うために収容所脱走するお話。絶対おすすめ。

626 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:02:06 ID:LSZEyMHf
ちなみに赤い月っておもしろいの?

627 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:06:09 ID:qe9IOF5P
イーストウッドの映画って女には受けが悪いんだよなあ

628 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:06:16 ID:bLpDlabT
>>566
日本人が戦争ドラマ撮ると、撃たれてから死ぬまでが長いせりふでくどい(ここが見せ場だと思ってる)、だけど俺はそれが大嫌いなんだよ

629 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:09:29 ID:w2uP3Lt7
>>626

「戦前の風潮に似ていて恐ろしい」といってるなかにし礼原作でしょ?



630 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:13:30 ID:LSZEyMHf
>>629
なかにし礼かよ
期待せずに見ることにするか

631 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:14:42 ID:wCGBNMXd
昼のワイドショーに出ていたなかにし礼の発言を聞いていると
バカサヨと同じだったよ、とても一流な考察は無理だね

632 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:26:15 ID:tEk0C1gt
   ┏━┓     
   ┃悪┃   南 
   ┃の┃   無 
   ┃枢┃   阿 
   ┃軸┃   弥 
   ┃中┃   陀 
   ┃国┃   仏 
  ┏┻━┻┓    
 ┏┻━━━┻┓   
━┻━━━━━┻━━━
  

633 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:34:49 ID:Tn0KgV3f
よくハリウッド映画にある戦争映画の中のラブシーン。賛成?反対?
俺は絶対反対だ   

634 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:37:33 ID:/TCLZIQH
先日ウチのばあさんが、近所の仲間に誘われてこれを見に行った。
映画なんて久し振りでしょ、と聞いたら前に見に行ったのが
ウチにテレビの来る前、小学校の校庭で上映会があったとき
集落のみんなで耕運機二台に乗っていったきりだと。

帰ってきて感想を聞いたら「想像はしていたけど、ありぼ(蟻)の巣を
つついたみたいに鉄砲持ったやんらあ(人たち)が
ぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろあがってきてよう」
でも、日本映画じゃないんだよなぁ、私が言うと
「日本じゃできないよ。あんなに軍艦やらつかってんだも」だと。

635 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:39:04 ID:xKT9iG+P
キスシーンとかだけなら反対だが、ちゃんとセック○シーンまであるなら、
反対する理由は特に見当たらない。。。

636 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:41:45 ID:wCGBNMXd
スターリングラードのお尻丸出しせくすは良かったお
ドラグノフより萌えた

637 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:42:58 ID:hEfPef05
観た。
死んだ爺ちゃんにも見せて語り合いたかった…

638 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:43:16 ID:P3Iav7If
バンドオブブラザースの最終話のセクスシーンはちと引くよ

639 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:43:33 ID:LSZEyMHf
「俺、この戦争が終わったら結婚するんだ」とかの台詞は絶対に必要

640 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:43:42 ID:w2uP3Lt7
>>634
俺が観に行った時も年配の人見かけたけど、みんなあれ本物の軍艦だと
思ってるんだろうか・・・

641 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:44:32 ID:w2uP3Lt7
セックスと死は隣あわせ。生と死だ。

642 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:48:53 ID:b4nR65jl
ハリウッド映画で御法度と言われる完全な静寂の瞬間があるのも
アメリカ産らしくないね。

ハリウッド映画では音楽も台詞も物音もないのはたとえ短時間でも
ダメなんだよね。

643 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:51:13 ID:wCGBNMXd
>>642
アマデウスでは無音が素晴らしかったぞ、アカデミー録音賞だたぞ

644 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:51:19 ID:eDSMRHyJ
動物園に行って、急に始められちゃう位の事でね?  

645 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:54:41 ID:xKT9iG+P
あるね、初デートで彼女が「かわい〜〜♪」って言ってたオコジョがいきなり、
腰をカクカクカクカク〜〜

646 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:55:33 ID:nMYfhz7r
>>644象のペ二棒はバズーカ砲くらいあったぞ!!デート中だったから引いたわw

647 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:56:35 ID:waDrbMkU
最後に暗転してからの音楽をきくために映画館通いしている知り合いがいます。
サントラじゃだめなんだそうで、映画を見た後に聞きたいんだそうです。
映画そのものは何回も見て、さすがに飽きてるようですが。

648 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 21:58:46 ID:b4nR65jl
ガサガサゴソゴソ席を立つバカが多い中聞いても気が散るだろう。



649 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:04:28 ID:b4nR65jl
あー、いまやってる映画、突撃のシーンでスローモーションになって
派手な弾着、日本製戦争映画のお手本のようなシーンだねw



650 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:09:01 ID:nMYfhz7r
戦争映画じゃないけど「ニュー シネマ パラダイス」のHシーンは目のやり場が
ないね 少年トトが可愛いだけに落差は大きいよ   

651 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:09:37 ID:gCNP1V2V
>>649
俺は「赤い月」って映画が2003年に公開されていたことすら知らなかった。
まあ知らなくていいけど。
ちらっと見ただけでも十分寒い映画ですね。

652 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:10:31 ID:RPlCSqsq
【国際】 "日本は、従軍慰安婦の責任を認めろ" 新たな「慰安婦決議案」、米下院に提出へ
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169808556/

これがアメリカの現実です。

653 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:15:29 ID:QNlHbvLy
「硫黄島」はまだ観ていないが、「ラストサムライ」のような、対日関与政策的な映画なのか?
そうではないことを祈る。と言うのは、関与的色彩が強くなると映画にいろいろと注文が入り、
監督や脚本家の色彩が消えて、駄作になってしまうからだ・・・・・「ラストサムライ」のように。

654 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:15:35 ID:jacHoLyp
>>652バックに在米コリアン

655 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:17:26 ID:b4nR65jl
>>653

ぐだぐだ言ってないでさっさと観るなら観ろよ

656 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:20:16 ID:RPlCSqsq
>>654

つまり議会工作が功を奏してるってことだろう?

657 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:22:22 ID:YbSFUJUa
裕木奈江脱いでないじゃん、騙された

658 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:33:44 ID:pRVqNp1j
>>656
アメリカで慰安婦の件は却下されたと聞いたが…
また性懲りもなく食い下がってるのか米チョンは?

659 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:33:49 ID:xKT9iG+P
脱いだシーンはカットされてるから、ノーカット版がDVDで出たら買いだよ♪


660 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:35:53 ID:xKT9iG+P
>>657
キミの書込みをした時間がきれいだからノーカット版が出たらプレゼントします。

658もなかなかきれいだな。

661 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:36:36 ID:w2uP3Lt7
>>653
人の見方色々あるし。自己責任で。あと「たかが映画」です。

662 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:37:04 ID:RPlCSqsq
>>658

毎年出てて、徐々に下院全体可決に近づいてます。
今年は民主党女性議長ペロシなんで可決されるかもしれませ、
下院で可決すると上院にいきますが、民主党優位な状況なんで
これまた可決される可能性があります。

663 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:40:04 ID:jacHoLyp
前回は鈍重な日本政府が正式に抗議したから功を奏した


664 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:41:48 ID:xKT9iG+P
>聞こえて欲しくない絶叫が激しい爆発音の間に飛び込んでくる。

こういう地獄絵巻は映画では表現しきれてなかったね(星条旗も)、
さすがにどんな名優も最後の断末魔の叫びは表現し得ないだろうね。

665 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:49:01 ID:wgn+M9Ua
>>664
たとえば本物の戦場を経験している年配の役者がそれを演じたとして

素人が見て得心が行くかどうかはまた別の問題だからなあ。

666 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:49:20 ID:v0/hEFIL
日本のサヨクが車の運転の邪魔してます

667 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:50:12 ID:JHVPcwV2
>>662
>今年は民主党女性議長ペロシなんで可決されるかもしれませ、

ペロシは筋金入りの反中だが?

668 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 22:52:49 ID:RPlCSqsq
>>667

反中だが人権派、ペロシが中国だけ叩くと思ったら大間違い。

669 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:10:25 ID:w2uP3Lt7
>>651
横乳いがいは糞映画だったでしょ?

670 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:11:59 ID:zo4kuWic
>>638
正確には、第9話(全10話)

671 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:21:44 ID:xKT9iG+P
『プライベート大安』
大安家の長男はぺリリュー、次男はサイパンで戦死、硫黄島で戦う三男を母親の
元へ帰すために激戦が繰り広げられる硫黄島へ上陸し、大安二等兵を救出しに
行った実話を元に製作された感動の超大作。2008年春公開予定。

672 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:25:54 ID:VJOMACg6
スレチなんだが、プライベートライアンってなんで三男だけを
助けるために、他の人が犠牲にならなきゃいけなかったわけ?
映画みてないんだけど

673 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:29:05 ID:YbSFUJUa
>>672
二人も子供を失った可哀想な母親のため

674 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:33:51 ID:wgn+M9Ua
>>673
「星条旗」と同じで、一種のマスコミ対策だよな、あれ。

675 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:41:52 ID:PsG1Ao9R
>>667
前回同じ様な決議案が出された時はペロシは賛同していたけどね。
当時の下院議長は70年代に大阪で英語教師をした事がある知日派だった事もあるせいか、
本会議への提出自体認めなかったし、提出されていても共和党が多数派だったから、最初から
可決の見込みはなかった

676 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:43:32 ID:VJOMACg6
ライアンだけ特別扱いは納得できない俺には向いてない映画だな

677 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:44:23 ID:YbSFUJUa
メジロライアン好きだったなあ

678 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:45:52 ID:wgn+M9Ua
>>676
ライアン自身も「俺だけ特別扱いは納得できない」
という態度を作中で取るんだから、その感性は正しい

679 :名無シネマ@上映中:2007/01/26(金) 23:59:10 ID:Pf2AfRBI
>>676
あの映画の意図は、ライアンを特別扱いして美談に仕立て上げている政府に対するアンチテーゼだよ。

680 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 00:01:37 ID:wCGBNMXd
アンチテーゼも糞もない映画だったよ
アパムの映画さ、西郷だな・・・

681 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 00:16:30 ID:CyT4KtlE
冒頭のオマハ・ビーチの戦闘で終了。
あとは後日談

682 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 00:24:44 ID:qwXfkA+U
サリバン兄弟の悲劇
ttp://www.warmovie.com/movie/SPR/story/story.html

兄弟で兄が前線ならば弟は後方待機
兄が生還すれば弟は前線行き

683 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 00:29:43 ID:EHAxs3Ph
皆さん、ライアンスレへどうぞ。

684 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 00:38:50 ID:6oIpadu2
『ブラザー不動』
兄弟揃って硫黄島へ送られた不動兄弟の物語。
投降しようとして上官に射殺された弟のかたきを討つため、
アメリカ軍に寝返り多くの日本軍陣地を破壊。アメリカ軍の英雄となった
兄の前に死んだはずの弟が・・・・    2007年夏ロードショー。

685 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 00:42:34 ID:AmZ1pht6
>>652
それ関連は、現地の韓国系ががんばってるみたいね。

869 名前:_ メール: 投稿日:2006/09/15(金) 00:06:56 ID:nS0Fs1kZ0

「これまでアメリカ国内の韓国系社会や慰安婦問題関連団体は、
米議会での従軍慰安婦決議案の上程と通過のために
韓国系社会をあげて、署名作業や地元議員に手紙を送る運動などの
大々的なキャンペーンをしてきた。(抜粋)」
ttp://www.joins.com/article/2447331.html?ctg=-1




686 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:08:44 ID:xi5HU2+J
うちの母方のじいちゃんは憲兵でした
うちの父方のじいちゃんは病気だったかで兵隊にはとられませんでした

平成の時代で、戦争なんてと頭では思っていても何となくスイマセンな気分になる
当時はもっと圧力あったんだろうな・・・

687 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:15:36 ID:dpxi0cCx
ボルネオ島から生きて帰ってきた事を恥じてた爺ちゃんは、
この映画の西郷みたいな感じだったのかなあ…

688 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:17:48 ID:CyT4KtlE
会社の上司(昭和19年生まれ)の父親は皇宮警護兵(近衛兵のことか?)にいたそうだが、
食料も比較的豊富に廻ってきたそうだ。

いろいろだね。

689 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:20:28 ID:EZ6C1mmr
>686 今も十分危険な方向に行ってると思う。教育基本法、憲法、改悪・・

690 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:21:06 ID:DsCiOJ5g
a

691 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:21:56 ID:O/Sdjv54
今日、彼女と見てきた。
日本とアメリカが戦争したのが事実なのがわかった。
映画を思い出して、さっきまで彼女を掘り続けてた。
おれもあの時代に硫黄島にいたら、映画で戦車を撃破した
あのでっかいミサイル部隊で活躍したかった。

692 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:23:51 ID:veHI6zsy
告ぎやるときはどんな卑怯な手を使ってでも勝つ
アメリカのように

693 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:26:15 ID:ZXOEQW6Q
次にやるときは>>692抜きでやろうぜ。

694 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:30:31 ID:VHNeBMme
教育基本法、憲法も改正であって改悪じゃあない
教育基本法は現状ではどれだけ無能でもリストラの難しい「教育に関する公務員」を
免許更新制にして競争原理を持ち込むだけの話
憲法は近隣諸国にヤクザ国家がいるんだがどうする?って話

695 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:38:23 ID:dpxi0cCx
一つ気になったんだが、退却する事は帝国軍人にあるまじき卑怯な行為なんて言ってたけど、
本当に実際の日本軍もそんな感じだったのか?

戦国時代以前から読まれてた孫子の教えでは、退くことも大事という風に教えてるのに。
孫子の精神なんて時代遅れと決めつけられてのかな?

696 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:41:23 ID:n8Rchim3
今日観てきた
なんつーか、最後の西郷がシャベルを振り回すシーンで号泣した。
やる気の無いちゃらんぽらんな男でも、
あの状況で最後に日本男児としての意地を少しでも見せたのがなんだか泣ける。
今の日本の若者とすげ〜かぶる。

697 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:43:51 ID:hKwiuKKF
学生だった時分、学校帰りの電車の中で、その電車の行き先について
尋ねてきたじっさまが、突然戦争話しを始めてびっくりした記憶があります。
面食いながらもなんとか相槌をしつつ、話し相手になってましたが
夕日がじっさまの片頬を照らしていて、一筋の涙を流されてました。
そんなじっさまの横顔が今でも忘れられません。

長く生きてるのなら、楽しい思い出で天寿を全うしてもらいたいのに。。


698 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:44:19 ID:dpxi0cCx
バロン西が予備知識が無いと馬好きの変なおっさんにしか見えないw

699 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:44:26 ID:Wu4iuXNx
退却か退却しないかは、指導者が決める事で、
最前線の兵は余計な事は考えないで下さい。

700 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:50:19 ID:PJ8XK+4h
>>695
武士道とは死ぬことと見つけたり

701 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:52:54 ID:pFc9JsXY
>>700
武士じゃなくてただのパン屋です。

702 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:54:34 ID:veHI6zsy
パンの中にも武士道あり

703 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:54:34 ID:6oIpadu2
>>691
この映画を観るまでアメリカと戦争したことを事実と知らなかったお前なんか
危なっかしくてミサイルの近くになんて置いておけるか!

>>687
キミのお爺さんはきっと戦友と一緒に壮絶な戦いを必死に戦い抜いた挙句、
運命のイタズラでたまたま生き残ることが出来たんだと思う。
だからこそ、一緒に死ぬ運命として戦っていた戦友を裏切ってしまったような
気持ちになってしまうんだと思う。
でも、西郷はそんなことこれっぽちも思ってない。生きて帰れれば戦争に負けようが
どうでもいいって感じ。
なので、キミのお爺さんと西郷を一緒にするのはお爺さんに対してとても失礼だ!

704 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:55:40 ID:ZXOEQW6Q
>>695
まあ、だいたいこんな調子だったらしい。
だから負けたんだけど。

705 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 01:58:40 ID:Kpy1TFMI
>>691
ミサイルではないよ。陸軍なんで臼砲ですね。
岡山県護国神社に現物が納められているよ(下記)。
http://www.asahi-net.or.jp/〜KU3N-KYM/heiki5/okayama/okay.html

海軍にも噴進砲というよく似たものがある。

706 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:03:01 ID:Kpy1TFMI
>>705
自己レスです。下記が正解。
ttp://www.asahi-net.or.jp/〜ku3n-kym/heiki5/okayama/okay.html

707 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:06:13 ID:dpxi0cCx
>>703
そうですね。祖父ちゃんも戦友に申し訳ない、みたいな事言っていました。
親が言うには、戦争のトラウマで寝てる最中に突然、戦場の事を叫んだりしていたそうです。

そんな祖父が、あの戦争の事を登山に例えてました。
日本の兵士もアメリカの兵士も、麓の場所は違うけど、
頂上の…平和への希望は同じだったと。

708 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:07:22 ID:PJ8XK+4h
>>701
>どんな卑怯な手を使ってでも勝つ
と言うキミに武士道フォローされるとは思わなかったw

709 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:08:20 ID:PJ8XK+4h
アンカー間違えたw
>>702だった

710 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:08:28 ID:Kpy1TFMI
ここです。
ttp://www.asahi-net.or.jp/〜KU3N-KYM/heiki5/okayama/okay.html



711 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:12:29 ID:0QxFAxSN
武士道とは死に場所を間違えない事です。
死んで何かを成す事が出来るなら何時でも死に
生きる事で何かを成せるなら
必死に生き延びる事です。

712 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:33:42 ID:qqHGdSlP
>>707
私の大伯父は海軍兵学校あがりのバリバリのエリートで
お国のために死ぬ気まんまんだったのに
病気で前線から返されて同期のほとんどは死にました。
「自分だけ生き残っていい人生を全うをするなんて」と
戦後はほとんど贅沢をせず生涯独身を貫き退職金は
近所の子供の私塾を設立して使ってしまい
80過ぎた今も古いアパートの一室で暮らしています。

私は頭が良くて優しい彼が大好きですが
それでも彼の人生はどこか痛ましいと思ってしまいます
(そんなこと思うこと自体傲慢ですが)

あなたのお爺さんが幸せな人生を送り
その結果あなたがそこにいることが
私にはとても嬉しいです。


713 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 02:37:28 ID:eHB50oUl
>>710
〜が全角だからリンクちゃんと貼れないんでね?
ttp://www.asahi-net.or.jp/~KU3N-KYM/heiki5/okayama/okay.html

714 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 05:14:16 ID:kYqFZhRh
米国での上映館が360から415に増えた。
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lettersfromiwojima.htm

2月2日に700近くに増えると言う噂も・・・確認は取れず。

715 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 07:07:51 ID:yhCCdwyp
でも日本は一気に上映館数減った
減らされた
というべきか

716 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 07:48:08 ID:kYqFZhRh
25日現在ではまだ360館。Widest Release: 415 theaters に成っているので最多で415館で終わりかもしれない。
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lettersfromiwojima.htm

717 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 08:37:00 ID:uu1smaHd
>>715
話題作目白押しだからしゃーない

718 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 08:56:15 ID:iqSVJMbB
>>602-603
>>607
3年前に死んだ家の爺さんは戦争に出て捕虜になったが故郷に帰ってくることが出来た。
まだ自分が子供だったころ、新聞社とか雑誌社が何回か当時の話を聞かせてくれと来ていたが
頑として話さなかった。
自分にはいくつか話はしてくれていたが、当時の自分にはソレがどういうことか全く分からなかった。
爺さんが存命であったなら、俺も爺さんとこの映画を見たかったよ。
今日もレイトショウで爺さんの分も又見てこよう。

719 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 09:25:31 ID:8w9tWnlS
やっと見れたよ

二宮と裕木が夫婦には見えないという噂のシーン、違和感は想像以上でこれはヒドイと思った
けど清水が殺されていて驚いて泣く西郷は良かったな
シドウの役はなごませてくれたな

720 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 09:31:50 ID:jbZH+74Q
私の大叔父さんは徴兵されてすぐ終戦、同時に捕虜になってシベリアに送られました。
満足に食料も与えられず土壁を削って鍋に入れ、そこに自分の靴下を入れて
一緒に煮て塩味をつけて食べ、空腹を紛らわせたそうです。
栄養状態の悪い中、ばたばた仲間が倒れ、亡くなっていったそうですが、
死体は洋服も認識票もすべて外され極寒の野原に放置されたそうです。
春になると骨だけになっていて・・・。日本に戻ってからも亡くなるまで
戦友達の骨を捜しにシベリアに行ってました。
昔の人のご苦労には本当に頭がさがります。




721 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 10:04:10 ID:35uLNggT
この映画を観て感じたのは「今が平和で、その時代に生まれた俺は幸せ者だな」ということ。
正直、あの当時にアメリカと日本が戦って、日本が負けてよかったと思う。
アメリカが敷いてくれた平和とはいえ、やはり平和は良い事だ。
もしあの当時戦争がなく、今がアメリカとの戦争時だったら?と思うと・・・
俺も戦争に行かなきゃならないし、おそらくアメリカのミサイルを食らって五体バラバラで戦死しただろう。考えただけでも恐ろしい・・・

日本兵の皆さん、硫黄島守備隊の皆さん、犠牲になってくれてありがとう。
おかげで俺が死なずにすんだ!


722 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 10:58:43 ID:Bd73chXA
>>689
少なくとも国家アイデンティティの崩壊、赤化、革命、独裁国家、
粛清、経済破綻、一億総貧困と特権階級、核装備、世界の脅威…

そういう道を辿るより、遥かに今の道の方が真っ当で安全だと思うよ。



723 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:16:55 ID:McygvbGM
>>721
第二次大戦は偶然じゃないよ。経済が終わってたから起きたんだよ

724 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:28:43 ID:kxkWoEU8
米の発言力がこのまま弱まっていくとまた群雄割拠の時代に突入するかもしれん

725 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:32:16 ID:z4HfNFIO
感動する場面をもっと強調すべきだったと思う。
清水が投降し、米兵に撃たれた後西郷達が清水を発見。

西郷「し、清水・・・どうしたんだ? うわぁこの傷・・」
清水「ハァハァ・・グハッ・・さ、西郷、死にたくないよ・・日本に帰りたいよ」
西郷「清水、しっかりしろ!!一緒に生きて帰るはずだろ!」
清水「母に会いたい・・故郷の水が飲みたい」
西郷「(涙し)あぁ分かってるよぉ」
清水「(微笑みながら)ガクッ(絶命」
西郷「しーーーみーーずーー(号泣」

こんなシーンにしてほしかったな。
観客も大号泣、ハンケチの嵐・・
俺も書いてて泣けてきたよ・・

726 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:33:46 ID:CyT4KtlE
>>725
マズー( ゚д゚)、ペッペッ

727 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:35:54 ID:z4HfNFIO
皆も俺が書いた上の感動脚本の方が良かったと思わない?
いやいや、俺もこの映画は良かったと思うよ。
ただアッサリしすぎとも思うんだよね。

728 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:37:09 ID:z4HfNFIO
>>726
なんだよー
俺は煽りや釣りで書いてるわけじゃないんだぞ。
君はあっさりしてる方が好きなのか?

729 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:38:20 ID:NXPHhOSS
>725
     ∧_∧
    (ill ´Д`)   ゲェェェ
    ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃  


730 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:38:35 ID:OLf29eRW
>>725
こんな臭い芝居をイーストウッドが撮るなんてありえない!

731 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:42:29 ID:z4HfNFIO
ガー−−ン・・
今のところ不評だな・・・
現代日本人はクールすぎるのでは?・・・

732 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:42:37 ID:CyhNhFju
>>727
全然リアルでもなんでもないな。
世の中非情にも嫌なことは淡白に起こるもんなんだよ。
親が脳卒中で急死したり朝起きたらペットが死んでいたりね・・・。

733 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:43:16 ID:XFkxGesW
> 725

  ∧_∧
⊂(#・ω・)  こんな本(脚本)で撮れるか!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \



734 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:44:26 ID:SDKgY1l3
>725
そういうオーバーリアクション、過度な音響は
その場は感動しても後に残らない。

誰かがインタビューで言ってたな。確か西郷だった気がするが、
「日本の監督だったらここでは号泣させるであろうところを
淡々と表現する。言葉は足りないがその分考えさせられる。
さすがクリント。」と。

>725のはありきたりすぎて陳腐すぎる。

735 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:45:49 ID:z4HfNFIO
>>730
臭い芝居だなんてヒドス・・・
映画なんだものそれぐらい作りこんでも罰は当たるまい

736 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:48:46 ID:khKzprPS
>>731
そこまでは考えなかったけど、日本人が撮ったら清水が死ぬとき「お母さん…」を言わせたかもとは思った。
そういうベタなのがダメなんだよ〜。淡々としてるからこそ、逆に一つ一つのシーンが印象深くなってるんだ。

ほんとクリントで良かった。

737 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:49:45 ID:Rnp8lJbk
>>735
その臭い作り込みの日本映画にうんざりしてたんだよ。
そこに突然「硫黄島からの手紙」が現れて、これだ!と思った訳だ。

738 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:51:12 ID:kxkWoEU8
作りこみと過剰演出を取り違えるな
舞台の方が向いてるよきっと
俺は演劇は苦手だけど

739 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:52:18 ID:o5G8LBTr
>725
よく釣れたね(・∀・)

740 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:52:34 ID:jdm1U0Fc
>> 725
そうゆうネタは、↓こちらで

http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1167530537/
こんな「硫黄島からの手紙」は嫌だ2

741 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:58:00 ID:vdt47vU0
でも日本のドラマや映画では725のような脚本も多いよね?
現代劇にしろ、時代劇にしろ。
みんなはそういう日本ドラマは嫌いなの?
「嘘くせ−w死ぬ間際にそんなに喋れるわけねーだろww」って感じで冷めた目で観ちゃうの?

742 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 11:59:55 ID:F79tgieR
>>603
>見も知らない女学生の手紙が入っていて、「御国のために奮闘してください、
>靖国でお会いしましょう」などと書かれていたらしい。父は、
>「靖国で会おうとは何事だ、勝手に俺を死なせて。もし俺が死んでも
>俺の魂は靖国になんぞには行かない。故郷に帰るだけ。」
>と苦笑したそうです。英霊の魂が靖国に祭られているというのは、
>国家としての擬制であって、そのように教育されていても、
>それとは別の思いを持った庶民も居たことを知って欲しいと思います。

http://piron326.seesaa.net/article/13355994.html
↑こういうブログもあるし、靖国に対しての考えは人それぞれなんですね。
603さんの書き込みはちょっと興味深かったです。
ちなみに私自身は靖国参拝したことがないのですが、母は身内が祀られているので
亡くなった祖父の代わりに参拝しております。

話変わって、マスコミはアカデミー関連の話題を出しても菊池凛子さん(だったっけ?)の
特集だけして殆ど硫黄島はスルーですね。少し寂しい気持ちです。

743 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 12:00:34 ID:Rnp8lJbk
>>741
うん、大嫌いだよ。変な主題歌も。

744 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 12:05:42 ID:vdt47vU0
つーかアメリカの映画作品にも725みたいなのは結構あるよね。


745 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 12:06:40 ID:Gv7tB35Z
♪〜 海は死にますか、山は死にますか 〜♪

746 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 12:07:50 ID:mtKoZW4h
>>741
IDまで変えて 乙 w

日本軍退勢のなか昨晩の戦場に、再び日本兵が通りがかるだけでも不自然なのに
撃たれて1晩たったヤツが、主人公が通りかかった時にタイミング良く死ぬなんて
幼稚園児でも納得しない。

747 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 12:22:52 ID:Gv7tB35Z
陥落したスリバチ山の星条旗も、朝になると日章旗に変わっていたりしたよ
最後の突撃は白兵戦みたいだし・・・

748 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 12:53:20 ID:8dxqfbRg
二宮の演技俺は駄目だった。
ジャニ演技特有の臭いが漂ってきて。

仲居にしても木村にしてもそうだけど
どんな設定・状況でもカッコつけオーラが滲みでちゃってる。

それとラストの回想は、栗林のWikに載っている
子供と街を歩く想いを個人的にはチョイスして欲しかった。

749 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 13:07:10 ID:b/FMY9Am
>>742
在日売国マスゴミ(特にTBS系列テロ朝系列)にとって
このような映画が流行るのはマズい訳。
他の局は後援している作品が公開しているとか。
で、おおっぴらにノミネート報道も出来ない。

もし作品賞を受賞しても報道は控えられると思われる。
悲しい事だけどね。
それがこの国のマスゴミ事情。

750 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 13:59:00 ID:dpxi0cCx
>>748
俺も。
というか、現代の中学生がタイムスリップしてきたような違和感があった。
もっと役柄の年齢にあった俳優にやってもらいたかった。

つーか、当時の日本人てあんな喋り方するもんなの?
一兵卒に過ぎない祖父ちゃんでも、すごい厳格で真面目な人だったが…

751 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:01:27 ID:dpxi0cCx
>>749
「靖国で逢おう」て台詞や栗林の、後世の人間がいつか自分たちの戦いを評価してくれると願いたい、
みたいな台詞は売国マスゴミがファビョりそうだなあと思ったw

752 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:07:07 ID:CyhNhFju
>>750
お前はたかだか60年程度前の人を何だと思ってるんだ?
仲間内や庶民間同士のタメ口の会話ならあんなもんだろ。
上官には「はっ!!○○でありますっ!!」って話し方してるし
別に二宮の話し方に違和感はなかったな〜。

753 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:09:52 ID:BAqHwD6u
>現代の中学生がタイムスリップしてきたような

それが狙いだろ。

754 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:17:07 ID:F79tgieR
>>749
そうなんですか。本当に寂しい話ですね。

>>750
亡くなった祖父(生きていれば100歳になってたかな?)は
ごく普通の関西弁でした。
私はおじいちゃんっ子だったけど、祖父の言葉遣いに違和感を
持ったことなかったよ。

755 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:19:46 ID:VLXXEKZG
兵隊やくざシリーズを観るのを、お薦めしますよ。塹壕掘りで上半身裸だったり、無駄口叩くなと叱られたり、読み書きが出来ないとかね。西郷の話し方はおかしくないんだが、実際はべらんめい口調を強調すると良かったと思う。

756 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:21:22 ID:lk5C+26Q
映画なんだから、栗林が総突撃の時に
軍刀で米兵を何人も切り殺すとかそういうシーンがほしかったな。
あげくの果て、米兵の小銃を奪って撃ちまくる。
身に数発の銃弾を浴びて仁王立ちの戦死。みたいなさ。
アメリカ人にはこういうのが受けたんじゃないだろうか?

757 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:22:11 ID:lk5C+26Q
栗林の死に方もあっけなかった。

758 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:22:57 ID:HKPWHnHD
>>756
ラスサムの二番煎じと言われるのがオチ。

759 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:23:23 ID:evE3hbNw
なんか、西郷の口調がどうこうって話題すごい懐かしい気がするよw

自分はだいぶ前に見たけど、見てる最中は西郷よりバロン西の方が
「なんだこの少年漫画のキャラクターみたいな男は…」って感じで違和感あった。
でも実物はもっと漫画みたいな人だったwようなんで、あれでも大分抑制したんだなーと。
そこがこの映画のいいとこかなと思った。

760 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:23:35 ID:Kv73rsY1
今日は釣り針がすごいな

761 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:24:22 ID:kqnOkeTq
>>603 >>「靖国で逢いましょう」

これはCIAが創作した戦後の日本統治戦略のひとつだと思いますね〜。
当時の女学生がこのような文句を手紙に書いていたというのはペテンで、脚本(創作)であり、戦後の復員兵慰問政策のひとつなのだと思いますよ。
日本は外部からの何等かの逆らえ難い強制力、それは【脅し】と表現するの適切でしょうが、
この力によって中国人を1500万人以上も殺し、日本人が200万人以上も犬死したんだと思います。
現在の911やイラクのテロと同じです。
この不条理の犠牲者となった戦死者を慰める手段のひとつが、「靖国で会おう」という神聖とも思えるキャッチ・フレーズだったのでしょう。
だけれども、真実のみが万能の力を持っているわけであり、善悪はともあれ、戦争の真実公表を優先させるべきだと思いますね〜
・・・
真実というものは、とどの詰まりは、永遠のものなのである。(ユダヤの民話より)

762 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:24:52 ID:2oXnntaz
ダグラス・フェアバンクスは1939年に亡くなってるんだから
西は「友人だった」と言うのが正しいんじゃないかな?
あれじゃ尋問のために嘘言ってると思われちゃうよw


763 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:25:15 ID:lk5C+26Q
釣りじゃねーって言ってんでしょう。
映画なんだからそういうドラマ性は強調しても良かったと思うんよ。
それを臭い芝居だの何だの言う方が間違ってる。

764 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:27:57 ID:Kv73rsY1
こんなスレで折角のアイデアを浪費するのも勿体無いから
ハリウッドに直接売り込んでみた方がいいんじゃないかな

765 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:29:28 ID:lk5C+26Q
俺のアイディアはこのスレじゃブーイングの嵐なんだもの・・・
しかも釣り扱いされて、俺をこのスレから抹殺しようとするし。

766 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:29:45 ID:BAqHwD6u
>>755
まあおもしろいんだが田村がやってる相棒のの上層部批判の仕方が鼻につく。

767 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:30:47 ID:VLXXEKZG
>>761 来世で遭おうと言ってる上官もいたでしょうが。

768 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:40:49 ID:BAqHwD6u
>>767
あの場合、自分は死ぬが、「好きな道を選べ」といった部下は生き残るかも知れないから。

769 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:40:56 ID:dpxi0cCx
>>767
日本兵は靖国にも来世にも行けず、地獄で苦しまないとブサヨは納得しないんだろw

770 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:41:41 ID:kqnOkeTq
>>721 >>日本兵の皆さん、硫黄島守備隊の皆さん、犠牲になってくれてありがとう。
実は、彼らは死んだわけではないんだと思いますよ。
・・・
私の墓前に立つのはやめてください。私はそこにいません。
私は大空を駆け、雪となって舞い、秋の雨となっているのです。
私は死んではいないのです。新しく生まれたのですから。
(WTC慰霊祭のスピーチより)
・・・
川や風は絶対に死なない。信念までは殺せない。
(映画『革命児サパタ』より)
・・・
人生はヘビに似ている。ヘビは死んだ皮を抜け出て目覚める。生きることは眠ることだ。そして死は目覚めだ。
(映画『ラ・バンバ』より)
・・・
我々の肉体は魂を閉じ込めている。全ての肉体は朽ち、死はあらゆるものを灰に変える。
死によって魂は開放される。
(映画『ファウンテン』より)

771 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 14:50:25 ID:wxDbXYM6
ID:lk5C+26Qは日本の臭い映画だけ見てましょうね〜。

772 :hh:2007/01/27(土) 15:05:43 ID:Ou2F7Uue
今日、栗林中将の墓のある松代、明徳寺にいってきた。寺だね。

773 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 15:06:09 ID:jZtbjTlz
クリントは靖国で合おうのスローガンは自決につながるものとして否定的に描写してたな。
来世でまた会おうが肯定的なほう。

774 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 15:08:26 ID:BAqHwD6u
来世で会おうは米でも言うからな
See ya in the next life.

775 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 15:29:58 ID:D3Wmr7B5
今日スカパーやケーブルの日本映画専門チャンネルで
兵隊やくざの大特集やってるな
上官・下士官って言っても喧嘩になりゃ兵隊やくざに描かれてたようなことが事実だったんだよな

776 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 15:58:17 ID:TnrMc4fl
大宮は特別だよ。
昭和の伝説のアウトロー、万年東一がモデルともいわれる。


777 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 16:02:45 ID:4fxbiu4I
【日韓】韓国、今年から竹島(独島)周辺海域などでメタンハイドレートの試掘を開始 [01/26]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169828717/l50

日韓も戦争になる可能性がある事だけは認識しろよな。
戦争ははじめようとしてはじまるんじゃない、気がついたらはじまっていたというのが正しい。


778 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 16:03:44 ID:VLXXEKZG
シベリア抑留が有名だが、捕虜になるとやくざが仕切り出すん班もあったんだとさ。BC級戦犯の中に、どうせ誰かが死刑になるのなら俺がなってやる、国に帰ったて身よりもねーしよ、と言って死刑になった人もいました。

779 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 16:11:58 ID:egMW4V4L
青山墓地には西さんがいるんだよね

780 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 16:17:46 ID:1dN7/PcJ
クリントは俳句が好きなんだってね。
映画を見ればそれがわかるわー

781 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 16:38:00 ID:rL6wSGLG
しずけさや 岩に染み入る 弾の音

782 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 16:41:24 ID:RU4JVkFw
そこに月を死のまへにおく

783 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 17:21:37 ID:lnlkAu7S
あの時代の子供がなんでぼうずじゃねーの?
しかも犬は柴犬じゃない。そういう細かい所が現実に戻されるな。

784 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 17:34:43 ID:nHY76mrm
見て損した
ここの奴らはうそつきばっかだな

785 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 17:40:01 ID:OuAAsDzf
>>783

丸坊主とオカッパしかいなかったと思ってるの?
柴犬しかいないと思ってるの?

よく知らないなら恥かくだけだから発言するなよ・・・

786 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 17:45:58 ID:VaeM9iYO
へたな釣りばかりだなw

787 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 17:46:40 ID:evE3hbNw
ゴールデンレトリバーとかが出てきたならともかく、
柴犬じゃないからってwww

788 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 17:59:43 ID:B3dk7EZ/
>>773
自決組が靖国で逢おうで合流組が来世で逢おうで
クリントが靖国に必ずしも肯定的な意見を持っていない
と言うのは同意、
とゆうか演出上おんなじせりふを何度も使えなかったのかもしれない。
天皇陛下万歳は別ね。
でも漏れとしては合流組こそ靖国で逢おうを言ってもらいたかった。


789 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:01:57 ID:VLXXEKZG
栗林中将がドーベルマンだっけ?犬は今ほどではないけど猟犬は色々いたよ。NHKで犬猫の徴収があったとやってたんだが、うちの爺さん婆さんは知らないと言ってた。

790 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:05:45 ID:nzSZhQ2Q
硫黄島戦で唯一の精鋭部隊、歩兵第145連隊は硫黄島に来る前はどんな戦歴をたどってたの?

791 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:07:48 ID:O/Sdjv54
>788
DVDの日本語吹き替え版で
変えてもらうようにリクエストすればいい。

792 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:08:42 ID:NrGYgCLw
でも当時の写真や、昭和のビデオ(通販など)で出てくるあの時代の子供は9割以上坊主だろ。髪長いあの子供は違和感あり。犬殺された家の母親も眉細すぎ。島民に『こたえてちょーだい』の再現VTR俳優がいた。

793 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:28:11 ID:VLXXEKZG
男の子供が髪の毛が長いのは違和感があるは分かるよ、家にバリカンがあったから、当時の女はほとんどが長髪で日本髪か三つ編み、眉毛が細いのはおかしくない、眉毛が太いと抜いたからさ。

794 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:39:32 ID:wONK6BzA
子供がまめに散髪してないのがそんなに気に入らないのか?
些末なクソ問答はその位にしろ

795 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:40:14 ID:R7RXxlGj
既出だが、夜間に国旗がでているのはおかしい。
あの場面では、日没後も国旗を収納していない家を
見咎めて家人を責めるという設定にすべき

796 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:40:40 ID:U+XgATMd
二宮のあのしゃべりは、わざとだろ?
タイムスリップみたいっていう奴いるけど、西郷の感覚って
現代人よりだから、そう思わせてなんぼなんじゃね?

>>756
そういう映画じゃないだろ?本当に映画観たのか?

797 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:40:55 ID:qqHGdSlP
あの犬の持ち主のおばさんを見て

な ぜ 友 近 が こ こ に ?

という疑問が頭をぐるぐるしてしまったw

798 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:46:43 ID:wONK6BzA
>>756

「超映画批評」さんがまさにそこを指摘していた。
栗林の特攻で見せ場がないのは監督が敢えてこの映画から
爽快感を排除していると姿勢を観客に気づかせようとしているから…トカナントカ

799 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:56:24 ID:eHB50oUl
主役は栗林中将だけであえてヒーロー化というか、
この人物を前面に出すことはしてなかったしね

800 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 18:56:59 ID:eHB50oUl
だけで×
だけど○

801 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 19:24:31 ID:nHY76mrm
つまらん映画
見る価値なし

802 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 19:25:50 ID:IcXhOXxs
「予は常に諸子の先頭に在り」
誰かパットンあたりに聞かせやがって下さい

803 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 19:53:27 ID:oww3EXl6
千人針の腹巻のシーンなんだけど、あれはアメリカ人が見てもすぐに意味を理解するのは難しいと思う。
あのシーンは出征兵士が持参した、”寄せ書きされた日章旗”に変更した方がいいと思った。
洞窟内で西郷をはじめ兵士達が、持参した日章旗を見ながら故郷の家族への思いを語るシーン。

映画の最後は、清水の日章旗を真ん中に戦勝記念写真を撮っているアメリカ兵達を目撃した西郷
がスコップを振り回し向かっていく。

後日、”硫黄島からの手紙”を見た一人の元海兵隊の老人から、”自分が持っている
寄せ書きされた日章旗を日本の遺族へ返還したい。”との新聞記事がニューヨークタイムズに載る。
これをきっかけに、全米で日章旗返還運動が盛り上がる。どう?


804 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 19:54:09 ID:BAqHwD6u
>>802
マッカーサーにもね

805 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 19:54:49 ID:4fxbiu4I
>>803

その前にアメリカで客が入ってねぇ。

806 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:00:41 ID:nZEmhbVe
>>803
大丈夫みたいだよ。
西郷「これで弾をよけてくれる」
野崎「これはウチのかみさんから」
西郷「縁起もへったくれも無い奴だから」
以上の会話から、お守りみたいなもの…って事は伝わったようだよ。
(byうちの従兄弟のアメリカ人嫁)

807 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:12:30 ID:wONK6BzA
演出代案を出さないと気が済まないのが何匹か居るなw

808 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:14:06 ID:0QxFAxSN
米兵は東條さんの家に押し入って
色々泥棒して行きましたよね。
こんな国に負けたのは痛い。
戦争したのはもっと痛いが。

809 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:28:37 ID:EHAxs3Ph
>>803
清水はサムの母親の手紙から投降する気になるわけで、清水と母親の繋がりを象徴的に表しているのがあの千人針だから、日章旗では不十分かと。
ラストもそんなベタなシーンじゃ…。

810 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:30:05 ID:29fgT4An
>>802
Americans love a winner and will not tolerate a loser.
Americans play to win all the time.

811 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:49:40 ID:THfxSJRi
>>807
漏れも演出には多少不満があるかも。
最後は手紙がバラバラ落ちるシーンで終わるけど
オレならその後に例の「ひとりのドライブは寂しいです」と
いいながらアメリカの大地を走るシーンをラストに持っていきたい。

812 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:53:10 ID:wONK6BzA
>>811

これが栗林の叙情的英雄譚だと思ってるのか?
代案屋はどいつもこいつも監督の意図そっちのけで「感動」ばかり追求してるな。
そういう映画じゃないんだけど。

813 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 20:54:59 ID:PVhbYjj1
もう「オレ演出」はいいよ。読んでて痛いから・・・

814 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:01:40 ID:MQ8I5Y88
まああまりに細かい歴史事実追求してた流れよりかはましかとw

815 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:04:14 ID:hZEXL+Nx
ノミネートするってことはもう作品賞は手紙で決まりだろうな
アカデミーはクリントが大好きだから恥かかせるはずないよ

816 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:22:22 ID:b/FMY9Am
第79回アカデミー賞作品賞候補作のプロデューサー・クレジット発表

映画芸術科学アカデミーは1月26日、第79回アカデミー賞作品賞候補作の最終的なプロデューサー・クレジットを発表しました。
作品賞はプロデューサーに贈られるもので、今回発表されたメンバーの中から、作品賞受賞者が決まることになります。
なお、作品賞には「プロデューサーは最大3人までとする」という規定があります。
発表されたプロデューサーは以下の通りです。

『バベル』アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、ジョン・キリク、スティーヴ・ゴリン
『ディパーテッド』グラハム・キング
『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ
『リトル・ミス・サンシャイン』デヴィッド・T・フレンドリー、ピーター・サラフ、マーク・タートルトーブ
『クィーン』アンディ・ハリース、クリスティン・ランガン、トレイシー・シーウォード

作品賞受賞も夢物語ではない。

817 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:23:21 ID:kqnOkeTq
この映画が作品賞にノミネートされたことを機会に、
なぜ日本は中国人を1500万人も殺したのか?
なぜ日本は真珠湾を攻撃したのか?
なぜ米国は1945年8月14日に、828機のB29と186機の護衛戦闘機という大編隊で東京を爆撃したのか?
そしてなぜ911テロが起こったのか?
といった疑問に興味を抱くべきだろう。

818 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:25:14 ID:uu1smaHd
ノミネート記念で3回目見てきました。
隣のカップルの男の方が軍ヲタだった・・・

819 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:27:12 ID:wONK6BzA
>>817
来年のラズベリー賞でレイプ・オブ・ナンキンがノミネートされたら考えるわ

820 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:29:02 ID:vIPQCbIq
感動感動言わんでくれ。
そういうのは陶酔っていうんだよ。

821 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:43:56 ID:z2REWJHk
過去の日本軍の美徳に陶酔するのも勘弁して欲しい
まあ歴史オタや軍事オタは趣味だからしょうがないが
ウヨかぶれのマンセーはキモい

822 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:45:47 ID:0QxFAxSN
>>817
あんたしつこいねw
1500万って......
何を根拠にそんな事を言ってるんだ?

823 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 21:49:07 ID:f3zLtzwm
観てきて帰ったら子供がビデオでトトロ観ててさ
子供と一緒にボケーッとみてたんだけどさ
なぜかご飯に桜でんぶかけるシーンのところで突然泣きそうになって
「こ・・コンビニ・・」とかいいながらあわてて家を飛び出して
青い空をみあげながら歩いたよ
そのまま「なんでもないようなことが〜」とか歌いながら
コンビニ行ってアサ芸読んで帰った


824 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 22:16:37 ID:FtkV0mYi
>>790
中国戦線で戦った後、満州に転入され関東軍になる。
そこからサイパン逆上陸の為、抽出されるが結局サイパンには行かず
硫黄島に派遣されることになる。
2700名のほとんどが鹿児島出身者で猛訓練も積んでた精鋭。
硫黄島における訓練も凄かったようで、他の部隊の連中は「145の兵隊さんは凄いな」と言い合ってたそうな。
この訓練の内容は津本陽「名をこそ惜しめ」にもチラッと書いてあるけど。

ちなみに「硫黄島で唯一の精鋭部隊」じゃないぞよ。
西中佐率いる戦車26連隊も現役兵で構成されてた精鋭部隊。
元は満州の戦車師団からの抽出だし。

825 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 22:26:42 ID:O5KfyI4L
>>819
例の南京映画、あんま受けよくないみたい。

650 名前: メール:sage 投稿日:2007/01/27(土) 04:57:16 ID:H4TBiM3y0
でも・・・
映画祭期間中、5回上映予定のうち3回目が終了した時点でこの映画を買い付けたのは、
オランダの1社のみ。
アメリカからは、まだ買い手が現れない模様。
出来の良い映画なら、上映後に国内外のバイヤーがたくさん来て
売買契約をするのが普通だけど
この映画は、バイヤーからほぼスルー状態。



826 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 22:28:39 ID:FtkV0mYi
まぁ西戦車隊が精鋭とはいえ、日本の戦車自体がアレだからなw


827 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 22:32:38 ID:0QxFAxSN
チハタンを馬鹿にするなw

828 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 22:32:42 ID:fHRxXLLK
亡くなった岡本喜八監督は山田風太郎の「幻燈辻馬車」の映画化を考えていたそうだが
『硫黄島からの手紙』を見たら是非イーストウッドに監督してほしいと思った。
実現は不可能だろうけど・・・・。

829 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 22:45:15 ID:Kpy1TFMI
アカデミー音響効果賞のノミネートに関して。
正月にこの映画を観た2等陸佐が音響が特にすばらしいと言っていた。
さすが、実弾射撃や訓練を経験している人は見るところが違うなと思った。

830 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 22:56:26 ID:Mo0hSbh3
確かに。爆撃の音や銃声は素晴らしかった。

831 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:00:00 ID:Mo0hSbh3
>>827
チハタン近代戦で役に立たないダメダメ戦車だお!
ましてやアメリカ軍相手では単なる鉄屑なんだお

832 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:05:11 ID:SslbStPt
>>829
最初に米の戦闘機が攻撃してきたシーンは本気で怖いと思った

3Dシアターで目の前に物が飛んで来た時と同じ位
「これは映画だ」と自分に言い聞かせた

833 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:05:30 ID:4FsCeCYp
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070127ic23.htm
硫黄島戦の遺品、62年ぶりに返還…長崎の長男の元に

先の昭和戦争で、日米が死闘を繰り広げた硫黄島戦の戦利品として米兵が持ち帰っていた
長崎県新上五島町出身の日本兵、田村仁平さん(39歳で戦死)の遺品の弾薬帳が
26日、同県大村市に住む長男豊年さん(64)に返還された。

生還者や遺族らでつくる硫黄島協会が昨年3月、硫黄島で開かれた日米合同慰霊祭で、
米国の退役軍人会から譲り受け、厚生労働省に照会して遺族が分かった。
父の形見を手にした豊年さんは「62年ぶりに父が帰ってきてくれたようだ」と感無量の面持ちだった。

仁平さんは1944年7月、陸軍「中迫撃砲第二大隊」曹長として硫黄島に派遣され、翌年3月17日に戦死した。
弾薬帳はA5判39ページ。表紙に「中迫二大隊 大塚隊 田村曹長」とあり、
手投げ弾、照明弾などの残量が日を追って表にまとめられている。
11月22日の欄には「残弾ナシ」の記述も。
絶海の孤島で物資補給がままならず、戦況が悪化する様子がうかがえる。

北九州市から駆けつけた仁平さんの長女由紀子さん(70)は、
弾薬帳を手にして「きちょうめんで筆まめな父でした」と涙ぐんだ。
豊年さんは「遺骨はおろか、どこでどう死んだのかも分からない。
父が眠る島を、この目で確かめてみたい」と話していた。

(2007年1月27日21時41分 読売新聞)

834 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:21:30 ID:4fxbiu4I
>>825

>オランダの1社のみ
オランダか・・ ヨーロッパ反日の急先鋒だな。
これから映画、映像が4、5本あるようなのでどうなるか分かりません。


835 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:23:51 ID:29fgT4An
>>825
さすがオランダw
映画祭ってサンダンスかな

836 :790:2007/01/27(土) 23:32:04 ID:6oIpadu2
>>824
ID違うけど790です。
ありがとう。ウィキ等で調べようとしたんだけど、全然資料見つけれなくて・・・
中国はどんな所で戦ってきたの?中国でも激戦地?それとも比較的ぬるい所?

自分、昔ポナペで『旧日本軍の戦車』なるものを見たんだけど、
(スクラップみたいな鉄くずじゃなくて、ペンキ塗って保存(?)されてた)
あまりの小ささに「何じゃこれ?こんなのに大人が乗れるの?」って感じの
ちゃっちい戦車だったんだけど、あれがチハタンっていうやつ??
ポナペは全然戦略的な要衝でもないし、そのチハタンって奴より下の最低クラスの
戦車だったんでしょうか?
硫黄島のような激戦地であんなちっぽけな戦車で戦ったと思いたくないから、
違ってて欲しい気持ちでいっぱいですが、前からちょっと気になったので
知ってたら教えて下さい・・・
 

837 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:35:01 ID:Gv7tB35Z
かわいい戦車なら95式じゃないの?
好きだお

838 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:36:38 ID:bYozW8t3
http://movie.maeda-y.com/movie/00842.htm

超映画批評にある、
”ここ数年の日本映画が(北東アジア三国に遠慮して)
どうしても言えなかった"あの一言"
って何ですか?

839 :790:2007/01/27(土) 23:38:46 ID:6oIpadu2
>>837
その95式ってやつが一番小さいの?
軽乗用車くらいの大きさしかなくて、そのくせに戦車の形をしてるから
一人乗るのがやっとって感じでした。
砲身も人間の腕くらいしかなかったと思います。

じゃあチハタンってのはもう少し大きな戦車なんだね。よかった。

840 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:44:13 ID:Gv7tB35Z
チハタンはね、砲塔の周りに手摺りのようなアンテナがあるんだよ
その砲塔の後ろにも機関銃がついているお

841 :名無シネマ@上映中:2007/01/27(土) 23:44:46 ID:z2REWJHk
日本にもルノーやオチキスみたいな豆戦車ってなかったっけ。
ソフトスキン系のみすばらしさもたまらん魅力。

842 :790:2007/01/28(日) 00:00:07 ID:6oIpadu2
おぉ!その豆戦車ってなんですか??

今、95式戦車の写真を見つけて見てたんだけど、なんか
「こんなに立派だったかなぁ・・・?」って思ってたんですよ。
イメージとしてはかなり以前にファミコンで『フロントライン』ってゲームが
あって、それに出てくる戦車みたいな感じでした。

843 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:16:36 ID:zJ39pGA2
>>838

『天皇陛下、万歳!』

844 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:18:24 ID:NIveysBs
>>838
「靖国で会おう」じゃないの

845 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:31:00 ID:g8RVdvB1
「男たちの大和」って観てないけどセリフに天皇万歳も靖国も出てこないの?

846 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:37:59 ID:zGUbCYZF
どうかんがえても
靖国で会おうだろ。

847 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:38:38 ID:D+KYsiWm
>>845

まったく出てきません。

848 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:46:03 ID:whfoWTKC
流石朝日だなw

849 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:51:14 ID:2+06Cchx
昨日の赤い月には万歳シーンがあったな。
しっかり主人公だけしなくて周りがとがめるという否定的な使い方だったが。

850 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 00:56:31 ID:rjX1Dxcg
145連隊って関東軍上がりだったのか。通りで強いわけだ。
しかも強兵で知られた九州出身だもんな

関西人は戦争弱くてワロスww

851 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:01:57 ID:4dNHOaJU
関西人は戦争に弱いのか?

そういや「手紙」でも西郷の友達の関西人は戦闘に参加することもなく
赤痢で・・・

852 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:08:53 ID:tcGlbgkc
つーか硫黄島って戦車が活躍できにくい地形なんだよな。
いくら大本営が145連隊と西戦車隊をサイパンに送れなかったからとはいえ
西戦車隊までも硫黄島に送る必要性はなかったろうに。
何でもかんでも送り込めばいいってモンじゃあるまい。大本営は無能だ罠w
戦車隊じゃなく、別の歩兵連隊の方がよほど役に立った。

853 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:12:04 ID:Qq/eFXXf
米軍は百両くらいのシャーマンを上陸させている
歩兵戦での戦車は無敵だわな

854 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:13:10 ID:tcGlbgkc
>関西人は戦争に弱いのか?

弱くて有名。
中国戦線当時、当時の新聞でも「大阪連隊、八連隊、またも負けたか八連隊」と書かれてた・・・
まぁ完済人は金のことだけ考えてりゃいいおww

855 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:17:32 ID:zS57sc2K
がっかり映画のスレはここですか?

856 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:22:28 ID:whfoWTKC
チハタンを愛でるスレです

857 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:24:17 ID:kFxm+cDU
父親達の星条旗で「戦争を知らない奴ほど戦争を知った風に話したがる」
って台詞があったけどモロに該当する奴がいるな。

858 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:26:49 ID:4dNHOaJU
>当時の新聞でも「大阪連隊、八連隊、またも負けたか八連隊」と書かれてた・・・

まるで一昔前の阪神みたいなもんですな。
そんな弱い八連隊も関西人には愛されていたんでしょう・・・ 

859 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:30:12 ID:tcGlbgkc
857よ。
貴様は俺のことを言っているのか?
そんなこと言ったら誰も戦争なんて語れんぞ。
黙れ!!

860 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:37:27 ID:kFxm+cDU
>>859
モロに該当するからってそんなに興奮すんなよw
少なくともお前みたいなバカな語り方する人はこのスレでは
少ないのでお前が心配する必要はない。

いくらでも当時の情報,敵国の行動を手にすることができる
後世の人間がよく当時の人間をそこまでバカにできるものだと
君には関心するよww


861 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:40:16 ID:JT/UYWhG
>>859
自覚してるんなら映画の話だけしてろ
でなければ軍事板に帰って好きなだけやってろ

862 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:40:21 ID:LhFf5usf
>>859はネタとしてそんなコト書いてるの?w

863 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:41:14 ID:hHtTZDpo
イーストウッドの言う「戦争のことを知った風に語る」ってさあ、第八連隊がどうのこうのとか、戦車がどうのこうのといった薀蓄を語るっていう意味じゃないと思うんだがW

864 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:46:21 ID:kFxm+cDU
>>863
あのメッセージには定義はなく、かなり広義の内容が含まれてると
私は思いますよ。第二次世界大戦っていう大きなスケールからこの戦車の
性能は凄いんだぞ〜っていうレベルの小さなスケールのものまで含めて
「実際何も戦争について何も目の当たりにしていないのに戦争を
嬉々として語る奴」って認識ですかね、あくまで俺個人はそう受け止めただけですけどw

865 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:47:32 ID:4dNHOaJU
チハタンってガンダムで例えると『ボール』みたいなもの?

866 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:50:46 ID:Qq/eFXXf
チハはザクなんだよ、ガンダムは玩具だがザクは大人の玩具だ

そうゆうことだ

867 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:52:50 ID:4dNHOaJU
そっか、俺は連邦軍の軍人だから、ジオン軍のことは疎くてスマヌ。

868 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:54:14 ID:py3shv3N
今ナイトショーで観てきた。
すごく衝撃的だった。自決するシーンとか痛々しくて目を背けたくなった。
日本が作る戦争映画は少からず散ってゆく美学を描き出そうとする印象が自分の中では強かったから、人間的な部分が全面に出ててこれは新鮮だったよ。特に獅童とか。
自分的に西さんが自害する前の部下とのやりとりが泣けた。

869 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 01:57:07 ID:4dNHOaJU
>「戦争を知らない奴ほど戦争を知った風に話したがる」
そもそもこんなセリフだったか?
戦争のことを知った風にペラペラ話すのは実際に戦争に参加してない人間で、
戦争を体験した人はそのことを人に話したがらない。
みたいな感じのセリフだったと思うけど・・・


870 :869:2007/01/28(日) 01:58:48 ID:4dNHOaJU
だから、864の認識より863の認識の方が正しいと思った。

871 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:31:42 ID:zS57sc2K
軍事ネタはつまんねーから他でやれカスが

872 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:32:26 ID:ZRph1vti
>>870
同感。
確か国谷とかいうババアの番組での発言だよな。

873 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:32:41 ID:AWgVq6DX
>>871
あふぉか
戦争映画だから当然軍事にも話題は及ぶだろうが
お前こそ他逝け

874 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:33:01 ID:vuiEjLqg
明日8回め逝ってきます。

栗林閣下も「一人十回観るまで〜」って言ってたからな。

875 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:34:21 ID:s+mPwDdQ
獅童のヘタレていく様がリアルだった。孤立して誰も自分の戦いぶりや死に様を見るものがいなくなっての空虚感もあっただろう。
たぶんおれも同じ状況になったらああなりそうw

876 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:36:58 ID:veS8bZ4i
凄いヒットしてるんだね。
ランキングも常に上位だし。
日本人はやっぱ日本人なんだな、ちょっと感動した。

877 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:43:37 ID:AWgVq6DX
>>876
お年寄りが多かった
これからは少子高齢化でお年寄り相手の
映画がヒットしそう

878 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 02:49:42 ID:vuiEjLqg
で、いつぐらいまで上映してるの?

879 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:07:59 ID:NsJd0oUJ
こんな平和な時代も、ちょっと退屈なような気もするんだよね。
硫黄島守備隊になりたかったな

880 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:14:28 ID:whfoWTKC
自衛隊に入ったら?

881 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:18:17 ID:y+HFd92D
>869

アメリカ人もおんなじみたいだ。
俺(在米)の女房(アメリカ人)のオヤジは海軍、ガダルカナルで帝国海軍の艦砲射撃の体験者。
軍事オタクの俺としては、なんとか奴の体験を聞き出そうするんだが、
俺が日本人と言う遠慮があるのか、いつも話をはぐらかす。
もう90歳、先日倒れて余命いくばくもないが、自分の戦争体験はけっして話さない。

女房も死ぬ前に、ってインタビューをしてテープに父親の会話を残そうとしているが。
結局ああいう体験をした人間は、言葉で何かを伝えることのむなしさを感じてるのかと思う。

自分のオヤジは支那事変で広東に行ったが、やはり自慢話はなかったな。

戦争は嫌だが、戦争を知りもせずに戦争反対を唱えてるとえらくなった様な勘違いをする奴が最悪。


882 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:22:17 ID:zS57sc2K
軍事ネタと懐古厨は出てけよ
スレ違いなんだよボケ

883 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:23:04 ID:Tc+HdbMV
獅子奮迅している自分に憧れてんなら俳優になれよ
だがどうせ回ってくるのは中村獅道の役柄だぜ

884 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:38:59 ID:h2J7fBIi
これだけ重い映画なのに、もう一度観たくなるっていうのは
やっぱ良い映画だからだろうなぁ。まぁ、クリントの映画は
大抵そうだけど。リアルで嘘がないから良いんだよな。

885 :名無シネマ@上映中 :2007/01/28(日) 03:43:46 ID:+xO4zURe
>>882
そう吼えるなって。
時には、周辺情報もいいものだ。
夜中だし、書いてる人間も少ない。何も問題ない。

886 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 03:47:23 ID:T/X6aM21
>>869
あんまりにもつらすぎて覚えてないってのもあると思う
そうでないと生きていけないから

うちの祖母は二十歳で10ヶ月の赤ん坊(母)抱えて
ひとりで北朝鮮(当時)から壮絶な引き上げをして来たが
その戦後1年間のことはすごすぎてあまり記憶にないんだって
やけにはっきりしたディティールがいくつか残ってるだけで

彼女はしょっちゅう靖国に行ってるけど
「これは私たちの世代の負債だから、私たちが死んだら忘れていいのよ」
といつも言ってます
それも哀しいけどね

あ、彼女は>>712の妹です

887 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 04:10:11 ID:ILbPmhiM
私の祖母は空襲から逃げまくった事をまるで天災にでも遭ったかのように話してたな。
メリケンに対しての恨みなんてあるのかなあってかんじ。
親父はちょこれーとぎぶみーやってた記憶しかないからメリケンに対しての恨みゼロ。

888 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 04:13:16 ID:Q6dTZseb
>>886
やっぱり太平洋戦争世代は自意識過剰だな。
靖国はてめらだけのものじゃねーだ。

889 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 06:17:56 ID:T0xKAC27
観てきたよ。よかったと思う。
古参映画ファンらほどの大絶賛でもないけど
見る側に押し付けず余韻を与えてくれてるのは本当によくわかった

890 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 07:13:48 ID:2gNDF25w
見終わったときは呆然とするんだけど、意外なほど涙の出る箇所は少ない。

ところが、あとで映画のシーンを思い出すと、不意に涙腺が刺激される。
映画の予告編は、映画を観た後のほうがぐっとくる。

面白くもおかしくも無いのに、また見に行きたい自分が居る。
映画の日にまた行く予定。

891 :自国を知らない日本人の典型:2007/01/28(日) 07:44:10 ID:77bm+KMG
この映画を観るまで正直硫黄島でこのような史実があったことすらしりませんでした。とても自分を恥じています(´・ω・`)
自分には硫黄島についてを始め、他の史実を知る義務があると思いました
なので誘導願います

やはり近代日本史が適当ですかね?

892 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 07:52:00 ID:GFgejACn
ところでみんなはDVD出たら買うのかい?

893 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 08:00:31 ID:TjaC5Bth
>>891
最近出た『硫黄島:地獄の36日間』っていうDVDがいいよ。

894 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 08:11:26 ID:0S0rPwEl
「星条旗」と「硫黄島」の全部入り限定BOXみたいのが出たら買う

895 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 08:19:28 ID:GFgejACn
「星条旗」はいいかな。変なおまけメイキングとかは勘弁。

896 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 08:45:23 ID:RBrDHWC1
単発でもセットでも星条旗と手紙両方買うつもり。星条旗1回しか観てないからちゃんと観たいし。

897 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 09:36:53 ID:GzPefQcf
栗林が最後に無線で子供たちが彼を讃える歌を聴いた時、笑ってなかった?
ちくしょうって感じかね
もしくはやっぱり感動したのか?わからん。

898 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 10:01:20 ID:8oLXRzzK
>>897
涙を懸命にこらえてるように見えた

899 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 10:03:02 ID:fxsCsJHY
>897
慈愛の笑みだと思ったよ
長野県の子供達に、我が子を重ねたんだと。
その頬に涙の筋が見えた時には、俺の涙腺も壊れた

家族のために死ぬつもりなのに、家族を想うと死ねない自分が居るって
あの台詞からの流れだから、余計にぐっときた。

900 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 10:16:15 ID:jYV5okgB
「2度あることは3度ある」の3度目は最後の突撃に加えないことで西郷の命を助けたという理解でよろしいか?

901 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 10:19:58 ID:aTF35YOW
よろしいかと存じますが。

902 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 11:40:52 ID:r68TP+Fe
今、日本に栗林みたいな合理的。閃きのある人物ってなかなかいないよな。
小沢一郎ぐらいかな、栗林級の人物は。
彼に政権取ってもらって改革してもらいたいな

903 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 11:43:16 ID:tIN6ELW6
>>902
シリアスなCMで気持ち悪い笑い顔を出すような肚の座ってないヤツはダメ。

904 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 11:46:32 ID:kIpr01xv
>>902
('A`)

905 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 11:50:49 ID:e601LUxY
>>902
小沢一郎を栗林中将と比べるなんて…レベルが違い過ぎる。
小沢一郎はかつての竹下派が幅をきかせていた頃に散々やりたい放題やって日本の政治を一時期ダメにした。今はただ柔らかくなっただけで、日本の政治にプラスの意味では何も寄与していない。
栗林中将は深い識見を持っていたようだけどね。

906 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 12:05:13 ID:y2nwIcNy
ジェネラル栗林が指揮した最後の夜間総攻撃なんだけどさ。
これっていくら戦争とはいえ卑怯じゃない?
米軍はもう戦闘は終結したと思ってたんだし、しかも後方の露営地を襲ったんでしょ?
休んでる米兵を襲うなんて・・どうせなら前線部隊を襲えよ!って話でしょ?
テントに入って寝てる米兵を刺殺し、電話線はブッちぎるはトラックは焼きまくるわ。
捕ったバズーカぶっ放したり、やりたい放題ジャン。
これじゃあ米軍が「憎きJAPめ」と思うのは当然のことだお。




907 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 12:28:16 ID:0b8GZ3Ap
>>906は前線部隊の前でやあやあわれこそはと名乗るといいお

908 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 12:36:10 ID:HMRGV/op
>>906
君はインディジョーンズの前で
ムチを振り回したあげく
インディジョーンズに銃一発で撃ち殺されたムチ名人みたいな人だね

909 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 12:54:18 ID:2gNDF25w
>>906 そもそもさ、飛び道具を使うなんて卑怯だと思わない?

910 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 12:55:16 ID:WtJVDAz8
>>905
政治改革をやった元祖は小沢だろ。
今の小選挙区制や、衆議院の定数を減らしたのも小沢。
構造改革を主張したのも小沢。
日本の政治家には珍しい理念を持ってるし。
こういう理念や閃きを持つ人はなかなかいないよ。
栗林や八原並だと思う

911 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 12:57:14 ID:RBq8IlfR
山の形が変わるほど射撃するのも
二万人の島に7万人くらいで来るのも
中に隠れてると分かって穴に海水やガソリン流しこんで火つけるのも
考えられないくらいド卑怯ってことになるな

912 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 13:00:01 ID:TjaC5Bth
戦争に卑怯も糞もないよな。アメリカも色々しとるし

913 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 13:09:52 ID:RZUjCddv
>>902
政治資金で10億の蓄財するような奴と一緒にすんな。

914 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 13:25:32 ID:zAmrYPgj
栗林中将に関する本を読んで学んだのは
人間には精神力の強さ(あきらめない精神)と分析力や知恵が必要ってことだね。


915 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 13:31:27 ID:Qq/eFXXf
>>906
その日、一式陸攻の爆撃があって米軍は疲れて寝ていたんだよ
アメリカの分析では通常の日本のバンザイ攻撃とちがって
効果的な攻撃だったと褒めているよ

916 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 13:37:19 ID:DiBj40vV
欧米の合理性と日本的な精神性の共生を体現させていることこそが
栗林中将の魅力だと思う。

917 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 13:48:26 ID:Zj/nAMro
最後の突撃のときに、挿入歌として「哀戦士」をいれて欲しかった。

918 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 13:56:24 ID:TjaC5Bth
>>917
ださっ

919 :hh:2007/01/28(日) 14:12:11 ID:avon7wKS
やっぱエンディングでは、栗林と西の在米中その他の写真や手紙を映し出して
ほしかったね。

920 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 14:21:46 ID:qKoSg/MU
負け戦でエンディングに写真は無理かと?

921 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 14:25:42 ID:8oLXRzzK
おれが劇場に行ったときは、エンディングで
誰一人として席を立たなかった。というか、立てなかった。
余計な演出が、せっかくの余韻を台無しにすると思う。

922 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 14:39:39 ID:DiBj40vV
伊藤中尉の手紙こそ読んでみたかったぞ。

923 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 14:41:54 ID:JrB/IJuf
2 men who were there in 1945 relive fierce fight on Iwo Jima
http://toledoblade.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20070127/ART09/701270309

Neither talks much about the war.

They have both seen Flags; the only mistake Mr. Maloney found was that none
of the men in the movie had beards when the battle was over.

924 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 14:46:26 ID:eaY0FV4f
>>910
八原を神格化するのはやめろ。
奴は自分の作戦で部下を玉砕させ、住民にも大量の犠牲者を出させたのに
捕虜になって生き長らえた卑怯者。
帝国軍人らしさが全然ない。
沖縄県民からも評判が悪すぎる。

925 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:10:51 ID:bWcYzAE+
>>922
俺も。

926 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:26:02 ID:JrB/IJuf
The story is written on this actor's face
Kazunari Ninomiya, 23, expands an already long resume as the "Iwo Jima"
soldier on whose visage war's toll is etched.
http://www.calendarlive.com/movies/cl-ca-nino28jan28,0,3448987.story?coll=cl-movies-features

Ninomiya was originally cast as Private Shimizu

Ninomiya shed his tears after the film was in the can. His grandfather had been a soldier
sent off to fight Japan's imperial wars. And he told his grandson about his war: stationed
in the occupied Korean peninsula, taken prisoner by Soviet troops, incarcerated in Siberia.
Then the grandson, having played a suffering soldier facing slaughter in a hopeless cause,
found himself one night watching another war drama on Japanese TV.
"I couldn't stop crying," he says. "I cried, because it was my grandfather's story."

927 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:29:12 ID:N7DUc14F
西郷ってのは実在人物なのでょうか
手紙が残っているのですか
どの程度のことがわかっているのですか?

928 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:31:48 ID:GSMRlOyr
最近映画館から遠ざかってDVD&テレビ観覧のみだが
このスレ読むと奥深くて足を運ぼうか迷うな

929 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:48:07 ID:LY7PeQ04
映画見て買ってきた栗林中将の手紙の本、太郎君あての「車自慢」が笑ったw
「乗りたいかね?」ってセリフと、すました顔のイラストがw
中将って可愛げのある人だな…

930 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 15:58:14 ID:4wVFiEZo
なんで今頃栗林が再評価されてるんだろう・・
硫黄島戦て玉砕戦の一つだったじゃん

931 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:06:59 ID:TjaC5Bth
なんでって映画になったからだろ

932 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:07:32 ID:Qq/eFXXf
ペリリューと硫黄島は特別なんだよ

933 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:11:23 ID:g8RVdvB1
バロン西が島の女の子をコマしまくったっていう逸話がちゃんと
セリフになっているので驚いた。

934 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:14:15 ID:ZYpEZssC
>>927
「手紙」中の実在人物は栗林中将・市丸少将・西中佐・藤田中尉の四人だけだよ。
残りは創作上の人物か仮名。

935 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:16:36 ID:oSfC7ENL
いいなあモテて。

936 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:16:56 ID:bVXCCtDe
茨城のシネコンで昼間いってきたけど、先週の週末より入ってたな。
オスカー効果というよりは口コミの評判かも。

これは50億超えもするかもわからんね。

937 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:18:14 ID:bVXCCtDe
あー、ちなみに団塊世代は総じてマナー悪し!
上映中携帯パカパカ開くな!
話をするな!

938 :hh:2007/01/28(日) 16:21:12 ID:avon7wKS
>栗林は米国では敵の手強い名将として最も有名だった。
日本では過小評価だった。知る人も少なかった。
彼の残した多くの手紙が最近作家たちによって見出されて、その人間性に
注目されて土壌ができたところにクイントイーストウッドもかねてから
映画化したいと考えて、手紙に着目。
日米からの関心が一致したのだろう。

939 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:22:30 ID:qKoSg/MU
戦闘機乗りなら一人でも英雄になるけど、陸軍はね、爆弾三勇士だって三人だし。

940 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:38:18 ID:JrB/IJuf
Letter from Iwo Jima is a cinematic experience
http://www.thedanielislandnews.com/artman/publish/article_1804.php
Jan 25, 2007, 13:29
"Letters" may be an estimable film, but it is not the whole story of World War II
wrapped up into one tidy moral bundle, and shouldn’t be considered such.
Seeing "Letters" in the context of another war film, 2005’s "The Great Raid" would be helpful here.


The Great Raid
http://www.geocities.jp/paolomfan/works/great-raid.html


正直、日本人の私たちが観て気持ちのいい映画ではありません。舞台は45年のフィリピン。
ヘンリー中佐(ブラット)率いる米軍特殊部隊が、日本軍が残虐の限りを尽くす捕虜収容
所から500人以上の米兵捕虜を助け出した、奇跡の救出劇「グレート・レイド」の実話を基にした戦争映画。
http://www.us-lighthouse.com/sandiego/cinema/e-30.html


Raid at Cabanatuan
http://en.wikipedia.org/wiki/Raid_at_Cabanatuan
The Great Raid
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Great_Raid

941 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:43:53 ID:DGOgKW5X
>>930
玉砕戦を徹底抗戦に路線変更させたのが栗林。
本来は本土防衛時には一億総特攻でなく、
こうゆうベトコンのゲリラ戦のような計画をやると、
米軍は音を上げる。


942 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 16:55:03 ID:NK7yTLyd
>日本では過小評価だった。知る人も少なかった。
とんでもない。昔から評価が高い。俺が持ってる20年前の本でも同じ事が書いてある。

943 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 17:10:22 ID:77bm+KMG
ワインだかウイスキーだかを、お猪口で飲んでたのワロタ

944 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 17:19:15 ID:dGTZVcj6
防衛相発言に米国抗議 「同盟に悪影響危惧」
http://www.topics.or.jp/contents.html?menu1_id=1&menu2_id=&NewsBrand=CORENEWS&GenreInfo=Politics&Genre=&news_system_id=news_11699214413&value=&view_mode=1

アメリカが日本に若干優しくなってるのは、イラク戦争やアメリカとの協調路線があるわけだが、
久間はそれをぶっ壊しかけてますね。

945 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 17:49:00 ID:/jRaZ/ec
同盟は契約なんだから悪影響も糞もねえだろ
おめえらは日本のために死ぬんだよ、命をかけて
そのために土地と金やってんだろボケ

946 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:01:29 ID:xeDsnu7w
さっき2回目の鑑賞に行ってきました。
ホントに二等水平って書いてありましたね。

947 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:22:18 ID:dGTZVcj6
>>945

日米防衛条約に日本を守るとは一言も書いてないんだよね。

948 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:26:42 ID:obw1sLJi
>>947
そんな条約いつ出来たんだw?>日米防衛条約

日米安全保障条約ならすでにあるから、新たに批准される条約かなwwwww?

949 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:30:21 ID:qKoSg/MU
>>947 毎回外交交渉で確認するんでしょ、今回は守ってくれますかって。

950 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:31:06 ID:QFLz3dlm
アジアの解放に貢献した日本が、現在米国に従属している状況を
英霊はどう思われているだろうか。
将来的には米と離れ、自治独立を主体とした(特アを除く)
アジア諸国と同盟、強力関係を結ぶビジョンを持つべき。

951 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:36:58 ID:YRnzsbZ2
>>950 >>アジアの解放に貢献

私の歴史観はあなたと違い、日本は中国人を傭兵として、日本兵と中国兵が一体となって米国を粉砕することを計画したのだと思います。 
1941年版911が真珠湾だったのでしょう。
日本の計画を察知した米国は中国に加勢し、中国兵が日本兵の配下に入ることを阻止した。
日本は計画が見破られたので、しかたなく日本兵だけで真珠湾攻撃を断行した・・・・真実はこんなところでしょうね。

952 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:38:34 ID:JrB/IJuf
Tokyo
Watching Iwo Jima in Japan
Wednesday, Jan. 24, 2007 By BRYAN WALSH
http://www.time.com/time/world/article/0,8599,1581828,00.html

953 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:40:26 ID:YRnzsbZ2
戦争は究極の内政干渉ってことね

954 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 18:49:40 ID:NK7yTLyd
>>950
英霊達はもっと悲惨な結果をも予測してたでしょうな。
その何%かの「もっとも悲惨な結果」を防ぐために英霊達は戦ったのであり、

今の豊かな日本に喜んでおられるでしょう


955 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 19:18:17 ID:2gNDF25w
中国のアヘン漬け、インドの職工たちのの指きりおとし、インディアンの虐殺など。
白人の有色人種に対する侵略と殺戮は最低最悪だった。

日本が、同様に、侵略され、大半が虐殺され、民族が抹殺されるか、されないまでも
全員が奴隷と売春婦にさせられる。そのような悲劇に巻き込まれないようにと、戦ったんだろ。

956 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 19:29:04 ID:T/X6aM21
>>933
へー
仮の宿を求めた貴公子のお種を
現地の娘たちが頂戴するって言う
貴種流浪譚みたい

957 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 19:37:26 ID:f+4zrSox
>>943
あれは、Johnnie Walkerの赤ラベルですな。なかなか良いスコッチウィスキーです。
私もJohnnie Walkerが好きですが、黒ラベル方がよいな〜。

958 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 19:56:22 ID:tIN6ELW6
>>944
ブッシュ後を睨んでるんだろ。
まったく情けない・・・

959 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 19:58:19 ID:50QCYtw5
ジョニ黒といえば、嗚呼、花の応援団ですね。

960 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 20:03:37 ID:h4jU07eB
渡辺謙も凄いけど、北村昭博って新人もハリウッドの若いプロデューサーの
なかではかなり人気みたい。アメリカ映画で白人女優とやりまくり!!

まあ、これ見て。
http://www.youtube.com/watch?v=24cn-QQg9VA 

日本人もハリウッドで通用する凄い若者が出て来たな! 最高!!!

961 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 20:05:09 ID:LVuOKOgZ
Box Office Plans Of Attack
Ben Fritz and Dave McNary 01.24.07, 10:20 AM ET
http://www.forbes.com/digitalentertainment/2007/01/24/cx_0124varietyoscar.html
Despite the overwhelming number of specialty films that received Oscar attention,
it's only "The Departed" -- the one best picture nominee to have grossed over
$100 million -- that's getting a huge expansion this Friday.

Warner plans to take the Martin Scorsese-helmed actioner, which bowed wide
in October and has since wound down to just over 100 playdates, to 1,450 this
Friday to take advantage of its five nominations.

Studio is being much more conservative with its other best picture nominee,
"Letters from Iwo Jima," which has grossed just $2.5 million domestically.
Despite its four nods, WB is only expanding the Japanese language World
War II drama from to 360 to 430 playdates.

962 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 20:38:25 ID:xkdYD6Qo
「写真集」っぽいタイトル言葉に釣られてこの本 買ってみた↓
ttp://www.kanto-t.co.jp/tinkon.html

写真クソ過ぎ、正直金返して欲すぃ。


963 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 20:47:38 ID:24OyGZAB
二宮の祖父もシベリア抑留者なのか。

964 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:08:30 ID:4dNHOaJU
951の書き出しを見て、いいことを言うのかと思って最後まで読んでみたら、
まるで中学生の弁論大会レベルの内容でガッカリ・・・orz

965 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:13:06 ID:FbzSRXde
>>919
さっき見てきたんだけど、やっぱそう思うよね。星条旗の時のラストの写真とかは印象に残ったし
期待してたんだけどね。

しかしいい映画だったよ。途中で涙流しかけたよ。

966 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:27:12 ID:52v1NuFy
初心者のフリをしてレス番を数字だけで書くのはやめろ
見にくいだけだ

967 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:28:15 ID:zS57sc2K
ウンコ映画

968 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:29:10 ID:5E511cYH
面白いの?

969 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:31:09 ID:higM3rQH
>>968
今日見たけど思いっきり寝てしまった・・・。

特に西郷役の子、何言ってるかわかんないくらいモゴモゴ。
はっきりいえば糞映画。見る価値無し。

970 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:31:24 ID:f8CKM94C
面白くありませんでしたよ。

971 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:31:55 ID:52v1NuFy
いつもの自画像だせよw クズ

972 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:33:16 ID:uP3jpX5v
つまらない映画で金稼ぎやがって。
金返せ。

973 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:34:11 ID:d/Vb4WKz
>>968
面白いかどうかというカテゴリーとは違う映画。
見て損はないと思うけど、人それぞれだから。
特にこの映画は見た人が自分で考えるしかないと思う。

974 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:39:23 ID:2gNDF25w
こいつら、いつものチンカスヤクザだから相手にするな。
映画を観もしないで、ツマランとか金返せとかやっかみで言ってるだけ。


975 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:41:52 ID:hSdnDGY1
この映画全然面白くなかったです。感動できませんでした。

976 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:41:59 ID:mIeyfmR0
この映画ほんと面白くなかった

977 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:42:02 ID:52v1NuFy
>>974
こいつらじゃ無いよ 二人だけ
一人はまぁマシな奴
一人はただのクズ 生きてる価値も無いような


978 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:42:41 ID:d/Vb4WKz
>>974
うん。わかってる。
でも、初めてここ覗いて、変なカキコばかりだと、悲しいじゃない。
自分が前にそう感じたから・・・

979 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:43:41 ID:XCrudHyw
>>975
英霊に失礼です。
早く腹を切って死んで下さい。

980 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:47:39 ID:g8RVdvB1
アンチが付くのは人気の証拠

981 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:52:00 ID:Z/fpIYpM
この映画全然面白くなかったです。感動できませんでした

982 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:52:19 ID:q0Ftle+/
>>980
上手い!

983 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:53:21 ID:Z/fpIYpM
ウンチが付くのはうんこの証拠


984 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 21:57:34 ID:zS57sc2K
いや、マジでつまんねーからw
必死な信者が痛々しいw

985 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:00:52 ID:d/Vb4WKz
何人かいるみたいだけど、ID:zS57sc2Kは今日の深夜1時頃からこのスレに張り付いているのか・・・


986 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:22:54 ID:OjpT011P
これからこの映画を見る予定の人に一言。
「面白い」とか「感動」というものを求めてるなら、止めた方がいい。
悪いことは言わん。止めな。普段感じないようにしてきたことを
容赦なく突き付けてくるから「娯楽」では決して無い作品なんだよ。

だから面白くないと言われても、その通りなんだけど。

987 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:23:22 ID:50QCYtw5
4回見たよ、良かった。

988 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:26:11 ID:NK7yTLyd
とりあえず、映画一本、自己責任で見られないような人間はほっとけw

989 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:31:57 ID:2gNDF25w
面白くないし、泣けない。
しかしそれでいい、それがいい。

観客にこびず、作品の本質でぐいぐい観客を引っ張っていく。

だから、また見たくなる。
ある意味すごい映画。


990 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:36:33 ID:mMFRS6Rp
結果として、どんな感想持とうとも、
日本人なら見るべきだ。
とにかく、必ず一度は観るべきだと思う。

991 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:37:56 ID:52v1NuFy
既出かもしれんけど、清水役の加瀬亮の事務所はタレント4人だけの小さい所
だけど、バベルの菊地凜子もその一人だった
さっき調べたら、残り二人は浅野忠信!・・・と知らないミュージシャン

992 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:49:30 ID:UpV7SCOe
>>960
自己宣伝 みっともない

993 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 22:58:29 ID:bmg5ppw0
次スレは?

994 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 23:01:58 ID:52v1NuFy
>>992
たしかにそんなみっともないことしないだろうな
2ch脳おつw

995 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 23:03:07 ID:lcIE9IuF
おおいだれか次スレ立てろ!
スレが糞だらけだぞ!

996 :「連日硫黄島」彼女:2007/01/28(日) 23:04:04 ID:01gBoroA
さすがにまだ25回目は観に行ってませんが…
最低でもあと1回は観ますよ、彼も私も。
私は1回目は「うわっ!うわっ!」て感じで泣くどこじゃなかったけど、2回目は自決シーンや清水が撃たれるところ、最後の手紙ハラハラで涙出ました。
3回目は硫黄島防備の歌で号泣です。観るたび心の奥の方が揺り動かされます。
まだ観てない方はぜひ観て下さい。

997 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 23:06:40 ID:Y9O7b2CU
>>996
まだ観てたのか!?

998 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 23:06:54 ID:RBrDHWC1
>>950
スレ立てよろ。

999 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 23:06:57 ID:mMFRS6Rp
ただただ、泣けた。
それ以外、言葉が出ない。

1000 :名無シネマ@上映中:2007/01/28(日) 23:09:43 ID:52v1NuFy
わかった
俺が立てるから重複しないように
みんな待ってて

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

274 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)